日頃お世話になっている方々に

感謝の気持ちを込め

また、これからもよろしく

お願いしますという気持ちを

こめて贈る「お中元」。

 

時期的にそろそろ考えて

おかなければいけないと

思う方も多いのではないでしょうか?

 

 

社会人としてもっとも大切なのは

礼儀ともいわれますので

とくに慎重にしておきたいもの

ですね。

 

しかし、夏のご挨拶であるお中元は

贈る時期は地方によってもずれがあり

 

なにかと間違いがちなお中元の

贈り方や、正しいマナーについて

実は、多くの方がお悩みのご様子。

 

そこで今回は

意外に知らないお中元とは?
お歳暮との違いは?

お中元の贈る時期はいつ?

お中元の金額の相場や
おすすめ人気ランキングは?

熨斗や送り状にお返しのマナーは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

★関連記事★
いつからいつまで?今更聞けないお中
元のマナーとは?贈る相手や関東と関
西の時期の違いとは?のしの表書きの
書き方に礼状は?
★記事はこちら>>>★

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

意外と知らないお中元とは?お歳暮との違いは?

 

お中元が日本で始まったのは

室町時代からと言われ

 

お中元の起源は

古代中国の道教で行われていた

「三官信仰」が由来とされています。

 

三官信仰とは

上元(1月15日)
中元(7月15日)
下元(10月15日)

のそれぞれ15日に生まれた

言われる天神を祭った行事のこと。

 

三官大帝は龍王の3人の娘と

人間の陳子椿とのあいだに

生まれた龍王の孫です。

 

中国ではそれぞれの日に行事が

行われていたそうで

「中元」は

地官赦罪大帝
(ちかんしゃざいたいてい)

という、犯した罪を許してくれる

神様の誕生日ですので

 

本来の中元には「罪を償う」という

意味がこめられています。

 

そして、人々は7月15日の時期に

中元を司る神様を祝い

お供え物をしていましたが

 

この風習が室町時代に日本に来て

もともと日本の風習であった

 

親戚や近所に祖先の霊を祭るために

お供え物を配る仏教のお盆

盂蘭盆会(うらぼんえ)とが重なり

 

室町時代に上層階級で広まった後

江戸時代に入り一般市民の間でも

定着し、現代までお中元として

受け継がれています。

 

ちなみに、お中元とお歳暮の違いは

「お歳暮」は本来、

「年の暮れ、歳末」と同じ意味の

言葉です。

 

 

お歳暮は日本で最古と言われている

「御霊祭り(みたままつり)」と

言われていて、もともと季節の

変わり目に行われていたお祭りが

起源と言われています。

 

その際の神様へお供えする物を

年の暮れに、分家から本家へ

嫁ぎ先から実家へと届ける

風習あり

 

また、お世話になった人に感謝する

年中行事である「歳暮周り」が

短縮されて、現在のような贈り物を

する習慣になったと考えられて

います。

 

ただ、お中元に込められる意味合いは

年明け~中元までの半年間

お世話になりましたという

 

感謝の気持ちや、暑い夏に相手の

体を気遣いう意味がありますが

お歳暮に込められる意味合いは

年明け~歳の暮れまで

1年間お世話になりましたという

感謝の気持ちと

「来年も1年
   よろしくおねがいします。」

という挨拶の意味があり

 

込められる意味合と時期に

少し違いがあります。

 

現在でもお中元には

1年の上半期の区切りとして

日頃お世話になっている方々へ

感謝の気持ちを込めて贈るという

意味がありますので

贈り先は

  • 親戚
  • 恩師
  • 仲人
  • 会社の上司
  • お稽古ごとの先生
  • 会社の取引先

などに送りますが

 

離れて暮らしているのであれば

両親に贈る方もいらっしゃいます。

 

ただ、お中元を贈る相手については

感謝の気持ちを伝えるためのもの

ですから

 

相手について難しく考える

必要はありませんが

 

贈った自分だけではなく

受け取った相手にも迷惑をかけて

しまうことになるようなことの

ないよう気をつけましょう。

 

お中元(やお歳暮)には

これからもずっとお世話になります

という継続的なお付き合いに

ついて贈るものです。

 

もし、毎年お中元とお歳暮を

贈り続けるつもりではない場合

一度限りで贈ってしまうのは

失礼になりますので注意が必要です。

 

その場合には

のし書きなどは「御礼」として

贈るようにしましょう。

 

また、特に相手と利害関係がある

政治家や公務員、公立学校の先生で

ある場合、公職選挙法や公務員規定に

抵触する可能性があるため

気をつけましょう。

Sponsored Links

お中元の贈る時期はいつ?

 

お中元は本来は事前に

訪問時間を打ち合わせ

先方宅に直接持参するのが習わし

ですが

 

今では都合もあって、余程の場合を

除いては直送したり、宅配便を

利用することが一般的になって

きています。

 

 

お中元の贈る時期ですが

以前はお中元は、関東なら

7月初旬~7月15日まで

 

関西なら、お盆を8月に行うため

7月下旬~8月15日までに贈るのが

一般的でしたが

 

現在ではいずれの地方も

7月初めより中頃までの期間内に

贈ることが一般的になってきて

います。

 

とは言うものの

目上の方や、年配の方々は

昔からの習わしを重んじる傾向に

あるので

 

関西の人が関東の人にお中元を

贈る場合やその逆でも

時期を外すことのないように

気をつけましょう。

 

ただ、うっかり忘れて時期を

逸した場合には

「暑中見舞い」「残暑見舞い」

として贈っても構いません。

 

また、喪中の時はどうするのかですが

お中元はお祝いごとの贈り物ではなく

普段お世話になっていることに対する

感謝の気持ちから贈るものなので

 

当方又は先方のいずれかが

喪中の場合であっても

お中元を贈りあうことは

一向に差し支えないですが

 

どうしても気になる場合は

事前にお断りを入れ

先方の了解を得た上で

時期をずらして贈る方法もあります。

Sponsored Links

お中元の金額の相場やおすすめ人気ランキングは?

 

お中元を贈る際に悩むのは

金額の相場や贈る商品について

ではないでしょうか?

 

 

直接的な相手が抱く評価は

もちろん贈る商品自体によって

決まりますので手を抜けない

部分ではありますが

 

一般的にお中元・お歳暮の相場は

3,000円~5,000円くらいと言われ

親戚や知人であれば3,000円

 

目上の人なら5,000円を

目安にしましょう。

 

ただ、金額はどのくらいお世話に

なったかによっても変わるので

特別にお世話になった人なら

少し多めでもかまいませんが 

 

あまり高額すぎても相手の負担に

なるので気を付けましょう。

 

おすすめ人気ランキングとして

お中元の上位にランクインするのは

ビールや清涼飲料水

おいしい湧水といった

ミネラルウオーターなども人気です。

 

 

また、暑い夏に相手の体を

気遣いう意味から

水ようかんやゼリーなどの冷たい

デザート類、または心地よく汗を

流すための入浴剤など

時期に見合ったものが喜ばれ

 

名高いメーカーや老舗ブランドなど

流行の商品は、普段は手に入りにくい

ため人気です。

 

★ダントツ最安値!!人気のお中元★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

ただコーヒーが苦手な人に

コーヒーの詰め合わせを贈ったり

アレルギーと知らずに

小麦・乳製品など贈ると

 

マイナスの印象になることはないと

思いますが、プラスにもならないので

 

事前に相手の好みや家族構成を

聞いて品物を選ぶことが

とても大切です。

 

また、賞味期限が数日程度の

生鮮食品を不在時に贈り

後日再配達されたときには

賞味期限切れになるというような

状況を避けるため

 

相手が長期に家を空けるような

事情があるかどうかくらいは

贈る前に把握しておきましょう。

Sponsored Links by rakuten

熨斗や送り状にお返しのマナーは?

 

お中元を贈る際には

贈り物に掛ける「熨斗(のし)紙」は

紅白の5本(又は7本)で

 

花結び(蝶結び)に熨斗が付いた

デザインの

「花結び祝い」を用います。

 

 

表書きは濃い色の墨を用いて

楷書体で書くのが基本ですが

 

水引中央結び目の上に「御中元」と

書き、名前書きは水引中央結び目の

下にやや小さめにフルネームで

書き入れます。

 

しかし、お中元のマナーの1つに

送り状がありますが

 

これは贈り物を近いうちに

お届けすることをお伝えるために

送るものです。

 

夏のこの時期は長期旅行に

出ている人も多く、品物が届くことを

相手にお知らせするため

 

品物を贈る1週間前には

形式にとらわれずに

感謝の気持ちや贈り物を選んだ

理由など、素直な気持ちをこめ

送り状を送りましょう。

 

また、自分がお中元を頂いた場合には

お中元は本来はお世話になった方々に

贈ったり、会社の取引関係の方々に

贈るのが一般的ですので

 

贈られる側は

特にお返しを必要としません。

 

ただ、御礼の気持ちと

相手はお中元がきちんと

届いたかどうかの心配ですので

 

その気持を早く拭ってあげるためにも

届いた後に出来るだけ速やかに

電話か礼状でお礼の心を伝えるのが

マナーです。

 

基本的に、品物の到着後

できれば3日以内にお礼状を

書くように心がけましょう。

 

 

また、お礼を伝えるだけでは

気がすまない相手の場合には

返礼として同額程度の「御礼」の品か

お中元を贈っても

特に問題はありません。

 

その際には

お中元のお返しは一週間くらい期間を

空けてから贈るべきという意見もあり

 

お返しをしたい場合は、お礼状を

すぐ出して、少し期間をおいて

お返しを贈るという方法が無難です。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

意外に知らないお中元については

伝わりましたでしょうか?

 

 

お中元というと難しく考える人も

いるかもしれませんね。

 

難しければ、百貨店の店員さんに

相談するのも手ですが

 

できれば普段から、贈る相手の好みを

リサーチし、喜ばれるものを

贈ることができればベストです。

 

Sponsored Links by admax

 

そもそもは、良い人間関係を

築くためのコミュニケーションの

一つなので

 

一通りのマナーを踏まえて贈り

自分が頂いた場合には

お礼を忘れず伝えるように

心がけましょう。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき

ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事