今さら聞けない麻黄湯の効能とは?葛根湯との違いや飲み合わせに副作用は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

風邪やインフルエンザに対して

使用される漢方薬に

麻黄湯(まおうとう)というものが

あるのをご存知でしょうか?

 

 

 

最近では、治療薬としても病院で

処方されることもあり

ご存知の方も多いようですが

 

特に抗インフルエンザ薬は

小児への副作用が強いとされている

ことに対して、副作用が少ない

麻黄湯は注目されています。

 

また、タミフルなどに比べると

安価であり、健康保険適用の

対象になるケースもありますが

 

近年、市販されているもの

手軽に入手することも可能です。

 

しかし、聞いたことはあっても

実はあまりよく知らないという方も

多いようで

 

そこで今回は

今さら聞けない麻黄湯の効能とは?

麻黄湯の飲み合わせでおすすめは?

痩せる噂は嘘!?
麻黄湯の副作用とは?

麻黄湯と葛根湯との違いは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。

Sponsored Links

今さら聞けない麻黄湯の効能とは?

 

風邪やインフルエンザなど

季節の変わり目は、特に感染症が

問題になりやすく

 

これらの病気は、体がだるくなって

発熱を伴う症状が多いため

日々の生活が行いづらくなります。

 

そして、このような症状に対し

使用される漢方薬に

麻黄湯(まおうとう)があります。

 

 

漢方薬とは、木や草からとった

 

生薬を2種類以上組み合わせた

ものをさし、複数の生薬をかけ合わせ

ることでそれぞれの効果を高めたり

副作用を抑えるなど

 

ざまざまな症状に合わせて調整

されていますが

 

麻黄湯という名前から分かる通り

麻黄湯の主薬となる生薬は

麻黄(まおう)で

 

中国で後漢末期から三国志の時代に

記された漢方の古典である

「傷寒論(しょうかんろん)」にも

麻黄湯は記載されている

古くからある漢方薬です。

 

ただ、麻黄湯に用いられているのは

  • 麻黄(まおう)
  • 桂皮(けいひ)
  • 杏仁(きょうにん)
  • 甘草(かんぞう)

などの成分が含まれ

 

麻黄(まおう)や桂皮(けいひ)には

発汗作用や利尿作用と、あわせて

熱を早く下げる作用があり

 

また、麻黄には気管支を拡張させる

有効成分の「エフェドリン」が含まれ

咳症状に作用します。

 

同じく、杏仁は咳や痰を

甘草は発汗過多を抑制する為

 

これらを組み合わせることで

体内に溜まった熱や痛みを発散させ

風邪やインフルエンザなどの

初期の症状に有効とされています。

★売れ筋ナンバーワン!?麻黄湯★
★楽天市場で探すなら>>>★

さらに、薬の作用を調べる試験でも

  • 抗炎症作用
  • 発熱に対する作用
  • ウイルスの増殖抑制作用

などが動物実験などで確認され

  • 悪寒
  • 発熱
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 手足の関節痛
  • 気管支炎、喘息
  • 関節リウマチ
  • 乳児の鼻づまり
  • 鼻づまりによる哺乳困難

などの症状に有効とされています。

 

その為、病院で処方される

麻黄湯の効能効果に

「インフルエンザ(初期のもの)」と

明記されている場合もあり

 

国内の医療の現場でも

インフルエンザに麻黄湯が使用される

ケースが多く

 

実際に、風邪なのか

インフルエンザなのか

ハッキリしない段階の患者には

 

麻黄湯を処方し、様子をみる病院も

あります。

その為、市販の麻黄湯でも

予防効果には期待ができるので

身体の不調を感じたらすぐに

麻黄湯を飲んで安静にすることで

感染症の発症予防が期待できます。

 

ちなみに、麻黄湯の使用方法としては

成人では1日7.5gを2~3回に分けて

食前または食間に経口投与する

とされています。

Sponsored Links

麻黄湯の飲み合わせでおすすめは?

 

インフルエンザの予防や初期治療に

期待ができる麻黄湯ですが

実際飲んでみるとかなりの苦みがあり

特に子どもには飲み辛いと感じる

かもしれません。

 

 

 

麻黄湯のおすすめの飲み方としては

苦くて飲めないときには

チョコ味のアイスやココアに混ぜ

飲んだりすると、苦みがほとんど

感じられなくなります。

 

ほかにも、お湯に溶かし

砂糖やハチミツなどと混ぜて

飲むのが一般的です。

 

また、飲み合わせでおすすめは

生姜湯に混ぜると、身体を温める

効果が高まります。

 

しかし、飲み合わせを考える上で

漢方薬やハーブなどは

一般的に安全性が高いと思われて

いますが、強い成分を含むものも

少なくありません。

 

それを知らずに併用してしまうと

悪影響を及ぼしかねません。

 

特に、麻黄湯には

解熱や鎮痛の作用があるので

 

作用の重複で効果が増強し

悪影響を及ぼす可能性もあるため

解熱剤や鎮痛剤など

他の薬との併用は注意が必要です。

 

同じく、麻黄(まおう)という成分は

一般の咳止め薬や気管支拡張薬などに

含まれているエフェドリンと

同じものですが

 

エフェドリンやテオフィリンなど

交感神経刺激作用のある薬との

併用は慎重におこなう必要があり

ます。

 

また、インフルエンザに効果を発揮し

麻黄湯で解熱できるという

研究結果もありますが

 

タミフルとの併用は効果が

認められていません。

 

その為、日頃から飲んでいる薬が

あったり、慢性疾患がある場合

必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

Sponsored Links

痩せる噂は嘘!?麻黄湯の副作用とは?

 

とは言え、麻黄湯は症状さえ

適していれば子どもや高齢者も

飲むことができます。

 

特に子供は、タミフルなどの

抗インフルエンザ薬や解熱剤の

副作用など、不安な点が多いのですが

 

麻黄湯には、そうした心配は

ほとんどないと考えられています。

 

 

 

ただ、飲み合わせ以外にも

気をつけたいことに

麻黄湯をはじめ、漢方薬には

使える症状と使えない症状があり

 

特に発汗作用が強力なので

体力に自信がない人やすでに

発汗がある人にはおすすめできず

 

また、一旦熱が下がった後に

再びぶり返した熱にはは使えません。

 

その場合には

ほかの薬や漢方薬での治療が

勧められるため、医師や薬剤師に

相談を心がけましょう。

 

他にも、麻黄湯が使えない

症状としては

  • 食欲がない人
  • 風邪を引きやすい人
  • 疲れやすい人
  • やせている人
  • 胃腸や循環器などに病気を持っている
    あるいは持っていた人

などは注意が必要で

 

特に、麻黄湯に含まれる

エフェドリンは

心臓に負担をかけやすい薬なので

 

心臓に持病のある方が

服用する際は注意が必要です。

 

さらに、麻黄湯の主成分である

「麻黄」には交感神経を刺激する

作用があり、副作用が起こる

危険性があるため

  • 高血圧
  • 腎臓病
  • 甲状腺機能障害

の人は服用を避けましょう。

 

しかし、麻黄の効能として

発汗させる作用や食欲抑制もあり

 

ダイエットサプリなどにも

麻黄が入ってるので

「麻黄湯がダイエットに
        効果あり痩せる」と

にわかに信じがたい話が

以前注目されましたが

 

基本的にはダイエットのサプリ

ではないことを理解しておく必要が

あります。

 

 

 

麻黄が含まれたサプリメントを

ダイエット目的で使用した人で

  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 精神神経症状

などの健康被害が見られたとの報告が

世界中から寄せられ

中には死亡した例もあるとのこと。

 

日本ではサプリメントに用いる

ことは出来ませんが

 

インターネットなどで海外から

簡単に取り寄せることが出来

そのようなリスクはあることを

覚えておいてくださいね。

Sponsored Links by admax

麻黄湯と葛根湯との違いは?

 

しかし、漢方薬をよく民間療法と

同じと捉える方がいるようですが

漢方医学に基づくれっきした医療で

2000年以上の歴史を持つ医学です。

 

最近は西洋医学を中心としてきた

アメリカやヨーロッパなどでも

広く認知され始め

 

日本においても、ここ最近

見直されるようになってきました。

その為、麻黄湯の効果も

かなり期待できると考えられて

います。

 

しかし、同じような漢方薬に

有名な葛根湯がありますが

 

実際には麻黄湯と葛根湯の違いや

使い分けについて迷われる方も

いらっしゃいます。

 

 

葛根湯は、葛根を主成分とし

  • 桂枝
  • 芍薬
  • 生姜
  • 大棗
  • 甘草
  • 麻黄

などの全7種類が配合されている

漢方薬です。

 

つまり、葛根湯には、麻黄湯と同じ

「麻黄」が含まれ

 

確かに、麻黄湯と同じく

風邪の引き始めの

  • 寒気
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 鼻づまり

などに効果があると言われ

 

「風邪には葛根湯」というCMの

フレーズは一度くらいは聞いたことが

ある方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、葛根湯と麻黄湯は

似て非なる漢方薬です。

 

麻黄湯と葛根湯の使い分けとしては

麻黄湯も葛根湯も

体力があり、発汗していない状態で

使うと効果を発揮する漢方薬です。

 

ただ、発熱がある場合は

葛根湯ではなく、麻黄湯を

選ぶのがよいと考えられています。

 

また、寒気や悪寒が強い・咳が

出ている場合は麻黄湯

頭痛や肩こりが強い場合には

葛根湯がおすすめです。

 

 

 

ただ、どちらもすでに発汗している

場合は汗をかきすぎることで

体力を奪う可能性があり

 

症状を重くしてしまう恐れがある

ためおすすめできません。

 

また、麻黄は市販の咳き止め薬に

使用されているエフェドリンと

同じもので、いわゆる麻薬の成分でも

あるため、過剰に摂取すると

心臓に悪影響を及ぼす場合があり

 

葛根湯と麻黄湯を併用することは

避けた方がよいと思われ

 

同時期に併用しなくても

短期間の間に葛根湯と麻黄湯を

連続して使用することは注意が

必要です。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

麻黄湯については伝わりました

でしょうか?

 

 

 

麻黄湯は古くから使われてきた

効果の高い漢方薬として

今では手軽に手に入れることが

できます。

 

しかし、安易に使うと逆効果に

なるばかりか、体調を崩す可能性も

あります。

 

その為、まずは医師や薬剤師に相談し

様子を見ながら使うことを

おすすめします。

 

Sponsored Links by admax

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク