今さら聞けないお彼岸ってなに?お盆との違いやいつからいつまで?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

「暑さ寒さも彼岸まで」

というように、季節の節目にある

「お彼岸」にはお墓参りだけでなく

お彼岸法要に参加し、先祖を供養する

方も多いのでは無いでしょうか?

 

しかし、お彼岸といえば

春にもありますが

なぜ彼岸は2回あるのでしょうか?

 

 

 

また、その由来や意味について

実はあまりよく知らないという方も

多いようです。

 

 

そこで今回は

お彼岸ってなに?いつからいつまで?

入りの日に持っていく物や
することは?

料理やお布施のお金は?

お盆との違いは?

お彼岸に亡くなるとどうなる?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。

Sponsored Links

お彼岸ってなに?いつからいつまで?

 

「お彼岸」という言葉は知っていても

「お彼岸ってなに?」といまいち

ピンとこないものですね。

 

 

 

まず、「彼岸」とは

その言葉はサンスクリット語の

「波羅密多(パーラミター)」から

来たといわれ

 

この言葉の持つ意味は

「あちらの岸」に行くまたは

「あちらの岸」に行ったという

意味とされ

 

そして「あちらの岸」という

言葉に対する言葉は

「こちらの岸」になり

 

煩悩に左右され苦しんだり

悩んだりしながら

一生懸命に生きている

「此岸(現生)」の事を意味します。

 

また、お彼岸には「悟り」を

ひらけるように仏道修行の

期間という意味合いもあり

 

煩悩と迷いの世界である

此岸(しがん)の者が

  • 布施
  • 持戒
  • 忍辱
  • 精進
  • 禅定
  • 智慧

という六つの

「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の

修行をする事で悟りの世界である

「彼岸」(ひがん)へ到達

することが出来るとされています。

 

では、「暑さ寒さも彼岸まで」と

言われるように、お彼岸が来ると

最も過ごしやすい季節になりますが

 

お彼岸がいつからいつまでかですが

太陽が真東から上がって真西に沈む

春分の日と秋分の日を挟んだ

前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び

 

この日は、太陽は天の赤道上にあり

ほぼ真東から出てほぼ真西に沈み

昼と夜の長さが同じになる時期。

 

その昔、西は「西方浄土」といわれ

仏様がいる極楽浄土の世界と信じられ

 

その為、普段仏道修行をしていない

人達もこの期間に西の太陽に祈りを

捧げ、煩悩を払い仏様の供養を

する事で、極楽浄土へ行くことが

出来ると考えられていました。

 

ちなみに、お彼岸に入る日のことを

「彼岸入り・彼岸の入り」

お彼岸が終わる日のことを

「彼岸明け・彼岸の明け」

と呼ばれています。

 

また、春の彼岸を「春彼岸」

秋の彼岸を「のちの彼岸・秋彼岸」

と呼ぶこともあり

 

故人が亡くなってから

初めて迎えるお彼岸を

「初彼岸(はつひがん)」と

いいます。

 

現在では、本来の意味あいより

彼岸の期間に寺院で行われる

彼岸会と呼ばれる法要や

先祖供養の意味で用いられることの

ほうが多いようです。

 

ただ、実は「お彼岸にお墓参り」

という文化は仏教徒が多い

国の中で日本だけの独特の風習です。

 

その背景には、春分の日が

自然をたたえ、生物をいつくしむ日

秋分の日が祖先をうやまい

なくなった人々をしのぶ日という

意味があり

 

昔から先祖崇拝や豊作に感謝してきた

日本の文化が影響していると

言われています。

Sponsored Links

入りの日に持っていく物やすることは?料理やお布施のお金は?

 

では、実際にお彼岸では

どのようなことを心がければいいので

しょうか?

 

実は、「彼岸入り」の日にすることは

決まっているわけではありませんが

一般的な準備や、やることは

決まっています。

 

 

 

お彼岸の期間中は

朝晩にろうそくをともし

お線香をあげることが供養になり

 

仏壇のない場合

彼岸期間中の昼間にお墓参りをし

お線香と花を供えます。

 

お彼岸の期間で

いつお墓参りに行くべきかは

日程が決まっているわけで

ありませんが

 

ただ、霊園や納骨堂によって

中日には混雑する可能性があり

彼岸入りの早いタイミングで

済ませるのがおすすめです。

 

そして、まず彼岸入りの日に

お仏壇や仏具を清め

お墓をきれいに掃除し

 

お彼岸だからお墓参りで

特別なことをする必要もなく

いつもより手厚く供養し

 

普段よりも時間をかけて

故人や先祖を改めて感じられる

時間を大切にしましょう。

 

また、お墓参りはまずお寺の本堂の

お寺のご本尊像様のお参りを

すませてからにし

 

時間がない場合も

お寺のご住職にご挨拶ぐらいは

したいものです。

 

そして、お墓参りに持って

いくものには

  • 数珠
  • お線香
  • ろうそく
  • マッチ (ライター)
  • お花
  • お供物

などを準備し

 

お墓には基本的にどんな物を

お供えしてもかまいませんが

 

お彼岸用のお供えのお菓子には

季節に合わせ「おはぎ」や

「ぼたもち」などが一般的で

 

お参りをした後、お花以外の

お供え物で腐るものは

基本的に持ち帰りましょう。

 

 

 

ちなみに

「おはぎ」と「ぼたもち」は

よくお彼岸に食べられますが

 

これは江戸時代にお彼岸や

四十九日の忌明けに食べる

風習があったためと言われ

 

ぼたもちを「春彼岸」に

おはぎを「秋彼岸」に食べます。

 

そしてお彼岸に食べる料理は基本的に

生きているものは食べないという

考え方から、旬の野菜や

大豆製品だけの食事をする地域が多く

いわゆる精進料理が定番です。

 

また、お供え物のお菓子である

落雁(らくがん)という砂糖を型に

入れた食べ物を用意する方も多く

 

その他には、季節の果物やお酒など

お供え物は様々で

故人の好物を供える方もいます。

 

さらに、お彼岸は先祖に手を合わせて

感謝する機会だけでなく

 

人生において大切な6つの

「六波羅蜜」を実践できているか

見つめ直す期間でもあり

 

お彼岸入りの日から

六波羅蜜を意識し

徳目を1つずつ実践してみると

良しとされています。

 

*六波羅蜜(ろくはらみつ)

生きて成仏するために
修行しなければならない修行のことで
布施(ふせ)
持戒(じかい)
忍辱(にんにく)
精進(しょうじん)
禅定(ぜんじょう)
智慧
の六種の修行があります。

 

そして、お彼岸の期間お寺では

「彼岸会(ひがんえ)」

「お彼岸法要(ひがんほうよう)」

など行うことが多く

 

そこで読経やご法話などが行われ

既に亡くなってしまった

ご先祖さまに対しての先祖供養を

行います。

 

お寺の合同お彼岸法要に参加する場合

お寺にお礼の気持ちとして

お布施を渡すのが一般的で

 

お金の相場はお寺によりますが

3,000円~1万円程度を包むことが

多いようです。

Sponsored Links

お彼岸とお盆との違いは?

 

しかし、お墓参りをする日というと

「お彼岸」と「お盆」があり

困ってしまう場合も

多いのではないでしょうか?

 

その違いとしては、お盆は

ご先祖様の供養がメインとなり

お彼岸は自分たちが

極楽浄土(彼岸)に近づくために

あるといえます。

 

 

 

現代の日本においてはどちらも

先祖供養をする日となっていますが

 

お盆やお彼岸の由来には

それぞれ違いがあり

 

「お盆」とは、サンスクリット語の

音写語「盂蘭盆(ウランバナ)」

からきており、祖霊を迎い入れ

祀る宗教行事。

 

「お盆」も仏教の教えによる

ものと言われ

旧暦の8月15日前後(13日~16日)

に行っている地域が多いようで

 

先祖を迎えるために「迎え火」を焚き

送り出す際も「送り火」を焚く

地域もあります。

 

日本では仏教が伝来する前から

神道的に御先祖様を信仰し

「お盆」にあてはまる神事も

あったのですが

 

仏教が伝来した後

「盂蘭盆(うらぼん)」と習合し

現在の「お盆」の概念になった

そうです。

 

「盂蘭盆」というのは

お釈迦様の弟子目蓮(もくれん)が

お釈迦様の教えで盆を用いて

母親の供養をしたところ

餓鬼道で苦しんでいた母親を

救うことができたといわれ

 

「お盆」というのも

供養に用いたこの時の盆

からきていると言われています。

Sponsored Links by admax

お彼岸に亡くなるとどうなる?

 

親しい人が亡くなるというのは

とても辛いですが

それがまた故人を偲ぶお盆や

お彼岸の時期だと気になります。

 

では、お盆やお彼岸に亡くなると

どういう意味があるでしょうか?

 

 

 

地域などによって考え方は

多少違うようですが

 

彼岸に亡くなるのは、良い人生を送り

天寿を全うしたため

さまようことなくあの世に行ける

と言われ

 

遺された家族の悲しみを少しでも

和らげるための話からきているの

ではないかと言われています。

 

また、確かに一昔前まで

彼岸に亡くなったら地獄も門が

閉まっていて地獄に行かなくても

いいと言い伝える地域もあった

ようです。

 

ただ、彼岸に亡くなったからと

言って特別どうのこうのという

ことはないという意見が多く

 

浄土真宗本願寺派(西本本願寺)では

その教えは亡くなれば阿弥陀如来様の

お浄土に生まれるという教えで

とくに亡くなった日は問題にして

いません。

同じく、お盆の時期に亡くなった

場合も、特別な意味合いはないよう

です。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

お彼岸ってなにについては

伝わりましたでしょうか?

 

 

 

日頃は忙しくてなかなか

ゆっくりすることも出来ない

現代人ですが

 

ご先祖様に手を合わせ

亡くなった人を偲んで

静かに会話をしてみる時間も

必要では無いでしょうか?

 

お彼岸の期間中であれば

いつお墓参りにいっても大丈夫

ですので、ご都合のよい日に

行かれてみてはいかがでしょうか?

 

Sponsored Links by admax

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク