日常溜まった疲れやストレス発散には

色々な方法がありますが

瞑想方法をマスターすれば

 

カンタンにリフレッシュでき

エネルギーチャージすることも

できます。

 

yoga_meisou_man

 

また、瞑想はすべての人に素晴らしい

恩恵をもたらす魔法のような

効果があるといわれ

 

瞑想の効果は近年、科学的に

認められはじめています。

 

その為、何人もの著名人や

アスリートが瞑想の習慣を持ち

定期的な実践を奨めています。

 

しかし、その具体的な方法について

実は、多くの方がお悩みのご様子。

 

そこで今回は

瞑想とは何か!?
その意味やするとどうなるの?

瞑想のやり方は?

マントラとは?
瞑想状態の入り方のコツは?

寝ながらやる場合は?
おすすめの音楽は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



瞑想とは何か!?その意味やするとどうなるの?

 

そもそも瞑想とは一体何か!?

 

瞑想とは

思考を無の状態にすることを

目的に行うものです。

 

イラスト

 

人間は起きている間

絶え間なくずっと思考しています。

 

それはまるで、休みのない

機械のような状態。

 

人は、毎日5万回以上の思考を

していると言われ

それだけ思考が分散していると

言えます。

 

そして、思考は酸素を消費し

脳は体の酸素の3割を消費すると

言いますから、思考を続けることは

酸素を大量に消費し続け

それだけ負担にもなるのです。

 

また、考えないようにしようといくら

思っても、何かしら反応して

しまうのが人間です。

 

これらが普段ものを考える意識とは

別の潜在意識からやってきた

考えや反応です。

 

生きている限り常に続く

思考は完全にコントロールできて

いる事だけではなく

 

何かに意識を集中しなくても

勝手に物事を思い浮かべてしまう

これが潜在意識の働き。

 

問題なの潜在意識による思考が

本人が「これについて考えよう」と

決めて考えたわけではなく

自然に意図しないところで

発生している事。

 

人間の思考は、絶えず外部からの

攻撃にさらされているため

突然の出来事で集中力は削がれ

 

周囲の環境や雰囲気の変化に

潜在意識はいちいち反応し

思いがけない思考や気分を

生じさせます。

 

これにより

集中力とセルフコントロール

を低下させる大きな原因に

なってしまうのです。

 

そこで、思考をストップさせる

手段が瞑想なのです。

 

潜在意識を制御し鋼の意志で行動し

素晴らしい結果を残せるのは

選ばれた人間だけと

思うかもしれませんが

 

瞑想によって

実はどんな人間も潜在意識を制御する

力を手に入れることができるのです。

 

presentation_pc_man

 

その為、瞑想をする意味としては

自分の無意識な思考を制御し

意思の働きを高め

 

周囲の情報に振り回されず的確な

判断を下し、行動することが

できるようになります。

 

また、機械を休止させメンテナンス

するのと同じくように

瞑想で思考を無の状態にすると

それは精神のメンテナンスに

なります。

 

人により瞑想の目的はもちろん違い

スピリチュアルな要素が強いと

感じるかもしれませんが

 

瞑想は脳の前頭全皮質に作用し

前頭全皮質は、人間の個性に

大きく関係している場所。

 

イラスト

 

脳に働く結果、瞑想すると

どうなるのかというと

その効果には

  • ストレスが解消
  • 不安が消える
  • 血行がよくなる
  • 思いやりの心が強くなる
  • 集中力がつく
  • 創造力が豊かになる
  • 物覚えがよくなる
  • 欲求のあり方を変える
  • 共感力を高める
  • 幸福感を高める
  • 免疫力を高める

といった精神的・身体的効果が

期待できます。

 

その結果、瞑想を習慣化させることで

自分が本当にやりたいことや

必要なものを再確認することも

できます。

 

また、瞑想をしてる人はしてない人

より情報処理能力が高く

リラックス効果があるアルファ波

をうまくコントロールできるなど

様々な科学的検証結果が出ています。

 

もしかしたら良いのかもしれない?

というレベルを遥かにこえ

人間の脳や身体に確実に良いという

ことが既に科学的に証明されて

います。

 

 

さらに瞑想の究極の目的は

思考をストップさせ

通常アクセスできない深いレベルの

意識にアクセスすること。

 

深いレベルの意識とは

精神世界などでは

魂と呼ばれている部分です。

 

アクセスできることで

自分の本当のビジョンや

今やるべきことを明確に

見ることができます。

Sponsored Links



瞑想のやり方は?

 

瞑想のルーツは

仏教やヒンズー教の哲学です。

 

だからといって、これらの

宗教を信じる必要なく

ダライ・ラマ法王も

「信じる信じないにかかわらず
         瞑想は可能」

とおっしゃっています。

 

lgf01a201312040700

 

 

宗教を信じ、瞑想で神の近くに

行けるのなら、それは素晴らしい

ことですが

 

宗教を信じていなくても

瞑想で心の平穏を得ることが

できるのなら

同じく素晴らしいことです。

 

ダライ・ラマ法王によると

瞑想のポイントは

「心の変化であって、宗教ではない」

とのこと。

 

その為、瞑想のやり方はさほど難しく

考える必要はありません。

 

瞑想前の準備には

  • 椅子やソファー
  • 静かな部屋
  • アラーム
  • 窮屈ではない服装

などを用意し

30分間行います。

 

この間座っていても体が痛くならない

椅子を用意しましょう。

 

基本的に集中力が途切れやすく

なる環境は避け

心地の良い温度や空間を

確保してください。

 

椅子に座り両足はくまずに

地面につけ、手は膝の上で上向きに

軽くのせ、基本姿勢を作ります。

 

基本姿勢ができたら

酸素を取り入れていきます。

 

目を開けたまま

まずは鼻から大きく息を吸い込み

ゆっくり5秒間息を止め

鼻から息を吐き出してください。

 

息を止めると、酸素が体内に

吸収されやすく、エネルギーの

出処であるチャクラと呼ばれる

箇所のバランスが整います。

 

 

1回でも十分ですが

3回程度行うとより効果的です。

 

基本的な動作は、目を閉じて

呼吸をするだけなので

後は目を閉じ、30分間の

瞑想を始めます。

 

30分たちセットした

アラームがなったら、目を閉じたまま

ゆっくりと手足の指を動かし

全体のストレッチをし

目をあけ終了です。

Sponsored Links



マントラとは?瞑想状態の入り方のコツは?

 

しかし、初めての場合

なかなか瞑想状態を維持する事が

難しいかもしれません。

 

images-1

 

瞑想状態の入り方のコツとしては

「マントラ」を使用します。

 

マントラ(Mantra)の

「 Man」は 「mind, マインド」で

「tra」は「tool, 手段」という意味。

 

マントラは、全く意味を持たない

音の配列です。

 

どんな音の並びでもいいのですが

一旦「ソーハム」としましょう。

 

「ソー」と言いながら息を吸い

「ハム」といいながら息を吐く

という感じです。

 

この意味のない音をひたすら

リピートすることで

頭は飽き、思考をストップさせる

ことができるのです。

 

 

ただ唱えた途端、思考が

ストップできるのではなく

段々思考の波がおさまっていく

イメージです。

 

自分の決めた

他の言葉でも構いませんが

言いながら息を吸ったり吐いたり

できる言葉にしてくださいね。

 

簡単なので、まずはこれで

マスターしましょう。

 

他に瞑想状態の入り方の

コツとしては

  • 瞑想会に参加する

  • 瞑想のやり方を
    動画で確認する

  • CDなどで誘導瞑想を
    受ける

  • 書籍などを参考にする

  • 短い時間から始める

  • 同じ場所、時刻、動作で始める

などがあります。

 

また、少しでも効果を知りたい方は

脳を測定する機械が色々あり

瞑想での理想的な脳波は

シータ波と言われています。

 

 

それらの器具を使えば自分の

瞑想状態がわかりコツを

掴むきっかけになるそうです。

Sponsored Links by rakuten

寝ながらやる場合は?おすすめの音楽は?

 

思考が忙しくなると

呼吸が浅くなるため

現在人の脳は常に酸欠状態にあり

血行の滞り、慢性頭痛や肩こりが

酷い方が多いようです。

 

images-2

 

瞑想は続けることが大事ですから

無理のない範囲で

最初は3分くらいから

はじめましょう。

 

瞑想のやり方で

大切なのが呼吸と雑念が無い状態

つまり瞑想状態に入り込むという

ことです。

 

そのため、一般的には瞑想というと

「坐禅」というイメージが有ると

思いますが、実は瞑想を行う姿勢も

こだわりすぎる必要はありません。

 

特に何かしらの指定があるわけでは

なく、寝転びながら行うのも

OKです。

 

ただ、寝ながらの瞑想の場合

本当に眠ってしまわないように

注意をしたいのですが

 

瞑想をした時間がちゃんと

あるなら、別にそのまま寝て

しまっても構いません。

 

寝ないように無理することは

雑念と同じです。

 

仰向けで寝ながらやるやり方は

普通の瞑想と変わりません。

 

そして、瞑想を行う時間帯としては

特に厳密な指定がなされている

わけでもなく、推奨されている

時間帯としては朝起きた後と

夜寝る前であるとされます。

 

まず起床時において瞑想を行うと

一日における集中力が高まり

 

就寝時における瞑想は心身を

リラックスさせ、入眠効果が

あります。

 

また、瞑想において音楽は必ずしも

必要であるわけではありませんが

特に初心者の場合には

 

心を落ち着けるために音楽を

活用するのも良いとされ

 

一般的にはおすすめの音楽は

ヒーリング・リラクゼーション効果の

ある静かな音楽や、インドの

伝統音楽をかける人が多いようで

 

 

反復要素の多い音楽ほど集中力が

高まるとされています。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

瞑想とは何か!?

その意味やするとどうなるのに

ついては伝わりましたでしょうか?

 

20110213103155d60

 

 

瞑想を行っている著名人は多く

その皆が効果があると

言っているなら、試してみる

価値は十分にあるはずです。

 

瞑想を実践した有名人>>>

 

何度も「呼吸」が出てきたと思い

ますが、とにかく瞑想は

「呼吸」がポイントです。

 

最初はこれでもかというほど

呼吸に意識を向け繰り返しましょう。

 

そして、最初は「瞑想のための儀式」

とでも考え、楽しみながら

行ってください。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事