かわいい赤ちゃんが産まれてから

最初の一大イベントに

「お宮参り」があります。

 

イラスト

 

家族が一堂に会し行う

ビッグイベントですが

 

ママさんの産後の体はまだまだ

本調子ではありませんので

旦那さんも巻き込んで

素晴らしいお宮参りしたいもの。

 

とはいうものの

お宮参りといえば赤ちゃんが生まれて

初めて神社に参拝し

 

お披露目、成長を祝う行事ですが

地域によって正式な参拝方法や

時期も異なり

 

初めてだとちょっと不安と

言う方も多いのでは無いでしょうか?

 

イラスト

 

そこで今回は

お宮参りとは?いつ頃からいつまで?

お宮参りのしきたりとマナーは?
参拝だけでもいいの?

初穂料とは?相場やのし袋の種類や
名前の書き方は?

赤ちゃんや家族の服装は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



お宮参りとは?いつ頃からいつまで?

 

お宮参りとは

その土地の守り神である

氏神様に赤ちゃんの誕生の報告する

行事。

 

イラスト

 

氏神様とは、住んでいる土地の

人々を守っている神様のこと。

 

産土神(うぶすながみ)とも呼ばれ

赤ちゃんは昔、生まれて2~3日で

なくなることが多かったため

 

お宮参りをする事で健やかな成長を

見守っていただきたいと

お願いする儀式のことを示します。

 

では、お宮参りは

いつ頃からいつまでにするもの

なのでしょうか?

 

正式には男の子は生後31日目

女の子は生後32日目ですが

 

男の子は生後30~32日目

女の子は生後31~33日目とする

地域も多いようです。

 

イラスト

 

この日にちの違いについて

はっきりした起源はさだか

ではないのですが

 

一説には陰陽思想で

「男は奇数、女は偶数」である

ことに由来するともいわれます。

 

お宮参りの季節(春夏秋冬)に

決まりはありませんが

 

真夏の猛暑日、あるいは真冬の

厳寒期にお宮参りをするのは

赤ちゃんやお母さんにとっても

身体に負担がかかります。

 

暑さや寒さが特に厳しい場合

時期をずらしても良いとされ

地域によって様々ですが

一般的にお参りする時期はおおよそ

生後1ヶ月から3ヶ月の間です。

 

イラスト

 

ただ、神社に出向く訳なので

やはり仏滅などの

六曜は気にする方も多い

ようですが、いわゆる六曜は

関係ないと言われています。

 

その理由として、神社か教会でしか

行わない事や、由来が異なること

その土地の守り神や家庭において

崇めてる神への報告なので

気にする必要はないようです。

 

また、場所も厳密にいえば

氏子となっている近所の神社である

ことが正式ですが、氏子氏神制度が

厳正に維持されなくなった現在

 

絶対に近所でなければならないと

いう風潮も薄れて来ています。

 

また、お宮参りの際に

地域によってお母さんの

安産のお礼参りも兼ねて

お参りをする風習もあり

 

安産の神様といえば「水天宮」が

良く知らて、全国各地の水天宮に

安産のお礼と、赤ちゃんの健やかな

成長を祈るお宮参りを合わせて

一緒にお参りする風習もあります。

Sponsored Links



お宮参りのしきたりとマナーは?参拝だけでもいいの?

 

お宮参りは

難しい形式にとらわれず

家族の行事として

 

イラスト

 

協力し合いながら進めることが大事で

基本的な流れは

  • 神社で受付
  • ご祈祷をしてもらう
  • 記念撮影をする
  • 食事会

となります。

 

まずは、どこの神社にお宮参りに

行くか決めます。

 

参拝には、通常と同じように

お賽銭を入れて参拝だけで

お祈りする方法と、お祓いを受けて

祝詞(のりと)をあげてもらう

方法があります。

 

祝詞をあげてもらう場合は

大きな神社の場合は予約なしで

祈願を受けてくれることが多いですが

 

小さな神社の場合は、宮司が

不在の場合があるため

一度確認しておいた方が無難です。

 

イラスト

あとはお初穂料を準備し

ます。

 

お宮参り自体は1時間程度で

終わりますが、もし両家が集まって

お宮参りの後、食事会をする場合

その手配も必要になります。

 

また、記念に写真を撮る場合

写真スタジオや写真館の予約も

忘れずにしておきましょう。

 

お宮参りの仕方ですが

お宮参りと言っても基本的に

通常の拝礼と大きな違いは

ありませんので。

 

まずは境内で手と口をすすぎ

体を清め

お賽銭を入れて二礼二拍手一礼が

基本の形になります。

 

 

きちんとしきたりにのっとった

お宮参りを行う場合には

神職に祝詞(のりと)を

あげてもらいます。

 

 

そして、お宮参りは誰と一緒に

行くものなのかですが

 

住んでいる地域や、お互いの

祖父母の状況によってお参りの

参加者はそれぞれです。

 

大人数でも問題はなく

その際は神社でのお宮参りを済ませ

記念撮影をしたりレストランなどで

会食を行うケースが多いようです。

 

そして、本来のしきたりとしては

赤ちゃんを抱っこするのは

父方の祖母の役目。

 

イラスト

 

しかし、これも近年は核家族も増え

母親が抱くことも多くなりました。

 

写真撮影を神社でする場合の

マナーとして

お宮参りに限らず寺社での撮影は

場所がわかるような神殿などを

背景に入るように撮影しまが

 

その際、神様がいらっしゃると

される祠や主殿にお尻を向けるのは

失礼にあたるとされ、体を斜めに

向けるなど構図に工夫が必要です。

 

神社でのお参りを終えた後は

お祝いをくださった方に

お礼のあいさつに行ったり

食事会を開いたりする家庭が

多いようです。

 

イラスト

 

ただ、昔は神社でのお宮参りの後は

近くに住んでいる親戚や

ご近所に挨拶回りをするしきたりも

ありましたが、現在では挨拶回りを

する人は少ないようです。

 

親しくしている人で

赤ちゃんの顔をまだ見せていなくて

この機会に顔を見せたいという人が

いれば事前に連絡し挨拶に行くのも

良いでしょう。

Sponsored Links



初穂料とは?相場やのし袋の種類や名前の書き方は?

 

赤ちゃんと共に神社にお参りをし

祝詞をあげてもらう場合

その際に「初穂料(はつほりょう)」

または「玉串料(たまぐしりょう)」

などの謝礼が必要です。

 

イラスト

 

どちらも「神様へ捧げるもの」ですが

字の通り意味が少し異なり

 

初穂料とは

神様への奉納物の初穂の代わりに

納めるもので、神社で執り行う

祭事で広く使用可能され

 

玉串料とは

祈祷(きとう)の際に必要となる

榊(サカキ)に紙垂(しで)を

付けた玉串の代わりに

納める金銭を言います。

 

また、大阪を中心とした関西の一部の

地域では、お宮参りの際

お祝いとは別に「紐(ひも)銭」と

いうものを渡す風習があり

 

生まれて来た赤ちゃんがお金に

困らないようにという願いが

こめられています。

 

神社によって当日指定の書式を

準備されているところもあれば

事前にのし袋を準備することもあり

 

参拝する神社を決めるときに

確認する必要があります。

また、金額の相場に関しても

地域や神社によって

3,000円 ~ 10,000円と異なり

 

指定されていることもあれば

「お気持ちで」と指定をされない

こともあります。

 

イラスト

 

不明な場合には周囲の方に

確認したり、お宮参りの初穂料の

相場をホームページ上に掲載して

いる神社もあるので

事前に確認しておくと安心です。

 

そして、納める際には

のし袋に入れますが

紅白の蝶結びか白い封筒を

使用します。

 

 

のし袋の表書きの書き方としては

上段に「御初穂料」か「御玉串料」

下段に赤ちゃんの名前を書いたものを

用意し、社務所で受け付けをする際に

渡します。

「2段落」
赤ちゃんや家族の服装は?

お宮参りの際は正装が基本ですが

赤ちゃんと産後のママがよりよく

過ごせるのが何よりも大切です。

その為、お宮参りの服装は

祝い着でもベビードレスでも

大丈夫です。

お宮参りの赤ちゃんの服装は

和装の場合、男の子なら羽二重の

紋付で、おめでたい絵柄の

「熨斗目模様」が定番で

 

女の子の場合は、ちりめんの

花柄や友禅模様の祝い着が

一般的です。

また、洋装の場合、ベビードレスに

ケープをかけるスタイルも

現在では人気です。

 

★赤ちゃんのお宮参りの服装
楽天市場で探すなら>>>★

 

お宮参りの際の親の服装は

父親はスーツ

母親はスーツ・ワンピース・和装

など、少しあらたまった

よそ行きの服装をします。

 

授乳のことを考えると洋装の方が

好ましいかもしれませんが

 

格安の料金で着物をレンタルできる

ショップもあり

 

服装はバランスがとれていれば

問題ないので、出席する両家で

すり合わせておきましょう。

 

また、お宮参りする際

一番注意したいのは足元。

 

イラスト

 

ヒールの高いパンプスや慣れない

草履に足を取られ

 

赤ちゃんがけがをするようなことが

ないよう、ヒールの低いものや

草履は履きならすなどし

境内は砂利道なので細心の注意を

はらいましょう。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

お宮参りについては伝わりましたで

しょうか?

 

イラスト

 

お宮参りはほとんどの方が行いますが

地元のしきたりやマナーなど

難しい事が多く把握するだけでも

一苦労ですね。

 

出来れば、赤ちゃんが生まれる前に

情報を集め、少しずつ準備を

始めるのが理想的ですが

 

大切なのは赤ちゃんとママの

体調です。

 

無理に全てを行わなければいけないと

いうわけでもありません。

 

パパやママの両親にも協力してもらい

記念に残るお宮参りにして

くださいね。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事