雨が降り続き、じめじめしがちな

梅雨がやって来ましたね。

 

長雨のせいで外出するのも

気が引けたり、気分もスッキリ

しなかったり

 

何かとネガティブなイメージの多い

梅雨の時期ですが

 

そもそもこの梅雨とは

一体どういうものなのでしょうか?

 

改めて聞かれると

なかなか答えられなかったり

しませんか?

 

また、梅雨の時期でもしっかりとした

対策を実践すれば

 

快適に過ごすことができますので

暗い気持ちになりがちな梅雨を

明るく快適に過ごしたいという方は

 

改めて梅雨の意味や現象について

詳しく知ることが大切です。

 

そこで今回は

梅雨の語源や漢字の由来とは?

梅雨の原因や梅雨前線とは?

いつからいつまで?梅雨の季節や
明けるまでの平均の期間は?

梅雨の対策におすすめ商品は?

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



梅雨の語源や漢字の由来とは?

 

「梅」の「雨」と書いて

「つゆ」または「ばいう」とも

呼んでいますね。

 

 

梅雨とは、5月から7月の間の

初夏の長雨のことで、特に雨や

曇りの日が多い雨季の一種です。

 

梅雨の発生は世界的に見ても

珍しいことですが、実は日本の他にも

  • 中国
  • 韓国
  • 台湾

など東アジア地域に見られる

気象現象です。

 

もともと、梅雨の漢字の由来は

中国から伝わってきた言葉と言われ

 

中国は揚子江流域で

梅の実が熟す時期に雨期があり

それを梅雨(ばいう)と呼んで

いたからと言われています。

 

また、その語源は

ちょうど梅の実が熟す頃の雨だから

梅雨というようになったと言う説や

 

長雨によって黴(かび)がよく

生えるから「黴雨」(ばいう)と

言われていたのが、語感が悪いので

後に梅雨という字になったとも

言われています。

 

そして、日本では

「日本歳時記」(1687年)に

「これを梅雨(つゆ)となづく」と

あり、「ばいう」が日本に渡った後

 

江戸時代頃から「つゆ」と呼ばれる

ようになったと言われています。

 

 

「つゆ」語源は諸説がありますが

この時期、木々に「露」が

いっぱいになる事から来ている説や

 

梅の実が熟してつぶれる時期で

あることから、「つぶれる」を

意味する「潰ゆ(ついゆ、つゆ)」

から来ている説など

 

その他にも

長雨で食べ物や衣類などに

黴が生えたり、腐ったり

すぐ駄目になり易い時期なので

 

「潰える(ついえる)」を意味する

言葉の「潰ゆ(ついゆ)」が

「つゆ」に変化したという説などが

あります。

Sponsored Links



梅雨の原因や梅雨前線とは?

 

梅雨が起きるのは

春から夏にかけてです。

 

 

その原因となるのは

日本付近で数種類の異なった

性質を持った「気団」が現れる

ためですが

 

この気団とはいわゆる

「空気の塊」のようなものは

大きく分けて

  • 揚子江気団
  • 熱帯モンスーン気団
  • オホーツク海気団
  • 小笠原気団

などが存在します。

 

その為、北からは冷たく湿った空気が

訪れ、南や東からは暖かく湿った

空気がやって来ます。

 

さらに、西からは乾燥した空気が

集まり、この気団が衝突した部分に

気団の温度差から出来る

「停滞前線」が東西数千kmに

渡り形成され、空気が上昇して

雲や雨を作り出します。

 

これを「梅雨前線」と言いい

そもそも前線とは

暖かい空気の塊である暖気団と

寒い空気の塊である寒気団の

ぶつかり合うところをいい

 

前線の近くでは空気が乱れているので

雨や雪が降りやすくなります。

 

つまり梅雨の正体は、冬の高気圧と

夏の高気圧の「戦い」。

 

前線はその性質から

  • 温暖前線
  • 寒冷前線
  • 停滞前線
  • 閉塞前線

があり、梅雨前線は

停滞前線にあたり

 

4方角の気団配置の相互的な

影響によって、梅雨前線が

停滞をしてしまうのです。

 

なぜ梅雨が毎年のように来るかですが

毎年同じ時期に流れる

「偏西風」が大きな影響を与え

 

梅雨前線は、偏西風のやや南側に

発生しするため

毎年ほぼ同じような時期に

ほぼ同じような位置に梅雨前線が

発生することになります。

 

梅雨前線は1ヶ月~2ヶ月かけ

ゆっくり北上していき

この前線が北上していく期間に

多く雨を降らせる事が

梅雨の原因となっています。

Sponsored Links



いつからいつまで?梅雨の季節や明けるまでの平均の期間は?

 

梅雨の季節が始まる事を

「梅雨入り」や

「入梅(にゅうばい)」と呼び

 

梅雨の終わりを「梅雨明け」または

「出梅(しゅつばい)」と

呼ぶこともあります。

 

 

梅雨入り・梅雨明けの日付は

確定日ではなく、梅雨の発表を

行うのは気象庁です。

 

梅雨は、春から夏に移行する過程で

その前後の時期と比べて雨が多くなり

日照が少なくなる季節現象ですので

 

梅雨の入り・明けには

平均的に5日間程度の

「移り変わり」の期間があり

 

気象庁では、一週間程度先の

天候予想に基づき

 

晴天から曇雨天へ移り変わる

中間の日を「梅雨入り」とし

梅雨の情報を発表します。

 

その為、梅雨の時期と言っても

梅雨の期間中は雨の降り方や

気候などは、いつからいつまでかは

必ずしも一定とは言えません。

 

現在は、気象庁の本庁

管区気象台及び地方中枢官署が

観測及び予報に基づいて

「梅雨入り・明け」を発表し

 

近畿地方の梅雨入りや明けについては

大阪管区気象台が発表し

近畿地方の平年の梅雨入りの期間は

6月7日ごろ、梅雨明けは

7月21日ごろです。

 

梅雨入り直後は雨足はさほど強くなく

比較的静かな雨が長期に渡って

降るのが特徴で

 

梅雨の間は、曇りや雨の日が

多いのですが、数日以上晴れる事も

あり、この期間のことを

「梅雨の中休み」と呼んでいます。

 

 

また、梅雨の時期に長雨が降る場合は

日照時間が短くなるため

 

最高気温と最低気温の差が

あまりなく、肌寒く感じ

「梅雨寒(つゆざむ)」または

「梅雨冷(つゆびえ)」と

いいます。

 

反対に、梅雨の間の晴れ間などは

「梅雨晴れ(つゆばれ)」または

「梅雨の晴れ間」と呼ばれ

 

高温多湿となり

梅雨晴れの日は不快指数が上がり

過ごしにくく感じ、また熱中症を

起こしやすくもなります。

Sponsored Links by rakuten

梅雨の対策におすすめ商品は?

 

梅雨の時期は

パッとしない天気が何週間も続き

デメリットばかりが思い浮かんで

しまうと思いますが

 

実際のところ梅雨には多くの

メリットもあります。

 

 

梅雨の時期に雨が十分に降らないと

ダムが枯渇し、その年の夏は

深刻な水不足となりますので

 

梅雨の時期に十分に雨が降ることは

夏を快適に過ごすことができるのに

とても役立ちます。

 

また、梅雨の時期に雨量が少ないと

作物が十分に育たず、その年の野菜や

果物の値段が高くなったりしますので

 

意外と梅雨は日常生活と密着して

いるのです。

 

とはいえ、梅雨の時期が好きだ

という人はあまりいませんね。

 

ジメジメとした空気や

洗濯物が乾きにくいなど様々です。

 

そんな時は、梅雨対策グッズで快適に

すごしましょう。

 

多くの企業も梅雨対策グッズの

開発に取り組んでおり

近年では様々な梅雨対策の

おすすめ商品が存在します。

 

例えば、梅雨時に気になる

食材の傷みには

 

腐敗防止シートとお弁当サイズの

保冷材などのお弁当用グッズ

などはデザインも豊富で人気を

集めています。

 

 

さらに、洗濯グッズも

部屋干し専用の洗濯洗剤などは

除菌力が強く、ニオイの原因と

なるものを取り除いてくれます。

 

化粧品の分野では

多くの梅雨対策グッズがあり

制汗スプレーや汗拭き取りシート

などはジメジメした梅雨場には

欠かせないアイテムです。

 

そして、家電製品で梅雨を

快適に過ごすには

エアコンと除湿機があります。

 

エアコンは電気代がかかるという

イメージがありますが

最近では省エネタイプのものも

多くなり、また以前よりも

気軽に購入できるようになりました。

 

そして、ほとんどのエアコンには

除湿機能が付いており

梅雨場には特に重宝します。

 

★最新!!梅雨対策グッズ★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

このように梅雨対策グッズを

上手に活用することで、梅雨の間も

快適に楽しくすごせますので

 

ぜひ活用してみては

いかがでしょうか?

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

梅雨については伝わりましたで

しょうか?

 

 

梅雨の訪れは季節の風物詩です。

 

嫌なイメージが多いですが

その後に訪れる、夏のイベントなど

楽しみも多いと思います。

 

まずは、毎年訪れるものなので

この機会に色々な対策や過ごし方を

試してみてはいかがでしょうか?

 

Sponsored Links by admax



 

それにより、今までとは違う

梅雨を過ごせるかもしれません。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事