めまいや頭痛の症状?今更聞けないストレートネックとは?病院での治し方や自宅での改善方法はストレッチにタオル枕(動画)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

近年、首の痛みや肩こりなどを

引き起こす「ストレートネック」が

TVや雑誌などで注目されています。

 

ストレートネックになると

何日にも渡る頭痛や眼精疲労

肩こりなど様々な症状が出たり

 

最悪の場合、脳梗塞の恐れもあると

言われ注意が必要です。

 

 

もしかすると

すでにストレートネックの症状が

出ているかもしれませんが

 

しかし、実際にストレートネックとは

どんな状態を指すのでしょう?

 

また、その原因や改善策など

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

そこで今回は

今更聞けないストレートネックとは?

めまいや頭痛?
ストレートネックの症状とは?

ストレートネックの病院での
治し方は?

ストレッチにタオル枕(動画)?
自宅での改善方法は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

今更聞けないストレートネックとは?

 

ストレートネックは、名前の由来

どおり、頚椎を守る首の骨が

まっすぐな状態ですが

「ストレートネック」という言葉は

そもそも病名ではありません。

 

 

頸椎は7個あり、それぞれの間に

椎間板というクッション部分があり

本来は7個の骨が30~40度程度の

緩いカーブを描いていて

これを「生理的弯曲」と呼びます。

 

ストレートネックとは

「本来あるべき首の骨の

   生理的弯曲がなくなっている」

状態を指す言葉です。

 

人の頭の重さは体重の10%前後にも

なると言われ、体重が50kgの方なら

5kg相当の重さになります。

 

首の曲がりは、その重たい頭を

効率よく支えるために必要なもので

本来あるべき首の骨の曲がりが

なくなった状態になると

 

頭の重さを首や肩だけで

支えることになり、当然大きな負担が

掛かってしまいます。

 

その結果、重たい頭を支える首などの

筋肉は緊張し、首の痛みや肩こり

などの症状を引き起こす原因と

なります。

 

ストレートネックは、頚椎の生理的

前湾角度30度以下(ストレート)の

首の状態をいいますので

 

簡単なチェック方法としては

壁を背にした状態で立ち

  • かかと
  • 骨盤
  • 肩甲骨
  • 後頭部

これらが壁に付くかどうかを

試してみて下さい。

 

通常は、この4か所がぴったり壁に

付きますが、ストレートネックの方は

後頭部が離れたりするので

無理をしないと4か所を付けることが

できない状態になっています。

 

 

しかし、最近になり急増していると

言われるストレートネックですが

 

実は昔から一定数の

ストレートネックを持つ人は

存在していました。

 

ですが、ストレートネックは

近年までそれほど有名な病気ではなく

要因としては、自覚症状などの

診断基準がわかりにくい為

 

基本的に肩こり症などと勘違いされる

ことが多かったこともあり

病院ではじめて首の頚椎の変形による

病気であることに気づくケースが

大半でした。

 

しかし、近年はサラリーマンや主婦

そして学生にも増え

昨今メディアに取り上げられたことで

注目を集めるようになりました。

 

そして、ストレートネックの原因には

  • 携帯電話
  • スマートフォン
  • パソコン

などの普及によって患者数が

増えているといわれ

 

ストレートネックになりやすい人の

特徴として

  • 姿勢が悪い人(猫背・反りすぎ)

  • 長時間同じ姿勢を続けている人

  • デスクワークがメインの人

  • 一日中パソコン操作をしている人

  • 何時間も携帯電話や
    スマートフォンを見ている人

  • 枕の高さが合っていない人

  • 頸椎椎間板ヘルニアの人

  • 骨盤周囲の筋肉の衰えている人

  • 交通事故などのむち打ちによる

  • 外傷がある人

  • 浮き指や外反母趾の人

などが挙げられます。

 

ただ、猫背や前屈みの姿勢が

ストレートネックの主な原因なら

背筋がきちんと伸びている人は

ストレートネックにならないのか

というと、実はそうではありません。

 

社交ダンスやバレエダンサーなど

背骨をまっすぐにすることで

体の軸を築いている人も

 

背中の生理的湾曲が失われ

その結果、首もまっすぐな人が

多いと言われます。

 

ですが、社交ダンスやバレエダンサー

の方全てがストレートネックによる

症状に悩んでいるわけではなく

 

首の骨がまっすぐであっても

体全体の筋肉が整っているため

症状が出ない人も多いのです。

 

また、生まれつき背骨の方や

生理的湾曲が小さい方

股関節が上手くかみ合わない病気の

方なども、骨盤が前傾しやすく

 

頭の重さを支えるために

首の前彎が失われてしまうことが

あります。

Sponsored Links

めまいや頭痛?ストレートネックの症状とは?

 

では、ストレートネックになると

実際にどのような症状が出るので

しょうか?

 

 

ストレートネックの主な症状は

  • 首の痛み
  • 肩こり
  • 手のしびれ

などです。

 

首の痛みと同様に、筋肉の緊張に

よって肩こりが起こり

ストレートネックの原因が

椎間板ヘルニアなどである場合

 

首の神経が圧迫されることで

手のしびれなどの症状が

起こることがあります。

 

さらに

  • 頭痛

  • 吐き気

  • めまい

  • 脱力感

  • 耳鳴り

  • 食欲不振

  • 胸やけ

  • 肩こり

  • 眼精疲労

  • 上を向きにくい

  • 腕の脱力感

などが起こることがあり

 

頚椎由来の頭痛は後頭部がもっとも

多く、次いで側頭部で

前頭部が痛くなることは

ほとんどありません。

 

しかし、ストレートネックがあっても

痛みの程度は個人差が大きく

その人の骨格や筋肉の付き具合など

によって痛む場所も異なることが

あります。

 

また、ストレートネック自体は

病気というわけではありませんが

首や肩の筋肉が常に緊張している

状態から生じるため

 

首の後ろを通っている自律神経にも

大きな影響を及ぼし

 

先程紹介した症状は

自律神経失調症や鬱病を

診断する時の目安となる症状も

多いのですが

 

人間関係や仕事などのストレスなどが

原因でそのような症状を

引き起こすわけではなく

 

もしかすると、首や肩の異常が原因で

起っている可能性もあります。

Sponsored Links

ストレートネックの病院での治し方は?

 

しかし、レントゲンを撮らないと

ストレートネックかどうかは

わからないので

 

気になる症状をお持ちの方は

自己判断せずに「整形外科」を

受診してください。

 

 

先にお伝えした症状を出す

他の病気もあり得ますので

 

まずは、きちんと診察を受け

診断に基づいて主治医と相談のもとに

治療方針を決めることが大切です。

 

病院での診断・治療方法については

レントゲン写真で

「頸椎の生理的湾曲の消失」が

確認されると

ストレートネックと診断され

 

ほかに病気がないかどうかを探す

目的で、必要に応じてMRIを

撮ることもあります。

 

ストレートネックと診断された場合

ストレートネックは病気ではないので

それ自体を治すというより

それにともなう症状を治療します。

 

ただ、ストレートネックでは基本的に

手術に至ることはありませんが

 

ストレートネックが原因で

頚椎椎間板ヘルニアや頸椎症などを

引き起こし、日常生活において

支障が生じている場合は

手術を行う場合があります。

 

 

しかし、基本的には

主に対症療法が用いられ

骨に変形のない場合は

運動療法で治します。

 

適切な運動を根気よく続ければ

多くの場合、改善すると考えられて

います。

 

その他にも

  • 低周波治療器
  • マッサージ
  • 薬剤
  • 生活環境や意識
  • ストレッチ

といった方法を用いて

症状を緩和する治療が行われます。

 

ただ、整形外科とは違い

「整骨院」での治療の際には

健康保険が適用される場合と

されない場合があり

 

また、外傷や急性期は適応し

慢性期の場合は適応外となる場合など

施設によりその方針は違うため

 

通院をお考えの場合、直接確認する

ことをおすすめいたします。

Sponsored Links by rakuten

ストレッチにタオル枕(動画)?自宅での改善方法は?

 

しかし、ストレートネックはある程度

予防することができると

考えられています。

 

 

ストレートネックのうち

椎間板ヘルニアなど明らかな病気が

原因でないものは

 

姿勢や行動など、日頃の行いの

積み重ねが原因であるといわれ

 

そのため、ストレートネックの

予防として

  • 姿勢をよくする
  • 枕の位置や高さを調節する
  • スマートフォンやパソコン
  • 長時間使用しない
  • デスクワークの場合はこまめに
  • 休憩をはさむ

など、生活習慣を改善

することである程度予防できます。

 

しかし、ストレートネックの方は

枕を使うと首が痛くなるため

使わないという方が多く

いらっしゃいますが

 

枕を使わないと頭が沈み込んでしまい

頚椎に余計に負担をかけてしまう

可能性もあり

 

ストレートネックを改善するには

仰向けの姿勢で頭が布団に対し

15度傾いた状態で寝るのがよいと

言われています。

 

おすすめは自分で調節できる

タオルやバスタオルを使った

枕を自分で作る方法です。

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

また、自宅でできる

ストレートネックを改善・予防する

ストレッチとしては

 

ストレートネックの原因と

なりやすい背骨や首周辺の

ストレッチがおすすめです。

★関連動画はこちら>>>>★

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

今更聞けないストレートネックに

ついては伝わりましたでしょうか?

 

ストレートネックは

スマホやPCなどが原因で

起こる現代病とも言われていて

自覚症状がない場合も多いですが

 

首の痛みや肩こりが酷いと

何をしていても辛くて苦しくて

いつも疲れた表情になってしまい

ますね。

 

まずは、疑わしい場合には一度

医療機関に相談し、ご自身の疲れが

ストレートネックによるものなのか

どうかを病院で診断してもらい

ましょう。

 

Sponsored Links by admax

 

そして、ストレートネックと

診断された場合、普段の生活習慣を

見直し、改善していきましょう。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク