赤ちゃんができたという

幸せな報告の中には、女性ならではの

悩みというものがあります。

 

「産後の体形」もその一つ。

 

572675

 

無事に出産できたと思っても

産後のママには

妊娠線や肌荒れなどの悩みが

たくさんありますが

 

その中でも特に気になるのが

妊娠中に増加した体重。

 

産後になったら自然にやせると

思いきや、なかなか体重が減らないと

疑問を感じている方も多いと

思います。

 

完全母乳の方が痩せやすいと

よく言われるけど、混合ミルクに

しているから、体型が戻らないの?

 

という悩みで不安になっている

産後ママたちも多いようです。

 

images-2

 

そこで今回は

いつから減るの?

産後の体重が減らない原因について

 

雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



産後の体重が減らない原因とは?

 

毎年発表される女性の平均体重は

どんどん痩せ型傾向にあります。

 

その為か、妊娠すると出産までに

体重増加するのは、女性にとって

とても気になりますね。

 

images-3

 

妊娠中はお腹の

赤ちゃんを守るためと、産後に備えて

栄養を蓄えるため

体は栄養を蓄えようとします。

 

つまりお腹の中で、赤ちゃんを

育てるためには体重増加があるのは

当然なこと。

 

その為産婦人科では、妊娠が

分かった日からお母さんと赤ちゃんの

健康を守るため、検診時に

毎回体重測定を行うの一般的です。

 

ただ、妊娠中には極端な体重増加が

ないようにすることも大切です。

 

妊娠中の体重は、妊娠期間を通じて

妊娠前から7~10kgほど増えますが

そのうち赤ちゃんが2~4kg

羊水や胎盤などで1~2kgほどです。

 

つまり、それ以上の増加は

すべて水分や皮下脂肪による

体重増加です。

 

太り気味なのに赤ちゃんのためと

沢山食べ過ぎたり、体重が過剰に

増加してしまと

産後の体重コントロールが非常に

きつくなるだけでなく

 

妊娠中の妊娠高血圧症候群に陥ったり

破水異常の確率が増えたり

他の問題も起こりやすくなりますので

食欲をコントロールすることは

大切です。

 

しかし、いくら気をつけていても

分娩後はお腹がまだ出てると

驚く方も多いようですが

 

妊娠中の増加体重にもよりますが

大抵妊娠4-6ヵ月目くらいまでは

お腹の膨らみは残ります。

 

oyako

 

産後の体重変化は主に

赤ちゃんの体重+胎盤+羊水が

出るのでだいたい4~5㎏は

すぐに落ち、そこから退院するまでに

数㎏落ちるという人が多いようです。

 

ただその中で、産後に体重が

減る人も居れば、体重が減らないと

困っている人も多くいます。

 

また出産後は体質の

変化で、太りやすい体になって

しまうという人も多いようです。

 

産後の体重が減らない原因には

幾つかあります。

 

まず妊娠中は、運動するということが

億劫になってしまい、運動不足に

なりがち。

 

長期間運動をしないで居ると

筋肉は衰え、基礎代謝が

低下してしまうことがあります。

 

妊娠中は、体が守りに入って

しまうため、カロリー消費も

省エネモードになりがち。

 

そうなれば当然痩せにくい

体となります。

 

また、一般的には完全母乳で

育てているママさんは、その他の

ママよりも体重が減りやすいと

言われています。

 

これはもちろん、食べたものの栄養や

カロリーの多くが、母乳を通して

赤ちゃんに伝わってためです。

 

母乳を上げているママは

1日に600~700kcalを消費すると

いわれ、たくさん食べたとしても

その栄養は赤ちゃんに流れて

いきます。

 

その為、授乳を止めてしまうと

一気に体重が増えてしまう人も

いるそうなので注意が必要です。

 

特に授乳中に多く食べる習慣が付いて

しまうと、授乳を止めた後でも

食事量が変わらず

急な体重増加に繋がってしまい

思ってもいない結果に。

 

また、授乳は赤ちゃんに

とってもママにとっても必要な

自然の行為。

 

sanngo004

 

出来るだけ授乳をして

体重コントロールにも励む

必要があります。

 

しかし、近年はワーキングママさんが

増え、生後間もない間に仕事を再開し

十分に授乳できない環境があり

その為、体重コントロールが

難しくしているようです。

 

さらに、産後にズボンがはき

にくくなったり、体型が変わったり

する感覚があるのは

 

赤ちゃんを産む為に

ホルモンの影響で骨盤を安定させる

じん帯が緩んだり、出産時には

骨盤底筋が伸ばされることで

骨盤が不安定な状態になるからです。

 

その為出産後、適切に骨盤ケアを

行わないでいると、出産時に歪んだ

骨盤が正常な位置に戻らずに

体調が悪くなったったり

体重も落ちにくくなります。

Sponsored Links



体重の減りすぎは危険!?

 

妊娠中や産後の体重増加が

気になる場合、妊娠前から体重を

調整し、そして妊娠中は規定の

体重を目指すのが賢明です。

 

images-1

 

だからといって、無理な

ダイエットは危険です。

 

低体重である女性が妊娠すると

母体が胎児に必要な栄養を十分に

供給することが難しくなり

低体重児を出産する可能性があり

 

イギリスのパーカー教授らが発表した

研究結果によると、低体重児として

生まれてきた子供は、他の子供に

比べて、成人になってから

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脂質異常症

といったメタボになる

可能性が高くなるそうです。

 

ある調査では、BMIが19.5未満の

女性が妊娠出産した場合

妊娠中に10キロ体重増加があった

場合でも低体重児を出産する

可能性が高いことが分かっています。

Sponsored Links



落ちない体重の対策は?

 

自然に体重が減らない場合は

まずは対策として

 

images

 

産後はついつい食事量が

増えてしまいがちですので

脂っこい食事は避け、野菜や魚などの

ヘルシーな和食を中心とし

 

こんにゃくやところてん

お豆腐など低カロリーのものを食べ

消費するカロリーを上回らないように

気をつけましょう。

 

また、骨盤はカラダの大きな部分を

コントロールする大切な部位ですので

 

ここが歪んだり開いたままにして

おくと、体全体のバランスが

悪くなったり、体重増加や

消化不良という問題煮まで

発展することがあります。

 

産後何ヶ月も経ってしまうと

骨盤調整がとても難しくなると

いわれるため早めのケアが大切です。

 

産後3ヶ月位までは、骨盤も柔らかく

比較的容易に調整しやすいので

産後はすぐに骨盤のメンテナンスに

励みましょう。

 

出産後は忙しく慌てることが多いため

出産前に骨盤ベルトなどを

購入したり、専門家に予約を

入れることをお勧めします。

 

そして、体重を減らしたいからと

運動を考える方も多いと思いますが

激しい運動をする場合

乳房の振動による母乳漏れ

尿漏れなどの原因になります。

 

その為、出産後に一番人気の

体のメンテナンスとしては

「赤ちゃんとの散歩」がおすすめ

です。

 

baby_car_mother

 

散歩は気分転換になるだけでなく

子宮の正常な収縮活動や全身の回復を

手助けし、赤ちゃんにとっても

母体にとっても効果は絶大です。

 

ウォーキングや散歩程度であれば

特に気にする必要もなく

継続しやすいものなのでお勧めです。

 

ただ、産後半年から1年以上過ぎても

前の体重に戻らなかったり

お腹をどうにかしたい場合は

普通にエクササイズとダイエットに

励みましょう。

 

ジムに行かなくても自宅で

子育ての合間に毎日少しずつ

腹筋を続けるだけでも効果は

ありますので

自分にあった運動を見つけて

みつけてくださいね。

Sponsored Links by rakuten

いつから減るの?産後の体重の減り方は?

 

しかし、やはり気になるのは

出産前の体型に戻るまでの期間。

 

いつから減るのかは気になりますが

あるアンケートによると

 

出産前の体型に戻るまで

3~6カ月という方が圧倒的に多く

2カ月以内に戻ることや

11カ月以上かかる方は少数という

結果に。

 

images

 

ですから、体重の減り方として

1~2カ月で体型が戻らなくても

心配することはないのです。

 

特に、産後1ヵ月位までは

体を休める大切な期間です。

 

ダイエットは意識しないで

過ごしても体重は落ちていきます。

 

それどころか無理なダイエットは

体調を崩しかねません。

 

この期間は生まれたての我が子と

のんびりと過ごしましょう。

 

体重が気になる方は

産後2ヵ月~3ヵ月を目安に

減量を意識しましょう。

 

Sponsored Links by admax



 

ここからが、産前より痩せられるか

太ってしまうかの分かれ道。

 

まず、出産により妊娠中に増えた

体重の約半分は失い

 

残っている増加分はのほとんどは

水分なので、尿や汗が増え

数週間で排出され

 

母乳育児を続ければ自然にもとの

体重に戻ります。

 

そして、産後は赤ちゃんを

育てている間愛情ホルモンとよばれる

「オキシトシン」というホルモンが

分泌され、乳腺の筋繊維を収縮させ

子宮収縮が促されます。

 

一般的に、授乳によって分泌される

といわれているこのホルモンは

赤ちゃんや夫婦間の小さな

スキンシップでも分泌されます。

 

このホルモンにより、人への親近感や

信頼感が増すだけでなく

  • ストレスの現象
  • 血圧上昇の抑制
  • 心肺機能の向上
  • 長寿

といった素晴らしい効能があります。

 

その結果、心身共に安定をはかり

体調を整える効果が期待できます。

 

産後は気持ちの整理や育児で

忙しい中、時間を見つけ家族間での

スキンシップをはかり

 

心身共に健康であることを目指せば

体重コントロールも少しは

やりやすくなります。

 

ぜひ、今しか味わえない時間を

楽しんでくださいね。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

いつから減るの?

産後の体重が減らない原因については

伝わりましたでしょうか?

 

%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%81%ae%e8%84%82%e8%82%aa%e7%87%83%e7%84%bc

 

出産直後の体重が、あまりに

減らないことで驚くママは

多いようです。

 

しかし、産後に体重が減りにくい

場合もありますが、その原因と

対処法が分かれば、出来る範囲で

頑張っていけそうな気がしますね。

 

ただあくまでも妊娠中や子育て中

なので、自分の体に無理がないように

健康的に体重を戻すことが

理想的です。

 

ちゃんと体重は戻りますので

あまりネガティブに考えず

1日の摂取カロリーや消費カロリーを

1度見直して、健康的な食事と

適度な運動をベースに

筋トレやマッサージを取り入れ

綺麗なママを目指してくださいね。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事