気温が上がって湿度が高い日々が

続くと、体がだるくなったり

食欲がなくなることはありませんか?

 

もしかしてその症状は

「夏バテ」かもしれません。

 

natsubate_title

 

夏が暑いのは当たり前のことですが

近年の異常気象は度を超えている

ようにも思えます。

 

夏バテには明確な定義はなく

夏に見られる体や精神面の不調を

まとめて夏バテと呼んでいます。

 

「夏負け」「暑気あたり」とも

呼ばれ

 

とくに対策をたてないまま

涼しくなるのをぼんやり待ってしまい

がちですが

 

さすがに、夏はシャキっと

乗り切りたい!!と思うことも。

 

images-6

 

そこで今回は

汗や冷房に自律神経?

夏バテの原因や症状について

 

雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



夏バテとは?その原因は汗や冷房に自律神経?

 

夏バテは、その言葉は知っている

ものの、なぜ夏バテが起きるのかを

知っている人は少ないようです。

 

images

 

人間の体は、夏のように

高温・多湿な状態におかれると

体温を一定に保とうとし

 

その際に必要以上のエネルギーを

消費してしまいます。

 

その時かなりの負担を強いられ

過度に負担が強くなったり

 

長引いたりすると、その暑さに

対応することができず

体にたまった熱を外に出すことが

できなくなります。

 

そうすると体はだるくなって

胃腸の働きが弱まったり

様々な症状があらわれます。

 

この状態が続いて、体が限界に

来ている状態のことを

夏バテと言います。

 

夏バテになる主な原因は

  • 自律神経の不調
  • 水分不足
  • 胃腸の働きの悪化

といわれています。

 

夏バテの原因 その1
「自律神経の失調」

 

人間の体温は36~37度のときが

一番スムーズに活動すると言われ

夏になると気温が上昇して

体温も上がるため、身体は

汗をかいて体温を下げようとします。

 

この体温調節は「自律神経」が

支えています。

 

しかし、冷房の効いた

部屋に入っても、体はすぐに

外の気温との変化についていくことが

できません。

 

そうなると、本来なら熱を放出する

必要のない環境で熱を放出して

しまうことになります。

 

gatag-00008241

 

その後、温度が下がったことに

気づいた自律神経が急いで

状態を切り替えますが

 

これが一日に何度も繰り返すことに

なると、自律神経自体が疲れてしまい

負担がかかる結果となります。

 

この状態がひどくなるとめまい

食欲不振や頭痛などを引き起こす

こともあります。

 

夏バテの原因 その2
「水分不足」

 

体の中から熱を放出するには

うまく汗をかいて、 体の中から

熱を放出しなければなりません。

 

そうしないと、体が高温に保たれて

しまい、不調をきたしてしまいます。

 

「汗」をかくには水分が必要です。

 

日本の夏は、軽作業でも

1日2から3リットルの汗を

かくと言われています。

 

これを補う水分補給をしないと

体は水分不足状態となり

  • 頭痛
  • 鼻水
  • むくみ
  • 下痢
  • 嘔吐

などの症状がでる場合があります。

 

また、汗がたくさん出ることで体の

水分と共にミネラル分を排出するため

身体に必要なミネラルが不足し

脱水症状を起こしやすくなります。

 

 

夏バテの原因 その3
「胃腸」

体の中の温度が高くなると

胃腸への血流が少なくなります。

 

さらに、汗を多くかく事で

体内の塩分が不足し

胃酸も減ってしまいます。

 

7642554

 

この状態で冷たい飲み物や食べ物を

取ると、胃をこわしたり、下痢を

起こす原因になります。

 

また、胃腸の温度が下がると

消化器官内の消化酵素の働きも

低下してしまいます。

 

さらに、自律神経の不調が重なれば

より胃腸の働きは落ちてしまいます。

 

胃の消化機能が低下すると

食欲がなくなり

栄養の吸収が悪くなるため

 

身体に必要な栄養素が不足し

体調不良を引き起こし夏バテを

悪化させてしまうことになります。

Sponsored Links



吐き気は危険!?夏バテが引き起こす症状や病気とは?

 

しかし、夏バテといっても

さまざまな症状があり

 

それらが引き金になって

さまざまな病気を引き起こすことが

あり、身体的なものだけではなく

精神的な症状が現れる場合もあり

注意が必要です。

 

images

 

夏バテの代表的な症状は

疲れが残っていたり、体がだるい

などの全身の倦怠感や、暑くて食欲が

なくなることです。

 

特に暑さによって睡眠不足になると

さらにだるさや疲労感が増すという

悪循環に陥ることもあります。

 

また、暑いからと冷たいものを

とりすぎ、胃腸の働きが悪くなって

下痢や便秘になりやすいと

いわれています。

 

その他にも

  • 立ちくらみ
  • めまい
  • むくみ
  • 微熱
  • 吐き気
  • イライラ
  • 無気力
  • 体重の減少

などの症状が見られます。

 

さらに、夏バテになると免疫力は

下がっていくため、夏かぜなどの

身体的疾患などにかかりやすく

なります。

 

ちなみに夏風邪と夏バテは

区別されますが、夏かぜになると

  • 微熱
  • 倦怠感
  • のどの痛み
  • 下痢

などの症状があり

 

汗がたくさん出るため

脱水症状になる危険性もあります。

 

特に体の調整機能が未熟な幼児や

老人の方は暑さによって体温が

上がってしまい、日射病や熱射病を

起こしやすいので注意が必要です。

 

★関連記事はこちら>>>★
子供の熱中症の症状や予防は?対処法
や応急処置に日射病とは違うの?
嘔吐や発熱に頭痛は危険!?
熱射病って?対策グッズは?

 

そして、精神的な疲労がたまって

いくと、夏バテからうつ病などの

精神的な疾患を発症することも

あります。

 

夏バテの症状の中には

うつ病の初期症状と重なるものもあり

夏バテと思い込み、うつ病を見逃して

しまうケースも見られます。

 

また、気づいていないだけで

弱っている器官があった場合は

他にも症状が出る可能性もあるので

くれぐれも自己判断せず

 

静養を取っても症状が改善されない

場合は、病院で診てもらうことも

考えるようにして下さい。

Sponsored Links



夏バテを起こさない予防や対策は?解消するツボとは?

 

夏バテの症状は、以外にも

夏の終わりごろからひどくなる

事があり、そのままの状態でいると

秋や冬まで体調を崩したままと

いうことにもなりかねません。

 

 

gatag-00008454

 

つまり夏の過ごし方で一年の体調が

決まるといっても過言では

ありません。

 

その為、夏バテを起こさない

予防や対策をしっかりと

知っておきましょう。

 

まずは、なるべく水分を多めに

摂ることを心がけましょう。

 

ただその際、夏は冷たい飲み物が

おいしいですが

 

冷たいものは、胃腸の働きを

低下させるため、なるべく常温か

温かい飲み物を飲むように

しましょう。

 

また、アルコールは利尿作用があり

水分補給にはなりませんので

冷たいビールで水分補給などは

やめましょう。

 

そして夏バテを防止する環境づくりも

大切です。

 

室内外の温度差が5℃以上になると

自律神経が乱れやすくなります。

 

冷房はほどほどにし

温度は高めに設定しましょう。

 

難しければ、冷えないよう衣服で

調整し、エアコンの風は直接体に

あてないよう心がけ

 

夜はタイマーをかけて寝るように

しましょう。

 

また、普段から汗をかかないと

上手に汗をかけず、熱中症などを

起こしてしまうこともあります。

 

軽い運動やお風呂、サウナなどで

汗をかく習慣をつけましょう。

 

images-2

 

さらに自然なリズムの生活のもと

規則正しい生活をし

疲れを溜めないことが

夏バテの一番の予防法です。

 

そのためにも

充分な睡眠をとることは大切です。

 

寝る30分~1時間前にぬるめの

お風呂につかり、頭部を氷枕で

冷やすと、早めに寝付くことが

でき、より一層深い眠りが

得られます。

 

また、東洋医学のツボ押しも

効果的です。

 

夏バテ防止や解消に効くツボには

様々ありますが、その中でも

湧泉

足の裏の土踏まずの部分の

指寄りのくぼみにあります。

 

 

足三里

食欲不振に効果があります。

 

 

三陰交

冷えによく効くツボと言われ

生理痛やむくみなどにも効果が

あります。

 

いざ困った時に役立つのではない

でしょうか?

Sponsored Links by rakuten

夏バテを解消する食事や食べ物?おすすめの食材は?

 

暑い日が続くと、ついさっぱりとした

そうめんやうどんなどの口当たりの

よい物ばかり選びがち。

 

images-9

 

 

しかし、当然ながら栄養バランスも

偏り、返って体が疲れやすくなって

しまいます。

 

また、夏バテになると食欲がなくなり

食事がわりとして甘い飲み物を飲む

頻度が増えます。

 

糖分を摂りすぎると、その糖分を

エネルギーにするために

体の栄養素が使われてしまいます。

 

栄養が使われて不足すると

疲労が溜まり夏バテはさらに

進んでしまいます。

 

夏バテを防止する食事の基本としては

夏は冷房で思った以上にからだが

冷えているため

 

煮物や味噌汁などの火をじっくり

通した温かい料理も食べるようにし

食事の品数を増やし、野菜を

しっかりとって、栄養のバランスの

よい食事をしましょう。

 

Sponsored Links by admax



 

栄養バランスが偏ると

腸も体も元気がなくなります。

夏バテ対策として

  • リコピン
  • βカロテン
  • ビタミンC
  • カリウム
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • クエン酸
  • たんぱく質

などの豊富な栄養素が含まれている

食材を選びましょう。

 

食べ物でおすすめの食材には

  • トマト
  • 枝豆
  • 納豆
  • 豚肉
  • レモン
  • 梅干し
  • 甘酒

などがあり

積極的に取り入れてみてくださいね。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

汗や冷房に自律神経?

夏バテの原因や症状については

伝わりましたでしょうか?

 

summer_b02

 

 

「夏バテだ」といいながら

冷たい飲み物を片手に

冷房の効いた部屋でだらだら

過ごしていると、より夏バテしやすい

身体になってしまいます。

 

夏バテは誰もがなってしまう

可能性があると言えますが

夏バテがおこるメカニズムと原因が

わかれば、夏バテもこわくない

はずです。

 

「予防は最大の防御」。

 

この機会に夏を、元気に過ごすために

日頃から食生活に気を遣い

規則正しい生活を送り

普段の生活をしっかりと見直して

みてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事