乾燥肌に効果がある成分として

知られるセラミドは、多くの化粧水や

化粧品に配合され、知っている方も

多いのではないでしょうか?

 

 

多くの保湿美容液に含まれている

成分のうち、コラーゲンや

ヒアルロン酸は分子量が大きい事から

 

皮膚の内部にまで浸透することが

難しいと言われているのに対し

セラミドは表皮の1番上の層である

角質層に存在する保湿成分なので

 

この層までなら肌に塗っても

浸透できる可能性があり

非常に高い保湿効果が期待できると

言われています。

 

しかし、具体的にはどのような

働きをしていて

 

また、そもそもセラミドとは

どのようなものなのか?知る方は

少ないようです。

 

そこで今回は

意外に知らないセラミドとは?

種類がある?セラミド配合の化粧水や
化粧品の効果は?

こんにゃくが効果的?
セラミドを含む食べ物は?

おすすめセラミドサプリは?

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



意外に知らないセラミドとは?

 

皮膚は表面から順番に

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

に分かれていて、セラミドは表皮に

ヒアルロン酸などは真皮というように

存在する場所が違います。

 

 

セラミドは、主に表皮の一番上の層で

ある表皮の角質層に存在し

細胞と細胞の間を埋める

細胞間脂質のひとつです。

 

細胞間脂質の役目は

水分を蓄えて肌を保湿するとともに

細胞間をすき間なく埋め

 

外部からの刺激をシャットアウト

することです。

 

そして、細胞間脂質を構成する

成分は他にも

  • 糖セラミド
  • 遊離脂肪酸
  • コレステロール
  • コレステロールエステル

などがあり

 

その細胞間脂質の約50%を占める

重要な成分がセラミドである為

肌に及ぼす影響力が非常に高いと

考えられています。

 

さらに、セラミドの主な機能は

  • 外部刺激に対する優れた
    バリア機能

  • 水分保持機能

  • シワの深さを軽減する機能

  • 角質の脂質バリア層の構築と
    維持をする機能

などがあります。

 

しかし、肌の中のセラミドは

20歳を過ぎると徐々に減り始め

20歳前後に100%だった

セラミド含有量は

 

40歳前後で約50%、70歳前後で

約30%にまで減少します。

 

実は、セラミドをはじめとした肌の

保湿成分は大きく3つに分けられ

  • 水分を層の間にはさみ込むタイプ
  • 水分を抱え込むタイプ
  • 水分を吸着するタイプ

などがあり

 

 

セラミドは

「水分を層の間にはさみ込む」

タイプでとても強い保湿力を

持つのが特徴で

 

多くの化粧品に配合されている

  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • コラーゲン

などは「水分を抱え込む」タイプに

分類され

 

角質層で自ら水分を抱え込むことで

保湿しますが、保湿力は弱まります。

 

ちなみに「水分を吸着するタイプ」は

角質細胞内にある水分保持成分

NMF(天然保湿因子)が該当し

 

外気などの水分を吸着することで

保湿するタイプで

さらに保湿力は落ちます。

 

最近、乾燥から肌を守る保湿成分

としてセラミドが注目されている

背景には

 

セラミドは、肌のターンオーバーに

よって生成される成分で

 

ターンオーバーとは

角質層がおよそ28日周期で

生まれ変わることで

 

このターンオーバーにより

常に新しい表皮細胞が生みだ

されます。

 

そのため、セラミドが十分に

生み出されるためには

ターンオーバーが正常であることが

大変重要ですが

 

年齢を重ねてターンオーバーが

遅くなったり、寝不足などで乱れると

生成されるセラミドの量が減り

 

セラミドが不足すると

水分をはさみ込む働きをしている

細胞間脂質が十分に水分を

保持できなくなり、肌の乾燥の

原因になることがあるのです。

 

また、角質層は異物や紫外線から

肌を守るバリアの役割を果たしている

ため、セラミドが不足すると

バリア機能が低下するため

 

あらゆる肌トラブルが発生する

原因となります。

 

しかし、逆にセラミドが十分な機能を

果たせば、肌トラブルが改善される

可能性があると言うわけです。

Sponsored Links



種類がある?セラミド配合の化粧水や化粧品の効果は?

 

肌のセラミドが十分で

角質層がしっかりしていれば

砂漠のように湿度が低い環境でも

肌は水分を保持できると言われるほど

 

セラミドは強い保湿力と安全性を

兼ね備えており、保湿成分として

優れた効果があると考えられて

います。

 

では、肌トラブルを起こさないために

セラミドはどのようにして補えば

よいのでしょうか?

 

現在では、セラミド配合の

化粧水や化粧品は多数存在して

いますので、まずはこれらに

どのような効果が期待できるのか

お伝えします。

 

セラミドが配合された化粧品は

皮膚に塗ってから2~24時間の

保湿力が維持されると言われ

 

元々お肌の角質層に含まれる

成分ですから、敏感肌にも安心な

保湿成分と考えられています。

 

 

しかし、化粧品に配合されている

セラミドには種類があり

成分表示をよくて使用することが

大切です。

 

セラミドの種類には

「馬が多い動物由来のセラミド」の

  • ビオセラミド
  • セレブロシド

などがあり、肌に浸透しやすく

親和性が高いのが特徴です。

 

使い続けるとセラミドの産生量を

増やす働きも期待できるといわれ

少し価格が高くなります。

 

また、動物由来とは違う

「植物性セラミド」には

  • 植物性セラミド
  • コメヌカスフィンゴ糖物質

などがあり

  • コメ
  • トウモロコシ
  • 大豆
  • コンニャク

由来のセラミドです。

 

最近はコンニャクセラミドが

安価で大量生産でき

アレルゲンになりにくい点が

注目されています。

 

そして、人の肌にあるセラミドを

真似て酵母から作った

「バイオセラミド」の

  • セラミド2
  • セラミド3

などは、ヒト型セラミドともいわれ

 

肌にあるセラミドとまったく同じ

構造をしていますが、天然セラミドに

負けない保湿力と浸透力があり

安価で安全な成分です。

 

ヒト型セラミドは

浸透しやすく保湿効果が高く

敏感肌・アトピー肌でも使える

というメリットがあり

 

1~6までの種類がありますが

中でもおすすめなのは

「セラミド1・2・3・6」と

言われています。

 

さらに、セラミドに類似した

物質を化学的に合成した

「合成セラミド」

  • セチルPGヒドロキシエチル
          パルミタミド

などがあり、セラミドに似た

分子構造をしていますが

 

あくまで似たようなもので

まったくの別物で、疑似セラミド

ともいわれ、価格は非常に安いです。

 

セラミド成分配合の化粧品というのは

セラミドを直接肌に与えてあげる

ことができる、とても優秀な

アイテムです。

 

セラミドの化粧水や化粧品の効果を

得るためにはこれらの特徴を

基準に選ぶ事が大切です。

 

★セラミド成分配合の化粧品★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

また、セラミドをそのまま配合した

だけでは、角質層のごく表面にしか

届かない場合もあり

 

セラミドをナノ化させるなど

角質層の隅々まで浸透しやすく

配慮されたものを選び

 

さらに、水溶性の美容成分が

一緒に入っているものを選ぶことを

心がけましょう。

Sponsored Links



こんにゃくが効果的?セラミドを含む食べ物は?

 

では、化粧品以外でセラミドを

補給する場合、次におすすめは

食べ物からの摂取です。

 

 

セラミドの摂取は食品からも

摂取することができ

1日当たり0.6~1.2mgの摂取が

必要だといわれています。

 

セラミドは1950年代に発見され

研究によって効果が明らかになって

きたのは1980年代と比較的新しい

成分で

 

こんにゃくやトウモロコシなどの

植物を由来とする原料が主流と

なっています。

 

つまり、セラミドを含む食べ物は

  • こんにゃく芋
  • 小麦
  • 乳製品
  • 大豆
  • ホウレンソウ

などに含まれ

 

特に生芋こんにゃくに豊富に含まれ

生芋こんにゃく100gで1日の

必要量が摂れるといわれています。

 

このほか

  • 黒豆
  • 小豆
  • ゴボウ
  • ワカメ
  • ヒジキ
  • ソバ
  • コーヒー
  • 紅茶
  • 黒こしょう

といった「黒色」の食品に

セラミドが多い傾向にあると

言います。

 

また、セラミドを多く含む食品のほか

セラミドの生成を促す食品も

積極的に摂ることが望ましく

 

血行を促進させる食品や

抗酸化作用のある緑黄色野菜

 

肌の新陳代謝を促すビタミン類を

多く含む食品などをバランスよく

摂ることも大切です。

 

逆にセラミドを減らす食べ物として

リノール酸の過剰摂取があげられ

 

必須脂肪酸であるリノール酸は

血中コレステロールを減らすことで

知られ、肌の中でセラミドが

生産する際に必要な原料です。

 

そのため適度な量の摂取は必要ですが

過剰に摂りすぎると

リノール酸から合成される

アラキドン酸が細胞を満たし

 

その結果、セラミドを減らして

乾燥肌の原因になるほか

  • アトピー性皮膚炎
  • 動脈硬化
  • 高血圧

などを引き起こす要因になる

ともいわれています。

 

リノール酸は

  • グレープシードオイル
  • ひまわり油
  • 綿実油
  • ベニバナ油
  • コーン油

などに多く含まれ、これらを使用した

食品の摂り過ぎは注意が必要です。

Sponsored Links by rakuten

おすすめセラミドサプリは?

 

しかし、1日に必要なセラミドの量

600μg(マイクログラム)を

食品で補う場合

  • 生芋こんにゃくならば約半丁
  • 白米ならお茶碗で25杯
  • 玄米なら10杯
  • 小麦はスパゲティで3皿分

さらに、食べ物を消化・吸収する

過程で排出されてしまう分も

あることを考えると

 

もっと多くの量を摂る必要が

あると考えられています。

 

 

そのため、セラミドを高濃度で

配合したサプリメントなどを

摂る方がよりのぞましいでしょう。

 

最近ではセラミドが含まれた

サプリメントも人気を集め

体内に入ってきたセラミドは

一度分解され、別の成分となりますが

 

その成分が表皮に到達すると

セラミドの産生が促され

皮膚のセラミドの量が増えると

いわれています。

 

また、セラミドが高濃度で配合された

サプリメントを継続して摂取すると

肌の内部で生産される

セラミドの量が増え

 

結果的に肌の保湿力が高まった

という研究結果が報告されて

いますので、活用していきましょう。

 

おすすめセラミドサプリは

リアルサプリ セラミド

 

★リアルサプリ セラミド★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

セラミドの一日分の含有量が

1.5mgとかなり多めで

サプリ自体も、小粒で飲みやすく

飲み込むのが苦手な人でも

安心なサイズです。

 

 

オルビス おこめのセラミド

 

 

★オルビス おこめのセラミド★
★楽天市場で探すなら>>>★

スキンケアの超有名ブランドの

「オルビス」が出してるサプリで

もろみ酢の34倍の効果がある

アミノ酸を含む、酒粕も配合されて

います。

 

DHC セラミド

★DHC セラミド★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

セラミドの含有量が「3.5mg」と

ハンパなく詰め込まれ

 

セラミドだけではなく

  • コラーゲン
  • ビタミンC
  • ビタミンE

などが配合され、保湿含め

トータル的に肌のケアをして

いきます。

 

ぷるきら生活

 

★ぷるきら生活★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

セラミド以外の美肌成分

  • βクリプトキサンチン
  • コエンザイムQ10
  • ビタミンB・C・E
  • しょうがエキス

などが配合され

 

セラミドの含有量としても1.2mgと

とんでもない量ではないのも

逆に安心感が持てます。

 

しかし、あくまで継続が大切ですので

自分のライフスタイルにあったもの

選んでくださいね。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

セラミドについては伝わりました

でしょうか?

 

 

セラミドを食事やサプリなどの

内側からと、化粧品などの外側から

摂取することによって

 

効率的に健康な肌へ導くことが

できると考えられています。

 

ただ、単一の成分で劇的に

変わるようなものは

世の中にひとつとしてありません。

 

Sponsored Links by admax



 

過剰にセラミドを押している

商品や化粧品会社には注意し

 

お肌の水分保持力の要である

セラミドについて正しく理解し

あらゆる肌トラブルの原因となる

水分保持力の低下を防ぎましょう。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten