新盆の意味とは?時期はいつでお布施や見舞金は?準備や飾り方に服装のマナーは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

毎年夏になると故人や先祖の霊を祀る

ためにお盆が行われますが

初めて迎えるお盆の事を

「新盆」といいます。

 

しかし、新盆では僧侶や知人を

招いて法要を行うなど

あらかじめ準備しておく事も多く

 

用意する物品や供養の流れなどを

きちんと把握しておく必要が

あります。

 

 

また、近しい人がなくなったら

新盆見舞いに招かれることもあり

 

知らなかったで済まさないように

新盆についてしっかりと学んでおく

必要があります。

 

そこで今回は

時期はいつ?新盆の意味とは?

新盆の準備や飾り方は?

お布施や見舞金とは?

新盆の服装のマナーとは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。

Sponsored Links

時期はいつ?新盆の意味とは?

 

新盆(にいぼん・しんぼん)とは

故人の四十九日(忌明け)

以降に初めて迎えるお盆のことで

 

四十九日以内にお盆がくる場合には

その年ではなく翌年が新盆と

なります。

 

 

 

主に関西方面では

「初盆(はつぼん)」と呼ばれる

事もありますが、意味は同じで

 

お盆には故人や先祖の霊が

帰ってくるといわれ

 

一般的には自宅でお供えや提灯を

置いてお迎えしたり、お墓参りを

しますが

 

新盆ではそれらに加え

僧侶や親族、故人と親交の深かった

人などを招いき法要を行います。

 

お盆の時期は地方によって

異なる事があり

 

お盆は、祖先の霊を祀る行事であり

仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)が

元となっているといわれ

 

もともとは旧暦の7月15日頃に

行われる行事ですが

 

現在は一部を除いて多くの場合

新暦の8月15日頃に行う地域が多く

新盆はいつなのか

悩まれる方も多いと思いますが

 

東京や一部の地域では7月に

そのほかの地域では8月に

迎える方が多いようです。

 

しかし、新盆は一度きりですので

遠方に住んでおられる方も

是非お参りをしてあげてほしいもので

 

お盆を迎えるのと同様に

新盆では盆棚に

  • 精進料理
  • 初物の野菜
  • 故人の好物
  • お花

などをお供えし

 

僧侶による法要を行った後に

身内や親しい人で会食をとることが

多いです。

Sponsored Links

新盆の準備や飾り方は?

 

新盆を執り行うにあたり

準備するものが幾つかあります。

 

 

 

 

新盆で準備する物品には

・精霊棚(しょうりょうだな)

地域や宗派によって飾る場所や

飾り方の違いはありますが

 

基本的には、先祖の霊をお迎え

するために作られる棚であり

その年の作物や精霊馬を供えます。

 

精霊棚の飾り方は、仏壇の前に

飾り付け、このときは位牌を

取り出しておき棚の中央に飾ります。

 

 

・精霊馬(しょうりょううま)

精霊馬は精霊棚に供える物のひとつで

祖先の霊を迎えるために必要なもの

とされ

 

割り箸などでキュウリとナスに

足をつけ、それぞれ馬や牛とみなし

祖先の霊が来るときは馬に乗って

 

素早く来るように、帰るときは

牛に乗ってゆっくりと帰ってもらう

という意味があります。

 

 

・盆提灯 (ぼんちょうちん)

祖先の霊が迷わず家にたどり

着けるように灯しておく提灯で

 

白提灯と絵柄の入った提灯の

2種類があり、新盆では白提灯を

使います。

 

白提灯は遺族の近親者から

送られることが多いですが

 

近年は「御提灯代」として遺族に

現金を渡し、そのお金で提灯を

購入する場合が増えています。

 

そして、新盆で使用した白提灯は

送り火で燃やす、あるいはお寺で

供養してもらうため

事前にお寺に確認をとっておくと

安心です。

 

これらの他

  • お供え物
  • 供花
  • 新しいロウソク
  • 線香
  • 松の割り木

などを準備します。

 

お供え物は団子が一般的ですが

これには供える日によって

さまざまな名前が付けられ

 

用いられる団子の種類もいろいろで

地域によっても異なります。

 

しかし、新盆の準備をする上で

お盆の期間は

7月13日~7月16日または

8月13日~8月16日ですが

料理やお返しの準備があるため

 

初盆の法事をいつ行うか

決める必要があり、親族や親しい方が

集まりやすい日を早めに決め

 

初盆の法事について親族や

親しい方に早めに連絡しておき

 

時間と場所を連絡し、参加の可否も

聞いておく必要があります。

 

 

 

また、初盆で会食をする場合

自宅に招いて食事をするのか

どこかの料理屋で食事をとるか

など様々ですが

 

料理屋でする場合などは

早めに連絡しておき

 

もし、新盆のお見舞いを頂いた場合

菓子折りやお茶・ミニタオルなど

一般的な返礼品を参考にして

返礼品の準備もしておきましょう。

 

そして、初盆・新盆には

一般的に菩提寺の僧侶に

棚経をあげてもらいますが

 

お盆の時期は、お寺も忙しいので

早めに連絡しておきましょう。

 

ただ、浄土真宗では

お墓参りや読経などは

他の宗派と変わらず行いますが

 

迎え火・送り火や

精霊迎え・精霊流しは必要ないとされ

 

精霊棚や精霊馬の用意も作る

必要がないといわれていので

詳しい方に確認しておきましょう。

 

新盆の行事を行う手順としては

お盆は7月または8月の13日が

お迎えの日、迎え火となります。

 

午前中は精霊棚の飾り付けや

お供え物などをして

 

祖先の霊を迎える準備をし

仏壇から位牌を出し精霊棚の中央に

置き、仏壇の扉は閉めておき

日中はお墓参りをし

お墓の掃除を行い

 

夕方になると松の割り木や

麻幹(おがら)で迎え火を焚き

盆提灯に火を灯します。

 

そして、14日~15日の間は

遺族揃ってお墓参りを行い

同時に僧侶を招いた法要も行い

祖先の霊の供養を行います。

 

16日はお送りの日ですので

最後のお供え物をしたり

お祈りをしたりして

 

夕方になると送り火を焚き

祖先の霊を見送り

この時に白提灯を一緒に燃やす

場合もあります。

Sponsored Links

お布施や見舞金とは?

 

しかし、お盆で僧侶に法要を

お願いした場合、そのお礼として

お布施を用意する必要があり

 

普段のお盆のお布施は

1万円程度であることが多いですが

新盆の場合は4万円程度が相場となり

 

また、僧侶のお車代(1万円程度)や

会食に参加しないのであれば

御膳料(5,000円~2万円程度)も

用意するのが一般的です。

 

 

 

そして、お布施を渡すときは

直接手渡しするのではなく

盆などに乗せて渡すように

しましょう。

 

また、故人が生前

親しくしていた人たちが

新盆に招かれる際に

 

供養の気持ちとして品物などを

お届けすることを

「新盆見舞い」と言い

 

これは、「盆提灯」や「供花」

「お線香」などをお届けし

供養の気持ちを伝えることを言い

 

また、5,000円~1万円程度が

「御仏前」として贈られる事が

あります。

Sponsored Links by rakuten

新盆の服装のマナーとは?

 

では、初盆・新盆の法要に

参列する場合、気になるのは

服装ですね。

 

地域や親族の慣習によって様々ですが

不安な場合は事前に施主へ

確認しておきましょう。

 

 

 

その際、遺族の方よりも

格が上にならないよう配慮をする

必要がありますが

 

マナーとしては、喪服・礼服を

着用するのが一般的です。

 

ただ、最近は暑い時期の法要という

こともあり喪服・礼服に

こだわらないケースも増え

 

施主からそのようなアナウンスが

あった場合、地味な服装で

参列しても構わないとされていますが

 

その場合もできるだけ黒っぽい

服装を心掛けるようにし

 

最低限、男性ならば襟付きのシャツ

女性ならば、黒いワンピースなど

あくまでも地味スタイルを

通しましょう。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

新盆については伝わりました

でしょうか?

 

 

 

新盆は故人が亡くなってから

はじめて我が家へ戻るとされる日

です。

 

その為、お盆の中でもとても

重要な意味がある行事と考えられて

いますので

 

施主側は勿論ですが

招かれた側も失礼のないように

故人の冥福をお祈りしたいもの

ですね。

 

また、新盆では亡くなった方の

思い出を語ったり、思い出す機会

ともなり

 

個人を偲び心を込め、供養するために

マナーをしっかり覚えておきま

しょう。

 

Sponsored Links by rakuten

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by admax

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク