今更聞けないむずむず脚症候群の原因や症状とは?病院は何科で対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

最近、マスコミなどでも取り上げられ

認知度が高まっている

「むずむず脚症候群」という病気を

ご存知でしょうか?

 

この病気を放置すると

夕方や夜になると脚がむずむず

してきたり、かゆくなるなどの

症状が現れます。

 

 

更に、この不快感でじっとしていられ

なくなるために、睡眠が十分にとれず

不眠に悩まされることが

多くなります。

 

これまで日本人では、患者は極端に

少なく、疾患の知識もほとんど

普及していませんでしたが

 

ある調査によると、日本では

200万人くらいの人が

経験しているとの推定が出ています。

 

しかし、最近10年の研究で

分かってたこともあり

 

むずむず脚症候群の検査と治療

また予防について知ることは

とても重要です。

 

そこで今回は

  • 今更聞けないむずむず脚症候群とは?

  • 妊婦や鉄分不足にドーパミン?
    むずむず脚症候群の原因とは?

  • 眠れない!?
    むずむず脚症候群の危険な症状とは?

  • 病院は何科?対処法は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

今更聞けないむずむず脚症候群とは?

 

むずむず脚症候群とは

病気としての別名には

レストレスレッグス症候群
(Restless Leg Syndrome)

下肢制止不能症候群

周期性四肢運動障害

などとも言われ

 

体の末端部分の不快な症状や

痛みを伴う慢性的な病気で

リラックス時やじっとしている時に

脚の表面ではなく、内部に不快な

異常感覚が生じる疾患です。

 

 

違和感の感じ方には個人差があり

その異常感覚が

  • むずむず
  • 虫が這う
  • ほてる
  • 炭酸が泡立つ
  • ちりちりする

などさまざまな言葉によって

表されますが

 

共通するのが、とにかく患者に

とってきわめて不快な感覚と

言われています。

 

この病気の特徴として

足を動かすと、少しだけ楽になると

いうことがあげられるため

 

症状が起きた場合、患者は脚を

叩いたり、寝返りを繰り返すこと

などで不快感をなくそうとしますが

 

重症になるとじっとしていることが

できない状態になります。

 

また、むずむず脚症候群の症状は

夕方から夜間に現れることが多いため

睡眠障害の原因となり

 

その結果、日中に耐えがたい眠気を

引き起こといった悪循環に陥ります。

 

また、この症状は妊娠中の

女性の2割くらいにも見られ

ほとんどの方は授乳期間が

終わるまでには自然に解消する

ようです。

Sponsored Links

妊婦や鉄分不足にドーパミン?むずむず脚症候群の原因とは?

 

日本人における有病率は2~5%と

言われ、20~50人に1人程度が

むずむず脚症候群であると考えられ

けっしてまれな病気ではありません。

 

 

特にこの病気は、女性の方が

男性よりも1.5倍程度多く

また、患者さんは40歳代以上の

中高年で急増し、年齢が高くなる

ほど増加していく傾向があり

 

多くはありませんが、子供でも

なることがあります。

 

むずむず脚症候群は原因が

特定されていない

特発性(一次性)と

 

他の病気や薬が原因で起こる

二次性があり

 

一次性の原因は、まだはっきりした

ことはわかっていませんが

  • 遺伝的なもの
  • 鉄不足や鉄代謝に異常
  • ドーパミン神経系の障害

などが考えられ

二次性の場合

  • 慢性腎不全
  • パーキンソン病
  • うっ血性心不全
  • 脊髄疾患
  • 関節リウマチ
  • 多発神経炎

などの病気や、妊娠中にも

起こりますので、ビタミンBや

葉酸の欠乏などが考えられています。

 

ほかにも

  • 抗精神病薬
  • 抗うつ薬
  • 抗ヒスタミン薬

などの薬によって

症状を引き起こすことや

  • カフェイン
  • ニコチン
  • アルコール

などが要因になることもあると

考えられています。

 

特に「特発性」のむずむず脚症候群の

原因の一つとして「ドーパミン」の

機能障害について注目されていて

 

脳内の神経伝達物質には

たくさんの種類があり

その中でむずむず脚症候群に

関係しているとされる

 

脳内の神経伝達物質

「ドーパミン」とは

脳内ホルモンのひとつで

「やる気を引きだす脳内物質」

として広く知られていますが

 

快楽を伝えたり、こまかな運動や

末梢神経からの情報伝達の

コントロールをする役割があり

 

そのほかにも

「不要な刺激をカットする」

役割を果たしています。

 

★関連記事★
快楽物質!?ドーパミンの働きとは?
少ない原因や増やし方は?効果的に出
す食べ物は?
★記事はこちら>>>★

 

人間の身体はつねにいろいろな

外部刺激を受けていますが

 

その都度、小さな刺激に反応して

いては、重大な刺激や大きな痛み

などがやってきたときに

反応が遅れてしまいますので

 

それを防ぐために、状況に応じて

ドーパミンが働いて

小さな外部刺激を遮断します。

 

しかし、この神経伝達物質が

作動する経路に問題が生じると

本来ブロックされるはずだった

小さな刺激が必要以上に伝わり

 

むずむず脚症候群が起こるの

ではないかと考えられています。

 

また、鉄分は脳内でドーパミンを

作りだす際に欠かせない成分なので

その鉄分が不足したり、代謝機能が

うまく行かなければ

 

ドーパミンの合成が上手くいかず

むずむず脚症候群を起こしてしまう

のではないかと考えられています。

Sponsored Links

眠れない!?むずむず脚症候群の危険な症状とは?

 

むずむず脚症候群の特徴的な症状は

脚にむずむずするような不快な

異常感覚や痛みを覚え

 

ゆっくり座っている時や

横になっている時にあらわれたり

強まったりします。

 

その為、脚を動かしたいという

衝動にかられます。

 

 

この異常感覚は、脚の表面ではなく

内部に生じるのが特徴で

脚を動かすことでやわらいだり

消失したりします。

 

また、夕方から夜にかけて症状が

強くなることが多く

さらに就寝中に脚が無意識に

「ピクン!!」と動く

「周期性四肢運動」を伴うことも

多いため

 

この症状によって眠れないために

睡眠障害のひとつに分類されて

います。

さらに、結果として日中の

眠気や疲労があらわれて、日常生活に

支障をきたす場合があります。

 

 

更に、むずむず脚症候群の症状は主に

  • ふくらはぎ
  • 太もも
  • 足裏

などの脚にあらわれますが

 

むずむず脚症候群の患者さんの

3割以上は病気が進行すると徐々に

  • 腹部
  • 顔面

などにもあらわれることもあります。

Sponsored Links by admax

病院は何科?対処法は?

 

最近になって知名度が上がってきた

むずむず脚症候群ですので

医療機関の診察を受ける方も

多いようですが

 

しかし、まだまだ知られていない

病気のため、何科に行けばいいのか

分かりづらいというのが現状です。

 

 

患者の多くが適切な薬物療法で

症状が大幅に改善されますが

 

これまで日本人では、患者は極端に

少く、疾患の知識もほとんど

普及していませんでしたので

 

一般・医師ともにいまだ認知率が低く

なかなか周囲に理解してもらえない

場合あり

 

また、医療機関を受診しても

「末梢神経の障害」や「坐骨神経痛」

などと診断されることも多く

病院に行く際には注意が必要です。

 

むずむず脚症候群という

病気のことを詳しく知らない方は

整形外科や皮膚科を受診することが

多いようですが

 

むずむず脚症候群は睡眠障害の

ひとつですので

睡眠を専門としている医療機関に

いくのがベストです。

 

たとえば総合病院の睡眠外来や

睡眠障害クリニックも良いでしょう。

 

また、一部の

  • 神経内科
  • 精神科
  • 精神神経科

などでも診てくれる可能性が

あります。

 

足の不快感は正確に表現するのが

難しいもので

 

ほかの病気と間違えて診断されて

しまうこともありえますので

そのことで思い悩むことにも

なりかねません。

 

こういったことを避けるため

できるだけ睡眠専門の医療機関に

いくようにしましょう。

 

現在、日本でむずむず脚症候群の

治療に使われる薬はいくつかあり

 

また、むずむず脚症候群の対処法は

軽症の場合には日常生活の工夫などで

一時的に症状が軽くなることもあり

ます。

 

特に、何かに夢中になることで

症状が軽減する場合もあるので

熱中できる趣味を見つけることも

よいと言われています。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

今更聞けないむずむず脚症候群に

ついては伝わりましたでしょうか?

 

 

むずむず脚症候群は

原因がはっきり特定できていない以上

これさえ気をつければいいという

ような明確な対処法というのも

難しいですが

 

まずは、適度な運動や

その他にも、寝る前には脚は暖めたり

鉄分をしっかり補給し

まずは生活習慣の改善を行ってみて

様子を見ましょう。

 

しかし、むずむず脚症候群は

悪化しやすいとも言われている

病気ですので、できることなら

早いうちに一度、医療機関に

相談することをおすすめします。

 

Sponsored Links by admax

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク