こんにちは(´∀`)

最近飲み会が多い管理人・・・。

 

そんな中やはり体の事を気遣い

肝臓に良いとされている食べ物と

言えば、やはりしじみではないかと

毎日のように味噌汁を飲んでいます。

 

 

3_002003000001

 

 

しかし、意外にも

しじみの砂抜き時間や方法について

悩まれている方が多いようですね。

 

「砂抜きの時間の目安は?」

「簡単に上手にできる方法って?」

「シジミの砂抜きは難しい・・・」

「開かないけど死んでしまっている
のでしょうか?」

「砂が少しでも入っているとイヤ」

「購入したらすぐ砂抜きしたほうが
いいの?」

 

などなど

みなさん苦労されているご様子。

 

images-2

 

そこで今回は

しじみの砂抜き時間や方法

について、栄養や効能

さらに、保存は冷蔵より冷凍?

などの雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まで悩まれていた方のために

お役に立てればと思います。

 

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

★関連記事はこちら★

あさりの砂抜きをお湯でする
方法とは?知っておくべき
時間や冷凍法

Sponsored Links



しじみの砂抜き時間や方法に新常識!?

 


日本に生息している

しじみは3種類あり、その中で

日頃から食べている

しじみの99%は

「ヤマトしじみ」です。

 

しじみ

 

おいしいうま味を出す

具として、重宝されている

しじみですが、調理する時に

めんどうなのが

「砂抜き」ですよね。

 

あさりなどで経験があり

少しでも食べている最中に

あのガリッとした食感は嫌

ですからね。

 

ですので、しじみもあさりのように

砂抜きを頑張ろうとしている方は

多いのですが

 

実は、しじみの砂はしじみが潜る

ときに、貝殻の隙間から入り込んで

くるので、砂は身の上に乗っている

だけなんです。

 

つまり、あさりのように塩水で

砂抜きする必要も時間を気にする

必要もないんです。

 

この事はTVでも病院のMRIを

使って検証していました。

 

イラスト

 

ですが、殻の中に砂はありますので

しじみを調理する方法は

まず、しじみを砂抜きせずに

そのまま熱湯に入れます。

 

殻が開き、うま味と一緒に砂も外に

出て行きますので、ここでしじみ

だけを取り出して、底に溜まった

砂をいれないように、汁をキッチン

ペーパーなどでこすなどして、他の

鍋に移し、砂を取り除いた

汁にしじみを戻します。

 

あとは味噌を加えたり、他の料理に

応用します。

Sponsored Links



しじみの栄養や効能は?旬はいつ?

 


昔から、日本人の食生活に馴染ん

できたしじみですが

その栄養や効能はご存じでしょうか

 

 

しじみは栄養の宝庫です。

 

images

 

アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど

とくに必須アミノ酸が理想的な

バランスで含まれていて、ミネラル

については、他の代表的な貝類と

比べて最も多いうえ、しじみは

低脂肪で消化、吸収がいいんです。

 

また、しじみは昔から

  • 黄疸に効く
  • 母乳の出をよくする
  • 寝汗によい

など、経験に基づいたさまざまな

健康にまつわる言い伝えが

ありますが、特に現在でも

「二日酔いにはしじみ汁」

などは有名ですね。

 

アルコールを飲み過ぎると、肝臓の

肝細胞が損傷を受けます。

 

修復するためには必須アミノ酸を

補給する必要があります。

 

しじみを食べることでその

手助けをしてくれというわけですね。

 

geni

 

また、色々な研究結果でも

アミノ酸のうちタウリンが

肝蔵の細胞の再生をうながしたり

解毒作用を活発化させることも

わかっています。

 

そしてオルニチンなどは

疲労回復作用が

あるといわれています。

 

では、そんなしじみは

いつが旬なのでしょう?


実は「土用しじみは腹ぐすり」

という言葉があるように

夏が旬と言う説や、冬に身が

締まって美味しいということで

 

「寒しじみ」という言葉が

有るように、冬が旬ともいわれて

言われていましたが

 

最近では、しじみは初夏から夏に

かけて産卵するため、栄養を体に

蓄える春が一番美味しくなると

言われています。

Sponsored Links



しじみの保存は冷蔵より冷凍?上手な保存法で栄養価UP!!

 


しじみが体によく、砂抜きの方法が

わかったところで気になるのは

保存方法ですね。

 

gatag-00004181

 

実は、しじみは取り扱いや

保存方法で美味しさも栄養価も

UPするんです。

 

こちらは「はなまるマーケット」

でも紹介された方法です。

 

1%濃度の塩水をつくり
(水1リットルに塩小さじ2杯)

しじみ同士が重ならないよう

塩水にしじみを浸します。

 

あとは室温で最低3時間放置します。

 

放置することで旨み成分である

アラニンが増加するためです。

 

その後、水道水でしじみ同士を

こすり合わせるように10回くらい

洗い、しじみをバットなどに移し

 

水分を含ませたクッキングペーパー

をかけ、最低3時間放置し、旨みの

主成分であるコハク酸を

増やします。

 

イラスト

 

あとは冷凍保存バッグにしじみを

入れ一晩冷凍庫へ。

 

冷凍することでさらに

オルニチンが増加します。

 

ただ冷凍しじみは、そのまま解凍

するとドリップし、うまみ成分が

出たり、臭がでやすくなるので

 

冷凍しじみは解凍せずに

凍ったまま調理することを

お勧めいたします。 

★冷凍が面倒な方は冷凍 しじみを★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

Sponsored Links by rakuten

まとめ


いかがでしたか?

しじみの事について何か発見は

ありましたでしょうか?

 

イラスト

 

 

今回のポイントは?


・しじみはあさりのように塩水で

砂抜きする必要も時間を気にする
必要もない。

 

・現在でも
「二日酔いにはしじみ汁」など有名

 

・しじみの旬は「春」

 

・しじみの保存は冷蔵より冷凍

 

です(´∀`)

 

Sponsored Links by admax



 


しじみは本当に毎日食べたい

食品ですね。

 

今回の記事でしじみを毎日

食べるようになっていただけたら

幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

ありがとうよろしければTwitterや
Facebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by admax



関連記事