厄年と言うと、何かあまりよくない

事が起こるというイメージは

沸くものの、知らないうちに過ぎて

しまう人も多くいらっしゃいます。

 

images-1

 

また、後で振り返ると

あまり良く無いことが起きていたと

言う人もいらっしゃいます。

 

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

「 厄払いは普通厄年に行くもの?」

 

「厄年の数え方には様々ある
      ようなのですが」

 

「節分前がいいですか?」

 

「厄払いに行くタイミングを
     逃しました。」

 

「いつがいいのでしょうか?」

 

「転勤で引っ越したため
      同じ神社へ行けず」

 

「しきたりに反せずきちんと本厄を
       払いたいのですが」

 

「前厄は今年ですか?」

などなど

疑問も多いようです。

 

images

 

そこで今回は

意外に知らない厄払いについて

雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



厄年って?意外に知らない厄払いとは?厄除けとの違いは?

 

日本には、人生の節目節目に

お祓いをするという習慣があります。

 

images

 

その中でも生きる上で

切っても切れないものが厄年。

 

何か不幸が起きると

「もしかして厄年では!?」と

慌てて自分が厄年がどうかを調べたり

することもあると思います。

 

しかし、厄年と言うと具体的に

わからない事が多いという方も

いらっしゃると思います。

 

厄年とは

病気になったり、怪我をしたり

仕事で失敗をしたりと

生活にかかわるあらゆる災い事に

遭いやすいといわれる年齢の事。

 

その為、その年齢の時に厄を払い

吉に転ずるための習慣があり

「厄払い」や「厄落とし」ともいわれ

その風習は平安時代から存在します。

 

地方によってお払いの時期は

様々ですが、特に重要な年齢は

男性の場合は42歳

女性の場合は33歳

と言われています。

 

その起源は陰陽道にあると

いわれたり

また、平安時代に日本にやってきた

氣学・易学・占星術によって

一生の中で最もエネルギーの

弱い年を厄年として定めたという説も

ありますが、根拠などは不明です。

 

jinjiya2

 

また、科学的根拠もなく

男性の大厄は42才なのは
「死に」(シニ)

女性の大厄が33才なのは
「散々」(サンザン)

という単なる語呂合わせから

来ているという話もあります。

 

しかし、やはり厄年には

  • 結婚
  • 出産
  • 家を建てる
  • 引越し
  • 転職

など、いわゆる人生の転機に

なるような事は避けた方がよいと

言われています。

 

その理由としては

新しい事を始めるには

多くのエネルギーが必要となり

 

それゆえに注意力が散漫になったり

体に疲労や無理が溜まってしまうため

怪我や病気などになりやすくなると

考えられています。

 

ですので厄年は、出来るだけ穏やかに

毎日を大人しく過ごす事が大切だと

されています。

 

しかし一方で、人生の転機が逆に

厄を払うと見なす地域もある

ようです。

 

ちなみに、厄払いと厄除けとの

違いについてですが

これには色々な説があり

 

 

厄払いと厄除けの違い その1
「お寺と神社」

 

まずは、お寺と神社で違うという説が

あります。

 

確かにお寺には「厄除け大師」などと

呼ばれるところも多く

「厄除け」という言葉があり

 

一方、神社と言えばお祓いですから

自然と「厄払い(厄祓い)」と

言うようになります。

 

 

mig-2

 

 

厄払いと厄除けの違い その2
「時期」

 

次の説は、厄年の人が行うのが

「厄払い」で

それ以外の年の人が行うのが

「厄除け」という説。

 

ただ、この説が正しければ

神社やお寺で、厄除けと厄払いの

両方が行われる必要がでてきます。

 

また、お寺の「厄除け大師」という

言葉も意味がないことになって

しますので少し信憑味にかけます。

 

 

厄払いと厄除けの違い その3
「厄を払う目的」

 

その他の説には、体に溜まった邪気を

払うのが「厄払い」、払って清い体に

なった人に邪気を寄せ付けないのが

「厄除け」という説があります。

 

このように、色々な説があります

一番有力なのは

厄除けがお寺で、厄払いが神社

という説のようです。

 

ただ、現在では厄除けと厄祓いを

同じ意味で用いていたり

独自に定義していることがあります。

  • 厄除け
  • 厄祓い
  • 厄払い
  • 厄落とし

などもあり、言い方の違いに

それほどこだわる必要はない

ようです。

Sponsored Links



節分や正月に行くの?男性と女性の厄払いの時期や年齢は?

 

では、具体的は厄払いの時期について

ですが、一般的には

男性の場合は
4歳 25歳 42歳 61歳

女性の場合は
4歳 19歳 33歳 37歳 61歳

とされています。

 

utsu_man-1

 

また、男性は42歳、女性は33歳を

「本厄」と呼び

その前後の年を「前厄」や「後厄」と

いいます。

 

つまり、本厄を挟んで前後各1年の

全部で3年は注意が必要です。

 

特に本厄は「大厄」と呼び

もっとも危険の訪れる年と

されています。

 

ただ、注意しなければいけないのは

厄年は「数え年」であるという事。

 

数え年とは

生まれた時の年を「1歳」として

次の元日(1月1日)がくると

2歳と数えます。

 

つまり、数え年とは

「年齢+1歳」です。

 

従って

男性は41歳、女性は32歳に

本厄のお祓いを済ませておく

必要があります。

 

ちなみに、12月31日に生まれた人は

1月1日になると

数え年では2歳になります。

 

images-2

 

ただ、お寺によって厄年が

全然違うこともあります。

 

例えば、関東で有名な

埼玉県川越大師は

厄年の年齢を

15歳 25歳 37歳 
42歳 49歳 61歳

と定めていたり

 

その他にも自分の干支に該当する

13歳、25歳、37歳、49歳
61歳、73歳、85歳、99歳

を厄年としている地域や

見解の異なる寺社もあります。

 

その為、何歳を厄年にするかは

本人次第なところも大きく

最近では厄払いしない方も

多いようで、逆に厄年でも大きく

飛躍した人も大勢います。

 

ただ、気持ち次第と言っても

厄は払うに越したことは

ありませんので、その場合

厄払いを行うなら

正月または旧正月が一般的です。

 

その年に降りかかる「厄」を

一刻も早く落とした方がいいという

考えから、初詣を兼ねてお祓いを

してもらうという方や

 

特に節分の日に神社やお寺で行われる

「節分祭」や「厄除け祈願祭」

などは一年の厄を払い

新たな一年を過ごすための

伝統ですので節分祭の時期に

する方も多いようです。

 

images-1

  
ただ、どうしても正月または旧正月の

時期に厄払いをしなければ

いけないということはありません。

 

 
厄払い自体は年中行っていますし

厄払いには大安も仏滅も

関係ないのでいつでも安心して

受けられます。

 

ただ、いつ厄払いをするにせよ

お祓いをしてもらう寺院に相談して

から祈祷をお願いしましょう。

 

そして、基本は自分の住んでいる

地域の守り神である

氏神様がある神社で行うことが

良しとされていますが
 
どこの神社仏閣などでも構いません。

 

ただ、厄年を上手に乗り切る

最大の方法としては

「気にしない事」が一番です。

 

不幸な事というのは、厄年とは

関係なく起こる時は起こって

しまいます。

 

困難があるとすべて厄年に結びつけて

しまう方がいますが

負の思考は再び負の思考を招くと

言います。

 

まずはその考えを断ち切って

毎日を丁寧に生きてみましょう。

 

それが、厄年を乗り切るもっとも

よい方法と言えます。

Sponsored Links



厄払いの金額やマナーとは?

 

では、実際に厄払いをして貰う場合

どのような事に気をつければ

いいのでしょうか?

 

illust3496

 

まずは、厄払いのマナーとして

神社仏閣の事前の指示を理解し

祓い棒でお払いをしてもらう際には

低く頭を下げ、しゃべらずに静かに

行いましょう。

 

お払いを受けるときの服装は

キッチリとした服装を心がけ

男性の場合はスーツにネクタイ

女性の場合はスーツやワンピース

などにしておきましょう。

 

社殿には靴を脱いで上がりますので

靴や靴下にも配慮し

生足はやめましょう。

 

また、前日にはしっかりと体を

洗っておき、清潔を心がけましょう。

 

ちなみにお参りをする場合

おすすめの時間帯は

午前中や、日中(日が高いうち)が

おすすめです。

 

そして、厄払い料金のマナーとしては

大きな神社であれば金額が

提示されていることもあり

事前に電話で尋ねる人も多い

ようです。

 

それでも迷う場合には

通常支払われる金額が

最低5000円程度であれば

 

失礼にはなりませんので

5000円~10000円の間が

相場となっています。

 

さらに、料金を入れる袋は

紅白の水引きの掛かった

普通の熨斗袋(のしぶくろ)を使い

新札を入れましょう。

 

don-199050_1280

 

表側に書くことは上部中央から縦書で

神社の場合:御初穂料か玉串料と

自分の氏名を縦書で書く。

 

お寺の場合:お布施と縦書して

下に自分の名前を縦書で書く。

 

裏面下部には「5000円」などという

算用数字の形で横書きで金額を

書いておきましょう。

 

ただ、厄払い料金の支払い場所は

神社ごとに違うので

厄払いの依頼時に聞いて

おきましょう。

Sponsored Links by rakuten

関東や関西で有名なお寺や神社は?

 

では、厄除けに行く神社などは

どのように選ぶとべきなので

しょうか?

 

mig-1

 

神社ならばお住まいの地域の鎮守様

もしくは、代々信仰している神社で

厄除け・厄払いを受け付けている所が

良しとされています。

 

また、前厄・本厄・後厄は

正式には三年間の厄払いを受け

明けた年の正月にお礼参りをします。

 

その際、お札はお払いを受けた社寺に

お返しするため、通える近さの

場所にお願いするのが基本です。

 

ただ、遠方等により納めることが

できない場合は、神社で受けた

お札は神社に、お寺で受けたものは

お寺に納めます。

 

また、厄除けを得意としている

宗派もあり

天台・真言他などの

密教系寺院や修験道の寺社は

古くから護摩焚きによる

厄除けや願掛けが有名です。

 

なかでも厄除けで有名なのは

  • 大師
  • 薬師
  • 不動

の名の付く場所で

  • 寒川神社
  • 神田明神
  • 晴明神社

など厄除け・方位除けを

得意としています。

 

また、関東厄除け三大師と言われ

関東では弘法大師(空海)を祀る

寺院(真言宗)のうち

 

西新井大師

 

川崎大師

 

観福寺大師堂

 

が有名です。

 

関西では

 

門戸厄神

 

 

晴明神社

 

 

八坂神社

 

 

などが有名です。

 

これら以外にも

有名な厄払いの神社や寺院は

たくさんあります。

 

自分の地域を是非この機会に

調べて見てはいかがでしょうか?

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

意外に知らない厄払いについては

伝わりましたでしょうか?

 

今回のポイントは?

 

p336

 

 

厄払いとは?

病気になったり、怪我をしたり
仕事で失敗をしたりと
生活にかかわるあらゆる災い事に
遭いやすいといわれる年齢の事。

その為、その年齢の時に厄を払い
吉に転ずるための習慣があり
「厄払い」や「厄落とし」ともいわれ
その風習は平安時代から存在します。

 

厄除けとの違いって?

一番有力なのは
厄除けがお寺で、厄払いが神社
という説のようです。

 

節分や正月に行くの?

その年に降りかかる「厄」を
一刻も早く落とした方がいいという
考えから、初詣を兼ねてお祓いを
してもらうという方や

特に節分の日に神社やお寺で行われる
「節分祭」や「厄除け祈願祭」
などは一年の厄を払い
新たな一年を過ごすための
伝統ですので節分祭の時期に
する方も多いようです。

 

男性と女性の厄払い年齢は?

一般的には

男性の場合は
4歳 25歳 42歳 61歳

女性の場合は
4歳 19歳 33歳 37歳 61歳

とされています。

 

厄払いの金額は?

通常支払われる金額が
最低5000円程度であれば
失礼にはなりませんので
5000円~10000円の間が
相場となっています。

 

関東や関西で有名なお寺や神社は?

関東では弘法大師(空海)を祀る
寺院(真言宗)のうち

  • 西新井大師
  • 川崎大師
  • 観福寺大師堂

が有名です。

関西では

  • 門戸厄神
  • 晴明神社
  • 八坂神社

などが有名。

ですヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

 

Sponsored Links by admax



 

厄年についての疑問や心配事は

解決されましたでしょうか?

 

厄払いは絶対しなくては

いけないというものでもありませんし

厄払いをしないと必ず災いが

起こるというものでもないようです。

 

ただ、科学的根拠がないものの

昔から言い伝えられている

厄年に当たる年齢を

意識しながら過ごすというのは

決して間違いではないと思います。

 
また、厄年はちょうど

人生の説目で体調的にも

色々と変化が起こる時期なので

気をつける意味で厄払いを

しておいたほうがいいかも

しれませんね。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事