大事な人が亡くなって

こんなに早く月日が流れたのか。

 

そんな思いと共に

満2年目にやってくるのが

三回忌の法要です。

 

1dd3cf80

 

「法事とは・法要とは」

故人の冥福を祈り、供養をする

ための仏教行事。

 

しかし、通夜や葬儀、告別式は

なんとか終わったものの

三回忌の法事はどのようにすれば

いいのか迷うことは多いですね。

 

しかも、亡くなって 1 年経ってから

行なう法要を

「 一周忌 」 といいますが

2 年目なのに

「 三回忌 」とは一体?

 

実は、三回忌の法要について

多くの方がお悩みのご様子。

 

images

 

そこで今回は

三回忌とは?その意味や数え方は?

三回忌の次は?
年忌法要はいつするの?

服装はどうずれば?
三回忌のマナーとは?

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



三回忌とは?その意味や数え方は?

 

仏教において故人を供養する

儀式を「法事・法要」と言い

 

現在では法事と法要はほとんど

同じ意味に使われることが多い

のですが、もとは法事の方は

仏教の儀式全般をさす言葉です。

 

images

 

そして、故人を見送って満2年目の

年忌法要には「三回忌」が

あります。

 

しかし、1年後の命日は

「一周忌」のため

亡くなって2年後の命日の数え方は

「二周忌」では?と思いますが

 

満二年目を三回忌と呼ぶのは

亡くなった日を最初の忌日(きにち)

として数えるからです。

 

三回忌以降の数え方は「回忌」と

呼ぶのが一般的で

 

法事に案内する範囲には

特に決まりはありませんが

通夜や葬儀などは様々な方が

参列するのに対し

 

三回忌においては

そこまで広い関係者が参列する

訳ではなく

 

一般的に三回忌の参列は

  • 遺族
  • 親族
  • 友人

が集まります。

 

手順としては一周忌と殆ど同じで

僧侶による読経の後に焼香をおこない

法要の後に参列者一同で会食を

行いうことが一般的ですが

必ずしも含まれているわけでは

ありません。

Sponsored Links



年忌法要はいつするの?

 

では、三回忌を含め年忌法要は

いつするのかですが

 

亡くなられた日を

「命日」

毎月の亡くなった日と同じ日は

「月命日」

毎年通ってくるその忌日を

「祥月命日(しょうつきめいにち)」

と呼びます。

 

images-5

 

亡くなられた翌年の祥月命日が

一周忌となり

翌年は三回忌です。

 

それ以降は

  • 七回忌
  • 十三回忌
  • 十七回忌
  • 二十三回忌
  • 二十七回忌
  • 三十三回忌
  • 五十回忌

となります。

 

五十回忌以降に50年ごとに行われる

法要は「遠忌(おんき)」といい

 

お寺様と相談し、三十三回忌または

五十回忌をもって

「弔(とむら)い上げ」とされる

ことが多く

 

これは日本は昔から33年、50年を

もって亡くなった人は個性を失い

祖霊(先祖)になる

「ホトケがカミになる」という

考え方があるためです。

 

そして年忌法要の日にちですが

ご命日にご法要ができれば

それに越したことはありません。

 

しかし、現代の生活では

集まる方の都合を考えるとなかなか

平日に行うことは難しく

 

実際は出席者の都合や

お寺様の事情でなどがあり

ご命日に行えることの方が

少ないのが現状です。

 

その場合、先送りにせず

「前倒し」にするというしきたりが

あります。

 

どれくらい前倒しにできるかですが

決まりはないのですが

一般的には1ヶ月程度です。

Sponsored Links



服装はどうずれば?三回忌のマナーとは?

 

葬儀の時には香典や服装など

気をつけるべきマナーがありますが

もちろん三回忌にもあります。

 

images-1

 

まず、三回忌の参列者全員に

引出物を渡すため、遺族は前もって

準備する必要があります。

 

引出物は一周忌と同じように

お茶やタオルセット

亡くなられた方が好んでいた

お菓子などが一般的です。

 

また、三回忌法要に

参列できなかった方からお香典や

お供えを頂いた場合

 

後日お礼状と一緒に引き出物を

お贈りしますので

忘れずにいましょう。

 

ちなみに、三回忌の引き出物の

表書きに関してはどの宗教でも

共通に使うことができる

「志」が一般的で

表書きの下には「○○家」と

書きます。

 

そして、読経をあげて供養を

してくださった僧侶に対し

お礼の意も込め遺族はお布施も

準備しなくてはなりません。

 

お布施の金額は

1万円~5万円くらいが相場です。

 

お布施の表書きは

黒墨で「お布施」「御布施」の

下に自分の名前を書くか

 

書かずに奉書紙や無地の白い封筒に

包んで渡しても大丈夫です。

 

さらに、自宅に呼ぶ場合は

別途5千円~1万円くらいの

お車代を包んで渡すことが

あります。

 

そして、遺族の服装に関しては

次第に平服にすることが多いですが

三回忌までは喪服を着用するのが

基本となります。

 

images-4

 

平服にしてしまうと

遺族以外の方が喪服で参列した場合に

遺族側が恥をかくこともあり

 

施主や親族が参列者よりも服装の

格が下がらないようにしましょう。

 

しかし、七回忌以降は

たとえ遺族であっても

平服で参列する場合が多いです。

 

その際、案内にも

「七回忌以降は平服で
    お越しください」という

案内を出すようです。

 

しかし、ここで言う

平服とは、カジュアルな服装の

ことではなく

 

男性ならば落ち着いた色合いの

スーツを選ぶと無難です。

 

女性ならば黒やグレー、茶色など

控えめな色合いのワンピースや

スーツを着用すると良いでしょう。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

意外に知らない三回忌については

伝わりましたでしょうか?

 

ohakamairi

 

個人が亡くなられてから

何かとやることが多かったと

思いますが、それが個人との

大切な繋がりでもあると思います。

 

もちろんマナーや形式も大切ですが

三回忌を迎えた時には

大切な思い出を思い出す時間も

作ってみてくださいね。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事