突然、お尻から足にかけての

しびれや、座っていると

ジンジンとした痛み。

 

もしかするとそれは

「坐骨神経痛」の痛みかも

しれません。

 

1324491601

 

しかし、意外にも「坐骨」の痛み

つまりお尻のあたりの痛みだと

思っている方も多いようですが

 

坐骨神経は腰から膝あたりまで

伸びているとても長い神経。

 

医療機関に治療を委ねなければ

ならないケースもあり

 

意外と知らない

この坐骨神経痛について

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

「坐骨神経痛と診断されました」

 

「色んな悩みもあり
     体の不調もあります。」

 

「原因はヘルニア以外でどのような
    病気が考えられますか?」

 

「自律神経の乱れなんかから
坐骨神経痛になったりもしますか?」

 

「ストレッチでなりますか?」

 

「原因は色々あるそうですが」

 

「自分で治す方法は?」

 

「首筋からふくらはぎまでだるさが
          取れません。」

 

「接骨院にも何十回いってるのに
          治りません。」

などなど

お困りのご様子。

 

images

そこで今回は

坐骨神経痛の原因について

 

雑学などを交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



坐骨神経痛とは?

 

坐骨神経痛を解消するには

まずは、なぜその痛みが起こって

 

いるのか、何が原因で痛みが

起きているのかを知ることが

痛みを解消するにあたり重要と

なります。

 

hemo2

 

実は、坐骨神経痛とは

  • 糖尿病
  • 心筋梗塞
  • ○○癌

などの病名ではありません。

 

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて

伸びている「坐骨神経」が

さまざまな原因により

 

圧迫・刺激されることであらわれる

痛みやしびれなどの「症状」の

ことをいい

 

原因の病気の1つの症状であって

病名ではありません。

 

坐骨神経は人体のなかでもっとも

太く、長い末梢神経で

腰のあたりから爪先まで伸びて

います。

 

その為、多くの場合、腰痛に

引き続いて発症し、その後

  • お尻
  • 太ももの後ろ
  • すね
  • 足先

などに痛みやしびれがあらわれ

ひどい場合、麻痺や痛みによる

歩行障害を伴うこともあります。

 

しかし、坐骨神経痛は原因が

はっきりと特定できる場合には

症状のひとつとして扱われますが

 

検査をしても原因が見当たらない

場合は、坐骨神経痛が病名と

なることもあり混合されがちです。

Sponsored Links



原因はストレスに運動や座り方?症状やセルフチェック方法?

 

坐骨神経痛は、おしりから足に

かけて痛みやしびれ感が

主な症状です。

 

z7

 

腰痛と坐骨神経痛を同時に

起こす病気の代表は

「椎間板ヘルニア」と

「腰部脊柱管狭窄症」です。
(ようぶせきちゅう
    かんきょうさくしょう)

 

 

原因その1 「椎間板ヘルニア」

背骨は、「椎骨(ついこつ)」と

呼ばれる骨の部分と、骨の間に

クッションの役割をする

「椎間板」で形成されています。

 

それが何らかの原因で椎間板の

髄核(ずいかく)が後方に脱出し

坐骨神経を圧迫して痛みやしびれが

起こります。

 

しびれが足先から足の裏全体まで

およぶことがあり

酷い時には、歩行障害がおこる

ことがあります。

 

椎間板ヘルニアは起こる場所に

よって症状が異なり

 

腰椎(腰の骨)に椎間板ヘルニアが

起こったときの主な症状として

セルフチェックする場合

 

坐骨神経痛のほか

  • 下肢の痛み
  • 腰部の痛み
  • 腰から下肢のしびれ
  • 足先のしびれ
  • 感覚障害
  • 排尿障害
  • 足先の冷え
  • 筋力の低下
  • 歩きにくさ

などがあれば椎間板ヘルニアの

可能性が出てきます。

 

 

原因その2「腰部脊柱管狭窄症」

 

背骨は椎骨という骨がいくつも

重なって形成されています。

 

images

 

くだのような形である脊柱管の中に

各臓器と脳をつなぐ神経のコードが

収まっています。

 

脊柱管はそれらの神経を

保護していますが、脊柱管が腰椎の

変形などによって狭くなるなどし

中に通っている神経が圧迫される

ことにより起る病気を

脊柱管狭窄症と言います。

 

椎間板ヘルニアが起こったときの

主な症状で

セルフチェックする場合

特徴は、歩いていると徐々に

下肢が重くなったり、痺れてきたり

痛みがひどく感じるようになります。

 

しかし、歩くのが困難になっても

休んだり、腰を屈めて少しの間

休憩すると症状が改善し

歩きだすことが出来ます。

これは間欠性跛行
  (かんけつせいはこう)

という特徴的な症状です。

 

 

原因その3「梨状筋症候群」
(りじょうきんしょうこうぐん)

梨状筋症候群は

筋肉が硬くなり、坐骨神経を圧迫し

痛みやしびれが起きる状態です。

 

 

しかし、MRIやレントゲン検査では

撮影されないため、すぐに

梨状筋症候群と診断されることは

ありません。

 

その為、椎間板ヘルニアの疑いと

診断されることが多いのですが

治療で症状が良くならない場合

 

梨状筋症候群が疑われることが

多く、椎間板ヘルニアだと思い込んで

いたら、梨状筋症候群だったという

ケースも多くあります。

 

年齢層は若年層から高齢層まで

可能性があり、特に運動で

発生することが多い症状です。

 

症状は,間違った座り方や

無理な体勢や姿勢により悪化します。

 

 

原因その4「変形性腰椎症 」
(へんけいせいようついしょう)

腰椎の形が変形し、神経を圧迫して

腰に痛みや足のしびれを起こします。  

 

イラスト

 

原因としては

  • 加齢
  • 同じ姿勢を長時間続ける
  • 運動

などで、腰に過度の負担を

かけることが挙げられます。

 

 

原因その5「腰椎すべり症」

 

椎間板が腰を支持できず

腰骨が前にすべりズレを引き起こす

疾患。

 

神経が入っている脊柱管が

圧迫されることで、痛みやしびれを

発生させます。

 

軽い違和感のみに留まり

徐々に進行していくケースや

ぎっくり腰のような強い痛みを

発生する場合もあります。

 

これも椎間板の衰えや変形で

起きるもので

40~50代の方に多い症状で

長距離を歩くことが困難となります。

 

しかし、休憩するとラクになり

再度歩けるようになる方は

この症状の疑いがあります。

 

このようにしびれや痛みを起こす

病気はたくさんあり

 

また、妊娠や出産、肥満やストレス

などの不調が原因の場合や

原因不明である場合もあります。

 

特に坐骨神経痛はストレスによって

生じるケースが多く、人はストレスを

感じると腎臓の横に付いている

副腎と呼ばれる臓器から、筋肉を

固めてしまう成分が出てくるように

なります。

 

images-1

 

本来この成分は、筋肉を

活性化させるための成分ですが

あまりにも過剰にストレスを受け

続けてしまうと成分が過剰な

状態となり、筋肉を思いきり

固めてしまことも。

 

また、ストレスを感じると

交感神経が優位な状態になり

その状態が長く続くと、血流の流れ

などが悪くなり、筋肉も緊張状態が

続いてしまいます。

 

結果、神経が圧迫され

頭痛や肩こり、坐骨神経痛などの

症状が出ることが考えられます。

 

坐骨神経痛は

セルフチェックだけで自己判断し

症状を放置すると危険なことも

あります。

 

いくつかあてはまる症状がある方は

病院で正しい診察を受けましょう。

Sponsored Links



坐骨神経痛の治療は?病院は何科?

 

坐骨神経痛を起こす疾患には

悪化すると歩行が困難になり

座っていられなくなったり

 

排泄をうまくできなくるといった

重い症状を引き起こすものも

あります。  

 

youtsuu_roujin_washiki

 

ですから、原因となっている疾患を

早期に発見、治療することが

とても大切です。

 

では病院は何科にかかれば

よいかですが

  • 鍼灸
  • 指圧マッサージ
  • カイロプラクティック
  • 整体

など、それぞれの医療には特色があり

 

様々な選択肢を持てるので

うまく取り入れたいところでは

ありますが

 

坐骨神経痛で病院にかかるなら

まず整形外科を受診してください。

 

坐骨神経痛の治療は

原因が特定できる場合も、そうで

ない場合も、痛みや不快感を和らげ

日常生活を過ごしやすくする

治療が必要となります。

 

治療は「保存療法」と

「手術療法」があります。

 

整形外科での治療方法には

  • 日常生活の指導
  • 薬物療法
  • 温熱治療などの理学療法
  • ブロック注射

他の神経症状を合併する場合

手術などが行われます。

 

原因が特定されない患者さんには

基本的に保存療法が行われ

保存療法で痛みや不快感が

コントロールが可能な場合は

経過観察となります。

 

また、坐骨神経痛を改善するためには

  • 重いものをもたない
  • 同じ姿勢をとらない
  • 激しい運動はさける
  • 減量する
  • 安静にしている
  • 腰周辺の筋力をつける

といったことがあげられます。

Sponsored Links by rakuten

ストレッチで改善する?ストレッチポールを使う方法は?

 

原因がよくわからない

坐骨神経痛でストレッチが軽くできる

状況なら日頃の取り組みで改善する

可能性もあります。

 

イラスト

  • 梨状筋症候群
  • 仙腸関節障害
  • 筋肉の緊張

などがそれにあたり

 

梨状筋などはお尻の最上部で

奥深くにある筋肉ですので

実際に触ってマッサージなど

することは難しいのですが

 

原因となっている筋肉の緊張を

ほぐすことで改善されることが

あります。

 

ただし痛みがひどい場合は

無理せず、できる範囲で行って

ください。

 

また、ストレッチをしようとすると

痛みが強くなる場合には

中止してください。

 

坐骨神経痛を引き起こす筋肉は様々で

代表的な3つの筋肉にをほぐす

ストレッチには

ハムストリングのストレッチ

太もも後ろの筋肉をストレッチ
します。

 

 

 

内転筋のストレッチ

イチロー選手が行っている
有名なストレッチです。

 

 

腰方形筋のストレッチ
お尻の中の筋肉をストレッチします。

 

 

また、原因の部位を

「トリガーポイント」といいますが

 

ストレッチポールを使って

トリガーポイントを探し当て

ほぐすこともできますので

 

 

★ストレッチポール
楽天市場で探すなら>>>★

お持ちの方はぜひ試して

みてください。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

坐骨神経痛の原因については

伝わりましたでしょうか?

 

今回のポイントは?

 

monshin_roujin

 

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて
伸びている「坐骨神経」が
さまざまな原因により
圧迫・刺激されることであらわれる
痛みやしびれなどの「症状」の
ことをいい

原因の病気の1つの症状であって
病名ではありません。

 

原因は?

  • 椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 梨状筋症候群
  • 変形性腰椎症
  • 腰椎すべり症
  • 妊娠
  • 出産
  • 肥満
  • ストレス

などの不調が原因の場合や
原因不明である場合もあります。

 

病院は何科?

坐骨神経痛で病院にかかるなら
まず整形外科を受診してください。

 

坐骨神経痛の治療は?

整形外科での治療方法には

日常生活の指導
薬物療法
温熱治療などの理学療法
ブロック注射

他の神経症状を合併する場合
手術などが行われます

 

ストレッチで改善する?

原因がよくわからない
坐骨神経痛でストレッチが軽くできる
状況なら日頃の取り組みで改善する
可能性もあります。

 

Sponsored Links by admax



 

坐骨神経痛は坐骨神経に沿った

痛みであり、神経が障害されている

ことが原因ですが

 

中には原因が特定されないまま

長期間症状を繰り返す患者さんも

います。

 

その為、自己判断せずに

医療機関で正しい診断を受け

その原因や症状にあった治療を

受けることが重要です。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事