過去の出来事が原因で

どうしても一歩先に踏み出せない

そんな経験はありませんか?

 

それは心にブレーキをかける

「トラウマ」かもしれません。

 

images-3

 

しかし、トラウマとは一体

なぜ起きるのでしょうか?

 

その原因と克服法を知れば

違う人生が歩めるかもしれませんが

 

では、どうすればトラウマを

克服し、過去の出来事による

恐怖の連想を断ち切り、無効化する

ことができるのでしょうか?

 

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

e79c9fe381a3e99d92e381aae9a194e381aee794b7e381aee5ad90e382a4e383a9e382b9e38388-min-thumbnail2

そこで今回は

トラウマとは?その意味や語源は?

トラウマの定義は?

後遺症や記憶障害?
トラウマの原因や身体症状は?

治療方法は?薬はあるの?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



トラウマとは?その意味や語源は?

 

子供の頃に経験した怖い体験などを

大人になってもずっと忘れることが

できない体験は誰にでもありますが

 

images-9

 

「トラウマ」という言葉は

軽いノリで使われることもあれば

 

災害や事故に巻き込まれた経験から

心に深い傷を負ってしまうような

トラウマまでその体験は人それぞれ。

 

では「トラウマ」とは一体

どのような時のことをいうので

しょうか?

 

日本語では心理学の学術用語として

「心的外傷」

「精神的外傷」

と訳されます。

 

意味は精神的に何らかの大きな

打撃を受け、そしてその影響が

後遺症のように長く残るような

「体験」をいいます。

 

最近ではPTSD
(Post Traumatic Stress Disorder)

「外傷後ストレス障害」という

言葉も耳にしますね。

 

しかし、トラウマという言葉は

少し不思議な言葉ですね。

 

トラウマの語源ですが

もともとはギリシャ語で

意味は「傷」。

 

しかし特に「心の」傷という意味は

ありませんでした。

 

実際、英語などでも

「trauma」 は後遺症を伴うような

物理的な外傷(physical trauma)と

心理的な外傷(mental trauma)

などに使われます。

 

トラウマという言葉は

1887年にフランスの

心理学者ピエール・ジャネが

使ったのが始まりと言われ

 

その後1917年

事故などで激しい物理的な外傷を

負うと後遺症を伴うのと同じく

 

過去の強い心理的ショックが

後になって忘れ去られても

精神に障害をもたらすということを

 

images

 

「精神分析入門」の中で

心理学者の精神科医

ジークムント・フロイトが発表し

 

その時、精神的外傷を表す言葉として

用いられた「trauma」という用語が

ドイツ語の心理学用語となり

精神医学界で広く知られるように

なったと言われています。

Sponsored Links



トラウマの定義は?

 

しかし、日常的に使われている

「トラウマ」という言葉ですが

精神医学的には、主に次の二つを

満たすものがトラウマであると

定義されています。

 

images

 

一つ目は

出来後の質の定義です。

 

生命の危機や重傷を負うような

出来事を1度もしくは数度体験したか

 

自分あるいは他人の身の保全に

迫る危険を、その人自身が

  • 体験
  • 目撃
  • 心理的に直面

している条件が

当てはまるかどうかで決まります。

 

つまり例えば、死の危険を

感じるようなことや

 

重症を負うようなことを

1度でも繰り返しでも経験していれば

トラウマの経験として

満たされるということです。

 

2つ目は

体験する側の主観的な感情の定義。

 

「その人の反応は強い恐怖

無力感または戦慄に関するもので

ある事。」

 

これは体験する側の

  • 恐れ
  • 絶望感
  • 恐怖

といった感情が

体験にともなっていることが

必要です。

 

この定義は、米国精神医学会の

トラウマの定義ですが

 

実はマニュアルが改定されるたびに

この項目が書き換えられていることも

多く、それだけ議論が必要な

 

難しい問題であると言えますが

トラウマとなる出来事には

  • 出来事が予測不能であること。

  • 重大な過失によって
    事件・事故が起こってしまった
    責任を感じる結果。

  • コントロールができないこと。
  • 起こっている出来事が非常に
    残虐なものであること。

  • 自分が愛しているや
    大事にしている何かを失うこと。

  • 暴力的な出来事。

こういったことがトラウマを

もたらすような出来事の特徴です。

 

images-4

具体的には

  • 自然災害

  • 人為災害

  • 生命に関わる大ケガ

  • 毒物によるや事故の被害

  • 暴力的な犯罪被害

  • 誘拐、捕虜、監禁

  • 虐待の被害

  • 戦闘体験

などがトラウマを引き起こす

原因となります。

 

ただ、このようにトラウマの

原因となる出来事はかなり

 

たくさんあるように

見えますが

「大きなストレス=トラウマ」では

ありません。

 

普段の生活のなかで

起こるストレスは、現段階の

医学的には「トラウマ」とは

呼びません。

 

大きなストレスなど

例えば

  • 離婚
  • 病気で家族を失う
  • 失業

などを多くの人が体験しますが

これらはトラウマとなるような

出来事の範囲には含まれないと

されています。

Sponsored Links



後遺症や記憶障害?トラウマの原因や身体症状は?

 

トラウマによるPTSDの

初期症状として

本人も気づかないレベルの些細な

刺激でも思い出されてしまいます。

 

images-8

 

そして、トラウマになる原因は

思い出さないように

「抑制意図」を持ってしまう事。

 

そうなると、ますます思い出され

やすくなるという厄介な

性質があります。

 

トラウマ記憶が

まるでタイムスリップしたかのように

鮮明に思い出してしまう

フラッシュバックは

     
普段の記憶システムとは違う

「トラウマ記憶」を作り出す

特別な記憶システムの影響です。

 

この記憶は、恐怖に連動して

発動するもので

ごく正常な反応です。

 

しかし、あらゆる記憶は

書き換えられるものなのですが

トラウマ記憶を恐れるあまり

記憶の書き換えが進んでいない

ことが挙げられます。

 

誰でも辛い記憶を

無かったことにしたい気持ちが

ありますが、トラウマ記憶は

「無かったことにしないで」

「こんなに辛いのに」と

訴えてくために、再び現れるのです。

 

その為、思い出したときに

気持ちが動揺したり

 

身体症状として動悸や発汗を伴う

こともあり、その他の後遺症として

  • 慢性的な無力感
  • 無価値感
  • 部分的な記憶障害
  • パニック
  • 入眠困難
  • いらだち
  • 集中力の低下
  • 張りつめた警戒心

などが現れる事があります。

Sponsored Links by rakuten

治療方法は?薬はあるの?

 

トラウマ体験によるPTSDの

対処方法としては

体験したことを軽く扱わず

心が感じる本音を受け入れてみる

ことです。

 

イラスト

 

 

人は体験した出来事をどのように

解釈するかで行動が決まり。

 

例えば、同じ辛い体験をした

二人がいます。

 

一人は、この体験を受け

「ショックで何もできない」と解釈し

その後の行動は引きこもりに

なります。

 

しかし、もう一人は

「今を大切に生きよう」と解釈し

その後の行動は

前向きに行動するようになります。

 

このように行動とは

本人が出来事や物事を

どう解釈するかで決まります。

 

望まない出来事が起こっても

原因を考えることに

意味はありません。

 

考え続ければ、過去の辛い体験が

頭の中で繰り返され

心的外傷(トラウマ)が強化される

だけなのです。

 

今日からは「どうやって~しよう?」

という質問に切り替え

 

習慣になれば、トラウマはどんどん

薄らいでいき、克服は時間の

問題になります。

 

ただ、心の傷の回復を助け

苦しい症状を軽減し、健全な状態に

戻すことを目的とした

治療も今では数多くあります。

 

心と身体の症状にあわせて

選択肢の一つとして

自分ではどうしようもない場合に

医療現場を訪れてみては

いかがですか?

 

PTSD治療と克服の方法には

  • 認知行動療法
  • グループ療法
  • 薬物療法

などがあり

 

まず、認知行動療法ですが

トラウマに焦点を当てた治療です。

 

fotolia_76285967_xs

 

認知処理療法では、考え方を見直し

別の視点で物事を見られるように

適切に導きます。

 

また、安全な環境の中で外傷体験の

記憶を思い出させ、その恐怖に

慣れさせ、思い出しても危険はない

ことや、言葉にすることで

乗り越えられることを学習します。

 

グループ療法では

同じような体験をした人たちが

グループとなり

 

体験について語り合う形で

行われます。

似たような経験をした人と一緒

 

であれば、体験について話しやすく

なり、「自分だけではない」と

前向きに捉えられるようになります。

 

そして、薬物療法では

  • 眠れない
  • 不安が強い
  • うつ状態
  • 自殺を考える

などの症状がある場合

  • 抗うつ薬
  • 抗不安薬
  • 気分安定薬等

様々な薬が症状に応じて

処方されます。

 

ただ、治療が大切であることは

もちろんですが

「必ず克服できる」と強く思う

ことが重要です。

 

そのために自分でできることを

日々の生活に取り入れて

いきましょう。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

トラウマになる原因や身体症状に

ついては伝わりましたでしょうか?

 

images-2

 

一言で「トラウマ」と言っても

その人が心に受けた傷の深さは

その人にしかわからない

かもしれません。

 

でも共通するのは

すべて「過去の出来事」である

ということ。

 

過去とは「もう終わった出来事」で

触れることもできない

何の影響力もないものです。

 

そしてそれは一つの「経験」に

過ぎないのです。

 

どう解釈し、どう行動するかで

未来は決まります。

 

「過去」のことにこだわるか

「未来」を向いていくことを選ぶかは

自分以外は誰も選べません。

 

もし少しでも自分の選択したい

未来があれば少し行動して

みてくださいね。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事