春がきて、薄着で外出する機会も多く

なってきたのではないでしょうか。

 

しかし、日焼けやシミの原因と

なることで知られる紫外線は

夏が強いイメージがありますが

年中降り注いでいます。

 

 

そして、実は一年の中で最も

紫外線量が多いのは

5月~7月の時期ということを

ご存知ですか?

 

そして、この季節に腕や首などに

湿疹ができたり、赤くはれたり

している場合

 

「紫外線アレルギー」かもしれません。

 

近年増加している

この紫外線アレルギーは

 

普通の人なら全く問題のない程度の

日光を浴びただけで、肌や目などに

なんらかの症状がでる事があり

 

それに気づかず、間違った対処を行い

悪化させてしまうことも少なく

ありません。

 

そこで今回は

意外に知らない
紫外線アレルギーとは?

紫外線アレルギーの症状は?

皮膚科での検査や診断は?

紫外線アレルギーの治療方法や薬は?

日焼け止めの効果はある?
紫外線アレルギーの対策とは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

 

意外に知らない紫外線アレルギーとは?

 

地球上に届く太陽光は

暖かさを感じる「赤外線」の他

目に見える「可視光線」や

目に見えなくて何も感じない

「紫外線」があります。

 

 

このなかで

紫外線(UV=UltraViolet)は

波長が短く、エネルギーが強い光で

物質に化学変化を起こさせやすい

性質があります。

 

この紫外線は波長の長さの違いにより

  • UV-A
  • UV-B
  • UV-C

に分けられ

 

地球に届いているのは

「UV-A」と「UV-B」です。

 

UV-Aは、UV-Bほどの害は

ありませんが、長時間浴びると

健康被害の原因になり

 

UV-Bは、皮膚や目に有害で

日焼けを起こしたり、皮膚がんの

原因となります。

 

★関連記事★
皮膚や目に影響!?紫外線とは何か?
a波やb波にled波長?その種類とは?
紫外線量の強い時期や年間の強さに日
陰は?
★記事はこちら>>>★

 

そして、紫外線アレルギーとは

  • 日光アレルギー
  • 日光過敏症
  • 日光性皮膚炎

とも呼ばれ

 

日光の紫外線が原因で

引き起こされるアレルギー反応の

ことをいい

 

普通の人が浴びても問題のない

ほどの紫外線で皮膚に異常反応が

起こります。

 

花粉に反応する花粉症や

ハウスダストやダニなどに反応する

アレルギー性鼻炎など

 

人間は本来、それほど害ではないもの

にも過剰に反応し、アレルギー反応を

起こしてしまうことがあります。

 

紫外線アレルギーはその名の通り

太陽光(紫外線)に過剰に

反応してしまう症状で

 

紫外線アレルギーの原因は

「内因性」のものと「外因性」のものに

分けられ

 

内因性による原因には

紫外線を浴び続け、紫外線に対する

抗体量を超えることで

紫外線アレルギーを発症します。

 

この抗体量は人によって違い

少しの量を浴びただけでも

発症する人がいます。

 

これは、代謝障害や遺伝子異常など

生体内の異常が関係していると

考えられています。
 

 

また、外因性による原因には

服用した薬や日焼け止めの成分などが

原因となってアレルギーを

引き起こすことがあります。

 

 

その為、薬を飲んだり

日焼け止めに含まれる

紫外線吸収剤が肌に合わない場合や

 

女性の場合は化粧品が

紫外線と反応してしまい

 

それらを使用した後、ほんの少しの

量の紫外線を浴びただけでも

発症することがあります。

 

また、子供と大人では

主な原因となるものが違ってくる

といわれ

 

子供で紫外線アレルギーが起こった

場合には、遺伝的なものが関連して

いることが多いと考えられ

 

具体的には

  • 色素性乾皮症
  • しきそせいかんぴしょう)
  • ポルフィリン症

などがあり

 

大人では薬物などの影響が多い

といわれています。

 

さらに、その他の病気が原因で

起こることもあり

 

代謝の異常や膠原病などが

アレルギーを起こす原因と

なっている可能性もあり

 

他にはアルコール性肝障害や

C型肝炎、過度なダイエットを

している方もなりやすいと言われ

 

疑わしい場合には一度、医療機関に

相談することをおすすめします。

Sponsored Links



紫外線アレルギーの症状は?

 

人間の身体は紫外線を浴びることで

アレルギー症状を引き起こす原因と

なるアレルゲンが作られ

 

そして、アレルゲンに対して抗体を

作ることで身体を守ろうとしますが

 

紫外線を浴び続けて抗体の限界を

超えてしまうと、突然アレルギー

反応が出てしまいます。

 

 

 

どのタイミングで発症するかは

体質や遺伝性も関係しているため

一概には言えませんが

誰にでも起こりうるアレルギーです。

 

しかし、紫外線を防ぐことで発症を

遅らせることは間違いありません。

 

紫外線アレルギーの症状は

日常生活を送るのも

困難になるほどの重大なトラブルに

発展してしまうこともあります。

 

紫外線に当ると目に違和感を

覚えるという現象は

アレルギー症状の一つで

 

かゆみや湿疹の症状の多くが

目のかゆみや肌の湿疹で

 

紫外線に当たった部位が赤くなり

蕁麻疹(じんましん)のような

湿疹ができ

 

ひどいときには、水ぶくれが

できる事があります。

 

症状の強さは人それぞれで

紫外線に当たった直後のみ症状が

現れます。

 

さらに、紫外線アレルギーも

その他のアレルギーと同様の

アレルギー反応を示し

頭痛や吐き気がともなう人もいます。

Sponsored Links



皮膚科での検査や診断は?

 

日光を浴びた後

お伝えしたような症状を発症した場合

病院や皮膚科の検査によって

調べることができます。

 

 

紫外線アレルギーの検査方法ですが

大学病院や専門医の皮膚科などで

「光線過敏症テスト」で診断します。

 

また、検査の種類には幾つかあり

原因となる光線の特定することを

目的に行う「光線過敏試験」では

 

紫外線に含まれる

「UVB」や「UVA」という

特別な光線を背中の数ヵ所に照射し

反応を見ます。

 

そして、皮膚に塗ったものが原因で

アレルギー症状が出ていることが

疑われた場合には、原因物質を

特定するため

「光パッチテスト」検査が

行われます。

 

さらに、紫外線アレルギーは原因を

特定することが非常に難しいので

何らかの症状が出ている場合

 

「血液検査」で血液を採取して

  • 花粉
  • ハウスダスト
  • 食物

などの複数の項目に対する

 

アレルギー反応を調べる事が

あります。

Sponsored Links



紫外線アレルギーの治療方法や薬は?

 

紫外線アレルギーの治療方法は

残念ながら、今のところ

対処療法のみです。

 

 

また、根本的な治療薬も

まだ見つかっていないため

 

日常生活で極力紫外線を

浴びないように気を付ける

しかないのが現状です。

 

ただ、症状が出てしまった場合

とにかく自分でなんとかしようとせず

悪化を防ぐためにも紫外線アレルギー

なのかそうでないのかを確認するため

 

皮膚科など専門医にかかり

調べてもらうことが重要です。

 

紫外線アレルギーと診断された場合

軽度なら非ステロイドの塗り薬や

ひどくなるとステロイドの塗り薬が

処方され

 

また、内部からのアレルギー反応を

抑えるために飲み薬も出して

くれるところもあります。

 

ですが、あくまで出てしまった

症状を軽く抑えるためだけのもの

なので、一時的に回復したように

見えても、また紫外線を浴びれば

症状が起こってしまいます。

Sponsored Links by rakuten

日焼け止めの効果はある?紫外線アレルギーの対策とは?

 

紫外線アレルギーを発症して

しまっても、紫外線さえ浴びなければ

症状は出にくいので

 

再発を予防するためにも

紫外線に当たり過ぎない

生活をすることが大切になります。

 

 

紫外線は時間帯によって

降り注ぐ量が異なるため

 

紫外線の量が一番多くなる昼間は避け

午前中や夕方に外出できるよう

工夫しましょう。

 

また、日傘や帽子、衣服で

物理的にさえぎる対策も有効です。

 

さらに、紫外線は目からも多く

吸収されますので

 

いくら肌を守っていても

目を守っていなければ

アレルギー症状がでてしまう

可能性があり

 

UVカット効果のあるサングラスを

使用して、目も守るように

しましょう。

 

★UVカット効果のあるサングラス★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

ただ、日焼け止めで肌を

紫外線から守るもの効果的ですが

日焼け止めには種類があり

 

日焼け止めでも

紫外線吸収剤フリーのものを選び

シーンに応じた日焼け止めの

使用を心がけ

 

ほんの少しの外出には軽めのものを

強い日差しの中、長く出かけるときは

強めのものを使い分けるように

しましょう。

 

同じく、見逃しがちなのは

肌のお手入れに使用する基礎化粧品も

様々な成分が配合されています。

 

普段スキンケアの際には問題なく

使用できているものでも

 

紫外線の影響を受け

トラブルを起こす可能性のある

成分があります。

 

紫外線アレルギーが発症した場合は

ご使用中の化粧品を見直すことを

おすすめします。

 

さらに、最近では色々なグッズが

多くなっているので活用して

いきましょう。

 

★紫外線予防グッズ★
★楽天市場で探すなら>>>★

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

紫外線アレルギーは伝わりました

でしょうか?

 

 

紫外線アレルギーも花粉症などと

同じように、ある日突然発症する

可能性があります。
 

紫外線アレルギーは

一度発症してしまうと治りにくい方が

多いようですので

 

その為、日頃から油断せずに

できるだけ紫外線を浴びすぎない

ように、気をつけてくださいね。

 

Sponsored Links by admax



 

また、急に肌が痒くなったり

腫れたりした場合には

 

それ以上症状を悪化させないため

すぐに専門医にかかることが

大事です。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事