どんな味がするの?今さら聞けないそばがきとは?ダイエットにも効果的?栄養やカロリーに簡単な作り方や美味しい食べ方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ここ数年、健康ブームのあおりを受け

そばや蕎麦湯は健康食として見直され

その人気も上昇中です。

 

しかし、そばだけを毎日食べる

わけにもいかず、さらに美味しい

そばはなかなか家庭で日常的に

食べるのは難しいですね。

 

 

しかし、そばの栄養を損なわず

家庭でも簡単に楽しむ事ができる

そば料理に「そばがき」があります。

 

グルメマンガの美味しんぼでも

登場するほどその味もそば好きには

たまらないようです。

 

しかし、気にはなるけど

その作り方や食べ方について

実はあまりよく知らないという方も

多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は

どんな味がするの?
今さら聞けないそばがきとは?

ダイエットにも効果的?
そばがきの栄養やカロリーは?

そばがきの簡単な作り方や
美味しい食べ方は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

★関連記事★
今更聞けないそば湯とは?栄養やカロ
リーにその効果とは?飲み方や割り方
は?そば粉で作る作り方に使い方や保
存期間は?

 

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。

Sponsored Links

どんな味がするの?今さら聞けないそばがきとは?

 

まずはそばがきを知らない人のために

基本的なことからお伝えします。

 

そばがきとは、古くからある

そば粉を使った郷土料理で

現在でも、そば屋で酒のつまみとして

扱っているところも多く

 

長野県松本市周辺の

「そばがき汁粉」や

信州山ノ内町・栄村の

「はやそば(早蕎麦)」などの

 

ように郷土料理としても

未だに広く食されています。

 

 

そばがきは、普段食べている

そばのように細長い麺とはせず

塊状で食する点が特徴の料理で

 

そば粉に水か熱湯を加え加熱し

すぐかき混ぜることで粘りを出し

モチのようにした、塊状とするもの。

 

どんな味がするのかというと

もちもちとした里芋に似た食感で

癖はなく、ほっとする素朴な

優しい味。

 

また、そばの香りと栄養も

そのまま楽しめ

蕎麦好きには溜まらない一品です。

 

単純ではありますが、そばがきは

100%そば粉で作られ

蕎麦屋の品書きの中で

 

最も蕎麦の香りを味わうことが

できるものです。

 

実はそばがきは、細くて長い

現在の麺状のそばになる江戸時代

以前から食されていたと言われ

 

また、そばは古い文献にも登場し

縄文土器からそばを食べていた

形跡が発見されている程

 

日本では古くからそばは食べられて

いたと言われています。

 

そばは、荒れた土地や冷涼な地域でも

収穫できることから

救荒(きゅうこう)作物として

栽培されてきた作物で

 

日本でのそばの記述の初見では

「続日本紀」巻九

元正天皇の詔(養老6年、722年)で

 

この年は大変な飢饉で

ムギ(大麦、小麦)とともに

そばの栽培を命令しています。

 

 

そして、江戸時代半ばまでは

そば料理というとそばがきが

食べられていましたが

 

江戸中期に麺状にした

「そば切り」が庶民の生活に広がり

それが全国に広がり

 

この「そば切り」が現在の細くて

長いそばの原型と言われています。

 

しかし、農山村ではその後も

そば切りは晴れの日や客への

振る舞いのための御馳走であり

 

ふだんはそばがきというのが

普通だったと考えられています。

 

しかし、そばがきは消化吸収に優れ

また、そばの持つ栄養を

効率よく摂ることのできる食べ方と

言えるため、近年健康食として

見直されているのです。

Sponsored Links

ダイエットにも効果的?そばがきの栄養やカロリーは?

 

また、そばがきは美味しいでけでなく

そば本来の栄養を余すことなく

取り入れることの出来る

食べ物と言えます。

 

ご存知のとおり、そばは言わずと

知れた健康食。

 

 

そばには、たんぱく質や脂質の他にも

ビタンやミネラルの含量が

米や小麦に比べて多いのが特徴です。

 

しかし、これらの栄養素は

水に溶けやすい性質を持っているので

麺(そば切り)にして茹でると

 

栄養素の一部が茹で湯の中に

溶け出てしまうと考えられています。

 

★関連記事★
今更聞けないそば湯とは?栄養やカロ
リーにその効果とは?飲み方や割り方
は?そば粉で作る作り方に使い方や保
存期間は?

 

しかし、茹でる必要のない

そばがきにすれば、栄養素が溶け出す

心配はなく、そば粉に含まれる

栄養素をそつくりそのまま摂取できる

というわけです。

 

さらに、昔から日本人に

愛されている食べ物であるそばは

カロリーも低く、ダイエットなどに

向いているとても健康に良い

食べ物です。

 

そばがきも同じくカロリーも低く

1人前(そば粉40g分)

149カロリーです。

 

そして、血糖値をゆっくり上昇させる

低GI値食品ですので

 

腹持ちもよく、ダイエットなどに

向いているとても健康に良い

食べ物なのです。

 

また、そばに含まれている

栄養には他にも

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ルチン

などがあげられ

 

ビタミンB1はエネルギーを

生産するのにとても重要な役割を担い

疲労回復にとても効果があり

 

ビタミンB2は

  • 皮膚
  • 髪の毛

などの成長の促進や皮膚や粘膜などを

守る性質があり

 

何よりお肌の健康を維持するのに

必要不可欠な栄養素の1つですから

女性は是非とも摂取したいものです。

 

さらに有名なルチンには

ビタミンCの吸収を助けるという

性質があることから美容効果も

あげられ、高血圧や動脈硬化にも

有効だということです。

Sponsored Links

そばがきの簡単な作り方や美味しい食べ方は?

 

そばがきの作り方としては

そば粉に熱湯をかけて混ぜ

粘りがでた状態のものを食べる

「椀がき」と、小鍋にそば粉と

水を合せコンロで加熱しながら練る

「鍋がき」があり

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

椀がきの場合

素早く、そしてまんべんなく

そば粉と熱湯をかき混ぜないと

美味しくならないのですが

 

反面余計な熱を加えないので

香りや味は鍋がきより素材の味に

近くなります。

 

鍋がきの場合

鍋にそば粉を入れ水で良く溶いて

火にかけてまぜ続ける作り方なので

 

簡単で火の通り具合を見ながら

作業でき、仕上がりは滑らかですが

温められる時間が長いせいか

香りは椀がきの方が強く仕上がる

ようです。

★関連動画はこちら>>>>★

 

食べ方としては

鍋がきはおやきを作る場合

より柔らかくして米飯を混ぜ込んだり

 

手でちぎってすいとんのように

出汁に落として煮たりと

家庭によって調理は様々です。

 

そばの産地では、子供でも作れるので

昔からおやつの定番であったようで

 

その際は、箸で少しずつちぎりながら

そばつゆや醤油をつけたり

あるいは味噌をつけて食べることが

多かったようです。

 

現在でも、そばがきを酒のつまみ

として出そいているそば屋もあり

また、美味しい食べ方としては

団子状の塊にしたものを

甘い汁粉に餅の代わりにそばがきを

入れる、和スイーツ

「そばがき汁粉」も人気です。

 

もちろん、美味しく作るには

「そば粉」も大切です。

 

 

一般的に食されている手打ち蕎麦と

違い、そば粉100%でつくる

そばがきにとってはそば粉が命です。

 

★売れ筋ナンバーワン!?そば粉★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

そば粉を選ぶときには

  • 信州(国内)産のそば粉であること

  • 出来るだけ新しいそばの実であること

  • 石臼挽きで、尚且つ挽きたての
    そば粉であること

などをポイントにしましょう。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

そばがきについては伝わりました

でしょうか?

 

 

そばがきは、古くからある

そば粉を使った料理ですが

現在でも、郷土料理として広く

食されています。

 

その背景には、そばのもつ栄養を

余すことなくとれるだけでなく

消化吸収に優れ、近年健康食として

見直されていることもあります。

 

その為、今後も注目を集める

料理ですので、ぜひ普段の食生活に

取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

Sponsored Links by rakuten

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by admax

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク