「結納」は両家の家族がそろって公に

結婚の約束をする儀式ですが

 

いただいた結納に対して

お礼と共に

「こちらこそよろしく」

という意味を込め送るものに

「結納返し」があります。

 

 

最近の傾向では結納式の日に

同時交換で、結納返しも済ませて

しまう方が多くいらっしゃいますが

 

地域により形式が決まっていたり

関西の一部などでは結納返しの

風習自体がないところもあります。

 

その為、金額の相場や記念品として

何を渡すのかなど

多くの方がお悩みのご様子。

 

そこで今回は

意外に知らない結納返しとは?

記念品には目録が必要?
その書き方は?

御袴料の金額の相場は?

いつ渡す?結納返しのタイミングは?

結納返しなしはNG?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



意外に知らない結納返しとは?

 

日常でも何かいただきものをした際

お礼をするように

 

結納返しとは、相手側の家から

結納(金)を贈られたお礼として

そのお返しをすることをいいます。

 

 

男性の家から女性の家へ

結納品や結納金を持参することは

よく知られていますが

 

「結納返し」はこれに対する

御礼の印として

 

また、女性側から男性側に

「こちらこそよろしくお願いします」

という意味がこめられています。

 

現在では

  • 時計
  • スーツ一式
  • 商品券
  • 現金

などの記念品や金品を広く

結納返しとよぶ場合が多いようですが

 

正式な「結納返し」は

本来、縁起のよい伝統的な

「結納返し品一式」のことを指し

ます。

 

結納品・結納金と同じように

複数の品目があり

地方によってその内容は違ってくる

場合があります。

 

また、あるアンケート調査を

行なったところ

「結納」を行なったカップルの中で

結納返した人は全体の55%と

最近では結納の形式にあまり

こだわらない傾向もあるようです。

Sponsored Links



記念品には目録が必要?その書き方は?

 

伝統的な形式にのっとった場合は

縁起もの一式をそろえて

結納返しが行われます。

 

 

式場が決まっていれば

プランナーに相談し

「結納返し一式」として用意する

ことが可能です。

 

ただ、関東と関西以西では

準備する内容が異なり

 

結納返しは一般的に

結納品と同等かそれよりも

控えめな品でなくてはいけません。

 

関東式の結納返しは

両家は同格との考えから

結納品とほぼ同数・同等の

  • 目録
  • 熨斗(のし)
  • 御袴料(おんはかまりょう)
  • 子生婦(こんぶ)
  • 寿留女(するめ)
  • 友白髪(ともしらが)
  • 末広(すえひろ)
  • 家内喜多留(やなぎだる)

などの品目が並び

 

関西式の結納返しは

関西以西では男性側(迎える側)の

家格が上であるという前提で

 

お返しする女性側(嫁ぐ側)は

控えめであることが求められ

  • 目録
  • 熨斗(のし)
  • 末広(すえひろ)
  • 御袴料(おんはかまりょう)
  • 肴料(さかなりょう)
  • 酒料

など、品数はぐっと少なくなり

 

さらに、伝統的な形式をとりつつも

お返しを最小限にする場合は

  • 熨斗(のし)
  • 末広(すえひろ)
  • 御袴料(おんはかまりょう)

などの三品目になります。

 

結納返しのそれぞれの品が

意味することは結納品と同じで

 

結納返しの場合には

結納の小袖料(御帯料)に対し

「御袴料」という名になり

 

御袴料は現金でも品物でも

かまいませんが

 

男性用の袴を仕立てる料金という

意味から転じ、記念品として

現代ではスーツ仕立代などや

  • 時計
  • バッグ
  • 新郎側の希望の品
  • 新生活に役立つ物

など、幅広く考えられています。

 

 

また、目録とは結納返しの品の

内容を記したものですが

  • 金額
  • 内容
  • 記念品等
  • 日付
  • 宛名
  • 敬称
  • 文言

などが書かれ

★例文はこちら>>>★

 

基本的に縦書きで

筆か筆ペンで品物を列挙し

一番右に「目録」と記載し

その次に品物を記載していきます。

Sponsored Links



御袴料の金額の相場は?

 

結納返しは、現金でという決まりは

特にないため、記念品などで

結納返しをする方もいますが

 

いただいた結納金(帯地料)に対して

現金で御袴料としてお返しする場合

「袴料」の表書きで

結納金の1割程度を贈ります。

 

 

 

結納返しの金額は地方によって

しきたりが違いますが

関東では半返しといって

結納金の半額を納める風習も

あります。

 

しかし、最近では負担が大きいため

一割程度にされる方も

多くなっています。

 

とはいえ、お祝い事なので

御袴料の金額は死や苦を連想させる

「4」「9」を避け

両家が異なる出身地の場合は

事前に確認をしておくと安心です。

 

また、お返しが不要になるよう

初めから結納返し分を差し引いて

結納金を低くすることもあるようで

 

酒料・肴料についても

いただいた額の半額~同額を包んで

返すこともありますが

 

結納を女性側の家でおこなう場合

女性側が宴席を用意するため

その分の費用がかかってしまう為

酒肴料の結納返しは気持ち程度で

良いと言われています。

Sponsored Links by rakuten

いつ渡す?結納返しのタイミングは?

 

気になる結納返しの時期ですが

いつ渡すかは、結納が済んだあとに

日をあらためて設定するのが

正式な段取りです。

 

 

しかし、最近では新郎新婦や

両家両親が共働きのケースも増え

 

時間的に別の日を設定するのが

難しかったり、両家が遠距離に

あったりするため

 

結納と同日に同時交換する事も

あります。

 

ただ、先方にどのくらいの結納品を

用意してもらえるのか

聞くことができないという場合は

 

日を改めて結納返しをする旨を

お伝えしておくという方法でも

かまわないとされています。

 

その為、結納返しのタイミングは

結納の日と同じ日に行われることも

あれば、改めて後日に行うことも

あります。

 

また、新婦側の荷物を新居に入れる

「荷入れ」の日に行う場合もあり

 

地方やその家によって

結納返しの形式も違いますので

どのように進めるかを話し合って

決めることが大切です。

Sponsored Links by admax



結納返しなしはNG?

 

しかし、結納は結婚に向けた

「けじめ」として

位置づけられはするものの

 

今ではそこまで儀礼的ではなく

略式が多くなっています。

 

そして、お返しに関しても

方法や内容はかなり自由になって

います。

 

その為、結納返しなしという場合も

あります。

 

結納返しは結納と同じで

あくまで風習や、地域柄によるものが

大きく

 

結納返しをしない理由としては

新郎側が結納をするとき

 

あらかじめ新婦側からのお返し分を

差し引いた金額のみを結納する

ケースや、新生活には引越しをしたり

家具・家電をふたり用に新調したりと

様々なことにお金がかかり

 

結納返しの金額を新生活に

まわしたいというカップルが

多いようです。

 

とはいえ、結納返しは必ずしなければ

ならないものではありませんが

 

やはり今後の両家のお付き合いもあり

「こちらこそよろしく」という

気持ちの表れなので

 

地域の風習として、しない方が

良しとされる場合でなければ

用意した方が無難ですので

 

地域の風習を事前に確認して

間違いがないように気を付ける

必要があるといえます。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

結納返しについては伝わりました

でしょうか?

 

 

結納返しは必ずしも必要なもの

ではありませんが

地域によっても違いがあり

 

どちらの家族にも記念に残る式に

なるよう、結納返しについても

きちんと押さえておきましょう。

 

ただ、結納品や結納金は

結納の際に男性の家から

女性の家へ持参するもので

 

両家の家族がそろって公に

結婚の約束をする儀式です。

 

その気持ちに応えるために

結納返しはお礼の気持ちを込め

出来るかぎりお返しはするほうが

いいようです。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事