日本では古くから

お月さまに因んだ行事が沢山あり

 

その中でも最も広まり

真っ先に思い浮かべるのは

お月見では無いでしょうか?

 

illust293

 

しかし、今までは何気なく

過ごしてきたお月見ですが

 

実際にいつ(何月)にあるのか?

そもそも、何のために

何をするものなか?

 

多くの方がお悩みのご様子。

 

images

そこで今回は

お月見や十五夜の意味とは?

正しい日にちは何月何日?

お月見では何をするの?
出し物に行事食や飾りは?

お月見どろぼうとは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



お月見や十五夜の意味とは?

 

お月見が9月という事を

知っている人は多いと思いますが

 

illust-aki15

 

お月見とは

旧暦の8月15日に

月に感謝したり、農作物の豊作の

祈願や収穫の感謝をし

月を眺め鑑賞する行事です。

 

そのため「十五夜」という

言葉は有名ですね。

 

また、旧暦では7月~9月が

秋とされていて、その中間に当たる

8月は「仲秋」と呼ばれることもあり

 

秋のちょうど真ん中の日を「中秋」

というため

 

十五夜を

「中秋の名月・仲秋の名月」
(ちゅうしゅうのめいげつ)

と呼んだりだりします。

 

ちなみに十五夜のときは

「中秋の名月」と書く場合が多い

ようです。

 

そして、芋類の収穫のお祝いを

兼ねているので

別名「芋名月」などとも呼ばれて

います。

 

free-illust33302

 

お月見の由来ですが

元々は中国から伝わってきた

風習といわれ、奈良から平安時代まで

さかのぼります。

 

中国では宮廷行事として

月見の日にサトイモの

収穫祭が行われており

それが日本に伝わったとい言われて

います。

 

その後、貴族たちが取り入れた

月見のうたげが庶民に広がり

 

庶民の間では収穫の時期と

重なるために、実りに感謝する

行事になったのではないかと

言われています。

 

ただ、これについては諸説あり

詳しいことはわかっていない

ようです。

 

また、日本では旧暦の

8月15日だけでなく

旧暦の9月13日にも月見をする

風習があり

  • 「十三夜」
  • 「後の月」
  • 「栗名月」

とも呼ばれ

 

十五夜(中秋の名月)から

約1か月後に巡ってくる十三夜は

十五夜の次に美しい月だといわれ

 

昔から大切にされていたことも

あり、十五夜または十三夜の

どちらか一方しかお月見しないことを

「片見月」と呼び、縁起が悪いとも

いわれ今でも受け継がれています。

 

images-1

 

さらに東日本では

「十日夜」(とおかんや)と呼ばれる
旧暦10月10日に行われる

収穫祭もあり

 

西日本でも旧暦10月亥の子の日や

11月に同じような収穫の行事があり

地方によってその内容も違います。

 

十日夜は稲刈りが終わって

田の神様が山に帰られる日とされ

稲の収穫を祝って餅をついて

 

食べたり、稲の茎をたばね

「わらづと」や「わら鉄砲」で

地面を叩きながら唱えごとなどをし

地の神を励まし、作物にいたずらを

するモグラを追い払います。

 

また、田んぼを見守ってくれた

かかしにお供えものをして

かかしにお月見をさせる

「かかしあげ」をする

地方もあります。

Sponsored Links



正しい日にちは何月何日?

 

しかし、お月見が9月という事を

知っている人は多いと思いますが

十五夜が何日にあたるのか

わかる人は意外に少ないの

ではないでしょうか?

 

yourenkin1

 

では、旧暦で行われていた

お月見の正しい日にちは

現代では何月何日なのでしょうか?

 

良く知らない人だと15日という

返事が返ってきそうですね。

 

また、旧暦の8月15日や

旧暦の9月13日をそのままの

現在の太陽暦(グレゴリオ暦)と

同じと考え、同じ日付を思い違いを

しているかもしれません。

 

お月見は旧暦で行なう行事です。

 

旧暦(太陰太陽暦)は

月の満ち欠けで日付を決めるもの

なので、実はお月見の日にちは

毎年少しずつずれ

 

中秋の名月の日は

2017年:10月4日
2018年:9月24日
2019年:9月13日
2020年:10月1日

これ以降の十五夜の日にちは>>>>

 

後の月は

2017年:11月1日
2018年:10月21日
2019年:10月11日
2020年:10月29日

これ以降の後の月の日にちは>>>>

となります。

 

ただ「十五夜」というと満月の

イメージが強いですが

 

今年の9月の満月はこちら>>>

 

実は、中秋の名月は必ずしも

満月になるとは限らず、その前後に

満月が見られることの方が

多いようです。

Sponsored Links



お月見では何をするの?出し物に行事食や飾りは?

 

有名なお月見ですが

お花見と同じで、月を見ながら

お酒を飲んだり、食べ物を食べたり

するだけと思っている人もいます。

 

otsukimi_family

 

間違ってはいませんが

正確には

「月を愛で、収穫の時期に
    神様へ恵みの感謝をする日」

という意味があり

 

そのため

  • 団子
  • ススキ
  • お酒

などはお供え物として月に供えつつ

月をみなで観賞するのが

正しい過ごし方です。

 

お月見団子の意味の始まりですが

当初、お月見は秋の収穫に

感謝する意味もあった

月にお供えしていたのは

 

その時期収穫された

食物の「里芋・枝豆・栗」などが

代表的なお供え物とされていました。

 

その後、穀物の収穫に感謝し

米を粉にして丸めて作ったのが

月見団子にかわり

 

丸い団子の形も、月に似せて

作ったと言われています。

 

hoikuen09_sample4

 

団子の数はその年に出た満月の数

平年は12個、閏年は13個を飾るか

十五夜だから15個を飾るのが

一般的です。

 

月見団子が苦手な場合には

月に見たてて丸いどら焼きや

月うさぎに見たてたお饅頭

などでも代用可能で

お月見ムードを盛り上げてくれます。

 

ちなみに、お月見の飾りとしては

ススキも有名ですね。

 

ススキは、お月見が始まった

当初から飾られていたと言われ

 

秋の七草のひとつということで

収穫した稲穂に見立てたという説が

あり、またススキは神様の依り代と

考えられており、ススキの鋭い

切り口が魔除けになるとされ

 

お月見のあと軒先に吊るとことで

その年の家族は無病息災で

いられると言われています。

 

家でお月見をする場合

ベランダに小さなテーブルを

置いて団子やすすき、お酒を

お供えすれば

お月見をする月見台の出来上がり。

 

この時お団子は山形に

盛りつけましょう。

 

illust-aki15

 

ピラミッドのような山形に

団子を盛る習慣は

団子の先端が「霊界」に

通じると考えられていたため

 

団子を通して、収穫の感謝の

気持ちを月に伝えていたと

考えられています。

 

出し物としては

月を眺められる場所があれば

それが家の月見台ですので

あとは月見の宴を楽しみましょう。

 

食卓を月見台に移動し、月や

お供えものを眺めながら食事や

晩酌のあと、デザートに月見団子を

楽しみ月の話で盛り上しましょう。

 

おすすめのお月見行事食としては

お月見料理によく使われるものに

月見だんごの他、サトイモや

サツマイモ料理が定番です。

 

 

ただ、嫁入り前の娘は

丸い月と丸い団子が妊娠を連想させる

ことから食べてはいけないと

言い伝えられているようですので

お気をつけください。

Sponsored Links by rakuten

お月見どろぼうとは?

 

さて、ここで少しお月見に

ちなんだ面白い話として

「お月見どろぼう」

という言葉をご存知でしょうか?

 

 

お月見どろぼうとは

  • 「だんご盗み」
  • 「だんご刺し」
  • 「だんご突き」

など、地域によって呼び名が

違いますが

 

各地で行われている

子供たちのお月見イベントです。

 

中秋の名月(十五夜)に

飾られているお月見のお供え物を

この日だけは盗んでいいというもの。

 

普段、神様のお供えを子どもたちが

勝手に食べたりすると

怒られますが、お月見の時だけは

 

お供えをこっそり食べても

大人から怒られず

近所の家で供えた団子を

子どもたちが食べ歩きます。

 

昔、子供たちは月からの

使者と考えられていた事もあり

 

この日に限り盗むことが

許され、逆にお団子を盗られる

ことは縁起が良いとも

言われています。

 

 

子供たちは、竿のような長い棒の

先に釘や針金をつけてお団子を

盗む為、あえてお供えする側も

縁側の盗みやすい位置に

お供えする工夫をするようです。

 

現在でも

「お月見ください」

「お月見どろぼうです」など

声をかけて、各家を回りお菓子を

もらう風習がある地域も多く

日本版ハロウィンと呼ばれることも

あります。

 

また、昔は多くの地方で

お月見の日だけは

人の畑にある芋を勝手に取って

食ってもいいという風習があり

 

その時、幾らでも取っていいという

訳ではなく、道から片足踏み込んだ

所までとするという暗黙の約束が

この風習の起源とも言われ

 

「片足御免」とという風習が

後に「お月見どろぼう」へと

変わっていったといわれています。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめヽ(´▽`)/

 

いかがでしたか?

お月見や十五夜の意味については

伝わりましたでしょうか?

 

pyoko09_jugoya

 

「お月見」は、季節を感じながら

月を眺めて、団子を食べる

という印象が強いですね。

 

ただ、お月見と一言にいっても

その意味や、お供えするもの

にはいろいろな意味が込められて

います。

 

日々食べているお米や野菜の豊作を

願い、それを作ってくれている

農家さんや神様に感謝を捧げながら

お月見すれば、また違う良さが

感じられるのではないでしょうか。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事