治るの?今さら聞けない卵アレルギーとは?蕁麻疹や嘔吐にアナフィラキシー?アレルゲンの種類や症状は?検査や診断に治療は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

離乳食で子供に卵を与えたら

身体にぶつぶつが出てきたり

かゆがって機嫌が悪くなった。

 

このような症状が起こった場合

もしかすると「卵アレルギー」かも

しれません。

 

 

卵アレルギーは、乳幼児の

食物アレルギーの中で最も多い原因と

言われ、主に卵黄よりも卵白の方が

アレルゲン性が強く

 

身体に様々な症状を引き起こす事が

あります。

 

しかし、その半数は

アトピー性皮膚炎を引き起こし

やすいとも言われていますが

 

その半数は適切なスキンケアと

除去解除により、改善する可能性が

高いとも言われています。

 

その為、小さなお子さんをお持ちの

パパさん・ママさんは

卵アレルギーについての知識を

持つことが大切です。

 

そこで今回は

今さら聞けない卵アレルギーとは?
アレルゲンの種類は?

蕁麻疹や嘔吐にアナフィラキシー?
卵アレルギーの症状とは?

卵アレルギーの検査や診断は?

治るの?卵アレルギーの治療方法は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

卵アレルギーとは?アレルゲンの種類は?

 

卵アレルギーとは

鶏卵、または鶏卵を含む食品が

体内に入ることで起こる

アレルギーのことです。

 

 

 

離乳食を始める際に

「アレルギー」について講習を

受た方もいらっしゃると思いますが

 

さまざまな食品を食べ始めると

食物アレルギーが発生する可能性が

でてきます。

 

一般的に「食物アレルギー」と

称されるものは「即時型」で

アレルゲンを含む食べ物を食べた

直後や、食後数分から2時間くらいの

間に様々な身体症状を引き起こし

ます。

 

そして、日本においてアレルギーを

もっている人は全人口の2%ほど

といわれていますが

 

5歳以下の場合、食物アレルギーの

原因が最も多いとされいるのが鶏卵で

子供の食物アレルギー全体の

40%近くを占めているのです。

 

人間の体には、外から侵入してくる

ウイルスや細菌に対し

抗体を作り出し、対抗しようとする

免疫機能が備わっていますが

 

本来は体に害のない物質に対しても

過剰に反応してしまうことがあり

これが「アレルギー」です。

 

特に乳児は異物を判断する機能が

未熟なためアレルギーを引き起こし

やすいと言われています。

 

そして、卵を食べたときに起こる

アレルギーが、卵アレルギーです。

 

 

その原因物質としては

ごく少量で反応する場合を除けば

卵黄にはアレルゲン活性はなく

 

その一方、卵白には卵アレルギーの

主要なアレルゲンとなる成分が含まれ

ています。

 

卵アレルギーの症状を引き起こす

たんぱく質(アレルゲン)の

種類として

  • オボアルブミン
  • オボムコイド

などがあります。

 

オボアルブミンは加熱により

アレルゲン活性は低下しますが

オボムコイドはアレルギー活性が

高いため、加熱してもその性質が

変わりません。

 

ただ、やがて成長し

小学生や中学生になれば消化器も

発達しますので、卵アレルギーの

症状がでなくなるケースも多く

みられます。

 

また、卵アレルギーの症状が

みられるからといって、牛乳や

小麦などにもアレルギー症状が

でるかといえば、そのようなことは

ありません。

 

逆に、それまで問題なく食べていた

ものが、急にアレルゲンとなり

アレルギー症状を引き起こして

しまうこともあり注意が必要です。

Sponsored Links

蕁麻疹や嘔吐にアナフィラキシー?卵アレルギーの症状とは?

 

症状の現れ方や程度には

個人差がありますが

卵アレルギーの主な症状は

  • 皮膚のかゆみ
  • じんましん
  • 喉のイガイガ感
  • 下痢
  • 嘔吐

などがあげられます。

 

 

 

そして、卵アレルギーの症状の出方は

「即時型」と「非即時型」に

分類することができ

 

即時型の卵アレルギーの場合

アレルギー症状は卵を摂取してから

2時間以内に発症し、その多くは

30分以内の発症が見られます。

 

非即時型の卵アレルギーの場合

アレルギー症状は卵を摂取した後

数時間から数日後に発症するとされて

います。

 

その為、遅れて症状がでる非即時型を

体調不良だと思って

見過ごしてしまうこともあるので

 

症状が現れる前に何をしたかや

何を食べたかを思い返し

記録しておくと、アレルギーによって

症状が起こっているかを

判断しやすくなります。

 

ただ、短時間のうちに全身に

重篤なアレルギー反応が起こす

アナフィラキシーショックには

注意が必要です。

 

特に喘息持ちの赤ちゃんなどは

アナフィラキシーショックを

引き起こす恐れがあり

 

もし、心拍数の増加や顔面蒼白

発汗などの症状が見られるたら

早めに医療機関に受診されることを

おすすめします。

Sponsored Links

卵アレルギーの検査や診断は?

 

卵アレルギーが疑われる場合

検査によって本当に卵による

アレルギーなのかどうかを

特定する必要があります。

 

 

このような検査には

血液検査や皮膚テストなど

さまざまなものがありますが

 

一般的には、赤ちゃんがアレルギーを

持っているかどうかは血液検査に

よって調べます。

 

一番初めに卵を食べたとき

体内で卵の成分が異物だと認識され

攻撃するために「IgE抗体」という

免疫に関わるたんぱく質が作られ

 

IgE抗体は血液に乗っていつも

体中をめぐっています。

 

そして、次に卵を食べると

この卵専用のIgE抗体が卵の成分に

くっつき、アレルギー症状を

引き起こしてしまうので

 

食物アレルギーを診断する上で

多くの医療機関が

 

その原因食物の血液検査である

IgE検査を行い、オボアルブミンや

オボムコイドなどのIgE抗体も

血液検査で測定可能です。

 

しかし、食物アレルギーは

アレルゲン摂取後に症状が初めて現れ

診断することが重要であり

 

この血液検査によるIgEの検査結果

だけの診断は適切ではありません。

 

 

特に遅れて出てくる非即時型は

下痢や便秘、アトピー性皮膚炎の

悪化や湿疹といった

一見アレルギーと関係なさそうな

症状ということもあり

 

食べ物が原因だとわかりにくい

こともあって「隠れアレルギー」とも

呼ばれ、この型のアレルギーは通常の

血液検査ではわからない

やっかいなものです。

 

また、IgE抗体の量が多くても

アレルギー症状が起きないこともあり

検査の結果と経過を見て

医師が慎重に診断をしてくれます。

 

さらに、除去試験といって

疑わしい食品の摂取を2週間くらい

中止してみることがあり

 

症状の改善がみられれば

その食品が原因である可能性が

高まります。

 

そして、日本小児アレルギー学会に

よって、食物経口負荷試験が

もっとも信頼できる検査方法で

あると言われています。

 

 

ただ、食物経口負荷試験は

アレルギー反応を起こす可能性のある

食品を摂取する必要があるため

 

摂取後15~20分で即時型反応となる

アナフラキシーショックなどが

起こる危険性をともなうため

 

アナフラキシーショックが

起きても対応が可能な施設で検査を

受けるようにしなければなりません。

 

とはいえ、近年は即時型の

アレルギー反応を予測することが

できる検査も用いられるようになり

 

より安全に食物経口負荷試験を

受けることができるようになって

きています。

Sponsored Links by admax

治るの?卵アレルギーの治療方法は?

 

卵アレルギーになったから

一生治らないとは限りません。

 

 

アレルギー反応を起こす食品は

年齢とともに変化していき

卵の場合も年齢とともに

パーセンテージが低くなって

いくことが多く

 

卵アレルギーは個人差もありますが

0歳よりも1歳、1歳よりも2歳の方が

発症する可能性が低いようで

 

そして、2~3歳頃に治ることが

多いといわれ

これは3歳頃になると体の機能が

丈夫になるためです。

 

とは言え、卵アレルギーは

乳幼児だけでなく、大きくなっても

反応がでてしまうことがあり

 

その時の体調が悪く

たまたま反応が出する場合や

火をしっかり通すことで反応は

出にくいこともあります。

 

卵アレルギーの

一般的な治療法としては

アレルギーの出る食品を食べない

ことが一般的な方法(食物除去)で

 

他によく行われているのが

「経口免疫療法」という方法です。

 

経口免疫療法とは、一定の期間

卵や卵を含む食品を一切与えず

消化機能の成長を待ち

 

体の機能が成熟してきたら

アレルギーが出ない程度の量を

少量から食べ始めていく方法で

 

少しずつ量を増やしていくことで

最終的には食べられるように

免疫をつける方法です。

 

ただ、この治療法は

再び蕁麻疹などの症状が現れる

危険性もあり、慎重に行わなければ

なりませんので、かかりつけ医と

相談の上、行いましょう。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

卵アレルギーについては伝わりました

でしょうか?

 

 

卵アレルギーが出てしまうと

日々の食べるものに気をつける

必要がありますが

 

現在では、食品表示で確認する

こともでき

 

赤ちゃんの食物アレルギーは

成長するにつれて、自然と治まる

ことも多くあります。

 

また、卵アレルギーは

経口免疫療法による治療法で

克服が期待できるため

 

お医者さんの指導のもとで

安全に行いましょう。

 

Sponsored Links by admax

 

そして、最初のうちは大変かも

しれませんが、あまり神経質に

なりすぎずに

 

アレルギーと上手に付き合っていく

ことを心がけましょう。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク