自律神経が関係?鳥肌が立つ理由や意味とは?かゆみにブツブツや湿疹?鳥肌ような肌は病気なの?治らない時の改善方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

人間の身体の機能や反応は

不思議なもの多いですが

その一つに「鳥肌」があり

 

寒いときや、恐怖を感じたとき

などに生じますね。

 

 

 

一般的には鳥の毛をむしった

あとのようにぶつぶつが出る

現象をいいますが

 

しかし、なぜ鳥肌が立つのか

あまりよく知らないという方も

多いのではないでしょうか?

 

実は鳥肌が立つ原因には

感動や寒さや恐怖以外にも病気が

隠れている可能性があり

 

鳥肌が起こるメカニズムや原因を

知っておくことは大切です。

 

そこで今回は

自律神経が関係?鳥肌が立つ理由や
意味とは?

かゆみにブツブツや湿疹?
鳥肌のような肌は病気なの?

鳥肌が治らない時の改善方法は?

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

自律神経が関係?鳥肌が立つ理由や意味とは?

 

鳥肌とは、皮膚が羽をむしり取った

鳥の皮のようにぶつぶつになる現象で

 

鳥肌ができるのは、寒い時だけでなく

何か恐ろしいものを感じたときや

大きな感動を受けたときなどが

多いですね。

 

 

 

鳥肌は「さぶいぼ(寒イボ)」とも

表現されることもあり

 

さぶいぼも鳥肌も同じ寒いとき

などの人体の反射現象のことを

言ういいますが

 

さぶいぼは主に関西地方で用いられ

どちらかと言うと鳥肌は

標準語として使われていますね。

 

そして、その鳥肌が立つ理由として

鳥肌は、寒さなどを感じると

人体が体温を失わないように

体毛を立てて防御しようとする

反射のひとつにより生じるもので

 

人間の皮膚の表面にも動物ほどでは

ないにしろが体毛が生え

体毛一本一本ごとにその根元には

「立毛筋」という筋肉がありますが

 

立毛筋は自律神経の一つ

「交感神経」の支配を受けて

います。

 

寒さや恐怖などの刺激を受けると

交感神経が緊張するので

 

立毛筋は自分の意思とは関係なしに

反射的に収縮し、毛穴は閉じられ

肌に沿って斜めに生えていた

体毛は立ち上がります。

 

その結果、体毛の根元の皮膚も

引っ張られ、まるで鳥の肌のように

ブツブツの肌となるのです。

 

 

この反応は、自分の意識とは

全く関係なく生じる現象で

 

寒さで交感神経が緊張するのは

立毛筋が無意識のうちに収縮して

毛穴を閉じ、体の熱が外に

放散するのを防ぐためです。

 

実は、この立毛筋の収縮は

人間に限った現象ではなく

体毛のある動物や羽毛のある鳥など

でもみられ

 

特に体毛や羽毛が発達している

動物や鳥では、それらが立ち上がる

ことで皮膚の周りの空間に空気の

層ができ、保温の効果を高めます。

 

また、恐怖に対する立毛筋の反応は

動物が外的に襲われそうなときに

体毛を立ち上がらせることで自分の

体を大きく見せ、敵を威嚇(いかく)

する為と考えられています。

 

しかし、どちらの場合も進化して

体毛がきわめて少なくなった人間には

この効果の意味はあまりないと

考えられています。

 

さらに、結局は交感神経を刺激すれば

鳥肌の症状が現れると言う事なので

 

感動した時も交感神経が

刺激されるので、その場合も

寒さや恐怖と同じように

鳥肌という現象が生じます。

 

しかし、動物学的に本来の意味から

鳥肌が立つ原因は、寒さと恐怖に

関係している為

 

「感動して鳥肌が立つ」という言葉

などは、使い方としては誤りである

という意見もあります。

 

ちなみに、鳥肌がよく見られるのは

腕のほかに、脚など体毛がよく

生えている部位で

 

体毛は全身に生えていますの

「総毛立(そうけだ)った」などと

言う場合は、全身鳥肌状態になる

ことを表します。

 

ただ、顔には鳥肌が見られないのは

これは人間の進化の過程で

顔の体毛が退化する過程で

立毛筋も退化し

 

実際は鳥肌が立つのだけれど

目立たないだけといわれています。

Sponsored Links

かゆみにブツブツや湿疹?鳥肌のような肌は病気なの?

 

しかし、鳥肌のような症状は

病気の症状によるものの可能性も

あります。

 

 

 

具体的には

鳥肌のような肌の原因 その1
「魚鱗癬(ぎょりんせん)」

肌や細胞の代謝細胞における余分な

垢が異常に発生し、それが毛穴を

詰まらせる事が主な原因で

 

よく鳥肌と見られがちですが

鮫肌のように表面がザラザラとして

粉状の垢が見られる場合もあり

  • 胸の側面
  • 臀部
  • 手足

など広範囲に症状が現れ

特に思春期に多く見られます。

 

思春期にはホルモンバランスが

乱れがちなので、代謝等の働きが

うまく働かず、それが原因で

肌荒れの症状へとつながると

考えられています。

 

また、見た目に見える症状だけでなく

全身の強いかゆみが現れることもあり

それをかいてしまうと、雑菌が入り

吹き出物やびらんの症状が現れる

こともあります。

 

 

鳥肌のような肌の原因 その2
「アトピー性皮膚炎」

アトピー性皮膚炎の症状として

鳥肌のような症状が現れる事があり

アレルギーを起こしやすい体質を

持っている方に起きやすいとされ

 

肌の角質層においての保湿力が

先天的に弱く、乾燥肌になりやすい

体質の方が発症しやすく

 

症状として、鳥肌のような症状が

現れる事がありますが

 

この場合の多くは一時的なものでは

なく、常に鳥肌が立っているような

状態が続きます。

 

 

鳥肌のような肌の原因 その3
「毛孔性苔癬
  (もうこうせいたいせん)」

聞きなれない言葉ですが

二の腕にできる鳥肌のような

ブツブツで

「毛孔性角化症
(もうこうせいかくかしょう)」とも

呼ばれ、皮膚疾患ですが

 

具体的な症状としては

一見、ニキビのようなぶつぶつが

肩から二の腕(上腕の外側)に現れ

二の腕以外では

  • 背中
  • ふくらはぎ
  • 太もも
  • お尻

などの肌表面など

体の広い範囲に現れます。

 

ぶつぶつの正体は毛穴につまった

角質で、直径2~3㎜の栓や

丘疹(きゅうしん)ができ

 

皮膚の表面が鳥肌のようにザラザラに

なります。

 

また、皮膚が乾燥して粉状の垢が

発生することもあり

 

毛穴にできる疾患なので

ぶつぶつの中に産毛が生えている

こともあります。

 

ほとんどの場合、痛みやかゆみは

ありませんが、まれに軽いかゆみを

感じるケースもあります。

 

 

鳥肌のような肌の原因 その4
「寒冷蕁麻疹」

寒冷蕁麻疹とは、冷水や冷風等

自分の体温よりも冷たい物に触れたり

温まっている体が冷やされる事で

発症します。

 

基本的に冬場に発症しやすい病気

ですが、エアコンの冷風等の影響で

夏場に起こる事もあります。

 

ただ、体が急に冷たくなる度に皮膚に

湿疹が現れたり、温かいところから

寒いところに行くとかゆみが

出ることもあります。

 

また皮膚が赤くなり

鳥肌のようなブツブツや

  • 腫れ
  • 湿疹
  • かゆみ

などが起きます。

 

そのまま放っておくと

症状が悪化してかゆみが消えなく

なったり、蕁麻疹が広がる事があり

疑わしい場合には

一度、医療機関に相談することを

おすすめします。

Sponsored Links

鳥肌が治らない時の改善方法は?

 

急な寒さや恐怖、感動で鳥肌が立つ

生理現象の場合には特に問題は

ありませんが

 

一般的に鳥肌が治らない時の

改善方法として、自律神経の乱れから

鳥肌が立ってしまう場合

 

ウォーキング等の適度な運動を

する事で、自律神経の働き高まり

改善効果が期待出来ると言われて

います。

 

 

 

また、ストレスは身体のあらゆる

不調に影響を及ぼしますので

ストレスを溜め込む事は肌にも

影響が出ると考えられています。

 

そして、自律神経の乱れ等も

ストレスからの影響が大きいですので

ストレスを溜め込まないように

しましょう。

 

ストレスの解消法は人それぞれで

自分に合った方法があるので

まずはしっかりリフレッシュする事を

心掛けてみてください。

 

また、食べ物でおすすめは

カルシウムを積極的に摂る事で

鳥肌の原因となる神経の緊張を

抑える効果が期待できます。

 

ただ、病気が原因で

鳥肌の症状がある場合には

 

その病気自体に対する治療が必要に

なり、疑わしい場合には皮膚科に

相談することをおすすめします。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

鳥肌が立つ理由や意味については

伝わりましたでしょうか?

 

 

 

「身の毛がよだつ」や「鳥肌が立つ」

といった言葉がよく使われるように

なにげに気になる鳥肌ですが

 

鳥肌の意味を知ると

むやみに不安になることはなく

なりますね。

 

ただ、医学的には皮膚表面の毛根が

収縮することにより

 

皮膚が引っ張られてブツブツとした

突起のように感じられる

自然現象ですが

 

その原因には病気の可能性もあり

疑わしい場合には一度、医療機関に

相談することをおすすめします。

 

Sponsored Links by rakuten

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by admax

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク