こんにちは(´・ω・`)

毎日忙しく生活している方は

ちょっとした体の違和感があっても

気になりながらも放置しがちですね。

 

明らかに生活に支障がでる

体調不良であれば、迷わず

病院にかけこみますが

ちょっとしたお腹がチクチクする

ぐらいの時などはガマンすることも。

 

023

 

しかし、実はその事で多くの方が

お悩みのご様子。

 

「お腹がチクチクして痛いです。」

 

「生理痛のような痛みで」

 

「お腹を下してしまいました。」

 

「お腹の調子が変。」

 

「妊婦中です。」

 

「ノロウイルスですか?」

 

「今日病院に行ったら腸炎かもねと
           言われて」

 

「痛みにつながる原因て?」

 

「いつもすぐに治まるのですが
  日に何度かあって心配です。」

 

「よくストレスといいますが」

 

「妊娠してるんですがお腹が
 チクチク痛いのはなんでですか?」

 

「病院に行くほどでは無いかなと
         いう痛み具合」

 

などなど

不快な痛みにお悩みのご様子。

 

futukayoiwaruyoi

 

そこで今回は

お腹がチクチク痛い!?

その痛みの原因について

 

生理や妊娠初期や中期、後期が

関係していることや

 

右と左の痛みの原因が違う事

吐き気や便秘がある場合など

 

雑学を交えながらお伝えしたいと

思います。

 

★関連記事はこちら★
お腹がゴロゴロして下痢が止まらない
本当の原因とは?病気の可能性?
薬は何がいい?

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



お腹がチクチク痛い!?その痛みの原因とは?

 

多くの人が悩まされている

チクチクとして痛い腹痛。

 

images

 

 

重要な仕事や緊張する場面に限って

痛くなってしまうという人も

多いのではないでしょうか。

 

お腹の病気には緊急の治療や

処置が必要な重大な病気が数多くあり

経験したことのない痛みや

いつもの腹痛と異なる痛みの場合は

なるべく早く医療機関に

診断してもらう必要があります。

 

腹痛には大きく分けて

  • 内臓痛
  • 体性痛
  • 関連痛

の3つがあります。

 

通常、最初に内臓痛が起こり

徐々に体性痛や関連痛も

感じるようになります。

 

内臓痛とは



  • 尿管
  • 胆嚢

などの

「管腔臓器(かんくうぞうき)」が

無理やり伸びたり、縮んだりした

時に起こる痛みです。

 

イラスト

 

ずきずきとした痛みが一定の時間を

おいて繰り返し起こるのが特徴で

疝痛(せんつう)とも呼ばれる

ことがあります。

 

発生時期は主に病期初期。

 

痛む位置がはっきりとせず

腹部中央に痛みを感じるのが特徴で

特に内臓痛は

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 顔面蒼白
  • 冷や汗

などの別の症状を引き起こすことも

少なくありません。

 

体性痛とは

 

腹膜や横隔膜への刺激により

痛みが突き刺すように鋭く

内臓痛よりも強い痛みが長く続く

のが特徴です。

 

痛む場所は炎症を起こしている

場所で押すと強く痛みます。

 

体を動かすことで痛みが増し

特に、歩くと「ひびく」ことが

あります。

 

26835

 

体性痛の場合は自然に治まらず

内蔵痛のように他の症状が

確認されることは少ないのですが

手術が必要になることが多いです。

関連痛とは

関連痛は炎症を起こしている部分の

刺激が強いときに、隣接する

神経線維を刺激することによって

他の部位に痛みが起こることを

いいます。

 

「放散痛」とも呼ばれ、腹部以外にも

生じることがあります。

 

発生時期は病期の進行後で

痛む場所がはっきりとしています。

 

痛みの原因となる臓器によって

関連痛がでる場所はある程度

決まっていて、外科的治療が

必要になることが多いようです。

 

痛みを感じる部位ごとに考えられる

病気ですが

 

みぞおちが痛む場合

食べ物を飲み込むと痛いかったり

胸やけがするのであれば

  • 胃炎
  • 食道逆流症
  • 逆流性食道炎
  • 食道裂孔ヘルニア

が疑われます。

 

また、吐き気や嘔吐の症状がある

急性虫唾炎(初期)

急性胆嚢炎の可能性があり

 

合わせて発熱はないが

ストレス状態が続いている場合や

薬の連用、刺激の強い食べ物を

食べるなどの心当たりがある場合は

急性胃炎の可能性があります。

 

ただし、焼けるような痛みと吐き気の

場合には、心筋梗塞の疑いが高く

救急車で病院に搬送されるケースも

あります。

 

また、前かがみになると楽になったり

背中の痛みがある場合

急性膵炎(きゅうせいすいえん)の

可能性があり、重症化すると命に

関わるため、入院が必要となります。

 

img_cancer_stomach_operation_01

その他に慢性的にみぞおちが痛い場合

  • 慢性胃炎
  • 機能性ディスペプシア
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 胃がん
  • 肝炎・肝臓がん
  • 慢性膵炎

などが考えられ

 

痛みが強い場合はただちに病院を

受診しましょう。

 

特に胃潰瘍や十二指腸潰瘍の症状で

もっとも多いのは、空腹時の腹痛。

 

チクチクと差し込むように痛みます。

 

食事をすると痛みがおさまることが

多く、お腹がすくとまた痛み

始めるという特徴があります。

 

腹痛の他に

  • 胸やけ
  • 吐き気
  • すっぱいゲップが出る
  • 吐血
  • 下血

などの症状を伴うこともあります。

 

また下腹部・恥骨(ちこつ)上部が

痛い場合

  • 虫唾炎
  • 上行結腸憩室炎
  • 移動性盲腸
  • 急性腸炎,慢性腸炎
  • 食中毒
  • 過敏性腸症候群
  • 大腸がん
  • 前立腺炎

などの可能性があります。

 

腹痛といっても、お腹には多くの

臓器があるため診断が難しいことも

ありますが

 

出血をともなう場合や痛みが強い時は

しっかりと検査を受けることが

必要です。

Sponsored Links



右と左で違うの?便秘が引き起こす痛みとは?

 

では、さらに痛みを感じる

部位ごとに考えられる病気について

お伝えします。

 

images-1

 

お腹の左側が痛い時に考えられる病気

基本的には左上腹部が痛む場合は

胃潰瘍など胃の病気、左下腹部が

痛ければ大腸の病気が疑われるます。

 

お腹の左側が痛い時の病気
その1「急性腸炎」

 

腸炎とは一つの病気ではなく

腸に炎症を引き起こす病気の

総称です。

 

腸炎と言えば食中毒などの細菌性の

腸炎のイメージがあると思いますが

暴飲暴食など物理的な刺激でも

急性腸炎を引き起こすことが

あります。

症状はおよそ1週間程度で

治まりますが

突発的な症状は辛いものが多く

高熱や激しい嘔吐を引き起こしたり

脱水症状を併発することもあります。

 

 

お腹の左側が痛い時の病気
その2「食中毒」

 

食中毒は食べ物を通して

悪い菌を体内に入り込むことで

起こる腸炎。

 

食中毒は主に食物内で増殖した

菌が体内に入ることによって起こる

「細菌型」の食中毒と、細菌の

生み出す毒素によって何かしらの

症状が現れる「毒素型」に

分かれます。

 

細菌の種類によって自然治癒を

待つものや、医師の指示を仰ぐ

必要のあるものもあります。

 

★関連記事はこちら>>>★
意外と知らないウイルスと細菌と
真菌の違い!?感染や症状は?

 

お腹の左側が痛い時の病気
その3「潰瘍性大腸炎」

 

大腸の粘膜にびらんや

潰瘍(かいよう)が出来て炎症が

起こる病気。

 

medical_igan

 

実は20~30代の若年層に多く

発症する傾向があり、喫煙者は

比較的発病しにくいと言われて

いますが、明確な理由は判明して

いません。

 

昔は欧米人に多く日本人に少ない

病気であった為、国内の食生活の

変化により患者数が増えたとも

言われています。

 

症状としては

  • 下痢
  • 血便
  • 腹痛
  • 発熱
  • 悪心
  • 嘔吐

も見られます。

 

治癒しても再発する「再燃緩解型」や

「慢性型」があり、大腸がんの

リスクも高まるので注意が必要です。

 

 

お腹の左側が痛い時の病気
その4「過敏性腸症候群」

 

腸に明らかな異常が認められないのに

左側が痛む時は

「過敏性腸症候群」
(かびんせいちょうしょうこうぐん)

の疑いがあり、腹痛の他に下痢や

便秘を伴います。

 

特に男性は下痢、女性は便秘の

症状を訴えることが多く

この病気が発症する原因は

はっきりしていません。

 

しかし、近年ストレスが加わった時に

脳下垂体から放出される

ストレスホルモンの刺激で

過敏性腸症候群の症状が

確認されることが報告されています。

 

また、痛む場所は左下腹部が

多いのですが、下腹部全体や

右下腹部の痛みを感じる方も

いらっしゃいます。

 

排便後に症状が一気に改善することも

ありますが、原因がはっきりして

 

いない為、予防方法をはっきり

挙げることは難しく、ストレスの

解消や消化器の働きを極力良く

するための食生活や生活習慣の

改善が有効と言われています。

 

 

お腹の左側が痛い時の病気
その5「憩室炎」

 

憩室(けいしつ)とは

大腸の壁の一部が外へ袋状に

飛び出しているもので

ふつうは無症状で大腸検査などで

発見されることが多く

原則として無症状の人は治療の

必要はありません。

 

 

 

しかし、便がつまったりして

炎症を起こすと(大腸憩室炎)腹痛や

発熱、下血(げけつ)をきたとことも

あり、ごくまれですが急に大出血し

ショック状態になることもあります。

 

 

左側だけでなく右や下腹部全体が

痛む場合考えられる病気には

 

右や下腹部が痛む病気
その1「便秘」

便がたまってなんともしがたい

状況になったときは腹痛として

チクチクと痛いような感覚を

持つ時があります。

 

s-2016021208361761152

 

もちろん排便してしまうのが

手っ取り早い解決方法ですが

予防方法としては食物繊維や

水分を多くとり、更に腸内環境を

整える乳酸菌を摂取し、適度な

運動をすることです。

 

★関連記事はこちら>>>★
ココアは太る!?カロリーや本当の
ダイエット効果とは?栄養や効能は?
便秘解消や記憶力UP!!おすすめの
入れ方や飲み方は?

 

また、マッサージで施すことによって

外部に排出するよう心がけることも

大切です。

 

 

 

 

右や下腹部が痛む病気
その2「尿道・尿管結石」

 

何らかの理由で尿路に結石が

できてしまった状態。

 

特に男性や閉経後の女性に

多く見られる病気です。

 

激しい腹痛と血尿が主な症状で

高熱を出す可能性もあります。

 

その原因は多岐にわたりますが

予防方法は水分の摂取とバランスの

良い食生活や、夕食から就寝までの

時間を空けることです。

 

また、動物性蛋白質や脂質、糖質

塩分などは少なめにし、野菜など

食物繊維やカルシウムを

多く摂取するようにしましょう。

 

 

右や下腹部が痛む病気
その3「虫垂炎」

盲腸と呼ぶ人も多いですが

正式名称は「急性虫垂炎」。
(きゅうせいちゅうすいえん)

 

虫垂炎とは、盲腸の先端にある

「虫垂(ちゅうすい)」という臓器が

炎症を起こした状態のことを

言います。

 

みぞおちがや人によっては

へそのまわりが痛くなる人もいます。

 

12時間~24時間の間くらいに

徐々に下に痛みが移動し

最後に、右下腹部で激しい痛みが

はじまります。

 

痛み以外の症状として、

  • 発熱
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 便秘

などもあり

 

痛みが移動すると、虫垂炎の

可能性が高いと言えます。

Sponsored Links



生理や妊娠初期や中期、後期が関係?

 

実はお腹のチクチクとした

痛みとなると女性特有の症状も

存在します。

 

まず考えられる事は子宮や卵巣など

生殖器に関係する病気です。

 

gatag-00005412

 

特に毎月の生理月経のトラブルが

習慣付いている場合は、日常生活に

支障が出るほどの痛みで

悩まれている方も多くいらっしゃい

ます。

 

また、妊娠初期や中期、後期が

関係していることもあります。

 

生理予定日当たりに腹痛があるのは

珍しいことではないかもしれませんが

基礎体温の高温期が続き、同様な

症状が現れている場合

妊娠の可能性があると言えます。

 

★関連記事はこちら★
妊娠かも?基礎体温の低温期が長い?
短い?ガタガタやない時の原因や
改善方法とは?漢方がいいの?

 

妊娠すると、ホルモンバランスが

変化するために腹痛が起こりやすいと

言われ、その原因としては

 

  • 子宮が大きくなる

  • 子宮周辺が引っ張られる

  • 腸の動きが鈍くなる

 

などがあり、生理痛のような

下腹部の痛みや子宮が

チクチクすると感じる場合が

あります。

 

生理痛なのか区別するには

 

  • 高温期が長く続いている
  • おりものがいつもと違う
  • おっぱいにも痛みがある
  • 胸の形や大きさが変わった
  • 足の付け根がつる
  • 下腹部がつる

 

などが目安となります。

 

妊娠初期の腹痛は自然なことなので

赤ちゃんが成長している証ともいえ

安定期に入る頃には自然と治まって

くるので、過度に心配はしないで

ください。

 

akachan_ninshin

 

ただ、生理痛も妊娠初期の症状も

個人差が大きいのですが

激痛や生理とは異なる出血があった

場合には、早めの病院への受診が

となります。

 

また、妊娠中期のお腹の痛みには

大きく分けて、緊急の処置が必要な

腹痛とそうではないものがあります。

 

この時期によくみられる

ズキズキ、チクチクする腹痛は

ほとんどの場合、心配する

必要のない腹痛です。

 

主な原因は、大きくなってきた

子宮に靭帯が引っ張られることと

胃腸の不調や便秘によるものです。

 

お腹の赤ちゃんが成長し

子宮が大きくなるにつれ

骨盤の中では子宮を固定し支えている

靭帯が柔らかく伸ばされ

引っ張られています。

 

しかし、妊娠中期に子宮は急激に

大きくなるため、靭帯も急に大きく

引き伸ばされることになり

痛みやお腹の張りとなって

感じられることがあります。

 

この場合、痛みを感じるのは

下腹部付近や足の付け根などに多く

左右どちらか、もしくは交互という

のがほとんどです。

 

痛みの程度もチクチクとした

軽いものや、ツッパリ感を

感じるものです。

 

対処法としては、安静が一番に

なります。

 

痛みを感じたら、座るか痛みがある

方を下にして、しばらく横に

なることや、深呼吸をするのも

効果的です。

 

job_joi_yakuzaishi

 

また、身体が冷えると痛みが

出やすくなるので、腹帯や腹巻などで

体を温めるのもオススメです。

 

そして、妊娠後期にもお腹に

痛みを伴うことがあります。

 

ただ、妊娠後期に起きる腹痛の原因は

大きくなった赤ちゃんによる

自然な腹痛と子宮や赤ちゃんに

異常を訴える腹痛と2つあります。

 

赤ちゃんの体が圧迫して

お腹がチクチクとする痛みや

下腹部がズキズキとし

大きくなった赤ちゃんが

子宮内でキックすれば

心配いりません。

 

また、妊娠後期でも大きくなった

子宮によって腹痛は起こりえます。

 

ただし、出血があったり

強い痛みの腹痛があれば

 

  • 早期胎盤剥離

  • 早産、切迫早産

  • 子宮破裂

 

など母体はもちろん、赤ちゃんの

命にも係わってきますので

少しでも異常を感じたら

必ず病院へ相談しましょう。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

お腹がチクチク痛い!?

その痛みの原因については

伝わりましたでしょうか?

 

今回のポイントは?

 

images-3

 

お腹がチクチク痛い?痛みの原因とは?

腹痛には大きく分けて

内臓痛
体性痛
関連痛

の3つがあります。

内臓痛は
「管腔臓器(かんくうぞうき)」が
無理やり伸びたり、縮んだりした
時に起こる痛みです。

体性痛は
腹膜や横隔膜への刺激により
痛みが突き刺すように鋭く
内臓痛よりも強い痛みが長く続く
のが特徴です。

関連痛は
炎症を起こしている部分の
刺激が強いときに、隣接する
神経線維を刺激することによって
他の部位に痛みが起こることを
いいます。

 

吐き気があるときは?

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の症状は
チクチクと差し込むように痛みで

腹痛の他に

胸やけ
吐き気
すっぱいゲップが出る
吐血
下血
などの症状を伴うこともあります。

 

右と左で違うの?

お腹の左側が痛い時の病気

急性腸炎
食中毒
潰瘍性大腸炎
過敏性腸症候群
憩室炎

右や下腹部が痛む病気

便秘
尿道・尿管結石
急性虫垂炎

 

生理や妊娠初期や中期、後期が関係?

実はお腹のチクチクとした
痛みとなると女性特有の症状も
存在します。

まず考えられる事は子宮や卵巣など
生殖器に関係する病気です。

また、妊娠初期や中期、後期が
関係していることもあります。

生理予定日当たりに腹痛があるのは
珍しいことではないかもしれませんが
基礎体温の高温期が続き、同様な
症状が現れている場合
妊娠の可能性があると言えます。

 

ですヽ(´▽`)/

 

Sponsored Links by admax



 

お腹の痛みには色々な原因が

ありますが、痛いということは

何らかの体からの異常を訴える

サインです。

 

自己判断は危険ですので

まずは医療機関を訪れてみては

いかがでしょか?

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事