年をとると歯が抜けるという方は

多く、その原因の第1位が

歯周病です。

 

ひどい口臭のもととなる歯周病。

 

sisyubyo_tiryo

 

症状がなければ気にしませんが

歯周病は歯を支えている

歯茎も溶かしてしまう怖い病気です。

 

しかし、成人の多くが遅かれ早かれ

歯周病にかかっていると

言われて、歯周病の病的口臭

などは自然に治ってくれるもの

ではありません。

 

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

images

 

そこで今回は

ストレスや菌がやばい!?

歯周病の原因に治し方や予防方法に

ついて雑学を交えながら

お伝えしたいと思います

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



ストレスや菌がやばい!?歯周病の原因とは?

 

歯周病という病気の名前は

知っていても、歯周病かどうかを

正しく判断できる人はほとんど

いないのでは無いでしょうか?

 

images

 

歯周病を自分で見つけられない理由の

一つは、歯周病が虫歯と違って

痛くも痒くもなく、その症状に

気がつきにくい点があるからです。

 

そのため、重症になって歯が

グラグラと抜け落ちる手前になるまで

治療をしない人がとても多いのです。

 

歯周病は歯槽膿漏とも呼ばれ

歯周病になる原因は「プラーク」と

呼ばれる垢のようなもので

歯垢(しこう)とも言いいます。

 

口の中にはおよそ300~500種類の

細菌が住み、普段あまり

悪いことをしませんが

 

普段、歯を磨かなかったり

磨き残しが多いことにより

歯垢は付着し細菌がネバネバした

プラークを作り出します。

 

歯垢(プラーク)1mgの中には

10億個の細菌が住みついていると

言われ、この細菌が出す毒素が

歯を支えている歯肉や歯骨を

溶かし、歯肉が腫れたり

 

歯の表面からはがれてきて

歯と歯肉の間にすきまができ

やがては歯を失う原因となります。

 

さらに、歯垢(プラーク)は

取り除かなければ硬くなり

「歯石」と言われる物質に変化し

 

強固に付着すると、ブラッシング

だけでは取り除くことができなくなり

 

より細菌が入り込みやすくなることで

歯周病を進行させます。

 

また、歯周病の原因には

  • 喫煙
  • ストレス
  • 生活習慣

などが原因とされ

 

特に歯周病のリスクは

喫煙者は3~8倍程度になると

といわれています。

 

images

 

さらにタバコの煙には

数千もの化学物質が含まれ

 

有害な物質が200~300もあると

いわれ、その成分により歯周病に

かかりやすいだけではなく

 

歯周病の自覚症状が現れにくいことが

問題視されています。

 

また、糖尿病の方も

歯周病が進行しやすいことが

知られています。

 

実は、日本人は歯周病の罹患率が高く

データによると、軽度の歯周病を

含めて40歳以上の88%もの人が

歯周病にかかっていると言われて

います。

 

つまり歯周病は、誰でも罹患する

可能性のある国民病ともいえる

病気なのです。

Sponsored Links



歯周病の治し方や予防方法は?

 

以前は「不治の病」とさえ言われて

いた歯周病も、現在では進行を

阻止することが可能となり

 

歯周治療は急速な進歩を

遂げています。

 

images-1

 

歯周病の進行度別により

治療法は異なりますが

 

軽度の歯周病場合には

歯の表面に付着している

目で見える歯石や、歯茎で隠れて

いる浅い部分の歯石を機械や器具で

取除きます。

 

中等度の歯周病の場合であれば

歯茎の内側のより深い所まで

ついている歯石を取り除き

さらに、歯の表面をなるべく歯垢が

つきにくくするよう

ツルツルに仕上げます。

 

この時位置によっては、麻酔を

使うこともあります。

 

ですが、歯周病は重度にもなると

骨がかなり吸収され

 

歯茎の溝(歯周ポケット)も

深すぎるため、手探りで歯石を

取ることには限界が出てきます。

 

そのため、麻酔下で歯茎を切り開き

歯の根っこについた歯石を良く

見える状態で取り除きます。

 

ただ、歯周病は歯茎の炎症から

始まり、のちに進行すると

骨を溶かします。

 

歯茎の炎症だけの段階であれば

十分に治る可能性はありますが

骨が溶けだしてしまうと

溶けた骨は戻ってくることは

ありません。

 

images-5

 

ですので、いかに進行を止めるかが

重要になってきます。

 

その為にも、まず歯周病の原因は

歯垢ですから増やさないことが

基本です。

 

具体的な予防方法は

プラークコントロールといって

歯と歯茎の周囲の歯垢を

きっちりとブラッシングで取る事。

 

また、正しい歯ブラシの方法で

毎日実行することが大切です。

 

 

歯の表面を歯垢のない清潔な状態にし

歯肉の中まで入っている歯石を

完全に取り除きましょう。

 

さらに予防するため

半年に一回は歯科で

根の表面を滑らかにして

炎症を引き起こす細菌を徹底的に

除去することも大切です。

Sponsored Links



歯周病の治療にかかる料金は?

 

しかし、いくら治療することが

望ましいとはいえ

歯周病の治療にかかる料金や期間は

やっぱり気になるところですね。

 

images-4

 

たくさんお金がかかりすぎて

躊躇してしまうこともあり

保険がきくのかどうかも心配に

なります。

 

歯周病の治療にかかる料金は

症状の進行具合で異なり

 

また、歯科医によっても大きな差の

出るところですが

初期段階の場合はかかる

費用も期間も少なくすみ

 

保険適用で総額で

5,000円~10,000円。

 

適用外で50,000円くらいが

相場のようです。

 

この場合の期間は

3回~8回の通院が目安です。

 

中期段階の治療になると

少しお金も時間もかかってきます。

 

総額で保険適用で

50,000円程度

保険適用外の治療になると

料金は5万円から10万円かかる

ようです。

 

また、期間も3ヶ月~半年が

目安のようです。

 

しかし、重度になってしまうと

治療も容易には行きません。

 

外科的治療の選択肢も出て

欠けてしまった歯を補うことも

しなければならなくなり

 

そのため、かかる費用は

総額で保険適用でも

3万円から10万円

保険適用外は

20万~300万が相場となります。

 

images-1

 

その為、いきなりびっくりする

高額請求とはなりませんが

治療を行う場合

 

保険適用できるかどうか

保険適用外になってしまうのか

きちんと説明を受け、納得した上で

治療をうけることをおすすめ

します。

Sponsored Links by rakuten

おすすめの食べ物は?

 

高い治療費を払うことになる前に

いつまでも自分の歯で

食事をしたいと思うのであれば

当然、歯周病の予防を

していかなければいけません。

 

100512152520_0

 

口のケアをしっかりとすることは

もちろん、それ以外にもできる

予防法に食べ物があります。

 

バランスが取れた食事は

歯周病に限らず、様々な病気を

未然に防いでくれますが

歯周病になりやすい食べ物という

ものもあります。

 

歯周病の最大の原因が

歯垢(しこう)と言われているのです

から、歯垢のもとになりやすい

食品が歯周病の原因になりやすいのは

あたりまえですね。

 

特に、ねばりのある食べ物は

簡単な歯みがきで落としきることが

できないため、その分念入りな

歯みがきをしなければ歯垢が

残りやすくなります。

 

また、糖分を多く含む食品も

虫歯だけでなく、歯垢の形成を

促進するため、注意が必要です。

 

歯周病を予防するために

とるべき食べ物としては

歯や歯茎を強くして

抵抗力を高める食べ物がおすすめで

 

さらに、歯周病を予防するために

  • ビタミン
  • 食物繊維
  • カルシウム

を意識して取りましょう。

 

ビタミン類は体の抵抗力を高め

普段の食事から取るべき大切な

栄養素です。

 

特に弱った歯茎を修復する

ビタミンCを多く摂りましょう。

 

口内炎の対策にもビタミンCが

効くとされているように

 

ビタミンCには人間の体の

表面のあらゆる細胞の修復を

促進する効果があり

 

歯茎の修復にもビタミンCは

高い効果を発揮します。

 

そして、「かむ」という行為が

唾液の分泌を促進し

歯周病の予防に高い効果を

発揮します。

 

jyoi_burasing

 

食物繊維は歯ごたえがあり

よく噛むため、歯に付いた食べカスや

汚れを取り除いてくれ

 

歯周病が悪化するのを防ぐため

歯周病の治療にも効果がある

優れた栄養素といわれています。

 

また、ガムなどをかむ場合には

ノンシュガーのキシリトール入りの

ものを選びましょう。

 

そしてカルシウムは

歯を丈夫にし、歯や骨の形成を

促すため、歯周病の進行を

食い止め、歯周病の原因の1つでも

ある、骨粗しょう症を予防してくれる

働きもあります。

 

また、雑菌が繁殖し、歯茎で炎症が

起きていたり、膿(うみ)が

たまるのが歯周病です。

 

歯周病を予防するためには

この炎症や膿が出る状態を

回避する必要があります。

 

歯茎に雑菌が侵入しても

人間本来の免疫機能をもってすれば

退治できます。

 

その為にも、抵抗力・免疫力を

高めることは歯周病の対策の

ひとつです。

 

人間の免疫細胞の多くは腸内に

あると言われていて

 

腸内環境を整えることで

免疫力を高めることができます。

 

その為、ヨーグルトや乳酸菌飲料を

積極的に取り入れていきましょう。

 

もちろん、いきなり変えるのは

無理でも毎日少しずつ食生活を

見直してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

ストレスや菌がやばい!?

歯周病の原因に治し方や予防方法に

ついては伝わりましたでしょうか?

 

150020163054513930

 

歯周病は

サイレントディジーズと

呼ばれるほど、悪化するまで

症状がわかりにくい病気として

有名です。

 

しかし、歯を失う原因の大部分を

占めている歯周病ですが

 

実は残っている

歯の本数が多いほど生存率が

高いことや、認知症をおこす

危険性が低いことが分かっています。

 

歯周病を理解していれば

決して怖い病気ではなく

治療法も確立されている病気です。

 

Sponsored Links by admax



 

歯の寿命が長ければきっといい

人生が送れるはずです。

 

悪くなる前に歯医者さんを

受診してくださいね。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事