乾燥肌になると、肌が持っている

バリア機能が衰え、あらゆる刺激が

ダイレクトに肌を傷つけ

 

その結果、少しの刺激や体調不良で

過敏に反応してしまう「敏感肌」に

なると言われています。

 

 

そこで乾燥肌や敏感肌の改善に

効果があると言われているのが

「セラミド」です。

 

セラミドは表皮の1番上の層である

角質層に存在する保湿成分で

この層までなら肌に塗っても

浸透できる可能性があり

 

その為、最近はセラミド配合の

化粧水も色々なものが開発されており

日々進化しているようですね。

 

しかし、その効果や使い方が

今ひとつわからず

実は、多くの方がお悩みのご様子。

 

そこで今回は

今さら聞けないセラミドとは何か?

ヒアルロン酸やコラーゲンとの
違いは?

セラミド入りの化粧品や
美容液の効果は?

セラミドを食品で食べたり
サプリを飲む効能や副作用は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

★関連記事★
種類がある?意外に知らないセラミド
とは?化粧水や化粧品の効果は?セラ
ミドを含む食べ物はこんにゃく?おす
すめサプリは?
★記事はこちら>>>★

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

今さら聞けないセラミドとは何か?

 

まずは「セラミドとは何か?」という

基本的なことからお伝えします。

 

体の中にあるセラミドの働きですが

肌の角質層は、角質細胞という

細胞がたくさんくっつき合って

構成されています。

 

 

そして、細胞同士は

「細胞間脂質」という接着剤の

役割を持つもので繋ぎとめられて

います。

 

セラミドは、この細胞間脂質に

含まれる成分の一つです。

 

さらに詳しく言うと

足の裏など除くと2mmにも

満たない薄い皮膚は

非常に複雑な構造をしています。

 

大きく分けて

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

など、主に3層構造になっています。

 

そして、そのうちの一番外側の

表皮はさらに

  • 角質層
  • 顆粒層
  • 有棘層
  • 基底層

の4層構造になっています。

 

健康な肌と言うのは

ターンオーバーが順調に行われて

いる肌とよく言われますが

 

ターンオーバーが起きる背景には

まず、表皮の構造で一番内側が

基底層でケラチンが主成分の

角化細胞が細胞分裂で誕生します。

 

そして、順に外側へ押しやられ

やがて表皮の上から2番目の顆粒層で

死に、その後更に上に押しやられ

角質層を構成する角質細胞と

なるのです。

 

この角質細胞は、やがて垢となって

体から離れていきますが

絶え間無く内側から生まれた細胞が

角質層を構成し、垢となる

繰り返しています。

 

これがいわゆるターンオーバーです。

 

 

実は、皮膚の一番外側の角質層にある

角質細胞は細胞膜が分厚く

 

更にその内側にある周辺帯が補強をし

全体として大変頑丈な構造と

なっています。

 

そして、角質層では角質細胞が

10~20層という構成になっており

このような構造が

物理的な丈夫さを実現し

 

刺激に対して変化しにくく

安定的な特質を保ち、体を外界から

保護しています。

 

その為、角質細胞と角質細胞の間には

細胞間脂質という物質がビッチリ詰り

ブロックと接着剤のような状態で

  • 強力な保水機能
  • 強力なバリア機能

を発揮します。

 

そして、その細胞間脂質に

おなじみのセラミドが多く含まれ

ています。

 

つまり「セラミド」は角質層の

細胞間脂質を構成する物質で

 

セラミドには親水性があるため

細胞間脂質は脂質と水の

サンドイッチ構造となり

 

その角質細胞の層と細胞間脂質で

できている角質層は表皮の

一番外側で20ミクロンほどの

薄さですが

  • 体内の水分の過剰蒸発を防ぐ
  • 紫外線を防ぐ
  • 病原菌や体外物質の侵入を防ぐ
  • 抗酸化作用

などの、極めて大事な役割が

あるのです。

 

 

その為、もし角質層が体の表面を

覆ってなければ水分が蒸発し

人間は生きて行くことができません。

 

しかし、逆に言えばこの角質層の

おかげで乾燥した季節でもお肌は

柔らかく、滑らかで潤うのです。

 

とはいえ、このセラミドは

加齢とともに成分量が減少していき

他にも、肌のうるおいを保持する

成分や水分なども総じて減少して

いきます。

 

そうすると肌にうるおいがなくなり

肌が乾燥した状態のカサカサ肌に

なってしまい

 

実際に乾燥肌や荒れ肌、老人性乾皮症

などの肌では、セラミドが少なく

なっていることが報告されています。

 

その為、補う必要があり

肌のバリア機能を担う

最重要成分のセラミド入りの

化粧品が推奨されているのです。

Sponsored Links

ヒアルロン酸やコラーゲンとの違いは?

 

しかし、化粧品などをみると

ヒアルロン酸やコラーゲンと言った

成分をよく見かけますが

 

これらとセラミドにはどのような

違いがあるのでしょうか?

 

 

まず、肌はもともと生体を

維持するためバリア機能を

持っていますが、このバリア機能を

助けるのがセラミドです。

 

天然のセラミドは優れた

保湿効果を示し

 

セラミドが肌にあることで

水分をたっぷりと含んだ

みずみずしい肌が保たれます。

 

一方、ヒアルロン酸とコラーゲンは

角質層の内側(下側)にある

真皮という部分に存在し

 

真皮の中でコラーゲン線維の隙間を

水分を含んだヒアルロン酸が

埋めているというような状態です。

 

ヒアルロン酸は主に

網状の構造をしたコラーゲンや

エラスチンのすき間を埋める

ムコ多糖類の一種で

 

粘性が高いゼリー状のヒアルロン酸は

1gあたり6リットルという保水力を

持ち、肌の弾力とうるおいを

キープする役目があり

 

また、肌以外に

  • 軟骨
  • 関節液

などにも存在しますが

加齢によって減少します。

 

また、コラーゲンもヒアルロン酸と

同様、真皮に存在し

コラーゲンはアミノ酸からできた

たんぱく質。

 

コラーゲンもヒアルロン酸同様

ぷるぷるしたイメージがありますが

実際のコラーゲンは固いレザーの

ような質感で、皮膚の強さを

生み出す繊維状の形状をしています。

 

 

コラーゲンが減少することにより

シワ・たるみの原因にもなるので

ヒアルロン酸同様、肌にとって

大切な成分です。

 

ですから、それぞれに重要な

役割を果たしているのです。

 

しかし、肌の水分保持機能が

改善されれば、コラーゲンを

安定化させることもできるため

 

保湿効果などがあるセラミドや

ヒアルロン酸などを一緒に摂ることで

コラーゲンやエラスチンの働きで

 

肌にハリを持たせ弾力性のある肌を

保つ働きも生まれると考えられます。

Sponsored Links

セラミド入りの化粧品や美容液の効果は?

 

では、実際にセラミド入りの

化粧品や美容液の効果はあるの

でしょうか?

 

 

セラミド配合化粧水や美容液を

使用した後、保湿力は

皮膚に塗ってから2~24時間

維持されると言われています。

 

しかし、そもそもセラミドは

油に溶ける脂溶性で、水には溶けず

従って化粧水には元々配合しに

くいので、セラミドをナノ化させる

など、角質層の隅々まで浸透し

やすく配慮されたものを選ぶ

ことが大切で

 

また、セラミド入りの基礎化粧品を

買うのであれば、美容液やクリームの

方が、まだ理にかなっいると言われて

います。

 

さらに、化粧品に配合されている

セラミドには

  • 動物の脳や脊髄から抽出した
    「天然セラミド」

  • 酵母を使って人間の皮膚内の
    セラミドに似せて作られた
    「ヒト型セラミド」

  • こんにゃく芋や米ぬかから抽出された
    「植物性セラミド」

  • 牛乳から抽出された
    「ミルクセラミド」

  • 石油から作られた
    「合成セラミド(疑似セラミド)」

などがあり

 

★セラミド配合化粧品★
★楽天市場で探すなら>>>★

セラミド配合の化粧品の正しい

選び方としては

 

セラミドの種類の中でも

「ヒト型セラミド(バイオセラミド)」

などが、他の「擬似セラミド」や

「植物性セラミド」などが配合された

化粧水と比べると保湿力が大いに

期待できます。

Sponsored Links by rakuten

セラミドを食品で食べたりサプリを飲む効能や副作用は?

 

また、セラミドは高濃度で配合された

サプリメントを継続して摂取する

ことで、肌の内部で生産される

セラミドの量が増えると言われ

 

その結果、肌の保湿力が高まった

という研究結果が報告されています。

 

さらに、もともとコラーゲンや

エラスチンヒアルロン酸などは

肌の線維芽細胞から生成されて

いますが

 

この生成力を促進するのに

良いといわれているのがビタミンCで

ビタミンCには抗酸化作用もあり

 

同時に摂ることで

肌を酸化から守ったり

美白効果も期待できます。

 

★ビタミンC サプリメント★
★楽天市場で探すなら>>>★

そして、セラミドはコンニャク芋に

特に多く含まれ、その含有量は

小麦や米の7~15倍にもなり

 

そのため、コンニャク芋を

原料にしたサプリメントが多く

 

また、日常的に摂取する食品にも

多く含まれている成分ですので

そのため副作用はほとんどないと

考えられています。

 

ですが、安全だからと言っても

過剰摂取は避け、決められた容量を

守って利用することが大切です。

 

とはいえ、サプリやドリンクなどで

ヒアルロン酸やコラーゲンを

摂っても、飲んだらそのまま肌に効く

という訳ではなく

 

ヒアルロン酸は口から入ると

体内で代謝してオリゴ糖へ

コラーゲンは腸で消化する過程で

アミノ酸へ変化し、身体のなかを

巡っていくのですが

 

ヒアルロン酸やコラーゲンに比べ

食品で摂ることで直接セラミドを

作るのではなく、セラミドの生成が

増加されると言われています。

 

そして、比較的セラミドは食品から

摂りやすく、セラミドを含む食べ物は

  • こんにゃく
  • たまご
  • 牛肉
  • 小麦
  • 大豆

などがあり

 

特にこんにゃくは一般的な食品の中で

含有量が多く、こんにゃくセラミドを

摂るとことで体内で分解され

真皮のコラーゲンの分泌を促すと

考えられています。

 

ちなみに、外からのスキンアが

難しい真皮のケアに良い食品には

ポリフェノールを豊富に含む

  • 赤ワイン
  • ブルーベリー
  • ピュアココア

ビタミンCを含む

  • レモン
  • キウイ
  • 小松菜

ビタミンEが豊富な

  • アボカド
  • ブロッコリー
  • ナッツ類

リコピンを含むトマトや

βカロチンを含む緑黄色野菜

 

そして、良質なタンパク質としては

  • 豚足
  • ふかひれ
  • 手羽先
  • うなぎ
  • 牛すじ

などがおすすめです。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

セラミドとは何かについては

伝わりましたでしょうか?

 

 

多くの保湿美容液に含まれている

成分のうち、コラーゲンや

ヒアルロン酸は分子量が大きい

ことから、皮膚の内部にまで

浸透することが難しいと

言われている中

 

セラミドは表皮の1番上の層である

角質層に存在する保湿成分で

この層までなら肌に塗っても

浸透できる可能性があり

 

セラミド配合化粧水や美容液は

非常に高い保湿効果が期待できると

言われています。

 

ただ、乾燥肌や敏感肌を治す効果が

あるわけではありません。

 

Sponsored Links by admax

 

その為、過剰にセラミドを押している

商品や化粧品会社には注意し

なかなか治らない肌トラブルは

一度、医療機関に相談することを

おすすめします。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten