今さら聞けない乳糖不耐症とは?原因や症状は?検査や治療に回復の期間は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

牛乳を飲むと

「お腹がゴロゴロする」

「下痢になる」という経験を

したことはありませんか?

 

もしかすると、それは牛乳に含まれる

乳糖(ラクトース)と呼ばれる糖質が

大腸内で作用するために起こる

「乳糖不耐症」かもしれません。

 

 

大人の場合は

それほど深刻ではありませんが

 

乳幼児はミルク(母乳)が主要な

栄養源であるため、日々の栄養摂取に

大きく影響する場合があります。

 

その為、その症状や対策について

知っておくことは大切です。

 

そこで今回は

今さら聞けない
乳糖不耐症の原因とは?

下痢になる?乳糖不耐症の症状とは?

乳糖不耐症の検査や治療に
回復の期間は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。

Sponsored Links



今さら聞けない乳糖不耐症の原因とは?

 

牛乳は古くから全世界で飲まれている

食品で、日本で大衆に普及したのは

明治時代に入ってからといわれ

  • たんぱく質
  • 糖質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル

など多様な栄養素で構成され

 

学校給食においても頻繁にとり入れ

られています。

 

 

しかし、乳糖不耐症とは

牛乳などに含まれる乳糖を

分解することができない体質の

ことをいいます。

 

実は、乳糖不耐症の原因となる

乳糖(ラクトース)は牛乳の糖質の内

99.8%の割合を占めています。

 

そして、乳糖(ラクトース)は主に

  • ガラクトース
  • グルコース(ブドウ糖)

という二つの糖が繋がった糖で

 

ガラクトースやグルコースが

「単糖類」と呼ばれるのに対し

乳糖は「二糖類」と呼ばれています。

 

しかし、乳糖は「糖」の一種と呼ばれ

人の小腸は乳糖をそのまま

吸収することができません。

 

乳糖を吸収するためには

小腸前半部分(空腸といいます)

から分泌される「ラクターゼ」と

呼ばれる分解酵素が働く必要があり

 

ラクターゼが乳糖を分解することに

よって、ガラクトースやグルコース

として吸収されるようになるのです。

 

では、もしこのラクターゼが適切に

働かなかったらどうなるか? 

 

 

ラクターゼが正常に働かなければ

乳糖は分解されずにそのまま大腸へと

到達し、大腸に到達した大量の乳糖は

 

大腸内の水分を引き寄せる力を上げ

これにより腸壁から腸管内への

水分分泌が促され

下痢になりやすくなります。

 

本来であれば、小腸でラクターゼが

しっかりと働いていれば

下痢になることはないのですが

 

ただ、日本人を含むほとんどの

アジア人の場合、小腸で作られる

ラクターゼは加齢とともに減少し

 

15歳になると、ラクターゼの量は

乳児期の1/10になると言われ

 

その為、乳糖不耐症で悩む人は

50歳以上に多いというデータも

あります。

このように、年齢を重ねれば

重ねるほど牛乳でお腹を壊しやすく

これは避けられないことなので

 

子どもの時は牛乳を飲んでも

平気だったのに、大人になってから

お腹を壊すようになることも

あります。

 

ちなみにアジア以外の国

特に北欧においては、科学的に

明確な理由は解明されていませんが

 

北欧の人の場合、年をとっても

小腸のラクターゼ活性は高く

維持され、北欧人は牛乳を

何杯飲んでも下痢になりにくいのと

言われています。

 

しかし、牛乳を飲んで腹痛を

起こしたり下痢をしてしまう

乳糖不耐症は、本来は大人に

起きるものですが

 

稀に生まれつきラクターゼを

持っていない場合には

「先天的乳糖不耐症」と呼ばれていて

遺伝の要素が高いと言われています。

 

その為、下痢をすることが多い

赤ちゃんは注意が必要です。

 

先天的な乳糖不耐症の場合

対処を怠れば、脱水症状や発育障害

を起こす原因になることがあります。

 

また、「二次性乳糖不耐症」といって

消化不良や急性胃腸炎のあと

腸内の粘膜がはがれ

 

消化酵素が出なくなってしまう

場合などにも乳糖不耐症が起こる

ことがあります。

Sponsored Links



下痢になる?乳糖不耐症の症状とは?

 

乳糖不耐症があると

牛乳や乳製品を消化できません。

 

その為、乳糖不耐症の症状は主に

乳糖を多く含む乳製品を摂取し

30分から2時間程度で急激な

便意が生じます。

 

 

おなかが痛くなり、蠕動が亢進し

酸っぱいにおいのするガス成分に

富んだ水のような下痢をし

 

一部の患者では重症の下痢のために

体内から食べものが急速に排泄され

必要な栄養素が吸収されない

場合もあり

 

成人では

  • 腹部膨張
  • 胃けいれん
  • 鼓腸
  • 吐き気
  • 腸がゴロゴロ鳴る腹鳴

などが起こります。

 

しかし、小児はミルクが食事に

含まれている場合、乳糖不耐症により

 

下痢を起こし続けると体重が

増えないこともあり、脱水症状や

栄養障害といったものに注意する

必要があります。

 

特に、生後まもなく授乳とともに

激しい下痢や嘔吐を起こし

 

おなかにガスがたまった状態に

なる場合、先天的な乳糖不耐症の

赤ちゃんといえ

疑わしい場合には一度、医療機関に

相談することをおすすめします。

 

また、以外でも今まで授乳しても

激しい下痢や嘔吐を起こして

いなかったのに、赤ちゃんが

すっぱいにおいのする

下痢便があったりした場合

 

後天的乳糖不耐症の可能性があり

ウイルス感染による腸炎に合併して

症状が出現することが多ので

注意が必要です。

Sponsored Links



治るの?乳糖不耐症の検査や治療に期間は?

 

では、乳糖不耐症が疑わしい場合には

医療機関に相談することを

おすすめしますが

 

乳糖不耐症の検査は

乳糖をのませて血糖が上がらず

便中に糖が排泄されることで

診断します。

 

さらに、腸粘膜を採取し

酵素の活性を調べると確実ですが

乳児などで二次性の乳糖不耐症が

疑われる場合

 

その経過や病歴、乳糖除去ミルクの

使用で症状が改善するかどうかで

判断できます。

 

そして、乳糖不耐症の治療は

乳糖を含む食品や乳製品を

避けることでコントロールします。

 

また、乳糖分解酵素には

処方せんなしで使える錠剤や液剤が

あり、牛乳に加えることができます。

 

さらに、最近では乳糖を減らした

牛乳などの食品もスーパーや

ネットなどで入手できます。

 

ただ、乳製品を避けなければ

ならない人は、カルシウムの

サプリメントを摂取して

 

カルシウム欠乏を防ぐことを

心がけましょう。

 

 

★カルシウムのサプリメント★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

とは言え、年をとっても

ラクターゼの量がゼロになるわけ

ではありませんので、健康な人で

あれば

 

牛乳をコップ2~3杯飲む程度では

下痢にはなりません。

 

一方で、極端にラクターゼの量が

減ってしまった人の場合

その量の牛乳でもお腹をくだして

しまいます。

 

ただ、大人の場合、乳製品以外からも

食事によって栄養を摂取できるため

たとえ乳糖不耐症であったとしても

それほど深刻ではありません。

 

また、乳糖不耐症になると

一生牛乳が飲めないのかというと

そういうわけではなく

 

乳糖を分解する力が弱くなる

原因のひとつに、乳糖の摂取量が

減ることが挙げられ

 

毎日のように摂取していた乳糖を

摂取しなくなると、乳糖分解酵素で

あるラクターゼと腸内細菌が減少し

乳糖を分解する力が弱まります。

 

その為、弱った力を元に戻すために

  • 毎日少しずつ牛乳を飲む
  • 乳酸菌を摂取する
  • 毎日牛乳を飲む

など習慣にしましょう。

 

また、ヨーグルトのような乳酸菌を

含む乳製品であれば、製造過程で

乳酸菌のラクターゼによって

 

約30%の乳糖が既に分解されている

ため、乳酸菌を含む製品は

比較的下痢を起こしにくいです。

 

しかし、赤ちゃんがミルクを

飲んでいると、吐き戻してしまったり

下痢をすることがあります。

 

1回2回やすぐに改善が見られれば

大きな心配は必要ないですが

これが複数回かつ連日続くとなると

乳糖不耐症の可能性があり

 

母乳の場合の治療は

母乳はミルクより消化吸収が

早いことや、ミルクには含まれない

免疫システムを含んでいるため

 

症状が軽い場合には

乳糖分解酵素薬を服用しながら

継続的に治療を行い

 

ミルクの場合は、通常のミルクには

無乳糖のミルクに切り替えて

症状の改善を図ります。

 

ただ、乳糖不耐症の場合

腸内の乳糖を減らして分解酵素を

生成し、腸を正常な状態に戻すと

いう作業があり

 

摂取した乳糖の量などによって

様々なため、すぐに回復する場合と

そうでない場合があります。

 

その為、回復までの期間は

概ね1週間~1ヶ月以上程度が

一般的です。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

乳糖不耐症については伝わりました

でしょうか?

 

 

牛乳を飲むとお腹をくだす人に

とっては乳糖不耐症は

気になる症状だと思います。

 

このような体質の人は実は多く

日本では約2,000万人に近い方が

牛乳を飲んだ時に何らかの症状を

感じているといいます。

 

しかし、牛乳は栄養バランスに優れ

カルシウム源としても重要な食品

です。

 

その為、牛乳が好きだからどうしても

飲みたいという方は

 

乳糖があらかじめ分解処理された

商品を試してみるのも一つの方法

です。

 

Sponsored Links by rakuten

 

また、チーズやヨーグルトは

乳酸菌によって乳糖がある程度

分解されているので、牛乳よりは

症状が出にくいので

 

体調を見ながらの摂取を

心がけましょう。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by admax



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク