いつ飲むの?プロテインを摂取する目的や効果に一日の飲む量に回数は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

プロテインは空腹もそれほど

感じずダイエットできると

トレーニングをする人以外にも

ダイエットを目的としている人に

人気のようです。

 

しかし、プロテインを買おうと

思ったときさまざまな種類があって

どのようなプロテインがいいのか

わからないと困ってしまった

経験はありませんか?

 

 

日常的にスポーツや運動をしている方

には身近なプロテインですが

 

その効果や種類について

一体、何を目的にしているの

でしょうか?

 

また、あらためて

「プロテインとは?」と問われると

答えられない人も多いのでは

ないでしょうか。

 

そこで今回は

  • プロテインとは?
    摂取する目的やアミノ酸との違いは?
  • プロテインを飲む意味や効果とは?
  • いつ飲む?効果なしの原因とは?
  • 一日のプロテインを飲む量や回数は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



プロテインとは?摂取する目的やアミノ酸との違いは?

 

筋力トレーニングや運動を始めると

多くの方が興味を持つのが

プロテインですね。

 

ただ、いろんな商品が発売されていて

何を買えば良いのか

いつ、どれだけ飲めばいいのか

分かりにくいのが正直なところでは

ないでしょうか?

 

 

プロテインを使う目的と効果について

お伝えする前に

まずは、そもそもプロテインとは

一体どのようなものなのでしょうか?

 

プロテインとは

日本語で「タンパク質」を意味し

英語では「Protein」。

 

その正体は食品で

薬ではありません。

 

正確には加工食品や栄養補助食品

という部類に入りますが

 

タンパク質は

  • 筋肉
  • 皮膚
  • 血管

などあらゆる体を作る材料で

 

ホルモンやへモグロビンなど

様々なカタチで体の中に存在し

人体は文献にもよりますが

水分が50~70%

タンパク質が15~20%

その他の脂質やミネラル分、糖質で

作られていると言われています。

 

なかでもタンパク質は

人が生きていくためには欠かせない

大切な栄養素のひとつです。

 

食品でいうと

  • 大豆製品
  • 乳製品な

などに含まれており普段の

食事から摂取できる栄養素です。

 

運動やトレーニング後に

プロテインを飲む目的は

効率的な筋力アップを目指すためで

その理由は、筋肉が持っている

メカニズムにあります。

 

人間の体は、過度な運動や

トレーニングをすると筋力が

つきます。

 

さらに、運動や筋トレをすると

筋線維には細かいキズが発生し

筋疲労を起こします。

 

しかしその後、筋線維の修復と

筋疲労の回復のためにタンパク質の

再合成が始まり、以前よりも太く

丈夫な筋線維が作られます。

 

これを一般に「超回復」といいますが

この一連のメカニズムにおいて

タンパク質は欠かすことのできない

栄養素なのです。

 

その為、現在のプロテインの一般的な
イメージは、運動後に効率的な

筋力アップを図るため摂取するものと

なり、タンパク質を豊富に含んだ

栄養補助食品や飲料であると

定着しています。

 

 

ちなみに、よく聞く「アミノ酸」とは

何なのでしょうか? 

 

プロテインとアミノ酸との違いですが

「アミノ酸はタンパク質を
        分解したもの」

ですので、逆に言いかえれば

「タンパク質はアミノ酸が
       連結したもの」

ということになります。

 

食品から摂取したたんぱく質は

そのまま使われるわけでなく

サイズが最も小さいアミノ酸か

ジペプチド、トリペプチドに消化

分解され体内に吸収されるので

 

アミノ酸配合の加工食品は

プロテインより吸収しやすい

状態に加工されたものなのです。

Sponsored Links



プロテインを飲む意味や効果とは?

 

確かに食べ物から摂取できるので

あればそれでもよいですが

 

なぜプロテインが

スポーツやダイエットをする人

さらにプロのアスリートにこれほど

必要とされているか?ですが

 

もちろんプロテインはあくまで食品の

一つですから、飲んだからといって

急激に筋肉が付くという事は

ありません。

 

 

その為、筋肉を付ける魔法の粉でも

なければドーピング禁止の

筋肉増強剤でもないのですが

 

プロテインを飲む意味や効果として

まず、良いところは余計なものが少く

さらに栄養面をサポートしてくれる

事にあります。

 

筋肉を付けたいからお肉を食べようと

思ったとき、余計な脂肪分まで

摂取してしまうことになり

カロリーオーバーや

最悪カロリーの割にタンパク質は

あまりとれてないということに

なりかねません。

 

しかし、プロテインだと脂肪分が

少ないので無駄に多く脂肪などを

とるということはありません。

 

さらに食べ物に含まれている

タンパク質は吸収されるまで

時間がかかりますが

 

プロテインは吸収することを

目的としているため体に吸収され

やすい状態に加工されています。

 

その為、早く吸収されることにより

即座に体の必要なところへ

栄養が行き届くことになります。

 

また、一般的な日本人の食生活は

タンパク質が少なく炭水化物が

多い傾向にあり、必要なタンパク質を

取れていない場合の補助食品として

効果的なのです。

 

そして、高タンパク質で低カロリーの

代表的な食材と言えば

「皮を取り除いた鶏胸肉」ですが

 

パサパサの鶏胸肉を

毎日食べることは飽きてしまい

また経済的にも負担になります。

 

さらに、筋肉をつける目的ではなく

ダイエットにもプロティンは

効果を発揮します。

 

もちろんプロティンを取ることで

運動すると筋肉ができやすくなり

基礎代謝向上も期待できますが

 

プロティンは腹持ちもよく

最近では美味しく飲みやすい

商品も多く、更に栄養面を考えられた

ものが多いので、毎日3食の中の

1食か、何かおかずの1品を

プロテインにすれば

 

簡単に置き換えれダイエットが

できるのです。

Sponsored Links



いつ飲む?効果なしの原因とは?

 

ネットを散見すると

「プロテインを飲んで太った!!」

「効果なし!!」

などその効果に疑問視する

意見も多いようです。

 

 

確かに人の体質は様々なので

すべての人に効果があるとは

一概には言えませんが

効果を感じない場合の原因として

 

プロテインをとる目的には

筋力アップやダイエットなどがあり

それぞれの目的によって

プロテインの選び方や飲み方が

異なります。

 

その為、そのことを知らずに

ただなんとなく飲むと効果なしと

いうことになりかねません。

 

まずプロテインには

主に3種類があり

牛乳タンパクを原料にした

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン

大豆タンパクを原料にした

  • ソイプロテイン

があります。

 

ホエイプロテインは

牛乳タンパクのうちの20%を

占めるタンパク質で

 

筋肉をつくるために重要な役割を

果たすBCAAと呼ばれるアミノ酸が

豊富に含まれ吸収がスムーズなのが

特徴です。

 

一方、カゼインプロテインは

生乳を構成するタンパク質の

約80%を占め、体への吸収速度が

ゆっくりなのが特徴です。

 

そして、ソイプロテインは

原料が大豆の植物性タンパク質で

ゆっくりと吸収されて腹もちがよく

大豆に含まれるイソフラボン効果も

期待できます。

 

筋トレを目的とした場合の

プロテインの飲み方として

いつ飲むのかですが

 

筋力アップを目指してプロテインを

摂取する場合、まずは筋トレ直後の

30分以内に始まる筋肉の回復時に

 

効率的にタンパク質を届け

筋肉の回復と増強を行う必要が

あるので

 

即効性のあるホエイプロテインが

効果を発揮します。

 

これはNHKのためしてガッテンでも

運動の直後の「たんぱく質」を

取ることはとても重要と

紹介されていまいた。

 

結果にコミットー!!
効果2倍の筋肉UP術
★バックナンバーはこちら>>>★

 

その際は「たんぱく質」と「糖質」を

一緒に取ることが大切ということも

紹介されていましたが

 

多くのプロテインには糖質も含まれて

いるので理にかなっているのです。

 

また、起床時は夕食をとってから

時間が経っていることもあり

体のエネルギーがかなり

失われてるため

 

この状態で活動すると体は

筋肉中のタンパク質をエネルギーに

変換して消費してしまい

筋力が落ちる要因になると考えられ

ています。

 

その為、朝起きてすぐ

または朝食時にホエイプロテインを

飲むのもおすすめです。

 

しかし、就寝前やトレーニングが

お休みの日には長い時間をかけて

少しずつタンパク質を補給し

 

続けることで、筋肉中のタンパク質が

減少するのを防ぎ、筋力をキープ

することや、この間の回復にも

役立たせることができますので

 

その際は、吸収まで7~8時間と

ゆっくりなカゼインプロテインや

ソイプロテインが効果を発揮するの

です。

 

そして、美容や健康を気にするので

あればソイプロテインの原料は

大豆なので

 

脂肪を減らし植物性タンパク質を

効果的に摂取でき、ダイエット効果や

大豆たんぱく質の効果には

  • 抗酸化作用
  • 美肌
  • 老化防止
    中性脂肪の低下

など様々な効果が期待できると

考えられています。

Sponsored Links by admax



一日のプロテインを飲む量や回数は?

 

では、一日にプロテインは

どのくらいの量を飲んだらよいか?

飲む量が気になりますね。

 

 

スポーツをする人が1日に必要と

するタンパク質の量は

体重×2gとされ

 

たとえば体重が60kgなら

120gが必要と言われています。

 

ただ、食事でもタンパク質を取る

場合も考えないととりすぎのに

なりますので注意しましょう。

 

また、人間はタンパク質を

分解できる量が限られていると言われ

 

過剰な摂取は肝臓や腎臓に

負担をかけることになり

効果が減少するとも言われています。

 

その為、プロテインを飲む回数は

多く筋肉をつけたい人と

ダイエットや少し健康を目的として

筋肉をつけたい人では少し違い

 

タンパク質を1回に摂取できる

限界量は「体重×0.7g」と

言われていますので

 

プロのビルダーは1日に何回にも

わけてプロテインを飲みわけて

います。

 

プロテインを飲むタイミングは

  • 朝起きたとき
  • 毎食後
  • 筋トレ前後
  • 空腹を避けるため食間
  • 効果が絶大の就寝前

などに必要なプロテイン量を

分けて摂取しています。

 

ただ、ダイエットや健康目的で

あれば基本的には1日1回飲めば

十分と言われています。

 

置き換えダイエットで

プロテインを使用する場合も

大体1回程度になります。

 

ぜひ今後のボディメイクの

参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

意外に知らないプロテインについては

伝わりましたでしょうか?

 

 

プロテインは強靭な肉体作りにも

引き締まったカラダ作りにも

役立つとされています。

 

しかし、吸収速度や体に与える

影響などで飲む種類が異なるので

自分の目的に合わせプロテインを

摂取してみてくださいね。

 

特にダイエットは運動をして

動いていない時に消費される

基礎代謝を上げることが

近道と考えられています。

 

その基礎代謝は筋肉の量で

決まるのでプロテインの力を借り

筋肉を付けることは痩せやすい

体作りにもなりますので

 

ぜひ、普段の習慣として

プロテインを取り入れてみては

いかがでしょうか?

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク