現代の生活環境では

アイロンやポット、暖房器具など

身の回りに高温になるものが多くあり

そのために、やけど(火傷)は

とても身近な怪我となっています。

 

しかし、やけどをすると

慌ててしまいがちですが

やけどは初めの適切な応急処置が

肝心と考えられています。

 

 

また、水ぶくれになってしまった

時など、適切に処置を行わないと

治りが遅くなったり、跡が残ったり

することがあります。

 

その為、慌てて誤った処置を

しないように、しっかり知識を

身につけておく必要がありますが

 

正しい対処法がわからないと

思っている方も多いのでは

ないでしょうか。

 

そこで今回は

気をつけたいやけどの
温度や程度とは?

やけどしたらどうする?
応急処置の方法は?

やけどのヒリヒリはいつまで?
病院は何科?

治療方法は?ラップでの処置や
水ぶくれがつぶれた時は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

気をつけたいやけどの温度や程度とは?

 

やけどの種類や程度は

その原因によって分類され

 

 

例えば熱湯や油、炎によるやけどは

「通常熱傷」

 

化学薬品など強い酸によるやけどは

「化学熱傷」

 

電流によるやけどは

「電気熱傷」

 

放射線を浴びた時に生じるやけどは

「放射線熱傷」

 

高温の煙などを吸った場合は

「気道熱傷」

 

カイロなどに長時間触れることで

起きるやけどは

「低温熱傷」

 

などのように分類されます。

 

また、皮膚は外側から

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

の3層から成り立ち

 

皮膚の中でも一番外側に位置する

表皮は

  • 角質層
  • 顆粒層
  • 有棘層
    (ゆうきょくそう)
  • 基底層

からできています。

 

その為、やけどの深さも種類があり

水ぶくれの状態でやけどが

どの程度の深さまで達している

かがわかります。

 

 

 

やけどの温度や程度 その1
「1度熱傷」

非常に軽度なやけどで

表皮がヒリヒリして赤くなり

日焼けなどもこの一種に

分類されます。

 

ほとんどの場合は自然治癒し

跡も残りませんが

場合によって色素沈着があります。

 

 

やけどの温度や程度 その2
「浅達性(せんたつせい)2度熱傷」

水ぶくれを押さえた時に赤みは

消えますが、有棘層と真皮の間にある

表皮基底層(ひょうひきていそう)

にまで損傷が及び

 

強い痛みがあり、赤く腫れたり

治療後にしっかりケアをしないと

跡が残る場合があります。

 

 

やけどの温度や程度 その3
「深達性(しんたつせい)2度熱傷」

真皮深層まで損傷が及び

浅達性同様に赤く腫れ水ぶくれが

できますが、痛みがなく

 

水ぶくれの下の皮膚が白く変色し

やけど跡が残りやすいのが特徴です。

 

やけどの温度や程度 その4
「3度熱傷」

皮膚全ての層に損傷が及び

感覚が失われるため痛みは感じず

水ぶくれもできませんが

 

肌の表面が壊滅して

やけど跡がハッキリ残ります。

 

さらに、赤く盛り上がって

しまうことや機能障害も伴うことが

あります。

Sponsored Links

やけどしたらどうする?応急処置の方法は?

 

やけどは、その深さや範囲によって

適切な応急処置の仕方が異なり

重症であればあるほど適切な

応急処置をしないと命に係わる

ことになることもあるので

 

やけどしたらどうする事が最善なのか

しっかり理解しておきましょう。

 

 

やけどによって組織が傷つくと

損傷した部分の血管から体液が

漏れ出し、水ぶくれが起こります。

 

また、損傷した皮膚などの体表面は

微生物の侵入を防ぐバリア機能が

働かなくなるので

感染症を引き起こしやすくなり

 

適切な応急処置の方法としては

日焼け(Ⅰ度のやけど)の場合は

冷やしたタオルなどを使って患部を

冷やしましょう。

 

ただ、炎症がひどかったり

範囲が広い場合には早めに病院の

受診が必要です。

 

この場合、脱水症状を引き起こし

やすいので、水分を多めに

摂取するようにしましょう。

 

そして、軽症から中症の場合は

すぐに冷たい水で冷やすことが

大切です。

 

すぐに15分から30分程度

水道水などの流水や洗面器に

貯めた冷水に患部を当て

痛みがなくなるまで冷やしましょう。

 

氷水などで必要以上に冷やし

過ぎてしまうと凍傷の危険があるため

注意し、もしも衣服の下をやけど

した場合は、皮膚が衣服に貼り

ついていることがありますので

 

無理に脱がさず、衣服の上から

そのまま冷やすことが大切です。

 

 

ただ、患部が腫れることがあるので

腕時計やアクセサリーは直ちに

外しましょう。

 

また、水ぶくれができた場合は

水ぶくれの処置方法については

その状況により専門医の間でも

意見が分かれますが

 

水ぶくれにはリンパ液などが含まれ

潰すと雑菌への感染のリスクが

高まるので、潰さないように気をつけ

 

水ぶくれができた場合のやけどは

対処方法を誤ると後遺症が残る

ことがあるので

 

痛みが治まるまで冷やしたら

細菌に感染しやすくなっていまので

清潔なガーゼを患部に当て

医療機関に相談することを

おすすめします。

 

 

その際、塗り薬や色のついた

消毒薬などをつけると

 

患部の状態がわかりにくくなり

場合によっては損傷がひどくなる

ことがあり、自己判断で軟膏や

消毒薬を使用してはいけません。

 

重症の場合や煙を吸い込んだ

気道熱傷の場合も同様に

広範囲に及ぶやけどや深いやけどの

場合は命に係わることがあるので

 

直ちに119番通報をし

清潔なタオル、もしくはシーツなどの

布で覆って水を掛けます。

 

この時も、衣服は無理に脱がさず

絶対に薬は使用しないようにし

水で冷やす以外の処置をしないで

あとは到着した救急隊員の処置に

任せます。

 

基本的には

やけどの程度は受傷後にすぐは

判断できないことが多いため

 

やけどをしたら継続して病院へ

かかることを覚えておきましょう。

Sponsored Links

やけどのヒリヒリはいつまで?病院は何科?

 

やけどは重傷でない場合

自然治癒で回復しまが

専門の先生に診てもうことで

より早く、より綺麗に治してもらう

ことが可能になります。

 

 

しかし、やけどは外科だと

思う人も多いようですが

何科を受診すべきか迷う場合

「皮膚科」か「形成外科」を

受診するようにしましょう。

 

また、やけどのヒリヒリは

いつまでなのか

完治までの期間ですが

 

一番軽症の1度熱傷だった場合

皮膚の表面のみが傷ついた

状態ですので

 

多少の痛みはあるものの治療期間は

2~3日と短く、1週間もあれば

改善し、浅達性2度熱傷になると

清潔にしておけば2週間前後で

治ります。

 

ただ、深達性2度熱傷は

浅達性とは異なり、真皮深層まで

火傷の被害が及んでますので

1か月以上は治るまでに時間が

かかります。

 

また、3度熱傷の場合

皮膚の全ての層で火傷の被害が

及んでいますので

 

神経にまで影響がおよび感覚が

マヒして痛みを感じることがあり

患部の皮膚は壊死していますので

このレベルでは治るのに2か月以上

掛かってしまいます。

 

更にやけどがどれくらい重症なのかに

関しては、やけどがどれくらい

皮膚の深くまでダメージを与えたの

かという点と、面積は全身の

何パーセントに及ぶかで判断さられ

 

一定条件を満たすような重症な

やけどは、血圧が下がって

ショック状態になったり、敗血症に

なったりという可能性もあり

 

具体的には、深いやけどの部分が

全身の15パーセント以上であれば

点滴治療が必要とされ

 

また、激しい全身の炎症によって

入院が必要なることもあります。

Sponsored Links by rakuten

治療方法は?ラップでの処置や水ぶくれがつぶれた時は?

 

やけどの治療では

やけどに特化した外用薬あるわけ

ではなく、傷や床ずれなどの

皮膚の損傷を治療する際に使われる

外用薬を、やけどの深さや皮膚表面の

状態に応じて使い分けます。

 

 

1度熱傷の初期治療では

表面が赤くなるものの

細菌に感染するリスクはないため

特別な治療は必要ないとと考えられ

ていますが

 

やけどした部分をよく冷やしたあと

炎症を抑えるためにステロイドを

含む軟膏を塗る場合もあります。

 

2度熱傷の初期治療では

体が本来持つ治癒力を妨げない

環境を整えることが重要で

 

肝心なのは、やけどした直後から

湿潤環境を維持し、新しい表皮の

再生を促進することですので

 

やけどした部分の表面を保護し

湿潤環境を保持します。

 

その際には湿潤療法が

用いられる事が多く

 

湿潤療法とは、やけどの部分に

ワセリンなどを塗って

ラップなどで保護する治療法で

 

 

これには患部を保湿することで

自然治癒力を高める作用があり

 

その際、傷の治りを促進する

トラフェルミンなどを使用し

治療することもあります。

 

ただ、もし病院に行く前に水ぶくれが

つぶれた時は、塗り薬や消毒薬は

つけずに、患部の皮膚をはがさない

ように注意し、流水で洗いながら

水分を清潔なタオルで優しく拭きとり

 

清潔なガーゼで患部を覆い病院へ

行きましょう。

Sponsored Links by admax

 

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

やけどの応急処置については

伝わりましたでしょうか?

 

 

やけどをきれいに治すには

一刻も早く応急処置を施し

医療機関で治療を受けることが

重要です。

 

まず、慌てずに流水で冷やし

水ぶくれができたらガーゼで覆い

薬などはつけずできるだけ

早く病院へ行くようにしましょう。

 

また、家の中にはやけどに注意し

なければならないものがたくさん

ありますので

 

生活まわりを見直し

やけどをしにくい環境を

整えていきましょう。

 

Sponsored Links by admax

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事