噂のおかひじきとは?旬の時期や食べ方に気になる味は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

最近、TVや雑誌などでも紹介され

先日も「満天レストラン」で

放送していた「おかひじき」は

 

陸の海藻と呼ばれ

ここ数年でじわじわと人気上昇中の

美容食材です。

 

 

 

日本では北海道~九州、沖縄まで

幅広く栽培されており

身近なスーパーなどで売っている

こともあります。

 

とは言え、まだまだ食べたことが

ない人や、どんなものかよく知らない

人も多いようです。

 

特に、どんな栄養があり

どのような食べ方をすればいいのか

迷うことが多く、試したくても

なかなか手が出せないという方も

多いようです。

 

しかし、おかひじきの調理自体は

さほど難しくなく、さらに流通して

いるものは、ほとんど無農薬で

育てられているため、普段の食事に

ぜひ、加えてみたい野菜です。

 

そこで今回は

おかひじきとは?
旬の時期や気になる味は?

注目すべきおかひじきの
栄養や効果は?

おかひじきの選び方や保存方法は?

おひたしやサラダに味噌汁?
ゆで方や茹で時間に食べ方は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。

Sponsored Links

おかひじきとは?旬の時期や気になる味は?

 

おかひじきとは

アカザ科オカヒジキ属の一年草で

日本全国の日当たりの良い海岸の

砂浜や砂礫地、塩生地等に自生し

 

葉が細長く多肉質で

ワサワサとしています。

 

 

その様子が海藻のヒジキに似ている

事から、おかに生えるヒジキと言う

意味で「おかひじき」と名付けられ

漢字では「陸鹿尾菜」と書き

 

また、見た目が海藻のミル(海松)に

よく似ているため

別名で「ミルナ(水松菜)」とも

呼ばれています。

 

しかし、東北地方などでは

古くから食用として自然に浜などに

生えているものを採っていた

ようですが、近年天然の物は

秋田や鳥取など各地でもその数が減り

 

絶滅が危惧されている状況にあるため

流通しているおかひじきはほとんど

栽培物です。

 

栽培の始まりは江戸時代初期まで遡り

江戸時代の文献

「本草図譜」(1828年)でも

おかひじきが絵付きで紹介され

海辺の砂地で育つ植物ということが

記されています。

 

当時は庄内地方の浜で採れた種が船で

最上川を上り、船着き場の砂塚村

(現在の山形県南陽市)で植えられ

ていたとされ

 

現在、山形市と米沢市で栽培が行われ

山形県置賜(おきたま)地方の

伝統野菜として扱われています。

 

美味しくなる旬の時期や味は?

 

おかひじきの旬の時期は

4月中旬から5月にかけてですが

栽培技術が進んでおり、パック詰め

されたものが通年流通しています。

 

 

 

最近では山形県に限らず

各地で栽培されるようになり

一般のスーパーなどにも並ぶように

なり、九州では福岡県古賀市で

秋から翌春まで出荷されています。

 

ただ、栽培は春から晩秋にかけて

数回に及び収穫されますが

他の野菜には害虫などが付きやすい

のに対し、おかひじきは虫が付き

にくく、通常栽培において農薬を

使わないのが一般的です。

 

その為、店頭に並んでいる物は

ほとんど無農薬栽培された物と

言う事で安心です。

 

気になるおかひじきの味は

栽培されたものは若い茎葉を

摘んだものでやわらかく

シャキッとした歯ざわりや

淡泊な味でくせのない味わいが

楽しめる野菜です。

Sponsored Links

注目すべきおかひじきの栄養や効果は?

 

しかし、そんなおかひじきが

ここ最近注目されている背景として

その栄養価の高さがあります。

 

 

おかひじきに含まれる主な栄養成分

には、特に「カリウム」を非常に

たくさん含んでいます。

 

むくみ予防の効果が注目されている

カリウムは、ナトリウム(塩分)を

排泄する役割があり

その為、高血圧に効果があり

 

また、長時間の運動による

筋肉の痙攣などを防ぐ働きも

あります。

 

さらにおかひじきは

骨を丈夫にする成分を多く含み

「カルシウム」をはじめ

  • マグネシウム
  • リン
  • 鉄分

などのミネラルも豊富に含まれ

これらは骨を生成する上で

欠かせない成分です。

 

そのほかにも

おかひじきは緑黄色野菜ですので

「βカロテン」も豊富で

 

βカロテンは抗発ガン作用や

動脈硬化の予防で注目を浴びて

いますが

 

その他にも体内で「ビタミンA」に

変換され

  • 髪の健康維持
  • 視力維持
  • 粘膜や皮膚の健康維持
  • 喉や肺など呼吸器系統を守る働き

などがあるといわれ

 

他のビタミン類では

肌の弾力を保ちシミやソバカスを

予防する「ビタミンC」

 

骨にあるたんぱく質を活性化し

骨の形成をうながし

出血した時に血液を固めて

止血する因子を活性化する

「ビタミンK」などもあり

 

さらに便のかさをふやし排便を促す

「不溶性食物繊維」も豊富です。

Sponsored Links

おかひじきの選び方や保存方法は?

 

では、そんな栄養価の高い

おかひじきですが、どうせ食べるなら

美味しく頂きたいものです。

 

美味しいおかひじきの

選び方としては、鮮やかな緑色が濃く

葉や茎がピンと張っていて

艶があるものを選びましょう。

 

 

 

また、おかひじきは若い芽の部分が

美味しいのですが、育ち過ぎると

固くなり、食用には向かなくなるため

茎が太く、全体に大きく成長しすぎ

たものは避け、なるべく短い間に

摘み採ったものを選びましょう。

 

さらに、茎の切り口あたりが

茶色く変色していたり

全体に黄色みを帯びている物は

 

鮮度が落ちている可能性があるため

そういうものも避けましょう。

 

★送料無料のおかひじき★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

おかひじきの保存方法としては

冷凍保存には残念ながら向いて

いないみたいで

乾燥しないようラップに包むか

ビニールやポリなどの袋に入れ

冷蔵庫の野菜庫に入れておきます。

 

それでもあまり日持ちしないので

鮮度が良いうちになるべく

早めに使いきるようにすることを

おすすめします。

Sponsored Links by admax

おひたしやサラダに味噌汁?ゆで方や茹で時間に食べ方は?

 

しかし、馴染みの野菜ならともかく

おかひじきを初めて扱う場合

どのようにすればいいのか

迷う場合がありますが

 

調理のポイントとしては

本来少しアクがあるので

下茹でしたものを調理する場合が

多い野菜です。

 

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

 

ゆで方は、沸騰させている湯に

水1Lに対し大さじたっぷり1杯

約2%程の塩を加え、よく溶かし

こんでからおかひじきを入れます。

 

ただ、茹で過ぎるとせっかくの

シャキシャキ感が損なわれてしまう為

茹で時間は1分から1分半程度

 

天然の物なら2分から3分くらいを

目安に、茹であがったらすぐに

冷水に落とし

 

水気をよく切ってタッパーなどの

保存容器に入れて冷蔵しておき

 

サラダなど生のまま調理する場合は

あらかじめ氷水に浸け

シャキッとさせておきましょう。

 

おかひじきの食べ方は?

 

おかひじきの食べ方としては

鮮やかな緑の色合いと

シャキシャキッとした歯ざわりを

味わう場合は

 

適当な長さに切り、他の野菜と

共に混ぜてサラダにしたり

 

細切りのハムなどと合わせて

マヨネーズやドレッシングを

からめるのがおすすめです。

 

★レシピサイトはこちら>>>★

 

また、下茹でしたものの場合は

茹でエビやホタテ、サーモンなどの

海鮮と共にドレッシングで和えたり

 

酢の物やおひたしなどにすると

シャキシャキした食感が楽しめて

美味しく、山形県では辛し和えが

メジャーです。

 

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

また、海藻のように刺身のツマとして

盛り付けたり、味噌汁や澄まし汁

などの具として下茹でしたものを

仕上げに投入します。

 

さらに、豚肉や他の野菜などと

一緒に炒め食べるのもおすすめで

油を使うと脂溶性ビタミンの

吸収率もアップします。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

「噂のおかひじきとは?
旬の時期や食べ方に気になる味は?」

については伝わりましたでしょうか?

 

 

 

 

今回お伝えした内容は

 

おかひじきとは?

アカザ科オカヒジキ属の一年草で
日本全国の日当たりの良い海岸の

砂浜や砂礫地、塩生地等に自生し
葉が細長く多肉質でワサワサとして
います。

 

旬の時期は?

4月中旬から5月にかけてですが
栽培技術が進んでおり

パック詰めされたものが
通年流通しています。

 

気になる味は?

栽培されたものはやわらかくて
若い茎葉を摘んだもので

シャキッとした歯ざわりや
淡泊な味でくせのない味わいが
楽しめる野菜です。

 

栄養や効果は?

主な栄養成分には
特に「カリウム」を非常にたくさん
含んでいます。

むくみ予防の効果が注目されている
カリウムは、ナトリウム(塩分)を
排泄する役割があり、高血圧に効果が
あり

また、長時間の運動による
筋肉の痙攣などを防ぐ働きも
あります。

 

おかひじきの選び方は?

鮮やかな緑色が濃く、葉や茎が
ピンと張っていて、艶があるものを
選びましょう。

 

保存方法は?

乾燥しないようラップに包むか
ビニールやポリなどの袋に入れ
冷蔵庫の野菜庫に入れておきます。

 

ゆで方は?

ゆで方は、沸騰させている湯に
水1Lに対し大さじたっぷり1杯
約2%程の塩を加え、よく溶かし
こんでからおかひじきを入れます。

 

ゆで時間は?

茹で時間は1分から1分半程度
天然の物なら2分から3分くらいを
目安に、茹であがったらすぐに
冷水に落とし

水気をよく切ってタッパーなどの
保存容器に入れて冷蔵しておきます。

 

食べ方は?

サラダ
酢の物
おひたし
味噌汁
澄まし汁
豚肉や他の野菜などと一緒に炒める

 

Sponsored Links by admax

 

おかひじきは、まだまだ一般的には

知られていない食材かもしれませんが

普段の食事に取り入れることで

 

美容や健康維持にとても役立つ

すぐれものです。

 

また、意外にも調理のポイントさえ

押さえれば、普段使いの野菜と

さほど変わらず扱えるため

うれしい食材でもあります。

 

今後は、さらに注目される食材だと

思いますので、この機会にぜひ

おかひじきの魅力を感じてみて

くださいね。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク