こんがり焼けた小麦色の肌が

もてはやされのは昔の話。

 

街角でコウモリ傘を差して

歩いてる女性をよく見かけ

日差しが強くなる季節に

気になるのは「紫外線」ですね。

 

hiyake_woman

 

今は、紫外線が人体へ与える

様々な影響が実証され

特に、肌の老化を促す原因の

約9割が紫外線と言われています。

 

しかし、美容や健康に影響するという

紫外線とはそもそもどういった

ものなのでしょうか?

 

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

images-2

 

そこで今回は

紫外線とは何か?

a波やb波にled波長?その種類とは?

紫外線の危険性は何分!?
皮膚や目の影響は?

紫外線量の強い時期や年間の強さは?
日陰は大丈夫?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

紫外線とは何か?

 

そもそも紫外線とは何か?

 

images

 

実は多くの方が日焼けの時に

気にする程度で

あまりよくわからないとのこと。

 

紫外線(しがいせん)とは

英語で「ultraviole」と呼ばれ

UVはその略称ですね。

 

太陽から放出される太陽光線の

成分のひとつで

目では見ることが出来ない

「不可視光線」です。

 

太陽からの日射は

  • 可視光線
    (目に見える光線)
  • 赤外線
    (暖かさを感じる)
  • 紫外線
    (X線より長い電磁波)
  • X線
  • ガンマ線

に分けられ

紫外線の占める割合は

そのうち6%です。

 

可視光線は

いわゆる「虹色」の7色で構成され

 

「紫を超えた」という意味の

ラテン語【ultra-violet】が

語源になっているのは

 

紫外線が、虹色の一番外側の

紫色のより外側にあるからです。

 

赤外線が熱的な作用を及ぼすことが

多いのに対して、紫外線は

殺菌作用や日焼けなどの

化学変化の作用が大きいため

「化学線」とも呼ばれ

 

1801年に、ドイツの物理学者

リッターによって発見されました。

Sponsored Links

a波やb波にled波長?その種類とは?

 

可視光線よりも

波長の短い紫外線は

さらに、波長の長いほうから

  • A波
  • B波
  • C波

の大きく3つの種類に分類され

 

イラスト

 

 

UV-A (315-400 nm) 

大気による吸収をあまり

受けずに地表に到達し

太陽からの日射にしめる

割合の5.8%程度で

生物に与える影響は小さいものです。

 

 

UV-B (280-315 nm)

成層圏オゾンにより大部分は

吸収され地表に到達します。

 

しかし、生物に大きな影響を与えると

言われ、太陽からの日射にしめる

割合は0.2%程度になります。

 

 

UV-C (100-280 nm)

成層圏やオゾンと酸素分子によって

全て吸収され、地表には到達する

ことはありませんが

 

現在、フロン等によりオゾン層が

破壊され、地上において

生物に有害な紫外線UV-Cが

増加し、人体への悪影響が

増大することが懸念されています。

 

また、この他にも人工的に作られ

発光材料として使われるled波長が

あり、250nmから400nmの

波長を持っています。

 

日焼けの原因となる波長は主として

280nm~315nmの範囲の

紫外線ですが

 

波長の短い紫外線led波長は物質に

働きかける大きなエネルギーを

持ち、殺菌によく使われ

 

その用途は従来予想もできなかった

分野に広がりつつあります。

Sponsored Links

紫外線の危険性は何分!?皮膚や目への影響は?

 

では、世の中で騒がれる

紫外線の危険性とは一体

どのような物があるのでしょうか?

 

images-9

 

UVAの肌への影響

UVAは生活紫外線とも呼ばれる波長で

肌に急激な障害を与える

作用は弱いのですが

 

波長が長いため天候に左右されず

太陽から届く紫外線の多くを占める為

肌にダメージが蓄積されていきます。

 

活性酸素を発生させるエネルギーは

紫外線B波よりも強く

長い時間をかけ肌の真皮まで浸透し

コラーゲンを破壊。

 

肌のハリや弾力を失わせ

シミやシワ、たるみなどを

引き起こす「光老化」の原因になり

 

また、すでにあるメラニン色素を

酸化させ肌を黒くさせる

「色素沈着」作用もあります。

 

 

UVBの肌への影響

UVBは、太陽から届く紫外線の

約1割と量は少ないですが

肌への作用が強く

「レジャー紫外線」と称され

 

紫外線A波が肌の真皮まで

到達するのと逆で、B波は肌の

表面に強く影響を与えます。

 

短時間でも日やけによる炎症反応で

ある肌が赤くなる「サンバーン」や

 

数日後に肌が黒くなる色素沈着反応

「サンタン」を引き起こす作用が

あり、肌表面の表皮細胞やDNAを

傷つけるなど、体への影響が強い特徴

があります。

 

また、老化を進めるだけでなく

皮膚がんや白内障、免疫力低下など

健康被害にも及びます。

 

1-30

 

 

UVCの肌への影響

生物に対する影響が

最も強く有害とされていますが

オゾン層に吸収されるためUVCは

地表には到達しません。

 

ですが、殺菌作用が強いため

人工的に作った紫外線C波を利用して

「殺菌灯」などが使用されています。

 

そして、紫外線の危険性は

顔だけに降り注ぐわけではないので

紫外線により頭皮が傷つけば

抜け毛を招いたり

 

目のひとみが傷つけば

白内障などの原因になることもあり

 

最近では目から受ける紫外線の影響で

疲労物質が大量に発生することが

わかっています。

 

そして、もちろん肌への影響が大きく

すぐに表れる日焼けや皮膚炎などに

加え、長年浴びた紫外線が

蓄積されれば、何十年後に

シミやシワなどの老化現象が

やってきます。

 

このため、肌細胞が老化する現象の

原因の実に9割が紫外線と言われ

残りの1割が加齢による自然な

老化現象と考えられています。

 

太陽を浴びてから何分くらいで

影響がでるのかというと

 

紫外線は約15分以上浴びると

脳が体を守るようメラニンを作る

指令が出始めるといわれていましたが

 

最近の専門家の研究によると

紫外線に当たって5秒後には

メラノサイトが活動を始めることが

確認され

 

個人差はありますが

紫外線を浴び続けて3分もしない

うちに、肌が黒く変化し始めることが

分かっています。

 

images-2

 

ただ、日光浴が体にいいと

言われることがありますが

紫外線のメリットは

「ビタミンDを作る」ことにあり

 

ビタミンDは骨の代謝に

欠かせない栄養素。

 

1日5分で必要なビタミンDは

十分作られると言われ

不足すると

  • 骨軟化症
  • 骨粗しょう症
  • 心臓病

などを引き起こす原因になります。

 

紫外線が気になり

太陽に当たらない方は

ビタミンDが不足しないよう

 

青魚やキノコにも含まれているので

食べ物やサプリから摂取を心がける

必要があるということです。

Sponsored Links by rakuten

紫外線量の強い時期や年間の強さは?日陰は大丈夫?

 

では気になるのは

紫外線量の強い時期や

年間の強さですね。

 

taiyou_sunglass

 

年間の強さは

5月頃が最も紫外線量の

強い時期とされていますね。

 

その為、日焼け止めをこの時期から

塗る方は多いと思いますが

実は、肌への影響力が大きく

最も注意が必要なのがUV-Aで

 

紫外線A波が多く見られる時期は

紫外線B波と比べると

天候に左右されないため

基本的に年間の強さはあまりかわらず

年間を通じて照射されています。

 

しかし、UV-Bは夏場に照射量が

増え、3~9月の春から秋にかけて

強く降り注ぎ

 

特に真夏の7月~8月に紫外線の量が

増え、真冬と比較すると

紫外線量が約5倍になるとされます。

 

ですが、ガラスなどでの遮断が可能で

UV-A程の脅威ではありません。

 

また、体にあたる紫外線には

太陽からの直接のものだけではなく

空気中で散乱したものや

地面や建物から反射したものもあり

 

冬場は「スキー焼け」という

太陽光が雪に反射して

顔だけ焼けてしまうという現象が

ありますね。

 

同じく、直接紫外線にあたらない

日陰であっても

多少は降り注いでいることは

忘れないようにしてください。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

紫外線とは何かについては

伝わりましたでしょうか?

 

hiyake_goods

 

ちりも積もればではないですが

外にいる時間は、ちょっとの

積み重ねであっという間に

1~2時間はできるもの。

 

忙しいから、面倒だからと

ついつい何も対策せずに

いると老化はみるみる内について

進んでしまいます。

 

紫外線から守って

肌を休めたいのであれば

年間を通して日焼け止めを塗る

対策を取ることをおすすめします。

 

また、規則正しい生活や

バランスの良い食事で

肌のダメージを取り除くことも

大切です。

★関連記事はこちら>>>★
ストレスは危険!?
肌荒れや吹き出物の原因や病気とは?
すぐに治すには食べ物で解消?
効く市販薬や塗り薬にステロイドは?

 

Sponsored Links by admax

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事