今更聞けない暑気払いとは?その意外な意味は?時期はいつからいつまで?会社で飲み会?お知らせや案内状に食べ物は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

梅雨が明けて本格的な夏になると

暑気払い(しょきばらい)と称し

会社でも飲み会が開催されたり

します。

 

暑気払いの案内状を依頼されたりする

こともあるかもしれませんが

現在の若い人達は暑気払いなんて

知らない人も多いそうです。

 

 

しかし、社会人なら知っておくべき

常識と思われることもあり

 

暑さを払うという意味だと

漠然と思っていても

具体的にはよくわからないと

悩む方ことも多いようです。

 

そこで今回は

今更聞けない暑気払いとは?
その意外な意味は?

暑気払いの時期はいつからいつまで?

会社で暑気払いの飲み会?
お知らせや案内状は?

暑気払いの食べ物とは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

今更聞けない暑気払いとは?その意外な意味は?

 

本来の暑気払いの意味とは

その名の通り「暑さをうち払う」

という意味で

 

暑い夏に冷たい食べ物や身体を

冷やす物を食べ、熱を取り除き

暑さをうち払う風習のことです。

 

 

暑さで体調が悪くなったり

弱ったりすると仕事にも

身が入りませんからね。

 

この暑気を打ち払い

体に溜まった熱気を取り除いて

元気を取り戻そうというのが

暑気払いです。

 

現代においては、すぐに冷えた

清涼飲料水やビールなどが

思い浮かばれますが

 

実は、漢方などの考え方に基づき

暑気払いは

「体を冷やす効果の有るもの」を

摂るものであり、冷たいものとは

限らず、実際に昔は漢方を

飲んだりしていたと言われています。

 

また、むしろ薬湯のようなものが

飲まれ、江戸期から明治にかけては

枇杷(びわ)や桃の葉を煎じた

「枇杷葉」というものが

暑気払いとして、道ばたに商品を

並べ売られていました。

 

さらに上方で「柳蔭(やなぎかげ)」

関東で「本直し」と称する

 

味醂(みりん)に焼酎を加えたものも

暑気払いと称して飲用されて

いました。

 

また、江戸の川柳にも

「枇杷(びわ)と桃葉ばかり

       ながら 暑気払い」

というものがあり

 

「本来は実を食べるはずの

びわと桃ですが、葉っぱばっかりで

すいませんがひとつ暑気払いでも」

という句が読まれ

 

葉の体を冷やす効果で

暑さを払おうとしていたようです。

 

暑気払いは、現在では暑さを乗り

切ろうという宴会や飲み会として

残っているだけになりましたが

 

東北地域ではかき氷やそうめんを

暑気払いとして食べる風習が残って

いるところもあるようです。

 

 

また、夏が暑くなると売上が増す

業界において、暑気が失せると

売上が下がるために、逆の表現で

 

ある「暑気寄せ(しょきよせ)」

「暑気乞い(しょきごい)」と

称されることもあり

実は今でも身近な存在なのです。

Sponsored Links

暑気払いの時期はいつからいつまで?

 

では、具体的に暑気払いの時期は

いつからいつまでのことをいうのか

というと

 

時期は、梅雨~8月のはじめくらい

までが一般的で

つまりお盆の前くらいまでです。

 

 

とはいえ、暑気払いは時期は

正式な決まりがありませんので

暑い時期ならそれほど気にせず

暑気払いを行ってもいいとされて

います。

 

二十四節気を参考にするなら

小暑から大暑にかけてが最適で

 

小暑(7月7日頃)は梅雨明けが

近づきこれから、本格的に暑くなる

大暑(7月23日頃)は一年で

最も暑いときですので

 

地域によって多少前後しますが

7月初旬から中旬にかけてが

ベストタイミング。

 

あまり早すぎても

遅すぎても意味をなさないという

ことだけ覚えておきましょう。

Sponsored Links

会社で暑気払いの飲み会?お知らせや案内状は?

 

暑気払いの時期がわかったところで

次はいよいよ暑気払いを開催する

場合ですが、よくある場面は

会社の飲み会ですね。

 

 

その際、幹事や準備を頼まれる

かもしれませんが 

暑気払いのお知らせや案内状の構成は

  • 用件がわかりやすい題名

  • 挨拶文

  • 内容の説明や案内と
    参加を促す言葉

  • 日時と場所、参加費用と
    出欠の連絡先や期限について

などが基本となります。

★案内状の例文はこちら>>>★

 

日時などの誤りがないように

正確に記すことが基本となり

 

ほかには、当日の会費はどうするのか

返事はいつまでに、誰あてになど

受け取った相手が困ることのないよう

記入漏れのないようにしましょう。

 

また、同じ会社の人同士とは

言っても、参加する人の予定を考えて

できるだけ早めに出すことも

大切です。

 

そして、社内で行う場合に重要なのは

上司の予定を優先すること。

 

忙しい上司は日程によっては

出張ということも考えられ

 

暑気払いのおよその時期を決める

段階で上司の予定を確認して

おきましょう。

 

しかし、新入社員として

暑気払いの宴会の挨拶を頼まれる

こともあるかもしれません。

 

 

ただ、真面目に長々と喋られるのは

聞いてる側からすれば

たまったものじゃありませんので

 

暑気払いの乾杯・挨拶は

基本的に短めで十分です。

★挨拶の例文はこちら>>>★

 

さらに、幹事の方にもお礼を付けると

印象も変わります。

 

ちなみに暑気払いの時期は

「暑中見舞い」や「残暑見舞い」と

重なるものがあり

 

「暑中見舞い」は、梅雨明けごろから

立秋(8月8日頃)までに出すとされ

立秋を過ぎたら「残暑見舞い」と

なります。

Sponsored Links by rakuten

暑気払いの食べ物とは?

 

では、飲み会や家などで

暑気払いをする場合

どのような食べ物を食べれば

良いのでしょうか?

 

 

日本では、旬の食材が体調を

整える効果に着目される事があり

6~7月に収穫される麦は

夏の体調管理に欠かせないものと

されています。

 

そこで暑気払いの食べ物として

麦に関連する

  • 冷麦
  • そうめん
  • ビール

などがよく食べられます。

 

冷麦やそうめんは、夏バテを防ぐ

上でも効果的で

 

あまり知られていませんが

七夕は麦の収穫祝いもかねており

行事食のそうめんを食べると

無病息災で過ごせ

 

お中元、お盆の供物にそうめんを

用いるのは暑気払いにも通じる

からです。

 

さらに体を冷やし、利尿作用で

不要なものを体から出してくれる

優れものには

瓜(うり)関係の

  • 西瓜(すいか)
  • 胡瓜(きゅうり)
  • 冬瓜(とうがん)
  • 南瓜(かぼちゃ)

などがあり

 

西瓜や胡瓜は体の熱を下げ

利尿作用で余分な水分を出し

苦瓜はビタミンCが豊富で

夏バテ防止にもぴったり。

 

また冬瓜は、冬までもつことから

その名がつき、暑気払いに効く

食べ物として古くから重宝されて

いました。

 

今のように研究が進んでいない時代に

経験と知恵で体を維持していた

ようですね。

 

ちなみに他の夏野菜にも

身体を冷やしてくれる作用があります

ので、これらを踏まえ

暑気払いで夏を乗り越えましょう。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

今更聞けない暑気払いについては

伝わりましたでしょうか?

 

 

暑気払いは夏の暑さを打ち払って

夏を乗り切ろうというものです。

 

新入社員にとっては

聞き慣れない言葉かもしれませんが

 

夏が始まる前から夏バテしている

場合ではないので

しっかりと暑気払いをして

明日からまた頑張りましょう。

 

また、会社で暑気払いの飲み会が

あったら、ぜひ暑気払いの

もともとの意味を

 

乾杯の音頭の時に挨拶に盛り込むのが

おすすめです。

 

Sponsored Links by admax

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク