今さら聞けない新盆とは?読み方や初盆との違いは?やり方に挨拶や迎え方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

毎年夏になると、故人や先祖の霊を

祀るためにお盆が行われます。

 

お盆は亡くなった人が年に一度

遺族のもとに帰ってくるという

信仰のもと、大切な行事の一つです。

 

 

しかし、故人の死後

四十九日の忌明けを過ぎてから

 

初めて迎えるお盆の事は

「新盆」とも呼ばれ

特に重要視されています。

 

その為、僧侶や知人を招いて

法要を行うなど、あらかじめ準備など

きちんと把握しておく必要が

あります。

 

しかし、実はあまりよく知らないと

いう方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は

新盆とは?読み方や初盆との
違いにいつするもの?

新盆のやり方とは?挨拶や迎え方は?

新盆の提灯はいつからから飾る?

お菓子にお花?新盆のお供え物は?

新盆のお布施の相場や袋の種類は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。

Sponsored Links



新盆とは?読み方や初盆との違いにいつするもの?

 

お盆は故人を供養する

大切な行事の一つです。

 

お盆には故人や先祖の霊が

帰ってくるといわれ、ともとは

仏教用語であるサンスクリット語の

  • 盂蘭盆(うらぼん)
  • 盂蘭盆会(うらぼんえ)

などから来た行事です。

 

 

 

★関連記事★
今更聞けない精霊流しとは?その起源
や精霊流しの船の意味や作り方は?灯
篭流しとの違いは?

 

 

そして、お伝えした通り

新盆とは

故人の四十九日(忌明け)以降に

初めて迎えるお盆のことをいい

 

読み方は「にいぼん・しんぼん」

などと呼びます。

 

ただ、同じような言葉で

初盆(はつぼん、ういぼん)と

呼ばれる物がありますが

その違いはなく、地域によって

呼び方が異なります。

 

一般的にお盆では、自宅でお供えや

提灯を置いてお迎えしたり

お墓参りをするなどの供養をしますが

 

新盆ではそれらに加え

僧侶や親族、故人と親交の深かった人

などを招き法要を行います。

 

もちろん初盆・新盆を過ぎて

二年目以降のお盆にも供養が

行われますが、二年目以降のお盆は

法事の規模も次第に控えめになり

出席者も親族だけになっていきます。

 

お盆の時期は地域によって異なり

東京や一部の地域では7月に行い

そのほかの地域では8月に

迎える方が多いようですが

 

現代では企業の夏休みに合わせて

遠方の親族も集まりやすいよう

8月に法要を行う所が増えている

ようです。

 

ちなみに、四十九日以内に

お盆がくれば、その年ではなく

翌年が新盆となります。

Sponsored Links



新盆のやり方とは?挨拶や迎え方は?

 

新盆は、故人の霊が初めて帰って

くるお盆なので、家族や親族のほか

故人と親しかった方を招いて

特に手厚く供養を行います。

 

 

 

その際は、菩提寺の住職に

来ていただき、法要をお願いする

場合も多く

 

菩提寺の住職が檀家の家を

一軒一軒訪ね、精霊棚や仏壇の前で

お経を読むことを

棚経(たなぎょう)といいます。

 

その為、新盆の供養は特に手厚く

営みますので、できれば自宅に

お寺の住職を招いて、お経をあげて

いただくのがよいでしょう。

 

その際は、お寺に早めに依頼する

とともに参列者にあらかじめ日時を

お知らせしておくことが重要です。

 

同じく法要後に会食を予定している

場合、その料理も手配しなければ

いけません。

 

利用目的を告げ、伊勢海老や鯛などを

使用した慶事向けの料理が出て

くるのことのないにしましょう。

 

また、初盆・新盆の法要で

親族からは「御ちょうちん代」

親しい知人・友人からは香典を

頂くことがあり

 

この場合のお返しは

初盆・新盆の法要の後の会食が

お返しとなり、品物を返す必要は

ないと考えられています。

 

しかし、最近はこのような

お返しの他に引き出物として

品物を渡すケースも多く

その場合は

  • 初盆志
  • 新盆志

と表書きをして渡します。

 

 

また、御供物を頂いた方へのお返しを

御供物を頂いた場合、お返しの相場は

頂いた御供物の1/3~半分程度で

洗剤や調味料、お菓子などが一般的

です。

 

そして、新盆のやり方として

お盆の供養は毎年行われますが

盆棚と呼ばれる祭壇や

盆棚(精霊棚)を設けます。

 

盆棚は、お盆の際に作られる棚の

ことを言い、地域や宗派によって

飾る場所や飾り方の違いはありますが

 

基本的には、先祖の霊をお迎えする

ため作られる棚のことで

 

精霊棚や仏壇にはお供え物を用意し

盆提灯を飾ってお寺の住職を

迎えます。

 

また、新盆には霊が迷わないように

普通の絵柄の入った盆提灯のほかに

新盆用の白提灯を飾ります。

 

ただ、白提灯を飾るのは

新盆の時だけで、お盆が終わったら

燃やして処分します。

 

そして、盆の入りには

お墓の掃除をして盆提灯に灯をともし

「迎え火」を焚き

 

僧侶による法要行事の後

参列者でお墓参りをし

その後に会食を行なって解散となり

 

最終日に送り火をして故人を

送り出します。

 

ただ、新盆は知人が突然お参りに

来ることもあるので

挨拶や迎え方も考えておきましょう。

 

新盆の法要の服装は

招く方も招かれた方も喪服を

着ることが基本ですが

 

地味な服装であれば

喪服でなくてもよいでしょう。

 

招いた方の挨拶としては

「本日は故人のために
  お盆供養にお越しいただき
    ありがとうございます。」

という言葉が基本となり

 

招かれた方の挨拶としては

「本日はお盆供養にお招きいただき
     ありがとうございます。」

という言葉が基本となります。

Sponsored Links



新盆の提灯はいつからから飾る?

 

お伝えしたように新盆の場合は

普通の絵柄の入った盆提灯のほかに

新盆用の白提灯を飾ります。

 

 

盆提灯の形にはおおざっぱに分けて

  • 吊り提灯
  • 床置き用の盆提灯
  • 手で持つ盆提灯

など3種類があり

 

手で持つタイプの盆提灯などは

お墓に先祖の霊をお迎えに行くとき

などに使われていました。

 

ただ、以前は新盆用の白提灯は

故人の家族が購入し

普通の絵柄の入った盆提灯は

兄弟や親戚などから贈られて

いたのですが

 

最近では、盆提灯を飾るスペース

などの住宅事情を考え

 

兄弟や親戚などから盆提灯用にと

現金で頂戴して、故人の家族が全て

用意する場合が多いようで

 

新盆用の白提灯は、ひとつあれば

よいので、玄関や部屋の窓際

仏壇の前などに吊るします。

 

とはいえ、白提灯はローソクの火を

灯せるようになっていますが

現在では危ないので火を入れないで

ただお飾りするだけで迎え火とする

場合が多いです。

 

新盆の提灯はいつからから飾るのか

ですが、お盆の月になったら

飾りはじめてかまいません。

 

お盆の初日8月13日(7月13日)

の盆の入りに灯りを点け

そして16日まで点けておきます。

Sponsored Links by admax



お菓子にお花?新盆のお供え物は?

 

お供え物のお菓子は

団子が一般的ですが、供える日に

よってさまざまな名前が付けられ

 

団子の種類に関しては

特に規定があるわけではありません。

 

 

 

花も故人が好きだった花を基本として

お盆の時期に手に入れられる

お花を飾ればいいのですが

 

薔薇のようなトゲのある花や

つる植物は避けたほうがよいと

されています。

 

ただ、新盆には盆提灯や線香など

お供え物をいただく場合が多く

 

四十九日前で、その夏に新盆を

行わないときにお供え物をいただいた

場合は、お供え物は受け取った上で

来年に新盆を行うことを連絡し

手紙などでお礼を申し上げます。

Sponsored Links by rakuten

新盆のお布施の相場や袋の種類は?

 

また、新盆で僧侶に法要を

お願いした場合には

お礼としてお布施を用意する必要が

あります。

 

 

お布施の金額は、お寺との付き合いの

程度や、地域などによって異なり

事前にお寺に相談しても

決して失礼にはあたりません。

 

とは言え、普段のお盆の

お布施は1万円程度であることが

多いですが

 

新盆の場合は少し多めに用意し

お布施の相場としては

3~5万円となっています。

 

また、僧侶のお車代や

会食に参加しないのであれば

御膳料も用意するのが一般的で

 

お車代は1万円程度

御膳料は食事の程度によっても

変わりますが

5,000円~2万円程度が相場です。

 

そして、お布施を渡すときは

直接手渡しするのではなく

盆などに乗せ渡すようにしましょう。

 

住職に渡す御礼の金封の表書きは

「御布施」とし、読経が済んだ

あとに渡しますが

 

葬祭関連では薄墨で表書きを書く

ことも多いですが、普通の墨で

書きます。

 

ちなみに、正式な包み方は

半紙の中包にお金を入れ

奉書紙で上包みに折るやり方ですが

 

現在では白封筒を用いた略式で

構わないとされ、この場合は

袋の種類は郵便番号欄のない

無地の封筒を用います。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

新盆については伝わりました

でしょうか?

 

 

毎年、8月13日~16日の間に

先祖や亡くなった方が浄土から

戻ってくると言われており

 

その時にお迎えをしておもてなしを

するのがお盆となっています。

 

そして、新盆は初めて迎える

お盆であるため、普段のお盆よりも

念入りに行われますが

 

準備においても戸惑うことも

多いでしょう。

 

Sponsored Links by rakuten

 

しかし、故人にとっても

特別なお盆になるので

特に心をつくしてお迎えたい

ものです。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by admax



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク