「酵素パワー」という洗剤や

「酵素ドリンク」など

テレビコマーシャルなどでも

よく見かける「酵素」。

 

kouso-004

実は、私たちの身体にも

それこそ数え切れないほどの

酵素が含まれています。

 

その為、人間にとっても

酵素はとっても大切ものですが

その生命を維持していくために

大切な働きをしてくれる酵素も

年齢と共に減少していって

しまうことも。

 

しかし実は、そのことで多くの方

聞いたことはあるけど

「いったい酵素ってなに?」と

お悩みのご様子。

 

イラスト

 

そこで今回は

酵素ってなに?主成分は?

酵素は何にいいの?働きとは?

酵素不足の原因は?

酵素の取り方は?
気をつけたいその性質とは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links

酵素ってなに?主成分は?

 

今や酵素という言葉を

見ない日はないと言えるほど

多くの商品にその言葉が使われて

いますね。

aojiru_woman

ですが実際に「酵素ってなに?」と

聞かれても答えられない方も

多いと思います。

 

昔は栄養学では

  • 炭水化物
  • タンパク質
  • 脂肪

の三大栄養素が人間が

生きていく上で必要な栄養素

とされていました。

 

しかしその後、炭水化物を摂っても

それだけではエネルギーとして

うまく代謝しないということで

ビタミン、ミネラルが加わり

今では五大栄養素となりました。

 

さらに、体内では消化されないからと

それまで見過ごされてきた

食物繊維も大切な栄養素として

6番目に加わりました。

 

ところがそういった

ビタミンやミネラルよりも

生命を維持する上でもっと

大切なものとして注目されているのが

「酵素」です。

 

0-55

 

 

酵素の重要性を説いたのは

アメリカ人の医学者

エドワード・ハウエル博士で

1985年に博士が書いた

「酵素栄養学」では

 

酵素と食事、健康について

書かれ、現在の多くの酵素に関する

本や学説がこの影響を受けています。

 

酵素と聞くと「消化酵素」など

連想されると思いますが

しかし、酵素は食べたものを

消化吸収するばかりでなく

 

息をしたり、筋肉を動かしたり

多くの生命活動に関与しています。

 

イラスト

 

つまりもし、酵素の働きがなければ

人間も動物も生きることが

できません。

 

酵素の主成分は、簡単に言えば

ミネラルの周りにタンパク質が

巻き付いたタンパクの一種。

 

生物の細胞内で作られて

消化や呼吸などを助けてくれる

スーパーアシスタント。

 

実は、人間が生活する空間にも

酵素はたくさんあり

 

洗剤や洗顔料といった

「汚れを落とす酵素」や

果物や野菜、味噌や納豆に含まれる

「食物酵素」など、数え切れないの

ほどあり

たとえば消化酵素として有名な

「アミラーゼ」は

唾液の中に含まれているもので

デンプンを分解する酵素。

 

images

 

現在発見されている酵素の数は

数千種といわれ

酵素の大きさは、種類ごとにも

異なりますが

約5~20ナノメートル。

 

どの酵素も顕微鏡を使っても

見ることができないほど

小さいもので

 

今後も新しい酵素がどんどん

発見されていくことでしょう。

Sponsored Links

酵素は何にいいの?働きとは?

 

そもそもこれだけ知名度のある

酵素は何にいいのかですが

 

119615

 

人間にとっての酵素の働きは

食べ物の消化を始め、皮膚の新陳代謝

血液の循環など体のあらゆる

働きに関わり

エドワード・ハウエル博士の

酵素栄養学では

 

酵素をその働きにより大きく

「消化酵素」

「代謝酵素」

「食物酵素」

の3種類に分けています。

 

「消化酵素」と「代謝酵素」は人間

の体内で作られ

 

消化酵素は食べ物を分解する役割が

あり、代謝酵素は栄養素を利用し

体の修復や再生をする役割があり

どちらも生命活動には欠かせません。

 

これだけでも、身体にとってとても重

要な働きがあることがわかりますね。

 

生きている時にしか起きない

呼吸や脈拍、筋肉を動かすといった

生命活動のことを「生体反応」といい

 

このような体内で起こるあらゆる

生体反応の全てを

酵素が担っています。

 

obaasan_woman_tasukeai1-1

 

その為、炭水化物や脂肪や

ビタミンなど、体に必要な栄養素を

ただ摂取しただけでは効果はでず

 

そこに酵素が働くことで初めて

その栄養素がエネルギーに変換され

作用していきます。

 

また、栄養サプリメントなど飲んでも

今ひとつ効き目が現れないという

経験をお持ちの方も多いの

ではないでしょうか?

 

この問題を解く鍵も酵素にあり

いくらビタミンやミネラルを摂っても

酵素がなければ身体の中で

十分に働けません。

 

イラスト

 

つまり、酵素あっての

ビタミンやミネラルなのです。

 

その為、ビタミン・ミネラルは

主に酵素の働きを助ける意味で

「補酵素」と言われるくらいです。

 

つまり、酵素がないと

必要な栄養素をいくら摂取しても

エネルギーに変わることが

出来ません。

 

また、不足するとすぐに体調に現れ

  • やる気が起きない
  • 消化不良
  • 肌の不調
  • 疲れやすくなる
  • 免疫力が低下

などが起こる可能性があり

 

健康的で若々しい生活のためにも

酵素は重要なのです。

Sponsored Links

酵素不足の原因は?

 

酵素不足になる原因は

食習慣を主とする

生活習慣の乱れが大きな要因です。

 

images-1

 

その為、暴飲暴食をする方や

お肉の好きな方は要注意。

 

肉といえばタンパク質ですが

人間の体は、このタンパク質を

留めておけない構造なので

消化酵素がフル出動となり

 

どうにか体に吸収できる栄養素に

分解しようとがんばり

すぎてしまいます。

 

また、体内にもともと存在する2つの

酵素を「潜在酵素」と言い

この他に酵素の種類には

 

食物に含まれる「食物酵素」が

存在し、その名のとおり

食物に含まれる酵素のこと。

 

潜在酵素の生産能力は加齢により

減少し、しかも一生の間に

生成できる酵素の量には限りが

あることから、食べ物から酵素を

補給する必要があります。

 

しかし、生野菜や果物をあまり

食べない方は

その食物酵素不足になりがちです。

 

gatag-00001348

 

さらに食生活のみならず

夜更かしも酵素不足の原因と言われ

人間の体内で生成される2つの酵素が

作られるのは眠っている間。

 

起きている間は様々な行動をするのに

酵素は大忙しなので、眠っている間に

新しく生成され、補われますが

夜更かしして寝不足になりがちな

人は酵素不足になりやすくなります。

 

そしてストレスも

酵素不足の要因のひとつと言われ

 

ストレスを溜め込むと

消化酵素の働きを活性化させる

「セロトニン」という物質が

減少するいう報告があります。

Sponsored Links by rakuten

酵素の取り方は?気をつけたいその性質とは?

 

不足しがちな酵素を増やすには

外から取り入れる方法があります。

 

18

 

その為には、食物酵素を多く含む

食品を摂取することが大切です。

 

酵素は何に含まれているかといと

特に生の肉や魚、生野菜や果物に

酵素が入っています。

また、納豆や味噌、つけものなど

多くの発酵食品にも

酵素が豊富に含まれています。

 

ただ、発酵食品には大量の塩分が

含まれているので

摂りすぎには注意しましょう。

 

この食べ物や発酵食品に

含まれている酵素のことを

「食物酵素」といい

 

焼き魚には大根下ろしがついて

いますが、あの大根おろしの酵素は

焼き魚と一緒に食べると

食物酵素として消化を助けてくれる

ため理にかなっているのです。

 

1日に摂取すると良いと言われる

食物酵素は

野菜350g、果物200g

というのが、ひとつの目安です。

 

酵素が多いと言われる食べ物は

  • アボカド
  • トマト
  • キャベツ
  • レタス
  • きゅうり
  • キウイ
  • パイナップル
  • にんじん
  • たまねぎ
  • ねぎ

などが上げられます。

 

特にアボカドやトマトはその量が

多いので有名です。

 

また、人体で生成される酵素が

どのように作られているか

この説明に欠かせないのが

腸内細菌です。

 

イラスト

 

人間の腸内には

実に1000種類以上の細菌が住み

よく「善玉菌」や「悪玉菌」などと

いう言葉を耳にしますが

 

これらの他に「日和見菌」という

普段は何もしない無害な菌が多く

存在しています。

 

しかし日和見菌は、悪玉菌が増えると

一緒になって悪さをします。

 

そしてその沢山の細菌が腸内で

おこなっている事こそ

酵素の生成なのです。

 

細菌はその名の通り菌なので

菌は生き物ですから、生きるために

「エサ」が必要です。

 

そのエサは、人間が普段食べている

食事のタンパク質やミネラルなど

これらを栄養分に、細菌が酵素を

作り出すのです。

 

善玉菌も、悪玉菌も、勿論日和見菌も

それぞれ酵素を作り出しますが

良い酵素を沢山発生させるための

一番の近道は善玉菌を増やすこと。

 

善玉菌が良い働きをしてくれると

腸内酵素を増やす事ができるのです。

 

善玉菌を増やすには

乳酸系の発酵食品が良いので

ヨーグルトや味噌を

合わせた自家製の漬物を漬けるのが

おすすめです。

 

 

ただ、材料がタンパク質なので性質上

酵素は熱に弱く

 

一般的に酵素が耐えられる温度は

50度~70度くらいまでです。

 

つまり、加熱した食べ物に

酵素の働きはなく

 

このため、普段の食生活において

加熱したものばかりたべず

酵素の入っている食品を摂るように

心がける必要があります。

Sponsored Links by admax

今回の記事のまとめヽ(´▽`)/

 

いかがでしたか?

酵素ってなに?については

伝わりましたでしょうか?

 

イラスト

日常の食事で発酵食品や生野菜

果物を摂っていれば酵素が

不足することはありません。

 

食生活が乱れがちな人や

体の調子を整えたい人なら

酵素パワーは比較的実感しやすいと

思います。

 

しかし、様々な健康食品でも

「酵素」とつくものが発売されて

いますが作られる過程で

加熱されてしまっていては

酵素としての働きが期待できません。

 

これらを意識して酵素を

うまく利用してくださいね。

 

Sponsored Links by admax

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事