吐き気や頭痛?夏バテの原因や危険な症状に正しい治し方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

暑い夏に体調がすぐれない日が続いて

いる場合、もしかして夏バテを

起こしているかもしれません。

 

夏バテは、高温多湿な日本の夏に

身体がなんとか対応しようとして

無理が生じた身体の不調の総称です。

 

 

ただ、だるくて疲れやすく

食欲がないといった症状を

体験する方は多いようですが

 

夏に見られる精神面の不調も

まとめて夏バテと呼ぶことが

あります。

 

その為、知らずしらずの内に

その対策が遅れ、不眠や免疫力の低下

などを引き起こすこともあるため

 

夏バテについてその原因や治し方を

知っておくことは大切です。

 

そこで今回は

吐き気や頭痛?夏バテの原因や
危険な症状とは?

夏バテになってしまったら?
正しい治し方は?

夏バテを解消する食べ物とは?

夏バテ対策の飲み物とは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。

Sponsored Links



吐き気や頭痛?夏バテの原因や危険な症状とは?

 

そもそも夏バテとは

  • 暑気中り(しょきあたり)
  • 暑さ負け
  • 夏負け

などともいわれ

 

特定の原因や症状のある

はっきりした病気ではありませんが

 

夏バテの直接的な原因は

自律神経調節機能が低下し

「なんとなく体調が悪い」

「疲れがとれない」

「朝からやる気が起きない」

などの体に不調が現れることを

言います。

 

 

本来、人間の体は自律神経の働きで

暑さを感じると汗をかいて、体の外へ

熱を逃がし体温を調節しています。

 

しかし、現代の生活は

暑さと湿度が増すばかりの屋外と

エアコンを効かせた室内との

出入りを繰り返す、温度変化の

激しい環境下にあり

 

この生活環境が続くことで

自律神経のバランスが崩れやすくなり

それにより内臓の働きを低下させ

食欲がなくなるなどの症状を起こし

ます。

 

また、消化に必要な胃で働く

酵素は37℃で最も効率よく働くと

言われますが、暑いからと言って

夏に冷たい飲料ばかりを飲んでいると

胃酸が薄まると共に、身体も冷え

 

胃で働く酵素の働きが落ち

胃腸機能が低下してしまうのです。

 

そして、食欲がなくなれば

体に十分な栄養が補給されなくなり

疲労の蓄積・体調不良を起こし

 

さらにエアコンの室外機や都市部の

住宅密集化などが原因で

夜間も温度が下がりにくい現代では

 

熱帯夜によって寝つきが悪くなったり

眠りが浅くなって睡眠不足に陥る

ことがあり

 

睡眠不足からくるエネルギー不足に

より夏バテの症状が現れるのです。

 

しかし、夏バテと思わしき

症状の現れ方もさまざまですが

特に胃腸の機能低下と脱水傾向など

引き起こし、その他にも

身体的なものだけではなく

 

精神的な症状が現れる場合もあり

  • 食欲不振
  • 全身の倦怠感
  • だるさ
  • 入眠困難
  • 気力の喪失
  • 胃もたれ
  • 気持ち悪い
  • 吐き気
  • 朝からやる気が起きない
  • 思考力の低下
  • イライラする
  • 熱っぽい
  • 発熱
  • 頭痛
  • 立ちくらみやめまい
  • ふらつき
  • 下痢や便秘

などがおこります。

 

しかし、夏バテになると自律神経の

乱れや疲れから免疫力が

下がっていくため、夏かぜにかかりや

すくなり、また精神的な疲労が

たまれば夏バテからうつ病などの

精神的な疾患を発症することもあり

注意が必要です。

Sponsored Links



夏バテになってしまったら?正しい治し方は?

 

夏バテになってしまったら

正しい治し方としては

  • 規則正しい生活
  • 快眠
  • 脱水対策
  • バランスの良い食事

などが重要です。

 

 

まずは、室内と外気温の温度差を

少なくすることが大切で

外気温と室温との差を5度以内にし

 

特にエアコンなどの温度は高めに

調節し、体温調節機能が低下しない

ようにしましょう。

 

特に外から室内に入ったときに

涼しいと感じるのは冷やしすぎなので

どうしても涼しさがほしい場合

湿度を下げることで、不快感が

かなり減少します。

 

さらに、汗をかくのは体の温度調節の

ためにもとても重要ですので

涼しい夕方などにちょっと歩いて

みるなど、適度な運動をし

 

半身浴などでゆっくりぬるめの

お風呂につかるのもよいでしょう。

 

また、疲労を回復するため

睡眠時間を確保も重要です。

 

夏の快眠のためには

全身を冷やさなくても

頭が冷えるとそれだけで涼しく感じ

 

冷えるタイプの枕を使ったり

敷ぶとんの上に竹シーツや寝ござを

敷くと身体と布団の間に隙間ができ

体感温度が下がり、涼しく感じます。

 

★クチコミで人気の夏バテ対策グッス★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

そして、汗により失われた

水分・ミネラルを補給するように

することが大切です。

 

ただ、その際もあまり冷たい水分を

摂り過ぎないように気をつけ

ましょう。

Sponsored Links



夏バテを解消する食べ物とは?

 

そして、夏バテを解消するためにも

普段の食事を見直すことも大切です。

 

 

夏バテに効果がある食材としては

うなぎを思い浮かべるかも

しれませんが、確かにうなぎには

 

疲労回復に欠かせない

ビタミンB1、B2、B6

体の免疫力を高める

ビタミンA

が非常に豊富です。

 

しかし、特におすすめの

食べ物としては「鶏の胸肉」が

疲労回復に効果を発揮してくれます。

 

文部科学省と大阪市立大学による

プロジェクトにより

疲労回復効果が高い物質が

明らかになったそうで、その物質とは

「イミダペプチド」とよばれ

 

イミダペプチドとは

動物の筋肉中に含まれ

渡り鳥や回遊魚に豊富な物質です。

 

イミダペプチドを摂取すると

血液中で2つのアミノ酸に分解し

疲労した細胞に到達すると

再びイミダペプチドに合成され

疲労を回復してくれるそうです。

 

そのイミダペプチドを多く含むのが

「鶏の胸肉」なのです。

 

牛肉や豚肉に比べ鳥の胸肉には

2~3倍も多くイミダペプチドを

含んでいるそうで

 

1日400mgイミダペプチドを

1週間摂り続ければ疲労回復に

効果があることが判明している

そうです。

 

鶏の胸肉 約100gに含まれる

イミダペプチドが400mg

程度なので、普段の食事に取り入れて

みましょう。

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

そのほかにも

夏バテの予防に効く栄養素としては

  • ビタミンC
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • クエン酸
  • アリシンを含んだ食べ物
    (玉ねぎ、ニラ、ねぎ等)
  • ネバネバした食べ物
    (納豆、オクラ、山芋など)

これらを意識して取り入れ

 

また、夏は冷たいものばかり食べると

内臓が冷え、胃腸の働きが低下して

しまいますので、温かい野菜スープ

などを毎食取り入れれば、ミネラルや

ビタミンも補給でき、体も温まり

ます。

 

さらに少量でもよいので

栄養価の高い食品を1日3回の

食事できちんと摂り

 

どうしても摂れない栄養素の場合は

サプリメントを効果的に利用するのも

おすすめです。

Sponsored Links by admax



夏バテ対策の飲み物とは?

 

また、食べ物以外でも

飲み物も夏バテ対策には重要です。

 

 

夏バテの症状としてお伝えしたように

脱水傾向など引き起こすこともあり

 

汗で水分・ミネラル分が失われる

夏場には水分補給・ミネラル補給は

重要な夏バテ対策です。

 

効率よく水分・ミネラル分を

吸収でき、夏バテ解消に効果がある

飲み物としては

 

豊富なビタミンやミネラルを

バランスよく摂れる

「トマトジュース」

 

疲労回復に高い効果の日本の飲み物

梅に含まれるクエン酸は疲労回復に

効果があり、ミネラル分も豊富に

含まれる

「梅昆布茶」

 

ビタミンCが豊富な

「アセロラドリンク」

 

汗と共に流れやすいカリウム補給に

「ココナッツウォーター」

などがおすすめです。

 

さらに、何かと話題の

甘酒は夏バテ予防に非常に効果的で

「飲む点滴」という異名があるくらい

滋養強壮には良いといわれ

 

エネルギーの代謝効率を高める

ビタミンB群が豊富に含まれて

いるので夏の栄養不足にはうって

つけです。

 

ただ、甘酒は酒かすから造られる物と

米麹からつくられるものがあり

アルコール分が気になる方は

米麹で作られたものがおすすめです。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

「吐き気や頭痛?夏バテの原因や
危険な症状に正しい治し方は?」

については伝わりましたでしょうか?

 

 

 

今回お伝えした内容は

 

夏バテの原因は?

特定の原因や症状のある
はっきりした病気ではありませんが

夏バテの直接的な原因は
自律神経調節機能が低下し
体に不調が現れることを言います。

 

夏バテの症状とは?

特に胃腸の機能低下と脱水傾向など
引き起こし、その他にも

身体的なものだけではなく、精神的な
症状が現れる場合もあります。

 

正しい治し方は?

規則正しい生活
快眠
脱水対策
バランスの良い食事

などが重要です。

 

解消する食べ物とは?

特におすすめの食べ物としては
「鶏の胸肉」が疲労回復に効果を
発揮してくれます。

 

夏バテ対策の飲み物とは?

トマトジュース
梅昆布茶
アセロラドリンク
ココナッツウォーター
甘酒

 

Sponsored Links by admax



 

夏バテにならないために

できることは意外にも十分な睡眠や

規則正しい生活、そしてバランスの

良い食事と普段から意識できることが

多いようです。

 

夜になっても温度が下がらず

寝苦しい熱帯夜が近年多いですが

 

楽しい夏を過ごすためにも

体調管理をしっかりと行って

いきましょう。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク