やる意味はあるの?今さら聞けない打ち水とは?由来や歴史に気化熱の原理や効果は?打ち水のやり方や時間に道具は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

梅雨がようやく明け

夏が始まると一気に気温が上昇して

日差しが強くなりましたね。

 

 

 

日中の一定の時間帯だけ暑いので

あればまだ良いのですが

 

カンカン照りの暑い日が続き

そういう日には

大抵夜になっても気温があまり

下がらないことが多いです。

 

そんな厳しい夏には

少しでも涼しくすることで

快適に過ごしたいものですね。

 

そのために様々な冷却グッズが

あちこちで販売されていますが

 

日本では、古くから

「打ち水」という行為が

涼しく且つエコに過ごすことが

出来ると習慣的に行われてきました。

 

しかし、庭先や玄関

またはそれらに通じる道などの

地面に水をまくという行為には

 

どのような意味や効果が

あるのでしょうか?

 

 

そこで今回は

今さら聞けない打ち水とは?
その由来や歴史は?

やる意味はあるの?
打ち水の気化熱の原理や効果は?

打ち水のやり方や時間に道具は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。

Sponsored Links

今さら聞けない打ち水とは?その由来や歴史は?

 

夏になると住宅の玄関先で

水をまく人が増えてきますが

この水をまく事を「打ち水」と言い

 

昔は夏に打ち水をする光景を

よく見かけたものですが

本来は日本の伝統ともいえるもので

季節と関係なく行われます。

 

 

 

しかし、打ち水が行われてきた

由来には

「場を清める」という

神道的な意味合いもあります。

 

仏教では経文を唱えながら

水を浴びる「水行」という修行などの

ように、水には霊力が宿っていて

ケガレを払ってくれると考えられ

 

老舗のお店なんかで見られる

開店前の打ち水は、その場を清める

為に行われていたと言われています。

また、昔は道路ではなく地面が

土なので、ほこりが立ちやすいため

 

地面を湿らせることにより

お客さんが店に入る前に埃を

立てずに入れるという利点もあり

 

お客さんへの心遣い・おもてなしの

一つと考えられていました。

 

実は、打ち水の歴史は

戦国時代、安土桃山時代と考えられ

戦国から安土桃山時代を経て

茶の湯が成立しましたと言われて

います。

 

その為、今でも茶の湯では

礼儀作法として打ち水が行われ

 

茶室までの石畳が敷かれた

道やわきに植えられた庭木に

打ち水をして清めます。

 

つまり、現在でも道路の場合

ホースで水を撒いて車道のわきに

地面のごみをついでに流したり

しますが

 

あくまで本来、打ち水はそんなに

たくさんの水は撒きません。

Sponsored Links

やる意味はあるの?打ち水の気化熱の原理や効果は?

 

しかし、打ち水をやる意味には他にも

夏場限定の効果ですが

気化熱を利用して涼をとる

ために行われます。

★関連動画はこちら>>>>★

 

気化熱とは、1gの液体を沸点で

全部気化させるのに必要な熱量の事で

液体が蒸発して気体になる時に

周囲の熱を奪っていく現象で

 

お風呂の後、体を拭かないと

湯冷めするのと同じ原理です。

 

ヒートアイランドの原因のひとつは

都市の表面をアスファルトや

コンクリート等が取り巻き

熱を蓄えてしまうことで

 

その結果、都市の気温が上がって

しまうことにあります。

 

打ち水のねらいは、まさにこの

アスファルトやコンクリート等の

表面に水をまくことで

直接、表面温度を下げることにあり

 

地面が冷えれば、その場所の

気温は低くなります。

 

地面がたえず濡れている場所の方が

そうでない場所より涼しく

 

効果的なタイミングで行えば

最大で1.6度の温度が下がって

くれるというデータもあり

 

さらに打ち水をする際に

水を触ることや、目で水を見る事で

涼しさを感じる事も理由の一つです。

 

今では打ち水の効果が

直接都市の表面温度を下げ

さらに、習慣化することによって

たえず都市の涼しさを持続させれば

 

その結果、クーラー等の温度設定を

高めに設定でき、また使用が

控えられることで、空調設備など

からの排熱を抑制することで

 

地球温暖化の原因である

エネルギー消費を減らすと

考えられています。

 

その為、最近では地球温暖化の

防止・エコに最適だとして

打ち水の効果も再評価され

★関連動画はこちら>>>>★

 

都市部のヒートアイランド対策や

節電対策として、残り湯などを使って

決められた日時に多くの人が

一斉に打ち水をする

 

「打ち水大作戦」が全国各地で

催されています。

Sponsored Links

打ち水のやり方や時間に道具は?

 

最近では、各地域にてプロジェクト

として決められた時間に

一斉に打ち水を行う計画などもあり

 

積極的に参加することを

オススメ致しますが

 

その際は、打ち水をする場所は

車のよく通る道などは避け

安全に行いましょう。

 

 

打ち水のやり方は

もちろん、バケツに水を入れ

手ですくって撒いても

道具は如雨露(じょうろ)を使っても

問題ありません。

 

打ち水の最大のメリットは

水を二次利用できるということ。

 

気温の低下を目的とする際

前日の風呂の残り湯等を使用すれば

環境にもやさしく、なおかつ気温も

下げることができます。

 

打ち水で撒く水の量は多すぎた場合は

水がなかなか蒸発せず

なかなか効果が得られない場合があり

 

水が溜まって水たまりができない

くらいの量が良いと考えられ

 

時間帯は、昼間のような気温が高く

日光がよく当たっている状態だと

水が一気に蒸発し、逆にムワッと

感じるということもあり

逆効果になるので

 

日が昇って気温が上がって

くるまでの間と夕方の日が沈んで

暗くなる前

真夏の日の出日の入り時間では

午前5時~午前8時頃
午後18時~午後19時頃

がおすすめで、20~30分程度で

効果の持続が得られます。

 

また、打ち水の効果を高めるためには

日陰に水を撒けば

ゆっくりと蒸発する効果と

日向との温度差によりそよ風を

起こす効果が期待できます。

 

さらに、花壇や植樹に撒くことも

効果があり、植物が吸い上げた

水分を徐々に発散させることと

葉の下の日陰部分を冷やすことで

 

打ち水の効果を高めることが

できます。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

打ち水については伝わりました

でしょうか?

 

 

 

昔から行われていた打ち水には

その効果はもちろん

見た目の風情もありますね。

 

特に最近では夏が来るたびに

最高気温を更新や熱中症に関する

ニュースをよく耳にしますが

 

それだけ日本の夏も暑くなって

来ているということ。

 

Sponsored Links by rakuten

 

しかし、暑いと嘆くよりも簡単に

できることで快適に過ごせる環境を

自分で作るのも大事なことです。

 

ただ、気温が上昇して暑さに

耐えられなくなってから打ち水を

しても遅いので、前もって

打ち水をする時間を決めておき

 

環境にやさしく手軽にできる

打ち水で暑い夏を乗り切りましょう。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by admax

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク