乗り物に乗る時

「車酔い」や「乗り物酔い」が

悩みという方は意外に多いのでは

ないでしょうか?

 

 

長時間乗る機会がある時には

とても憂鬱で、せっかくの

ドライブや旅行を楽しめませんね。

 

また、一緒に乗る人にも

気を遣わせてしまいます。

 

しかし、生きていれば

誰でも1度は経験する車酔いや

乗り物酔いは、体質だけではなく

酔いやすい状況によっても

引き起こされます。

 

一体、この厄介な酔いの原因は

なんなのでしょうか?

 

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

そこで今回は

車酔いや乗り物酔いの原因は
三半規管に自律神経乱れ?

吐き気や頭痛にあくび?
車酔いや乗り物酔いの症状とは?

車酔いや乗り物酔いしない方法や
対策は?

車酔いや乗り物酔いしたら?治し方や
解消する飲み物やツボは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



車酔いや乗り物酔いの原因は三半規管に自律神経乱れ?

 

車酔いや乗り物酔いは

前庭器官(ぜんていきかん)が

あらゆる方向の揺れを異常な刺激

として脳に伝えることで起こり

 

 

乗物などの揺れによって起こる

症状のことで、医学的には

「動揺病」「加速度病」とも呼ばれ

  • バス

  • 電車

  • 飛行機

  • 船釣り

  • 遊園地のアトラクション

などに乗った際に起こりやすいのが

特徴です。

 

車酔いや乗り物酔いの

原因とメカニズムですが

 

人間の耳の奥に

「三半規管」や「耳(じせき)石器」

という平衡感覚を保つための

器官があり、体の平衡感覚は

これら内耳の器官で調整されて

います。

 

しかし、眼から入る情報と

それらの器官とのずれが生じると

脳内で混乱し、吐き気などの症状に

なって現れると考えられています。

 

具体的には、三半規管の中は

リンパ液で満たされていて

その傾きや流れによって

脳は体の傾きや移動を認識します。

 

しかし、人間にはもう一つ平衡感覚を

保つために重要な役割を果たす

目があります。

 

その為、人間は三半規管と

目の両方から得られる情報によって

体の傾きと移動を認識しています。

 

乗り物酔いは、その三半規管と

目のそれぞれから得られる情報の

ズレによって引き起こされると

考えられています。

 

例えば

その場でクルクルと回ると

平衡感覚が失われ

立っていられなくなりますが

 

この時は、身体を急にクルクル

回すことで、三半規管の中の

リンパ液も急激に回りだし

 

リンパ液の流れは体の動きを

止めてもしばらくは続きます。

 

 

この時、じっとしていても

脳はリンパ液の流れを感じ

体が回っていると判断し

平衡感覚が保てなくなります。

 

しかし、これだけなら

平衡感覚が無くなるだけで

気持ち悪くはなりません。

 

気持ち悪くなる理由は目から

入ってくる情報とのズレが原因です。

 

体の動きを止めた後は

三半規管の中をリンパ液が

グルグル流れていますが

景色は止まった状態です。

 

脳は三半規管と目から入ってくる

情報のギャップで混乱してしまい

その時に自律神経の働きが乱され

この自律神経の乱れによって

体は様々な影響を受けるのです。

 

車酔いや乗り物酔いになる原因も

基本的にはこれと同じで

乗り物に乗っている時は

様々な揺れがあります。

 

その揺れにより、三半規管の中の

リンパ液は常に揺れている状態に

なりますが

 

実際には乗り物は移動しているので

ずっと景色は流れ続けます。

 

そのため、三半規管と

目からの情報のズレが起き

目が回った時と同じように

自律神経の働きが乱されてしまうの

です。

 

 

目が回った時に自律神経が

受ける影響には、個人差があり

フィギュアスケーターの方などは

 

スピンの練習を積んでいるため

回リ続けても全く平衡感覚が乱されず

微妙なバランス感覚が必要な

スケートをし続けることができます。

 

また、運転すると

酔わないのに助手席などに座ると

吐き気をもよおすという人は

運転している間は

脳が予測した情報とズレを修正して

いるからと考えられています。

 

しかし、最近の研究では

三半規管が過剰に反応し

乗り物酔いが起こるのは

耳の機能が未熟な子供だけで

 

三半規管が十分発達した大人の場合

原因は三半規管が受ける刺激だけでは

説明できないという報告が注目され

 

酔いやすい状態を引き起こす

要因としては

  • 空腹時

  • 満腹時

  • 睡眠不足

  • 心理的理由

  • 過労

  • 強い光

  • 車内や排気ガスのにおい

  • 過去のトラウマ

  • 年齢

などが原因となることが

あると言われています。

 

ただ同じ酔いでも、お酒に

酔ったときはアルコールが

分解される過程でできる

アセトアルデヒドの作用によるもので

 

自律神経系の乱れによっておこる

車酔いや乗物酔いとは

メカニズムが異なります。

 

 

また最近は、乗り物酔いだけではなく

「3D酔い」に悩む人も多く

 

3D酔いとは、3Dの映画や

ゲームなどを視聴中に発生する

車酔いと同じような症状のことで

 

さまざまな情報が飛び込んで

くるために視覚情報と体感情報の

バランスが崩れ

 

気持ち悪さやめまいなどを

感じるようになるのです。

Sponsored Links



吐き気や頭痛にあくび?車酔いや乗り物酔いの症状とは?

 

車酔いや乗り物酔いは

2~3歳ぐらいから起こりはじめ

年齢が上がるごとに増えていきますが

 

小学生・高学年をピークに

その後は乗り物に慣れることで

だんだん減っていきます。

 

 

ただ、乗り物酔いというと

吐き気や嘔吐してしまう

イメージがあるかもしれませんが

さまざまな症状が現れます。

 

では、具体的にどんな症状が

現れるのでしょうか?

 

車酔いの大本の原因は

体の機能を自動的にコントロール

している「自律神経」の働きが乱れ

症状が起こるので

 

脳が「異常な刺激を受けている」

警報を鳴らしている状態です。

 

警報を無視し続けていると

症状が悪化してしまうことがあり

実際に自律神経が刺激され興奮すると

 

その刺激は視床下部というところから

下垂体へと伝わり、それにより

沢山のストレスホルモンが分泌され

 

個人差はありますが

酔っている人と酔っていない人を

比べた場合、ストレスホルモンの

分泌量の差は正常値のおよそ10倍と

言われています。

 

前兆症状としては

  • 頭が重く感じる

  • 頭痛がする

  • つばが出て唾液がたまる

  • あくびが出る

  • 顔色が悪くなる

  • 胸焼けがする

などがあり、これらの症状が

現れた時には早めに乗り物から

降りれば、通常は症状が治まって

きます。

 

 

しかし、症状が悪化した場合

  • 胃のムカつき

  • 吐き気

  • 呼吸が荒くなる

  • 顔面蒼白になる

  • 冷や汗が出る

  • 手足が冷たくなる

  • めまいがする

などの症状が現れ

 

さらに悪化すると

嘔吐をしてしまう人もいます。

Sponsored Links



車酔いや乗り物酔いしない方法や対策は?

 

車酔いや乗り物酔いは

三半規管と大きく関係していると

言われていますので

 

逆に三半規管を鍛えれば乗り物酔いを

しなくなるとも言われています。

 

 

くるくると何度もスピンをする

フィギュアスケートの選手や

体操の選手などは

訓練により三半規管が

鍛えられているそうで

 

平こう感覚を鍛えることが

大切だとわかります。

 

ただ個人差も大きいのですが

物事には順序があるので

少しずつバランス感覚を鍛えて

行きましょう。

 

具体的には

  • 後ろ歩き

  • 目をつぶって歩く

  • でんぐり返し

  • 片足で立つ

  • 動体視力を鍛える

など自宅でも気軽にできる

運動に挑戦してみましょう。

 

しかしながら、効果を実感できる

前に車で外出しなければならない

場合には、極力酔わない為に

  • スマホや読書は避ける。

  • 芳香剤など匂いが
    きついものは使わない。

  • 食べ物を持ち込まない。

  • きついベルトや衣服は緩める。

  • 空腹や満腹状態で車に乗らない。

  • 「酔うかも」と考えない。

  • 睡眠不足や体調の悪いときは
    避ける。

  • 車窓の近くは見ないで
    遠くを眺める。

  • 時々窓を開け自然の風を受ける。

  • 肩や首回りの筋肉をほぐす。

  • 市販の酔い止め薬を事前に飲む。

  • なるべく進行方向を向き
    体をできるだけ安定させる。

 

などを心がけましょう。

 

特に

  • 寝不足

  • 空腹

  • 読書

  • 急発進・急ブレーキ

の4拍子が揃ったとき

 

人が酔う人の割合は85%以上にも

なるといった研究結果がありますので

 

できることから

車酔いや乗り物酔いしない方法や

対策を心がけましょう。

Sponsored Links by rakuten

車酔いや乗り物酔いしたら?治し方や解消する飲み物やツボは?

 

車酔いや乗り物酔いの酔い防止薬は

乗車前30分~1時間前に

服用するものが一般的で

 

乗り物酔いへの不安がある時は

あらかじめ酔い止めの薬を飲んで

おくことが鉄則です。

 

エスエス製薬
アネロン「ニスキャップ」

 

日邦薬品工業株式会社
シャドーゲン

 

★クチコミで人気の乗り物 酔い止め薬★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

しかし、予防や対策のかいなく

車酔いや乗り物酔いしたら

治し方や解消法にはどのような

ことを心がければよいのでしょうか?

 

まず、手首の内側にある「内関」の

ツボは乗り物酔いに効果があるので

優しく揉みほぐしてみてください。

 

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

また、酔い止めに効果がある

食べ物や飲み物としては

甘いものは、 血糖値を上げ

脳を活性化してくれる働きがあり

 

梅干しは食べると大量の唾液がでて

その唾液が三半規管のバランスを

整えてくれ

 

そして、炭酸水などは胃の調子や

自律神経を整えてくれる働きが

あります。

 

更に、どうしても具合が

悪くなった時は我慢をせずに

周囲の人に相談をすることも

必要です。

 

車酔いや乗り物酔いを

発症した場合には

換気をよくし、衣服を楽にし

可能ならば乗り物から降ります。

 

遠くの景色などあまり変化のない

物を眺め、できれば頭部を冷やし

動かさないようにすし

 

抗ヒスタミン薬や鎮吐薬を

内服しましょう。

 

また、嘔吐を繰り返して

脱水に陥った時には

点滴する必要があり

 

治らない、あるいは大人になってから

初めて乗り物酔いをした人は

耳や脳に疾患があるケースも

 

ありかかりつけ医に相談するか

耳鼻科で診察を受けましょう。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

車酔いや乗り物酔いについては

伝わりましたでしょうか?

 

 

乗り物酔いをしてしまうと

せっかくの旅行もドライブも

苦痛でしかありません。

 

車酔いになる原因は

三半規管と目からの情報のズレが

引き起こす自律神経の乱れや

 

その他にも乗り物の環境や体調に

よるものもあります。

 

ただ、乗り物酔いをしやすい人は

乗る前のちょっとした対策で

緩和もできる事もあるので

 

自分に合った方法で

乗り物酔いとサヨナラし

お出かけを楽しんでくださいね。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten