不整脈や徐脈?今さら聞けない高カリウム血症の症状とは?検査と診断に治療薬は?気をつけたい食事のメニューとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

血液検査でなど「K」という項目で

表記されるカリウムは

ミネラルの仲間ですが

 

その数値が高いか低いかということを

気にしたた事はありますか?

 

 

実は、人間にとって身近な食物から

摂取できるカリウムは

体内での貯蔵量が過剰になると

「高カリウム血症」という

症状を引き起こします。

 

高カリウム血症を起こす原因には

さまざまな物が考えられますが

初期段階では無症状であったりする為

注意が必要です。

 

その為、そもそもこのカリウムとは

どのような役割を果たしているかや

治療法や予防法について

知っておくことは大切です。

 

そこで今回は

今さら聞けない高カリウム血症とは?

不整脈や徐脈?高カリウム血症の
症状とは?

高カリウム血症の検査と診断に
治療薬は?

高カリウム血症の食事のメニューは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。

Sponsored Links



今さら聞けない高カリウム血症とは?

 

細胞にとってカリウムとは

機能維持するために必要不可欠な

ミネラルのひとつで

 

カリウムは

  • 果物
  • 海藻類
  • 野菜
  • 魚介類

などの食物に多く含まれていますが

 

食品の加工や精製度が進むにつれて

その含量は減っていきます。

 

 

特に、日本人はナトリウムの摂取量が

多いため、ナトリウムの尿中排せつを

促すミネラルであるカリウムを

摂取することの重要性が述べられ

 

成人の1日のカリウム摂取の目安量は

男性が2500mg

女性は2000mg

とされています。

 

そして、体内のカリウムは大部分が

細胞のなかにあり、血液中など

細胞の外に存在するのはわずかで

 

体内に吸収されたカリウムの

約98%は細胞内にあると言われ

そして残りの約2%は細胞外部位に

あると考えられています。

 

しかし、細胞の中と外の

カリウム濃度のバランスは

とても重要で

 

細胞内に多く含まれるカリウムは

神経や筋肉の興奮やその情報を

伝達する役割をするため

 

カリウム濃度が異常値を示すように

なると、細胞はうまくはたらけ

なくなってしまいます。

 

本来、カリウムは食物として腸から

吸収され90%以上が尿として

排泄されますが

 

その調節をしているのが

副腎ホルモンです。

 

そのため血液検査を行ったときに

カリウムの数値を調べることで

腎臓・副腎などの機能も知ることが

できます。

 

そして、カリウムの基準範囲は

「3.6~5.0mEq/L」で

 

「mEq(ミリイクイバレント)」は

ミリは1000分の1を表し

mEqはある溶液の中に電荷を

持った粒子がいくつあるのか

という指標です。

 

高カリウム血症とは

血液中カリウム濃度が

「5・5mEql以上」の場合をいい

このような状態では細胞の働きは

低下し、様々な症状を引き起こし

ます。

 

 

さらに、カリウムは心臓の筋肉に

大きく関係しているので

 

もし、血液検査の結果カリウムが

「6.0mEq/L以上」になると

危険な不整脈の原因となり

 

心停止のリスクが大きくなると

考えられています。

 

カリウムが高値のときに考えられる

原因としては

  • カリウム過剰摂取

  • 薬物
    (βブロッカー、ジギタリス)

  • 副腎皮質機能不全

  • アジソン病
    (慢性副腎皮質機能低下症)

  • 先天性溶血性貧血

  • 腎不全

  • 高K血症性周期性四肢麻痺

  • アシドーシス
    (血液が酸性に傾く)

などが考えられ

 

特に、軽度の高カリウム血症の

原因としては降圧薬の一種で

腎臓への血流を減らす薬や

 

腎臓が正常な量のカリウムを

排出するのを阻害する

薬による影響が考えられます。

Sponsored Links



不整脈や徐脈?高カリウム血症の症状とは?

 

高カリウム血症の症状として

軽度の高カリウム血症では

症状がほとんどありませんが

 

筋力低下にもつながる神経筋症状や

弛緩性麻痺が認められることも

あります。

 

 

また、高カリウム血症にかかると

心房停止などの徐脈といった

心電図異常が起こることもあり

 

高カリウム血症の症状の現れ方は

  • 悪心(おしん)
  • 嘔吐
  • しびれ感
  • 知覚過敏
  • 脱力感
  • 不整脈
  • 動悸

などが主な症状です。

 

ただ、重度の場合は

心室細動や心停止といった事態に

及ぶ危険性がありますが

 

通常は心毒性が現れるまでは

ほとんど無症状です。

 

しかし、注意したいのは

災害現場でがれきなどに

身体を挟まれていた人が救出された後

 

突然容体が悪くなって死亡する

「クラッシュ症候群」も

高カリウム血症が関わってきます。

 

身体を挟まれて圧迫されていくうちに

筋肉の壊死が始まりますが

救助され血流が滞っている

 

状態だったのが、長時間の圧迫から

解放されることで血液が再灌流し

 

壊死した細胞から一気にカリウムが

流出してカリウムの血中での量が

多くなることが影響しています。

Sponsored Links



高カリウム血症の検査と診断に治療薬は?

 

高カリウム血症は

合併している病気から

カリウム上昇の原因は予想できる

ことが多いのですが

 

血液中のカリウム濃度を

測定して診断したり

  • 動脈血ガス分析
  • 心電図検査
  • 腎機能検査
  • 尿検査
  • 副腎皮質ホルモンの測定

などが併せて行われます。

 

 

治療としては、原因になっている

状態を改善することが大切ですが

 

高カリウム血症が悪化すれば

命に関わることもあるため

血液中のカリウムを減らす治療が

行われます。

 

具体的に、まず食事でカリウム制限を

行い、治療薬として

イオン交換樹脂製剤で

カリウムの吸収を抑えます。

 

また、利尿薬により尿中への排泄を

促したり、アルドステロン作用をもつ

ホルモン薬を投与することも

あります。

 

さらに、重症の高カリウム血症で

緊急に治療が必要な時は

グルコン酸カルシウムで重症の

不整脈を予防したり

 

重曹を投与し、酸性に傾いた血液を

中和します。

 

しかし、高カリウム血症が

疑われる患者に接する際

採血の段階から特に注意しなければ

いけない事があります。

 

高カリウム血症が疑われる場合でも

局所的に血清カリウム値が

偽性上昇となっている可能性があり

 

これを「偽性高カリウム血症」と

呼びます。

 

 

例えば、何度も手を握ったり

強く握った状態でいると

前腕の筋肉からのカリウムが

局所的に増えることがあり

 

検査結果に溶血が影響する

可能性も考慮しなくてはいけません。

 

また、溶血は静脈穿刺時の

機械的溶血のほか

採血スピリットを振りすぎて

起こることもあり

採血の際に細い針を使って

 

急に血液を吸引したり

血液検体を過度に撹拌しないように

しなければいけません。

 

さらに、検体を長時間放置した状態は

細胞内からカリウムが移動するという

現象も発生するため

 

そのような状況になっていないか

どうかも、チェックすることが

重要です。

 

そして、クラッシュ症候群への

対処として

 

高カリウム血症による心不全を

引き起こさないためにも

緊急透析や人工呼吸器による

呼吸管理など、医療従事者による

対応が必要ですが

 

救出後に現場では応急処置として

圧迫されている身体の部位よりも

心臓に近い部分をタオルで縛ったり

経口での水分補給といった応急処置し

 

救出された後に直ちに医師の診断が

受けられるように対処することも

重要です。

 

救出された患者が病院に

搬送された後は、血液浄化法などの

処置が取られます。

Sponsored Links by admax



高カリウム血症の食事のメニューは?

 

高カリウム血症の食事療法として

食事のメニューは

カリウムを含む食材を避けることで

治療を行います。

 

 

あくまで健康な人は

カリウムの調整は自然に行われるので

必要以上に考える必要はありませんが

 

血液検査でカリウム値が高いと

指摘された方は、カリウムが多く

含まれる食品の摂取を少し控える

ようにしましょう。

 

カリウムはナトリウムと比べる

とあまりなじみはないですが

カリウムは野菜や豆類などに

豊富に含まれ

 

たとえば焼き芋や納豆、バナナは

カリウムの含有量が多い食品です。

 

特に果物の摂りすぎを控える

必要があり、摂取量には十分注意する

必要があるでしょう。

 

詳しいカリウムの含有量はこちら>>

 

また、カリウムは水溶性のミネラル

なので、調理する際にゆでたりする

ことで含有量を減らすこともでき

 

目安や原因となる病気の可能性に

ついては、医師に確認するように

してください。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

高カリウム血症については

伝わりましたでしょうか?

 

 

高カリウム血症は

いずれも特に初期状態であれば

無症状であることが多く

 

さまざまな原因が考えられるため

疑わしい場合には一度、医療機関に

相談しましょう。

 

特に、診断や治療に当たって

原因の特定が重要です。

 

しかし、高カリウム血症は

基礎疾患によるものや、薬の服用に

よっても起こりますが

 

高齢になるほど体に不調が出るもので

病気を発症してしまうと

高カリウム血症のリスクが

高まることもあります。

 

そうならないために大切なのは

やはり普段から健康に気を使うと

いうこと。

 

Sponsored Links by admax



 

健康を意識し、体のためになる

生活習慣を取り入れていくように

してくださいね。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク