妊娠で現れる体の変化として

すぐに思い浮かぶのが

「つわり(悪阻)」では

ないでしょうか?

 

 

妊娠中に起こる吐き気やムカムカなど

消化器官を中心のトラブルである

つわりを、実に妊婦さんの8割程度の

人が体験します。

 

妊娠していることを一番に

実感するのがつわりという方も

多いかも知れませんが

 

やはりとても辛いイメージが有る

つわりはいつから始まって

いつまで続くのか心配になりますね。

 

つわりと一言で言っても

軽いものから重いものまで

人によって症状が違い

 

なんとなく気持ち悪いだけだと

生理前の症状と勘違いする人も

いると思います。

 

そこで今回は

なぜおこるの?つわりの原因とは?

つわりの種類や症状に
ひどい人の特徴は?

つわりはいつからいつまで?
ピークの時期は?

続くつわりが楽になる方法は?
飲み物や食べ物に効くツボは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



なぜおこるの?つわりの原因とは?

 

妊娠初期には、つわりと呼ばれる

様々な症状に悩まされることがあり

 

つわりとは

「妊娠悪阻(おそ)」とも呼ばれ

妊婦さんに起こる生理現象で

 

むかむかしたり、吐き気がしたり

いろんな症状がでますが

そのつらさには個人差があり

まったくない人もいます。

 

 

ちなみにつわりは

漢字では「悪阻(おそ)」と

書きますが、これは医学用語で

 

つわりの語源は

木の芽が出て花のつぼみが

ふくらむ意味の動詞の「つわる」が

名詞化している表現と言われて

います。

 

つわりは約6~8割の妊婦さんが

体験するといわれ

 

以前は「妊娠高血圧症候群」に

分類されていましたが

現在では生死にかかわる症状とは

考えられていません。

 

つわりの原因は未だはっきりと

特定できていませんが

医学的には次のような事が

考えられています。

 

 

つわりの原因 その1
「ホルモンの影響」

妊娠すると赤ちゃんが育つのに

欠かせない胎盤が作られますが

速いスピードで作られる過程で

大量の女性ホルモンが分泌され

ます。

 

その、大量のホルモン分泌により

体が急激に変化していることが

つわりの原因と考えられています。

 

 

つわりの原因 その2
「体が酸性になる」

人間の体は本来アルカリ性ですが

妊娠中は酸性に近づき

体がアルカリ性不足を訴えて

つわりが起こると言われています。

 

 

その為、果物や野菜をたくさん

食べる人は体がアルカリ性の

ままなので、つわりは起こらないとも

言われています。

 

 

つわりの原因 その4
「体が赤ちゃんを異物と判断」

妊娠は自然の摂理に従ったものとは

いえ、妊娠初期の体は赤ちゃんが

成長することで

 

今までお腹の中にいなかった

赤ちゃんのことを異物と

判断してしまい、拒否反応のような

一種のアレルギー反応として

つわりが出るという説があります。

 

 

つわりの原因 その4
「精神的な原因」

妊娠により急激に体が変化するため

心が追いつかず

自律神経が乱れることによって

つわりがおこるのではないかと

いわれ

 

また、精神的にも負担がかかり

その結果、つわりに繋がるとも

言われています。

 

その為、よく寝ている時や何かに

没頭している時はつわりのことを

忘れ、つらさも感じないという話も

あります。

 

他にも

毒素を排除する為や

流産を防ぐ為などの説があり

 

どれも医学的に証明はされておらず

また、つわりがまったく現れない

人もいることを考えると

 

ホルモン分泌だけが原因なのではなく

様々な原因がからみ合って起きて

いると考えられ

 

はっきりとした原因は

わかっていないのが現状です。

Sponsored Links



つわりの種類や症状にひどい人の特徴は?

 

妊娠はさまざまなカラダの変化が

起こるものですが

つわりの症状も千差万別です。

 

 

つわりがまったくない人もいれば

日常生活に支障をきたすほど

ひどくなる人も。

 

そうした体調の差は

なぜ起こってしまうのでしょうか?

 

普段から健康に気を使っている人や

ストレスが少ない人は

つわりが軽い傾向にあり

胃腸の強さなども関係するようで

 

近年、つわりの治療として

ビタミンB6が使われることも

増えていることから

 

つわりが少ない人は、ビタミンB6が

十分に摂取できている状態にある

ともと言われています。

 

一方ひどい人の特徴として

  • 胃腸の弱さ
  • 低体温
  • 血流の悪さ
  • ビタミンB6不足

が見られます。

 

つわりの症状は程度も期間も

個人差がありますが

大きく5つの種類に分類されます。

 

 

つわりの種類 その1
「吐きつわり」

食事をしているかどうかに関わらず

一日中吐き気に悩まされ

いわゆる典型的な「つわり」の

症状です。

 

症状が重いと食べ物がまったく

喉を通らず、水分補給すら

難しくなるケースあり

 

吐きつわりで嘔吐を繰り返すと

脱水症状や飢餓状態担ってしまう

危険性があり

 

まったく食べ物がのどを通らず

水だけでもすぐ吐いてしまうときは

病院に行きましょう。

 

 

つわりの種類 その2
「食べつわり」

 

空腹になると吐き気が現れるの

つわりで、食事と食事の時間が

空いてしまうと胃がムカムカして

胸焼けがしたり、吐き気をもよおし

 

ずっと口に食べ物を入れていないと

落ち着かないため、体重増加に

気をつける必要があります。

 

 

つわりの種類 その3
「匂いつわり」

妊娠初期は匂いに敏感になる方も多く

特定の臭いに刺激され

吐き気をもよおすことがあり

苦手なにおいと平気なにおいが

出てきます。

 

特定のにおいといっても

白米を炊いたにおいや香水の

においなど、普段の何気ない

においにも反応し

 

どのにおいが苦手になるかは

個人差があります。

 

 

つわりの種類 その4
「眠りつわり」

妊娠前に比べ眠気がひどくなり

寝不足で眠い・だるいなどの症状の他

 

日中にあまりの眠さで急に意識を

失ってしまう人もいますが

 

どれだけ眠っても寝不足に感じるので

急に眠気が襲ってきて

日常生活に支障をきたすことがあり

 

外出先でも眠くなるので

車の運転は避けましょう。

 

 

つわりの種類 その5
「よだれつわり」

 

よだれの分泌量が過剰になり

食事などで唾液の出る量が以前に

比べて増えたり

 

食べるとき以外にも唾液が出続けて

定期的に吐き出さないと

自分の唾液を飲み込むのも

一苦労になることがあります。

 

その他の症状としては

  • 耳が詰まる感じがする
  • 呼吸が苦しくなる
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛

など様々で

 

つわりの症状は個人差があり

ひどい場合には

一度、医療機関に相談することを

おすすめします。

Sponsored Links



つわりはいつからいつまで?ピークの時期は?

 

気になるのは、つわりが

いつからいつまで続くのかですが

一般的に妊娠5~6週間目頃が

つわりが始まる時期といわれ

 

ピークは妊娠8~11週目頃とされ

妊娠12~16週目頃まで続きます。

 

早い人だと妊娠4週目から

つわりのような症状が現れることも

あります。

 

WHOの定義では最終月経開始日を

「妊娠0週0日」ときめ

これは妊娠4週目が最後の

月経開始日から28日後であることを

表します。

 

28日周期で生理がきている人で

あれば、ちょうど生理予定日に

あたるころからつわりの症状が

出て来る事もあるということです。

 

ただ、妊娠検査薬が使えるのが

「生理予定日の1週間後以降」なので

 

妊娠検査薬で確認する前に

吐き気など症状が現れて

妊娠に気がつくこともあるようです。

 

つわりが出る出ないは

個人差があるものなので

あくまでも目安と考えてください。

 

ただ、人によっては妊娠初期は

つわりがなかったのに

妊娠後期になって突然つわりが

始まったり、一度治まったつわりが

再開したということも起こります。

 

これを「後期つわり」といい

妊娠後期になって胃や腸といった

消化器官が、大きくなった子宮に

圧迫されて気持ち悪くなる

ことが原因と考えられています。

Sponsored Links by rakuten

続くつわりが楽になる方法は?飲み物や食べ物に効くツボは?

 

個人差がありますが、妊娠とつわりは

切っても切れない関係です。

 

 

 

つわりを完全になくすことは

できませんが、続くつわりが

楽になる方法はあります。

 

まず、つわりの時は

無理に朝昼晩の3食を

食べなくても問題ありません。

 

基本は食べられるものを

食べたいときに食べるです。

 

柑橘系の果物や酸味の強い梅干し

ゼリーやプリンなど

のどごしのよいものは

比較的食べやすく

 

また、すぐに口に入れられる

食べ物を常備する事もおすすめです。

 

そして、ビタミンB6にはつわりを

やわらげる作用があるといわれ

ビタミンB6を多く含む

  • 玄米
  • バナナ
  • アボカド
  • ピーナッツ

などを食べるようにし

 

つわり軽減効果で有名なのは

生姜ですので料理にくわえて

みましょう。

 

また、飲み物であれば

炭酸水が比較的飲みやすいと

いわれています。

 

その他のつわりの対策として

  • 水分をしっかり摂取する
  • 吐いてしまった後は胃を休める
  • 食べ物のにおいから離れる
  • 嘔吐用に袋を持ち歩く
  • 気分転換できる運動をする
  • 家族に協力してもらう
  • メンタルを整える

などできることから

試しましょう。

 

さらに、東洋医学で有名な

ツボ押しを試してみると

いいかもしれません。

 

つわりに効くツボには

内関(ないかん)

 

 

裏内庭(うらないてい)

 

足三里(あしさんり)

 

などがあり

★関連動画はこちら>>>>★

 

何回も指で押すのが面倒なら

「ツボ押しリストバンド」の活用も

オススメです。

 

 

★クチコミで人気のシーバンド★
★楽天市場で探すなら>>>★

妊婦さんのつわり対策として

開発されたもので

「シーバンド」という指圧バンドが

おすすめです。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

つわりの原因については

伝わりましたでしょうか?

 

 

妊娠してつわりなどの様々な症状が

現れるのは仕方ないことですが

どんなに辛いことでも

いつかは必ず終わりが来ます。

 

これから生まれてくる赤ちゃんの

ためにも、がんばって

乗り越えましょう。

 

ちなみにつわりがひどいほど

生まれてくる赤ちゃんのIQが

高いとの研究結果があり

 

楽しみの一つに覚えておいては

いかがでしょうか?

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten