初診で妊娠が判明してからは

赤ちゃんの様子と母体の体調の変化を

チェックするため

 

お母さんは定期的に産婦人科や

助産院に通い「妊婦検診」を

受けます。

 

echo_woman

 

しかし、初産婦さんだと

どれくらいのペースで

どんなことをするのかと

具体的に分からないことも

多いのではないでしょうか?

 

検査の内容や費用、健診費用に

充てられる補助券の金額も

自治体によって差があり

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e3%81%95%e3%82%93%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

 

そこで今回は

知らないと損する妊婦検診とは?

検査内容や期間に間隔は?

検診にかかる金額は意外にもを

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



妊婦検診とは?

 

「妊婦検診」は妊娠してから

出産までの間に

定期的に受ける健診のことです。

 

009217-smpl

 

妊婦検診にはいくつかの目的があり

定期的に産婦人科や助産院に

通院して検査や保健指導を受け

 

毎回の検査で母体に異常がないか

赤ちゃんは順調に育っているかなどを

確認したり、臨月に入り

正常に出産ができるかどうかを

判断するために行われます。

 

定期的・継続的に妊婦検診を

行うことで問題の早期発見にも繋がり

体調管理の目安にもなります。

 

その検診内容は、妊娠の週数によって

受ける頻度や内容は異なり

母体や胎児の健康状態によっても

検査内容は変わってきます。

 

毎回調べることは母子手帳にも

記入され

  • 子宮底長
  • 尿たんぱく
  • 腹囲
  • 尿糖
  • 血圧
  • 体重
  • 浮腫

などに加え、期間が過ぎるにつれ

 

血液検査や胎児が出産に耐えられる

状態かを調べるテストなどが

追加されます。

 

 

超音波検査(エコー検査)では

モニターに映し出される赤ちゃんの

様子を見ることができ

 

妊娠の実感がわき、成長する

赤ちゃんを見ると、精神的にも

落ち着きます。

 

妊婦検診に必要な手続きは

妊娠が確定したら、お住まいの

市町村窓口で妊娠の届出をだし

 

「母子健康手帳」のほか

公費の補助を受けるための

受診票なども交付されます。

 

また、保健師による相談や母親学級や

両親学級の案内なども行われます。

Sponsored Links



検査内容は?

 

初回の健診で行うことは

  • 問診
  • 内診
  • 血液検査
  • 超音波検査
  • 子宮頸がん検診

などがあり

 

151117134410_1

 

初回の妊婦健診では

問診で妊婦さんの身体のこと以外にも

環境のことや経済状況

メンタル面を把握するために

様々な質問を受けます。

 

無事に出産を迎えるために

この時は正直に答えるように

心がけましょう。

 

妊娠周期に応じた問診や診察を

することで、ママと赤ちゃんの

健康状態を把握します。

 

エコー検査では

胎嚢の数や、子宮外妊娠をして

いないかを確認し

 

膣に超音波器具を挿入したり

子宮内の様子を観察し、赤ちゃんの

発育の様子や逆子ではないかを

確認し、妊娠11週頃に

出産予定日を判断します。

 

ちなみに一般的にいわれる

超音波検査はエコー検査のことです。

 

また、超音波検査の際には

子宮の奇形、高齢出産の人に多い

筋腫や腫瘍なども確認し

近年、若い女性に増えている

「子宮頚がん」の検診も行われます。

 

images

 

血液検査では

血液を採取し白血球など血液の

状態を知るとともに

  • HIV
  • C型肝炎
  • 風疹
  • クラミジア

などのウイルス感染していないかも

調べます。

 

特に最近増えているといわれる

クラミジアなどの性感染症は

進行すると母体に絨毛膜羊膜炎や

子宮収縮などを引き起こし

 

流産や死産、早産のリスクが

高まるだけでなく、出産時に

赤ちゃんに感染する危険性もある

ため、早期発見が重要です。

 

そして、妊娠中は貧血になり

やすいのでヘモグロビン値を調べ

現在貧血かどうかも確認します。

 

更に妊娠期間中を健康に

過ごすための食事や生活に関する

アドバイスなど保健指導もあります。

Sponsored Links



期間や間隔は?

 

では、健診をどの位の頻度で

通えばいいかよくわからない

いう方も多いと思います。

 

illust2036

 

妊娠初期の検診の期間や間隔は

厚生労働相では回数を14回という

目安を発表していますが

妊婦検診を組むスケジュールは

産婦人科によって異なります。

 

一般的な期間と間隔は

妊娠初期は4週間に1回

妊娠中期は2週間に1回

妊娠後期に入ると1週間に1回

予定日を過ぎても陣痛がこない場合

1週間に2回の健診を行う病院が

多いです。

 

ちなみに外国では

  • スイス4回
  • フランス7回
  • オランダ12回
  • アメリカ14回

くらいの健診を奨めています。

 

ただ、市販の妊娠検査薬や産婦人科の

尿検査で妊娠が判明しても

妊娠週数が短い場合、赤ちゃんの

心拍やあかちゃんを包む膜の

胎のうが確認できないこともあり

 

確認できるまでは1~2週間に

1回くらいのペースで検診を

勧めるお医者さんが多いようです。

 

妊婦健診は週数が進むほどに

期間と間隔、回数が増え

病院によっては妊娠23週目まで

2週間に一度だったり

 

初産かどうかや妊娠した年齢などの

個人差で判断する場合もあり

かかりつけのお医者さんに

確認するようにしておく

必要があります。

 

images

 

また、双子や三つ子などの多胎妊娠や

早産の疑いがあるなど

何かしらのリスクを抱えている時は

 

初期でも2週間に1回、中期以降は

1週間に1回の間隔で受診する

こともあります。

 

ただ、腹痛や出血、継続的な

強い張りを感じるなど

異常を感じる場合は、次回の検診を

待ず、早めに受診するよう

心がけましょう。

そして、健診の概要を知り

今後のマタニティライフの見通しを

立てられるように備えましょう。

Sponsored Links by rakuten

検診のかかる金額は?

 

では、気になる費用について

お伝えします。

 

images-2

 

実は妊婦健診は病気治療のための

診察ではないため

健康保険が適用されないので

 

基本検査で約5,000円程度

血液検査などを合わせると

高いときは約5000円~15,000円の

費用がかかります。

 

健診は1回で終わるわけではないので

全部で約10~15万円程度かかる

計算になります。

 

これだけ聞くとかなりの負担と

なりますが、補助金で助成されるので

安心してください。

 

母子手帳と一緒に妊婦健康診査受診票

「補助券」が交付され

妊婦健診の費用が助成されます。

 

助成内容は受診票に書かれている

項目で、自治体によって助成内容や

助成される金額は異なり

 

必ずしも一律同額に

助成を受けられるというわけでは

ありませんので、交付の際に

助成内容を聞くようにしておくと

安心です。

 

images-4

 

また、検査内容によっては支払い額が

ゼロになるケースもありますので

毎回忘れずに持参してください。

 

ただ、補助券は再発行ができないので

紛失しないように注意しましょう。

 

そして、受診票に書かれていない

項目や検査をする場合は

自己負担となり

 

一般的に助成を受けた後でも

金額にして5~10万円の費用は

必要になると言われています。

 

2009年4月、国は原則14回までは

妊婦健診費無料化を打ち出しましたが

全ての自治体が無料化されたわけ

 

ではないので、妊娠がわかった場合

お住まいの自治体の

制度を確認しておきましょう。

 

また、忘れがちですが妊婦健診に

かかった費用は、医療費控除の

対象となるため、申請をする

予定の人は、領収証の保管は

忘れないようにしましょう。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

知らないと損する妊婦健診については

伝わりましたでしょうか?

 

images-2

 

産婦人科の待合室は非常に

混んでいることも多く

診察までに2~3時間待つこともあり

 

一人一人がスムーズに

診察を終えられるよう

 

内診台に上がるときや診察台に

横になるときに着脱がしやすい

服装を心がけましょう。

 

また、待合室の空調によっては

寒さや暑さを感じることもあります。

 

羽織れる上着など常備しておくと

安心です。

 

Sponsored Links by admax



 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今回の記事で

妊婦健診の重要性が少しでも

多くの方に知っていただけたら

幸いです。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事