こんにちはΣ(゚д゚lll)

 

毎日忙しい日々を送っていると

健康のありがたみを忘れがちですが

そんな中、突然現れる症状に

ふと不安を感じることがあります。

 

images-4

 

特に止まらない鼻血や身に覚えのない

あざは恐ろしい病気である

白血病の初期症状ではないかと

怖くなります。

 

実は多くの方が自分に起こる

体の不調に不安を感じている

ようです。

 

「白血病の初期症状を
       教えてください。」

 

「初期症状では、あざが
     出来るんですよね?」

 

「白血病と闘ってる方の
        ブログを見て」

 

「週間前鼻血が1時間ぐらい
    止まりませんでした。」

 

「体のだるい感じと頭痛のような
  風邪に似た症状があります。」

 

「気にし過ぎだとは思いましたが」

 

「体調があまりよくないのですが」

 

「テレビで風邪と白血病の症状は
 似てると知り、とても心配になって
              います。」

 

「不安で仕方ない・・・」

 

などなど

心配なご様子。

 

images-1

 

そこで今回は

治るの!?鼻血やあざは危険な

白血病の初期症状について

 

原因や血液検査でわかるのかや

治療や死亡率のことなど

雑学を交えながらお伝えしたいと

思います。

 

★関連記事はこちら>>>★
そのあざは危険な白血病の症状!?
種類や原因は?自覚症状はあるの?
生存率や移植で完治する確率に
治療薬は?検査や予防は?

 

今まさに悩まれている方の為に

では、さっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



白血病とは?その原因は?

 

そもそも白血病とは一体?

 

images-1

 

白血病は血液の「がん」と言われて

います。

 

血液には、体に酸素を運ぶ

「赤血球」

細菌等の敵から体を守る

「白血球」

出血を止める

「血小板」

という血球が含まれ、骨の芯にある

骨髄という工場で作られています。

 

その血液が作られて行く過程で

血液が「がん」になります。

 

がん化した細胞(白血病細胞)は

骨髄内で増殖し、骨髄を埋め尽く

してしまいます。

 

そのため、正常な血液細胞は減少し

  • 貧血
  • 免疫系のはたらきの低下
  • 出血傾向
  • 臓器の肥大

などの症状があらわれます。

 

images-3

 

実は日本では年間

人口10万人あたり

  • 男性で10.6人
  • 女性で7.4人

の割合で白血病と診断されています。

 

また白血病は、がん化した細胞の

タイプから「骨髄性」と「リンパ性」

に分けられ、病気の進行パターンや

症状から「急性」と「慢性」に

分けられます。

 

★関連記事はこちら>>>★
そのあざは危険な白血病の症状!?
種類や原因は?自覚症状はあるの?
生存率や移植で完治する確率に
治療薬は?検査や予防は?

 

白血病の原因は?

 

白血病の原因ですが

白血病の種類の一つである

急性リンパ性白血病には

ウイルスが原因で白血病を

発症があります。

 

また、放射線や抗がん剤などの

化学物質が原因と考えられる

症例もあります。

 

sick_hanadi_shiketsu

 

しかし、謎も多く、未だ原因は不明で

なぜ血液中にがん細胞が

生まれるのかわかりません。

 

そして、まれに先天性遺伝子異常に

関連した小児白血病もみられますが

白血病は遺伝性の疾患ではないので

親から子に伝わることはありません。

Sponsored Links



鼻血やあざは危険な白血病の初期症状?

 

では、早期発見のためにも

白血病の初期症状について

知っておきましょう。

images-5

 

今の自分に起こっている症状が

白血病の初期症状と当てはまるか

どうか、チェックしてみて

くださいね。

 

急性白血病の症状の場合

 

急性白血病では、血液を作る

造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)

が、がん化することにより

血液細胞が溢れ出し

全身にさまざまな症状が現れます。

 

代表的な症状が

  • 出血傾向
  • 発熱
  • 貧血

です。

 

出血傾向というのは、出血を

しやすくなるという意味で

血液細胞の一種である血小板が

減少することにより

 

血が止まりにくくなり

鼻血や歯茎からの出血

あざなどが症状としてあらわれます。

 

特にあざは、健康な人でも体を

どこかに強くぶつけると

内出血をおこしできますが

 

白血病によるあざは、どこにも体を

ぶつけたわけでもないのに

複数か所にあざができたり

非常に治りにくいという特徴が

あります。

 

1cb0c95e86a2236b4110f10eb60e149a

 

そして、正常な白血球が減少する

ことにより、免疫力は低下し

細菌やウイルスに感染することで

発熱や、赤血球減少による

貧血などの症状があらわれます。

 

他には異常な血液細胞が全身を

巡ることで

  • リンパ節の腫れ
  • 腹部の腫れ
  • 骨や関節の痛み
  • 頭痛
  • 吐き気嘔吐

など、さまざまな症状が

現れることがあります。

 

慢性骨髄性白血病の症状の場合

 

白血病が慢性の場合には

初期の段階で急性のように

はっきりとした症状が現れない

ケースが多く、自覚症状がわかりにく

という特徴があります。

 

images-4

 

しかし、自覚できる症状もあり

  • 全身倦怠感
  • 体重減少
  • 腹部膨満感
  • 寝汗

などです。

 

ただ、慢性骨髄性白血病は

数年後に必ず急性に移行し(急性転化)

急性白血病と同じ症状がでるように

なるので注意が必要です。

 

慢性リンパ性白血病の症状の場合

 

慢性リンパ性白血病も

先にお伝えした慢性の白血病です。

 

その為、進行がゆっくりとしていて

初期症状も自覚しにくいという

特徴があります。

 

しかし、慢性リンパ性白血病では

リンパ節の腫れがみられることが

多く、痛みがないことが特徴です。

 

その後、ある程度病状が進行すると

  • 免疫力食欲の低下
  • 全身倦怠感
  • 体重減少
  • 寝汗
  • 微熱

などの症状が現れます。

 

yourenkin1

 

ですが、慢性リンパ性白血病は

他の白血病に比べ、進行ははるかに

遅く、病状変化がみられず

 

症状も安定している場合

経過観察だけでまったく治療を

行わない場合もあります。

 

また、慢性リンパ性白血病は

慢性骨髄性白血病と違い

急性転化することはほとんど

ありません。

Sponsored Links



血液検査でわかる?

 

白血病の検査には

  • 血液検査
  • 骨髄検査
  • 染色体検査
  • 遺伝子検査

などの検査が行われます。

 

images-3

 

1.血液検査

白血病にかかると、血液細胞を

作る造血幹細胞ががん化します。

 

ですので、血液中の白血球数が

増加したり、赤血球や血小板の

減少がみられます。

 

血液検査をすることで、これらの

異変を発見できます。

 

しかし、白血球数に変化がない

場合もあります。

 

また、会社員や学生をしていると

定期的に血液検査を受ける機会があり

定期的な血液検査をしていれば

 

白血病は特定できませんが血液の

異常を検知することができ

白血病の早期発見にもつながります。

 

 

2.骨髄検査(こつずいけんさ)

 

血液検査で異常が見当たらなかったり

白血病を疑うような症状があれば

骨髄検査を行います。

 

白血病の骨髄検査では

主に骨髄穿刺(こつずいせんし)

という検査方法を行い

 

局所麻酔をした後に、胸骨または

腸骨に針を挿し、骨の中にある

骨髄液を取り出します。

 

l_001

 

白血病は骨髄中にある造血幹細胞が

がん化することで、骨髄液の中に

異常な血球細胞(白血病細胞)が

増殖しますので、この検査で

ほぼ白血病であるかどうかが

確定できます。

 

場合によっては、骨髄組織の一部を

採取し調べる骨髄生検を行うことも

あります。

 

3.染色体検査
(せんしょくたいけんさ)

 

白血病にかかると、骨髄検査で

採取した骨髄液の中の骨髄細胞の

染色体に異常がみられる場合が

あります。

 

細胞

 

染色体とは、遺伝情報の担い手。

 

生物の体は、たくさんの細胞から

できていますね。

 

細胞のひとつひとつには

「核」という部分があり

核の中にはその生物を形作ったり

生きていくために必要な

情報があります。

 

その情報を担っているのが

有名なDNA(ディーエヌエー)

です。

 

DNAはとても長いので

小さな核の中に納める

特殊なタンパク質と一緒に

折りたたむ必要があり

折りたたまれたものは

普段見ることが出来ません。

 

しかし、細胞が分裂して

新しい細胞が生まれる際に

凝縮してX型の紐のような形になり

ます。

 

それを特殊な薬品で染めると

顕微鏡で観察することができます。

 

ff9e5097dfbdd43f14906ba27d4077f5

 

これを染色体と言います。

 

染色体検査を行うことにより

白血病の種類を特定でき

今後の治療方針の

決定に役立てます。

 

特に、慢性骨髄性白血病では

「フィラデルフィア染色体」に

異常がある場合が多くあります。

 

4.遺伝子検査

白血病ではその種類により

骨髄検査で採取した骨髄液の中の

骨髄細胞の遺伝子配列に

異常がみられる場合があり

 

遺伝子の何番と何番の遺伝子配列に

異常があるかを調べることで

急性骨髄性白血病であるか

慢性骨髄性白血病であるか

判断することができます。

 

白血病の種類がわかれば

悪性度や治療の方針を

決定することができます。

Sponsored Links by rakuten

治るの!?白血病の治療や死亡率は?

 

近年、急性骨髄性白血病の治療は

非常に進歩してきています。

 

byouin

 

治療の基本は、骨髄中に増えた

白血病細胞を死滅させ

正常な血液細胞を増やすという

やりかたです。

 

その他の治療方法に関して

★関連記事はこちら>>>★
そのあざは危険な白血病の症状!?
種類や原因は?自覚症状はあるの?
生存率や移植で完治する確率に
治療薬は?検査や予防は?

 

また、抗がん剤を用いた化学療法は

急性骨髄性白血病の第一の治療法に

なり、化学療法による治療は

「寛解導入法」「地固め療法」の

順で行われます。

 

そして、白血病の治療効果は

寛解(かんかい)という

状態であるか否かで判断します。

 

寛解とは、病気の症状が

一時的あるいは継続的に軽減した

状態の事で、通常は骨髄の検査が

必要となります。

 

その為、白血病の治療では

何度も骨髄穿刺(こつずいせんし)の

検査を行うことになります。

Sponsored Links by admax



知っておきたい白血病の死亡率は?

 

白血病は昔から不治の病として

治療ができない病の代表的な

存在でした。

 

images

 

その存在はTVや映画などでも

知られています。

 

しかし、現在では化学療法や

造血幹細胞移植の進歩により

完治することも可能となっています。

 

もちろん、白血病の種類や行った

治療法により死亡率は大きく異なり

急性白血病の場合には

治療を行ったとしても効果が少なく

数日~数カ月で死に至ることも

あります。

 

しかし、診断が確定してすぐに

治療すれば化学療法、移植でおおよそ

半分程度の人は助かる

病気になっています。

 

急性白血病でも5年生存率で

平均して約50~60%程度です。

 

images

 

また、急性骨髄性白血病よりも

急性リンパ性白血病が生存率が

高くなり

 

急性リンパ性白血病の

5年生存率は平均して

約40%程度。

 

また、意外に知られていないのですが

小児の場合では約80%程度で

小児の方が治癒する可能性が

高いという特徴があります。

 

そして、慢性白血病は慢性の内に

治療することが非常に

重要となっています。

 

慢性白血病では

その症状の段階を4つの

ステージに分け

 

ステージ1.2では

約5~10年

ステージ3.4では

約2~3年が

生存期間であるといわれていて

造血幹細胞移植を行えば

生存期間を伸ばすことも可能です。

 

しかし、慢性白血病が

急性転化してしまうと

急性白血病よりも悪性の白血病に

なってしまい、それだけ死亡率は

高くなりますので

 

できるだけ早く治療をすることが

望まれます。

Sponsored Links by admax



まとめ

 

いかがでしたか?

治るの!?鼻血やあざは危険な

白血病の初期症状については

伝わりましたでしょうか?

 

191

 

今回のポイントは?

・白血病は血液の「がん」と
言われています。

 

・日本では年間人口10万人あたり

男性で10.6人
女性で7.4人

白血病と診断されています。

 

・白血病は、がん化した細胞の
タイプから「骨髄性」と「リンパ性」
に分けられ、病気の進行パターンや
症状から「急性」と「慢性」に
分けられます。

 

・白血病の原因ですが
謎も多く、未だ不明。

 

・白血病は遺伝性の疾患ではないので
親から子に伝わることはありません。

 

・白血病の検査には

血液検査
骨髄検査
染色体検査
遺伝子検査

などの検査が行われます。

 

・定期的な血液検査をしていれば
白血病は特定できませんが、血液の
異常を検知することができ
白血病の早期発見にもつながります。

 

・近年、急性骨髄性白血病の治療は
非常に進歩してきています。

治療の基本は、骨髄中に増えた
白血病細胞を死滅させ
正常な血液細胞を増やすという
やりかたです。

 

・現在では化学療法や
造血幹細胞移植の進歩により
完治することも可能となっています。

 

です(´∀`)

 

Sponsored Links by admax



 

白血病は確かに怖い病気です。

 

しかし、早期発見や正しい知識で

対応すれば完治の可能性は

高まります。

 

自分や大切な人に体の不調が

あれば、まずは病院を受診して

ください。

 

その際、今回の記事がその

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事