子どもから高校生の思春期に

多く現れる起立性調節障害。

 

少し前までは怠け病といって

判断されていましたが

近年その原因や病態が解明され

その実態が明らかになってきました。

 

%e3%81%8d01

 

しかし、本来大人になるに連れて

その症状は消えるか

もしくは残っても軽減すると

言われていましたが

 

実は、成人してからでも

その症状で悩まされる人も多く

成人になっても約4割の方が

改善していない事実があり

治らないケースもあるといいます。

 

大人になっても起立性調節障害の

症状がある場合

どんな対応を心がければいいので

しょうか?

 

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

images-9

 

そこで今回は

うつ病の危険性!?
大人の起立性調節障害やその症状は?

大人の起立性調節障害の原因は?

治療方法は?病院は何科?

漢方や食べ物でおすすめは?

 

などを雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



うつ病の危険性!?大人の起立性調節障害とは?その症状は?

 

起立性調節障害とは、主に体の発達が

盛んな思春期前後に発症する

自律神経失調症の一つ。

 

images-7

 

特に、起立時に頭痛やめまいなどの

循環器系の症状が出ることが

特徴です。

 

近年、日本において

子供の起立性調節障害が増え

1950年代から指摘されていた

病気です。

 

ヨーロッパなどさらに早くから

子供の起立性循環障害に

関する研究は取り組まれていましたが

 

当時の日本では認識も低く

その為、この病気にかかった

子供は怠け癖やさぼり癖があるなど

厳しい状況に追い込まれていました。

 

起立性調節障害は

小学校高学年から高校において

全生徒の数%に見られ

罹患率は実は低くない病気です。

 

特に、身長が伸びる成長期に

発病することも特徴です。

 

ただ、病気を早期に発見し

適切な治療を開始すれば

回復は比較的な病気です。

 

images-1

 

逆に、早期発見が遅れたり長引くと

うつ病や不安神経症へ重症化する

こともあり

治療は時間との勝負となります。

 

大人の起立性調節障害の

症状も子供に見られる症状と

類似していて、次のような

  • 朝起きられない
  • 朝、体が重くて動けない
  • 全身倦怠感
  • めまい、立ちくらみ
  • 頭痛
  • うつ
  • 食欲不振
  • 失神発作
  • イライラする
  • 寝つきが悪い
  • 動悸
  • 頭痛
  • イライラ感
    集中力低下

などがあり

 

子供の頃から起立性調節障害で

あった場合、大人になると

症状が軽減されることが多いと

いわれていました。

 

しかし実は

男性で29%、女性で49%の

割合で症状が残ることがあると

言われています。

Sponsored Links



大人の起立性調節障害の原因は?

 

また、大人になってから

起立性調節障害だと

自覚する人も多いようです。

 

images

 

自分が起立性調節障害だと

気付かずにそのまま成長してきた

人は症状が比較的軽いため

 

日常生活は辛いけど、なんとか

頑張ることが出来てきたという

人たちが多く

 

その為、病気であるという認識も無く

  • 朝が苦手なだけ
  • 自分は低血圧
  • 甘えてるだけ
  • 体力がない

など誤った解釈をしてしまって

いることが多くあります。

 

しかし、生活環境の変化によって

大人になってから突然

症状が悪化したすることもあり

心身に重くのしかかります。

 

そうしたストレスがさらに

自律神経系の働きの乱れを

悪化させ、それまではなんとか

やって来れた、起立性調節障害の

症状が一気に悪化し

 

突然
『体が動かない』

『夜眠れない』

と言った症状に直面することに

なることがあります。

 

images-2

 

ですが、思春期に起こる

起立性調節障害の原因は

大きく分けて

 

自律神経系の働きの乱れと

急速に体が成長していく過程の

血管や神経など循環器系の未発達が

挙げられますが

 

大人になっても起立性調節障害が

改善しない原因とは一体?

 

大人で起立性調節障害の症状が

残っている人の多くは

自律神経系の働きが、引き続き

乱れてしまっていることが

考えられます。

 

自律神経系が乱れる原因には 

  • ストレス
  • 副腎疲労
  • 生活習慣の乱れ
  • 運動不足
  • 太陽光を浴びていない
  • セロトニン不足

などが関係していると言われ

 

子供の頃から続く自律神経系の

働きの乱れは、長年の生活の中で

慢性化し、治療が非常に難しいのが

特徴です。

Sponsored Links



治療方法は?病院は何科?

 

大人の起立性調整障害の治療は

自律神経の乱れを正しくするのが

基本です。

 

medical_monshin_kangoshi-1

 

それと同時に薬物治療や

そのほかの治療が行われ

入院は必要ありませんが

外来でカウンセリングが中心に

なります。

 

薬物療法では

血圧低下を伴う症状には昇圧剤や

症状によって各種の薬を処方し

寝つきが悪い場合には睡眠導入剤を

使うなど、主な症状に対する

治療薬が処方されます。

 

また、自律神経を鍛える為

自律神経に刺激を与え

血管の収縮・拡張といった働きを

よくするためマッサージなどを

行うこともあります。

 

そして、生活リズムの乱れが原因で

自律神経の乱れを引き起こしている

場合には、夜更かしや朝寝坊を

しないように規則正しい生活を

心がけるよう指導が行われます。

 

では、 大人の起立性調節障害の疑い

がある場合、病院は何科を

受診すべきなのでしょうか?

 

子供の場合は小児科を受診しますが

大人の場合心療内科、神経科などを

選びぶことになりす。

 

ただ、内蔵の疾患の可能性も

否定出来ない為、一般内科で検査を

受け、それでも原因がわからない

場合に訪れてもよいのですが

逆に内科などでは他の疾患と混同し

むしろ悪化したり

 

images-1

 

見逃してしまう可能性もあり

ますので注意が必要です。

 

ただ、大人の起立性調節障害の

元々の原因は自律神経の不調なので

その治療を行える所なら

 

漢方薬を使った薬局や病院でも

構わないと考えられ

 

自律神経系の異常は

日本人に多い症状なので

東洋医学とは相性がいいようですが

 

ただこういった治療を行う病院や

薬局は保険は効かないところが多く

治療費が高額になるデメリットが

あり、一般の病院は症状を

薬で抑えるだけの対症療法で

精神科などの保険が効く病院の場合

出てくる薬のバリエーションは

同じです。

 

これらを踏まえて

その根本原因である自律神経の働きを

正常に行えるような治療を

行うことを検討してみてください。

Sponsored Links by rakuten

漢方や食べ物でおすすめは?

 

起立性調節障害の治療法は

「身体的なアプローチ」です。

 

Patients who seek

 

起立性調節障害の治療に

用いられる主な薬は

  • 塩酸ミドドリン

  • プロプラノロール

  • メシル酸
    ジヒドロエルゴタミン

  • メチル硫酸アメジニウム

などがあります。

 

ただ、起立性調節障害で使われる

薬は即効性に乏しく、人によっては

2週間程度飲み続けないと効果が

出にないこともあります。

 

また、飲み続けたことで身体に

耐性がつき、効きにくくなる

こともあります。

 

その場合、他の薬を使うか

別の治療法を考えるのか医師に

相談してみるといいでしょう。

 

その際、おすすめは東洋医学の

漢方です。

 

東洋医学では、自然界に生活している

人間が病気になると

病気だけを見るのではなく

病人を見ることに重点を起きます。

 

その為、病院の薬物療法でも

漢方を使って治療することが

あります。

 

しかし、なかなか病院を訪れる事が

できないというのであれば

市販薬に頼るのも選択肢の一つです。

 

おすすめは

立ちくらみで目の前が真っ暗に
なってしまう場合は

苓桂朮甘湯
(りょうけいじゅつかんとう)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

 

半夏白朮天麻湯
(はんげびゃくじゅつてんまとう)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

などがあり

どちらも起立性調節障害の治療に

使われている漢方薬です。

 

★大人気 漢方薬
楽天市場で探すなら>>>★

 

もちろん漢方薬は使用する人の

体質により、どれを使用するかが

決められますので、できれば医師との

相談の上、検討してみてくださいね。

 

しかし、病院や薬に頼ることが

できない場合

日々の生活の中で行えることの中に

食べ物での改善があります。

 

起立性調節障害の食事治療の鍵は

充分な栄養素だけでなく

塩分不足を補うことです。

 

起立性調節障害は、起床時の血圧の

低下が原因で血流が滞り

脳への血液が十分に確保されない

状態です。

 

images-2

 

塩分を適切な量を摂取することで

血圧を正常化し

これらの改善につながります。

 

また、塩分を摂取しても

水分の摂取が足りていなければ

いけません。

 

夏の暑い日に塩分を取るように

言われるのは、体内に水分をとどめる

ためで、その結果血圧の低下を

防ぐ効果がみられるので

意識的に水分摂取を増やして

みるといいでしょう。

 

また、症状改善には

体に必要な5大栄養素である

  • 炭水化物
  • たんぱく質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル

などをバランス良く摂取することが

基本です。

 

他の病気の予防にも繋がります。

 

そして、特に摂りたい栄養に

「亜鉛」があります。

 

亜鉛には精神面のバランスを

整える働きがあり

 

起立性調節障害から来る

不安が強い方にぴったり。

 

普段の食べ物を少し変えるだけなので

できる範囲で続けてみてくださいね。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

大人の起立性調節障害歯については

伝わりましたでしょうか?

 

images-4

 

 

起立性調節障害は、日常生活に

支障をきたすうえに

誤解されがちな病気だと思います。

 

改善せずに放置しておくと

うつ病を発症したりしますので

注意が必要です。

 

ただ、起立性調節障害という

病名にとらわれず、その根本原因で

ある自律神経の働きに

目を向けることも大切です。

 

その為、生活習慣の改善やストレスの

原因をなくすことで症状が

軽減されることもあるので

諦めずできることから

試してみましょう。

 

Sponsored Links by admax



 

しかし、自分ではどうしようもない

場合には、早めに医療機関に相談を

してくださいね。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事