秋から冬にかけて寒くなってくると

空気もどんどん乾燥し

服を脱いだり、車のドアや

ドアノブに触れたとき

 

不意にバチッとくる静電気は

とても嫌なものですね。

 

 

しかし、静電気の弊害は

これだけではありません。

 

製造業の現場などでは

工程や製品に特に重大な障害を

引き起こすことも考えられ

危険視されているもの。

 

しかし、意外にどうやって静電気が

生まれているのかは

あまり知られていないようです。

 

また、静電気は冬の空気が

乾燥している時期に多く発生する

イメージがありますが

 

実際には季節を問わず身近に

発生しています。

 

その為、静電気のしくみを知ることで

対処や予防につながります。

 

そこで今回は

静電気とは何か?
なぜ起きる?その仕組みは?

静電気を防ぐには?

意外な予防法や除去方法とは?

静電気を取る防止グッズや
ブレスレットの効果は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



静電気とは何か?なぜ起きる?その仕組みは?

 

秋から冬にかけて空気が

乾燥していると

 

服を脱いだり、車のドアに触ったり

するときにパチッと音がなって

「静電気だ」という言葉を

良く聞きますね。

 

 

しかし、そもそも静電気とは何か?

また、なぜ起きるのでしょうか?

 

静電気とは

動かない電気、つまり帯電している

ときの電気のことをいい

 

静電気は動かない電磁気現象の

大本となるものによって

起きる現象です。

 

ちなにみ、物体が帯電している状態

または帯電している電気そのものの

ことを「電荷」と言われることも

あります。

 

ちなみに電線や電化製品のコードの

中に通っている電気は

動いているので「電流」になります。

 

しかし、物体にたくわえられる

電荷(電気)には限りがあるので

たまりきった電荷はほかの物体に

触れると一斉に移動します。

 

このことを「放電」といいます。

 

乾電池などを例にとってもの

電気を通す物体には必ず

プラスとマイナスがあり

 

電気的にプラスは「陽子」

マイナスは「電子」と呼ばれ

通常どちらかの電荷を帯びています。

 

(電気的に中性のものは「中性子」と
いいます。)

 

もちろん人も電気を持っていますし

ほとんどの物は電気を持っています。

 

プラスとマイナスは見えませんが

とても小さなツブツブです。

 

電荷は互いに引き付けあったり

反発したりしますが

 

静電気が起こる仕組みは

このプラスとマイナスが

関係しています。

 

通常はプラスとマイナスの電気を

両方持っていて

 

普段は同じ量のためバランスが保たれ

乾電池などのように

それ単体では電気が流れません。

 

しかし、何かのきっかけで

電子のバランスが崩れ

例えばマイナスの電気は剥がれ

プラスの電気が多く残る状態になると

「帯電」を起こします。

 

帯電するのは

電気の流れにくい物質でよく起こり

 

電気が流れにくい為

帯電した電気は動きません

というより動けない状態といった方

がいいかもしれません。

 

動かない電気だから「静電気」といい

この電気は電気を通しやすいものに

触れない限り流れていかないのです。

 

その帯電状態にある

バランスの崩れた状態から

元に戻ろうと引き寄せる力が

働きます。

 

このことを「静電誘導」といい

通常プラスは電池などの

中ではマイナスが移動する助けをして

マイナスは物と物の間を行ったり

来たりすることができるので

 

静電気もマイナスが移動して

電気が流れることで起こります。

 

マイナスの電気が一気にプラスの

電気へ引き寄せられる瞬間

あの「バチッ」とした火花が

出るのです。

 

紙やプラスチック、化学繊維などは

電気を通しにくいですが

逆に擦る合わさると静電気が発生する

経験があるのではないでしょうか?

 

 

例えば物質を物質にくっつけたり

こすり合わせたり

あるいは衝突させたり

引き剥がしたりすると静電気が

発生します。

 

この引き寄せられる力は

距離が近ければ近いほど

電気同士の引き合いは強くなります。

 

また放電自体は、物体同士が

触れ合っていれば何ででも

起こるのですが

 

金属など電流を通しやすいものに

触れると電荷は激しく動きます。

 

しかし、例えば普段生活していると

外では靴を履きますが

底がゴムのことがほとんどですね。

 

ゴムは電気を通しませんので

化繊生地などのすり合わせで

生まれた静電気は

 

どこかに触れない限り

どこにも流れずに帯電しつづけ

 

逆にドアノブは一部を除いて

たいてい電気を流しやすい

金属でできていますので

ドアノブに触れたとき一気に

 

電気はひっつき電流が流れ

この時に火花がでることもあります。

 

ちなみに冬場に静電気が起こり

やすいと感じるのは

 

空気も電気を持っていますが

空気中の水分量が少ないと帯電した

電気が空気中に流れづらいからです。

 

逆に、空気中に水分が多い夏場などは

帯電した電気は空気中に流れるので

静電気は起こりづらくなります。

Sponsored Links



静電気を防ぐには?

 

では、やっかいな静電気を防ぐには

どうすればいいのしょうか?

 

 

まず、予防方法としては

空気が乾燥していると

体外に電気が放出されにくくなると

お伝えしましたが

 

逆に空気が潤っていれば

常に体から電気を微量ながら

空気中やものに放出され

体の中に溜まりません。

 

つまり、湿度を高く保っていれば

静電気はほとんど発生しません。

 

その為、室内の湿度を50~60%に

保つことが条件として理想的です。

 

同じく乾燥肌の人ほど静電気を

起こしやすいため

ボディークリームやハンドクリームを

携帯し、2~3回なでさするだけでも

静電気が起こりにくくなります。

 

そして、静電気が起きやすい

洋服の素材というものがあります。

 

つまり起こしにくい素材を

知っておくことで

静電気の発生を抑えることが

できます。

 

労働安全衛生総合研究所によると

靴底が革素材の靴をはいていると

静電気をゆっくり逃がすことが

できるそうです。

 

他にも、静電気が起こりにくい素材は

  • 木綿

などは静電気の発生が抑えられる

素材となります。

 

ただ、普段着ることが多い素材である

  • レーヨン
  • ナイロン
  • ウール
  • 羊毛

はプラスの電気を帯電しやすい

素材なので冬場、ニットやセーターを

着たりすると静電気が発生しやすく

  • ポリエステル
  • アクリル
  • 塩化ビニル

などはマイナスの電気を

帯電しやすい素材に分類されます。

 

 

しかし、普段から素材をチェックし

衣類を購入するとしても

デザインが気に入っていたら

素材は妥協すしたくなりますね。

 

静電気を溜め込まないためには

重ね着をするときには

同じ素材のものや近い素材のものを

重ねないようにしたり

 

また、洗濯の際に柔軟剤を使ったり

静電気防止スプレーで仕上げることも

おすすめです。

Sponsored Links



意外な予防法や除去方法とは?

 

また、逆の発想で

静電気が溜まっても除去する

方法を心がけましょう。

 

 

効果のある静電気の除去方法には

意外かもしれませんが

手のひらで触る方法があり

 

思い切って「手のひら」で

ドアなどに触ると電気は逃げやすく

手のひらは指先に比べて

感覚がとても鈍感なので

 

静電気が起こってもさほど痛く

ありません。

 

また、壁や地面をタッチしてから

ドアにさわる方法やキーホルダーや

鍵を利用しドアノブに当てると

体にたまった静電気がキーホルダーを

つたって逃げてくれます。

 

そのほかスマホやハンカチでも

同じことができますので冬場などは

習慣化することをおすすめします。

Sponsored Links by rakuten

静電気を取る防止グッズやブレスレットの効果は?

 

しかし、冬に近づくに連れて

触った瞬間バチ!となる静電気は

いくら予防してもふいにくることも

あり、びっくりするし痛いですし

本当にストレスを感じてしまいます。

 

そんな時に静電気を

取る防止グッズを携帯しておく

という方法もあります。

 

体に帯電する電気を放電し

金属に触った時の放電を防いでくれ

静電気を取る防止グッズとして人気は

「静電気除去ブレスレット」です。

 

 

特殊な繊維や素材で作った

ブレスレットで体にたまった

電気を空気中に放電します。

 

★静電気除去ブレスレット★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

ただ、その効果は

電気をスムーズに流すために

直接肌につけないと意味がなく

洋服がかかると、放電した電気が

服に移ってしまいます。

 

また、ブレスレットはその効果に

ついて「効果を実感できない」

と感じる方も多く

 

効果が実感できない理由として

安いものは放電する

素材があまり使われていないようで

 

また「乾燥」が一番大きく

関わっていると考えられています。

 

静電気除去ブレスレットを

付けていても、静電気が空気を通して

放電することは変わらないので

 

空気が乾燥し放電がしづらい状態では

あまり効果がないということです。

 

また、静電気が起こりやすい服を重ね

着すると帯電が大きく

ブレスレットの効果が及ばない事も

あるようです。

 

もし、ブレスレットで効果を

実感できないという人に

おすすめのグッズとしては

静電気除去シート

 

静電気防止手袋

 

静電気除去スプレー

 

静電気除去キーホルダー

 

★ダントツ最安値!!静電気除去グッズ★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

など、自分が使いやすいかどうかで

選択すると良いと思います。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

静電気については伝わりました

でしょうか?

 

 

静電気は、気温が低く乾燥した

環境で良く起こり

 

また、起きるの原因は

「着ている服」や「摩擦」による

部分が大きいです。

 

しかし、意外にも防ぐ方法は

簡単です。

 

今では静電気除去キーホルダーなどは

静電気が除去されると

ピカッと光ってお知らせしてくれたり

するように対策グッズも色々あり

安心です。

 

Sponsored Links by admax



 

冬は静電気が溜まりやすくドアを

触るのもビクビクしてしまいがち

ですが、静電気のメカニズムを知り

 

静電気を除去する方法を

試して見てくださいね。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事