鼻がつまりやすい赤ちゃんは

よく鼻をフガフガ鳴らして

いますね。

 

口呼吸が苦手な赤ちゃんは

鼻水や鼻詰まりがあると

大人以上に呼吸が苦しいもの。

 

イラスト

 

母乳やミルクが飲みづらいうえ

眠りが浅いなどで機嫌が悪くなるので

世話をするほうも体力を

消耗しまいます。

 

親としては、早く何とか楽にして

あげたいところではないでしょうか?

 

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

「赤ちゃんの鼻づまりが治りません」

 

「口で吸うやつで吸いますが
ほとんど意味がありません。 」

 

「赤ちゃんは鼻呼吸なので
          こんなもの?」

 

「耳鼻科に吸ってもらいに
        行っています。」

 

「元気で機嫌もいいのですが
  長く続いているので不安です。」

 

「何か原因と考えられることは?」

 

「器具を使ってますが
    泣き叫んで嫌がります。」

 

「赤ちゃんの鼻詰まりは
        長引きますか?」

 

「本人も眠くてウトウトしつつ
      眠れず苦しそうです。」

 

などなどお困りのご様子。

 

xf2645111579w

そこで今回は

新生児や赤ちゃんの鼻づまりの

解消法や苦しそうな原因について

 

雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

夜泣きはSOS!?新生児や赤ちゃんの鼻づまりの原因は?

 

新生児や赤ちゃんの鼻づまりは

どうして起こりやすいのでしょうか?

 

096919-e1418026441686

 

実は、赤ちゃんの鼻の粘膜は

敏感なため、ウイルスや細菌感染

アレルギー物質により鼻水が出やすく

 

また、鼻の粘膜の分泌量は

大人なみに多いのに

鼻が低いうえ、鼻腔や鼻の穴も

小さいため、鼻詰まりも起こり

やすいのです。

 

また、仰向けに寝ていることが多い

ので、鼻の奥に粘液がつまりやすく

赤ちゃんの場合、少しの気温の変化や

乾燥で鼻水は増え、ホコリにも

敏感なため、鼻がつまりやすく

なります。

 

ただ、大人と違い赤ちゃんは

自分で鼻をかむ事ができません。

 

鼻水がたくさん出ると

鼻詰まりを起こし、呼吸が苦しくなり

おっぱいが飲めなくなります。

 

その為、少しでもラクにして

あげるために鼻水はこまめに

取って上げる必要があります。

 

さらに、鼻水が出ているときは

ウイルスや細菌に感染している

かもしれませんので

 

ほかの症状がないかなど

全身をよく観察しなければ

なりません。

 

snapcrab_noname_2014-9-9_12-4-25_no-00

 

そして、新生児や赤ちゃんは

口で呼吸するのが苦手なので

鼻呼吸をしているため

鼻がつまることでとっても

苦しくなります。

 

そのため、夜泣きの原因の

一つにもなることもあります。

 

鼻づまりが原因でおこる

赤ちゃんの様子の変化には

  • おっぱいやミルクが
    飲みづらい

  • 夜泣きがひどい

  • 寝つきが悪い

  • ブヒブヒという口呼吸

などがあります。

 

「たかが鼻づまり」と放置せず

こまめに鼻を吸い取るなどの

ケアをしてあげましょう。

Sponsored Links

いびきは危険!?苦しそうな鼻づまりの原因は病気かも?

 

赤ちゃんの鼻づまりの原因は

様々ですが、苦しそうな鼻づまりの

原因として病気の可能性もあります。

 

hanazumari

 

病気の可能性 その1
「風邪」

 

風邪を引いている場合

ひき始めの鼻水がサラサラで白く

その後、黄色くネバネバした

状態へと変化していきます。

 

このネバネバした鼻水が

鼻の奥で固まることにより

鼻づまりになってしまいます。

 

風邪による鼻づまりがひどくなると

急性副鼻腔炎や中耳炎などを

引き起こす可能性があり

 

赤ちゃんの体調の変化を

注意深く見守る必要があります。

 

 

病気の可能性 その2
「副鼻腔炎」(ふくびくうえん)

 

新生児は副鼻腔がなく

生後6ヶ月頃に形成されます。

 

しかし、鼻腔から副鼻腔までの

距離が短く広いことから

急性副鼻腔炎を引き起こしやすいと

言われています。

 

赤ちゃんの副鼻腔炎の症状は

  • 口呼吸

  • 黄色・緑色の鼻水

  • 湿性咳嗽

などです。

 

また、急性副鼻腔炎は

風邪やアレルギー性鼻炎が

悪化して発症する場合もあります。

 

 

病気の可能性 その3
「アレルギー性鼻炎」

 

赤ちゃんでも大人と同じように

花粉症などのアレルギー性鼻炎に

なることがあります。

 

赤ちゃんに鼻づまりを

引き起こすアレルゲンは

たくさんあり

 

特に多いとされているのは

  • ハウスダスト

  • 動物の皮屑や唾液

  • 花粉

などがあります。

 

アレルギー性鼻炎が原因となる

鼻水は風邪と違い、ずっとサラサラ

しているのが特徴です。

 

鼻水・鼻づまり以外に

目や耳のかゆみ・目ヤニなどが

あれば、アレルギー性鼻炎の可能性が

あります。

 

 

病気の可能性 その4
「クラミジア感染症」

 

基本的に生後6か月未満の

赤ちゃんは副鼻腔炎にはなりません。

 

しかしまれに生後3か月未満の

赤ちゃんに副鼻腔炎の症状が

表れることがあり

 

この場合、赤ちゃんが

クラミジア感染している可能性が

高くなります。

 

images

 

妊娠中のママがクラミジアに感染し

産道内で赤ちゃんにも感染して

しまうことが原因です。

 

潜伏期間は3~4週間で

主に鼻炎や副鼻腔炎の様な症状が

出てきます。

 

さらに、新生児や赤ちゃんが

クラミジア感染すると

クラミジア肺炎になる危険もあり

すぐに病院での検査が必要に

なります。

 

 

病気の可能性 その5
「鼻茸(はなたけ)」

 

鼻茸は別名「鼻ポリープ」と

呼ばれ、赤ちゃんの鼻の中に柔らかい

クラゲの様なかたまりができる

病気。

 

大きさは、小指の先から鶏卵まで

個人差があり、鼻腔内にぶら

下がるようして発生します。

 

鼻茸の原因はまだ解明されて

いませんが、慢性鼻炎や

慢性副鼻腔炎で粘膜をむくませる事が

原因と考えられています。

 

症状としては、鼻づまりが主体で

口呼吸や寝ている時に

大きないびきなどや、嗅覚の低下が

でてきます。

Sponsored Links

鼻づまりの解消法は?吸引器や母乳点鼻薬?

 

赤ちゃんの鼻づまりは

できるだけ早く、解消してあげたい

ものですね。

 

doctor_laugh-210x300

 

赤ちゃんの鼻づまり解消方法には

解消方法 その1
「蒸しタオル」

 

小さめの蒸しタオルや、ガーゼを

赤ちゃんの鼻の下に当て

鼻の付け根を温めてあげましょう。

 

鼻の通りが良くなり

赤ちゃんも楽になります。

 

ただしくれぐれも、熱すぎたり

蒸しタオルで鼻の穴をふさがない

ようにしてくださいね。

 

 

解消方法 その2
「くしゃみをさせる」

 

鼻くそが固まって鼻づまりが起こって

いる場合は赤ちゃん綿棒や

こよりで鼻の入口を刺激し

くしゃみをさせてあげましょう。

 

 

くしゃみとともに、固まっていた

鼻くそが出て、鼻づまりがスッキリし

楽になります。

 

体温が上がっている時に

取れやすいので、お風呂上りか

泣き出した後などにくしゃみを

試してみてくださいね。

 

 

解消方法 その3
「電動吸引器を使う」

 

鼻づまりを解消する方法として

こまめに鼻水を吸い取って

あげることはとても効果があります。

 

耳鼻科でも使われる電動の

鼻水吸引器は、小型のものが

今では手軽に購入できるます。

 

片方ずつ吸引でき

鼻の奥の粘膜を傷つけずに済みます。

 

慣れないうちは嫌がる赤ちゃんも

いますが、短時間で済ませることが

でき徐々に慣れてくれます。

 

 

鼻水が見えたらこまめに

吸い取ってあげましょう。

★赤ちゃん吸引器楽
天市場で探すなら>>>★

 

解消方法 その4
「母乳の点鼻薬」

 

搾乳したての新鮮な母乳を使用し

ごく少量(1~2滴)を

点鼻薬がわりに赤ちゃんの

鼻に垂らし、鼻水を吸い取ると

良く取れるようです。

 

母乳に含まれる様々な

免疫成分と抗炎症作用が

赤ちゃんの鼻づまりに効果があると

言われています。

 

 

スポイトで垂らすことが難しいので

あれば、母乳に浸した綿棒で

赤ちゃんの鼻を優しく洗浄して

あげましょう。

Sponsored Links by rakuten

治らない時の対処や対策は?

 

さらに、解消法を試しても

治らない時の対処や対策として

 

 

対処や対策 その1
「湿気を増やす」

 

部屋が乾燥していると

ホコリや風邪のウィルスが飛散し

やすく、鼻づまりも起こりやすく

なります。

 

乾燥のせいで赤ちゃんの

鼻がつまりやすくなっている場合

加湿器をつけ、空気中の湿気を

高めておくと鼻の通りがよくなる

場合があります。

 

アロマ機能付きの加湿器であれば

ペパーミントやユーカリなど

アロマオイルを入れてみては

いかがでしょう。

 

 

加湿器がない場合は、洗濯物を

室内に干したり、部屋の中で

洗面器にお湯をはるだけでも

効果的です。

 

また、加湿は冬場の

インフルエンザウイルスや病気の

予防のにも効果があるので

 

赤ちゃんがいる部屋は

50~60%の湿度を保つように

しておきましょう。

 

Sponsored Links by admax

 

対処や対策 その2
「お風呂」

 

鼻水と共に発熱の症状がない場合は

お風呂に入れてあげましょう。

 

鼻の粘膜は血行が悪くなると

つまりやすくなります。

 

お風呂に入れることで

血行がよくなり、鼻づまりが

解消することがあります。

 

また、お風呂の中は湿度が高いので

固まっていた鼻水もやわらかく

なり、その時に蒸しタオルや

蒸しガーゼを鼻の下に当てると

効果的です。

 

 

対処や対策 その3
「上半身を起こす」

 

鼻がつまっている時は

仰向けになると余計に

息苦しくなってしまいます。

 

また、頭だけを高くしてしまうと

喉が圧迫され息が苦しくなります。

 

赤ちゃんを寝かせる際

頭が来る位置にタオルを丸め

敷布団の下に差し込み

 

少しだけ上半身を起こして寝かせると

鼻の通りがよくなり、呼吸がしやすく

なります。

 

また、上体を少しだけ起こしてあげる

だけで、寝つきもよくなる場合が

あります。

 

それぞれの赤ちゃんにとって

ちょうど良い角度があるため

何度かためしてあげてくださいね。

Sponsored Links by admax

病院は耳鼻科それとも小児科?行く判断はどうすれば?

 

自宅のケアで鼻づまりが

よくならない場合

病院を訪れるのも選択肢の一つです。

 

shutterstock_125106179-480x377

 

病院では強力な鼻水吸引機で

鼻水を吸い出してくれるので

鼻づまりも解消できます。

 

また、病院は赤ちゃんでも使える

点鼻薬や鼻づまりを根本から

抑える服用薬などを処方して

もらう事ができますので

 

自宅でいろいろ試しても

鼻づまりがよくならない場合は

病院を頼りましょう。

 

しかし、鼻づまりの症状だけで病院を

受診する必要があるのか

判断に悩むところ。

 

また、受診する際も

小児科と耳鼻科どちらに行けばいい

のか迷うという方も多いようです。

 

鼻づまりで病院へ行く

タイミングですが

新生児や赤ちゃんが鼻詰まり以外で

以下の症状が出ている場合

受診しましょう。

  • 発熱がある

  • 咳が出て辛そう

  • 痰がからんで寝ない

  • 母乳やミルクが飲めない

  • 鼻水が長引いている

  • 鼻水を吸い取らせてくれない

  • 鼻水が青い、黄色い

  • 過去に中耳炎や副鼻腔炎に
    なった事がある

これらの症状が出ている場合

病院を訪れましょう。

 

images-2

 

基本的にはかかりつけの

先生にまず見てもらえるなら

そちらが安心ですが、諸事情で

受診が難しい場合

 

耳鼻科を受診した方がよい場合は

鼻づまりや鼻水以外の症状が

見られない場合です。

 

 

耳鼻科を受診して鼻水を

吸い取ってもらうと、赤ちゃんは

ずいぶん楽になります。

 

耳鼻科には、医療用の吸引器が

ありますので、赤ちゃんの鼻水を

スムーズに吸い取ってもらえ

適切なお薬を処方してもらえます。

 

もちろん、小児科でもよいのですが

病院によっては吸引器がない

ところもあります。

 

小児科を受診した方がよい場合は

発熱や下痢など風邪の症状が

みられる場合です。

 

不安な場合は一度

病院にたずねてみましょう。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

新生児や赤ちゃんの鼻づまりの

解消法や苦しそうな原因については

伝わりましたでしょうか?

 

今回のポイントは?

 

baby3-300x203

 

 

新生児や赤ちゃんの
鼻づまりの原因は?

赤ちゃんの鼻の粘膜は
敏感なため、ウイルスや細菌感染
アレルギー物質により鼻水が出やすく

また、鼻の粘膜の分泌量は
大人なみに多いのに
鼻が低いうえ、鼻腔や鼻の穴も
小さいため、鼻詰まりも起こり
やすいのです。

 

病気かも?

長びく鼻詰まりは

  • 風邪
  • 副鼻腔炎(ふくびくうえん)
  • アレルギー性鼻炎
  • クラミジア感染症
  • 鼻茸(はなたけ)

などの病気の可能性があります。

 

鼻づまりの解消法は?

赤ちゃんの鼻づまり解消方法には

  • 蒸しタオル
  • くしゃみをさせる
  • 電動吸引器を使う
  • 母乳の点鼻薬

などが効果があると言われています。

 

治らない時の対処や対策は?

  • 湿気を増やす
  • お風呂
  • 上半身を起こす

などを試しましょう。

 

病院は耳鼻科それとも小児科?

耳鼻科を受診した方がよい場合は
鼻づまりや鼻水以外の症状が
見られない場合です。

小児科を受診した方がよい場合は
発熱や下痢など風邪の症状が
みられる場合です。

 

病院へ行く判断はどうすれば?

新生児や赤ちゃんが鼻詰まり以外で
以下の症状が出ている場合
受診しましょう。

  • 発熱がある
  • 咳が出て辛そう
  • 痰がからんで寝ない
  • 母乳やミルクが飲めない
  • 鼻水が長引いている
  • 鼻水を吸い取らせてくれない
  • 鼻水が青い、黄色い
  • 過去に中耳炎や副鼻腔炎に
    なった事がある

これらの症状が出ている場合
病院を訪れましょう。

です((o(´∀`)o))ワクワク

 

Sponsored Links by admax

 

鼻づまりは赤ちゃん自身も

苦しいもの。

 

また、親の負担も大きくなります。

 

こまめに鼻づまりを解消して

あげるだけで、余計な体力を

使わなくてすみます。

 

ぜひ悩む前に今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事