骨がスカスカになり骨折しやすく

なる骨粗しょう症(骨粗鬆症)は

今はその名前も有名になりましたね。

 

images

 

癌などのように直接命に関わる事は

ありませんが、高齢者の場合

骨折により寝たきりになることもあり

十分注意が必要な病気です。

 

しかし、実は骨粗鬆症は

自覚症状の乏しい病気です。

 

気がついたときには病状がかなり

進行していたということも

少なくありません。

 

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

images

 

そこで今回は

骨粗鬆症とは?骨折しやすい部位は?

骨粗鬆症の自覚症状は?

骨粗鬆症を治すには?
治療の薬の副作用は?

骨粗鬆症を予防する食事や食べ物は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



骨粗鬆症とは?骨折しやすい部位は?

 

骨粗鬆症とは

骨の中がスカスカの状態になり

骨強度が低下し骨がもろくなる病気で

わずかな衝撃でも骨折をしやすく

なります。

 

20110729_2262700

 

骨粗鬆症いえば

骨密度の低下が関係して

骨折しやすくなるとして知られ

予防にあたっても「骨密度」を

中心に考えられていました。

 

しかし、最近の研究から

骨密度がある程度保たれていても

骨折する骨粗鬆症があることが分かり

 

その原因として

人によって「骨質(こつしつ)」に

違いがあることが明らかに。

 

そこで、骨粗しょう症の定義は

「骨強度が低下し
   骨折しやすくなる骨の病気」

とあらためられ

 

「骨強度」には

  • 骨密度が70%
  • 骨質が30%

が関係していると

今では考えられる

ようになってきています。

 

つまり、骨密度の低下と骨質の劣化

その両方が影響しあって

骨粗鬆症による骨折リスクが高まる

病気ということです。

 

ただ、骨粗鬆症で注意が必要なのは

重大な合併症である骨折。

 

高齢化に伴う骨粗しょう症の

患者数の増加とともに増え

とくに骨折しやすい部位は

  • 椎体
  • 大腿骨近位部
  • 橈骨(とうこつ)
  • 上腕骨

なかでも大腿骨近位部を骨折すると

歩行が困難になり、要介護状態に

なる人もいるため骨折の予防対策は

とても重要です。

 

また、骨粗鬆症を誘発しやすい

因子として

考えられているものには

女性の高齢者以外にも

  • たばこを吸っている
  • 過度のアルコール摂取
  • ステロイド剤を使用
  • 過去に家族が骨折している
  • 運動不足
  • 転倒しやすい
  • 骨吸収マーカーが高い値
  • 低体重
  • カルシウムの摂取量が少ない

などがあり

誰でも骨粗鬆症になる危険性は

あるのです。

 

一生涯を健康に送るために

骨粗しょう症とは何かを知り

予防を心がけましょう。

Sponsored Links



骨粗鬆症の自覚症状は?

 

骨粗鬆症は現在

日本には約1000万人以上の

患者さんがいるといわれ

高齢化に伴ってその数は増加傾向に

あります。

 

photo_6

 

 

原因は加齢によるカルシウム吸収の

悪化です。

 

しかし、骨粗しょう症はお年寄りの

病気だと思われてがちですが

女性は閉経が近づく40代後半から

骨密度の低下が始まります。

 

その背景として

女性ホルモン(エストロゲン)が

低下すると、骨粗鬆症を引き起こす

ことが知られています。

 

骨の健康チェックとして

20~44歳の健康な「成人」の

骨密度平均値を100としたとき

そこから2割までの減少なら

正常といえ

 

2~3割の減少が「骨量減少」

3割以上減少している場合には

「骨粗鬆症」と診断されます。

 

骨粗鬆症は

サイレント・ディジーズ
        (静かな病気)

といわれるように、静かに進行して

いきます。

 

自覚症状はあらわれないため

骨密度測定を受けて

確認などしない限り

病気が進んでいることに

気付くことは困難です。

 

その為、立ち上がるときや

重いものを持つとき

背中や腰が痛むという

自覚できる症状が表れるのは

かなり症状が進行していることが

大半です。

 

%e9%aa%a8%e3%81%8c%e7%97%9b%e3%81%84

 

さらに骨粗鬆症の症状が進むと

背中や腰の激しい痛みで寝込んで

しまったり、ちょっとした事で

骨折するようになります。

 

こうなると、背中の曲がり方も

ひどくなり、身長の縮みが

目立つようになります。

 

その為、骨粗しょう症と診断されたら

早めに治療を始めて

骨折を防ぐ必要があります。

Sponsored Links



骨粗鬆症を治すには?治療の薬の副作用は?

 

では、骨粗鬆症と診断された場合

治すにはどのような治療方法が

あるのでしょうか?

 

images-2

 

骨粗鬆症を治すには

薬が治療の中心となります。

 

骨粗鬆症の治療薬は

その作用によって3種類に分けられ

  • 骨が溶けるのを抑える薬

  • 骨の形成を助ける薬

  • 骨代謝の吸収と形成を
    調節する薬

があります。

 

薬物療法の中心は

骨吸収を抑え骨形成を促して

骨密度を増加させる

「ビスフォスフォネート」

 

骨粗しょう症に伴う痛みを除き

骨を強くする効果がある

「カルシトニン製剤」

 

骨新生を促進する

「PTH製剤」

 

ひとりひとりの病状に合わせた

「カルシウム製剤」

「女性ホルモン製剤」

などが用いられます。

 

images-6

 

しかし、骨粗鬆症の薬を

服用するときに注意したいことには

症状によっては、いくつかの薬を

組み合わせて治療していくため

 

安全でしっかりと効果が出るように

服用する方法が決まっています。

 

危険をともなうため同時に

使用してはいけない薬や

服用直後は食事をしてはいけない

などもあるので

 

必ず医師や薬剤師の指示に

従って服用する必要があります。

 

 

また、使用される主な治療薬には

副作用を引き起こすケースも

あります。

 

女性ホルモン製剤では

乳癌や子宮体癌の発症率が

高まります。

 

ただ、別の女性ホルモン

「プロゲステロン」を組み合わせて

投与することで

子宮体癌の発症率は低下します。

 

カルシトニン製剤には注射直後に

  • 顔面の紅潮
  • 吐き気
  • まれにアレルギー反応

がみられるケースもあります。

 

ビスフォスフォネート製剤は

正しく服用できなかった際に

胃腸障害などを引き起こす

可能性があります。

 

服用する際には医師から十分な説明を

受けた上で治療に望みましょう。

 

また、加齢や閉経以外にも

食事や運動の習慣などが骨粗鬆症に

深く関わっていますので

食事や運動など生活面での

注意も必要です。

Sponsored Links by rakuten

骨粗鬆症を予防する食事や食べ物は?

 

しかし、骨粗鬆症の一歩手前の

「骨量減少」と診断された場合は

薬物治療が行われることもありますが

食事療法と運動療法が中心と

なります。

t03_01

 

特に食生活を含めた生活習慣の改善が

骨粗鬆症の予防につながります。

 

食生活ではカルシウム摂取量が

不足とならないように心がけ

1日3回規則正しくバランスのとれた

食事を実践することが重要です。

 

厚生労働省の栄養調査によると

現在の日本人は

  • 糖質
  • 脂質
  • たんぱく質
  • ビタミン
  • ミネラル

のすべての栄養素を十分とって

いるにもかかわらず

 

唯一カルシウムだけは所要量に

達していないという報告もあります。

 

また、現代の食生活では

カルシウム不足もさることながら

食品添加物を多く含む加工食品の

摂取により、体内のミネラル

バランスの崩れも骨を弱くしいる

原因と考えられています。

 

予防するためにも、治していく

ためにも、カルシウムと

カルシウムの吸収を助ける

ビタミンDを多く含む食べ物を

とることが大切です。

 

163201

 

 

1日に必要なカルシウムの

摂取量は650mg~700mg。

 

カルシウムは

  • 乳製品
  • 大豆製品
  • 小魚
  • 緑黄野菜
  • 海草

などに多く含まれています。

 

特に、カルシウムの吸収率において

小魚が約33%、野菜が約19%

なのに対し牛乳は約40%と

高い吸収率を誇ります。

 

毎日の食事に意識的に

取り入れてみてくださいね。

 

そして、運動療法としては

無理に激しい運動をする必要は

ありませんので

 

ウォーキングや水泳などでも

継続して行えば効果が期待できます。

 

運動で骨に力がかかると

骨に弱いマイナスの電気が発生し

カルシウムを呼び寄せる力が

でてきます。

 

そして、運動は骨の血液の流れを

よくし、骨をつくる細胞の働きを

活発にする効果があり

骨折の防止にもつながります。

 

まずは、毎日散歩や自転車乗りから

始めていきましょう。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

骨粗鬆症とは?

骨折しやすい部位や自覚症状

については伝わりましたでしょうか?

 

sutoreti

 

骨粗鬆症は予防が大切な病気です。

 

国内の骨粗しょう症患者は

女性が約800万人で

男性が約200万人と推定されており

骨粗しょう症患者の80%以上が

女性です。

 

しかし、高齢化社会が進むにつれ

さらに増加していく傾向にありますが

骨粗鬆症は、ほかの生活習慣病と

同様に初めは自覚症状が

あらわれにくい病気です。

 

少しでも不安になるなど

気にかかる場合は

医療機関に相談することを

おすすめします。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事