運動不足になりがちな現代人にとって

適度にスポーツを行う事は

体調維持にとっても

 

ストレス発散にも効果があると

言われています。

 

 

しかし、久々の休日にスポーツをした

翌日以降に筋肉痛で困ったという

経験をした人は多いと思います。

 

しかし、筋肉痛は酷くなると

生活に支障がでることもあります。

 

筋肉痛とは

筋肉をかなり使った翌日に

筋肉が痛くなるというイメージが

一般認識ですが

 

細かい所まで掘り下げると

実は意外な事実もあるのです。

 

「頑張った証拠!」と喜んでいて

良いのか、それとも頑張りすぎを

体が警告していると捉えるべきか。

 

実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

そこで今回は

筋肉痛の原因とは?

筋肉痛が治らない時はシップに
サウナ?早く治る方法は?

筋肉痛に効くおすすめの
市販薬やサプリは?

予防するストレッチやマッサージの
効果は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

★関連記事★

なぜ筋肉痛はおきる?そのメカニズム
や意外な予防法とは?ひどい時の治し
方や効く効果的な食べ物に市販薬でお
すすめは?

★記事はこちら>>>★

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



筋肉痛の原因とは?

 

筋肉痛とは

運動に伴って起こる筋肉の痛みの

ことで、一般的には負荷のかかった

運動が終わった数時間後から

翌日~翌々日というように

時間を置いて起こることから

「遅発性筋肉痛」
(ちはつせいきんにくつう)

と呼ばれます。

 

 

特に慣れない運動を行ったときや

普段使わない筋肉を酷使した場合

などに顕著に現れます。

 

人間が体を動かす時には、筋肉を

収縮させて力を発揮していますが

筋肉の収縮運動は主に

 

伸びながら力を発揮する

  • 伸張性運動
    (エキセントリック)

重い荷物を下ろす、階段を下りるなど
縮みながら力を発揮する

  • 短縮性運動
    (コンセントリック)

重い荷物を持ち上げる
階段を上るなど伸縮なく力を発揮する

  • (’等尺性運動)
    アイソメトリック

など3種類に分けられます。

 

このうち、特に筋肉痛に

なりやすいのが伸張性運動です。

 

筋肉を伸ばすときのほうが

筋線維への負荷が大きくなるので

損傷が起こりやすくなります。

 

しかし、意外かもしれませんが

筋肉痛のメカニズムは

医学的にははっきりと解明されて

いません。

 

乳酸という疲労物質が筋肉に

溜まるというイメージをもって

いる方は多いと思いますが

 

たしかにかつては運動したときに

生じる疲労物質「乳酸」の蓄積が

原因とする説もありましたが

 

しかし、実は乳酸が筋肉痛の原因は

その矛盾点から否定的な見方が強く

 

現在は、運動によって傷ついた

筋線維を修復しようとするときに

起こる痛みという説が有力と

なっています。

 

 

少し詳しくお伝えすると

筋肉を突然使ったり、同じ筋肉を

使いすぎることで、筋肉を

構成している線維(筋線維)や

周りの結合組織に微細な傷が

つきます。

 

しかし、その損傷した筋線維を

修復するため白血球を中心とした

血液成分が集まります。

 

このとき刺激物質である

  • ブラジキニン
  • ヒスタミン
  • セロトニン
  • プロスタグランジン

も生産され、それらが

筋膜(筋肉を包んでいる膜)を

刺激すると考えられています。

 

つまり筋肉痛とは、傷ついた

筋線維を修復する過程で炎症が起きた

時に生成された刺激物質により

筋膜が刺激物質により刺激され

起こるものと考えられています。

 

では、なぜ筋肉痛は遅れてやって

くるのかというと

 

まず、筋肉はそうめんのように

細い「筋線維(きんせんい)」の

集合体ですが、筋線維そのものには

痛みを感じる神経がありません。

 

しかし、筋膜には痛覚があるので

痛みは、炎症が広がって発痛物質が

筋膜に届くようになって初めて

痛みを感じるため、時間差出てくると

考えられています。

 

ちなみに、歳をとると筋肉痛が

遅く出るとよく話題になりますが

この根拠も定かではありません。

 

ただ、普段からよく動かしている

筋肉には筋肉に血液を送る

毛細血管が発達しています。

 

 

しかし、普段あまり使っていない

筋肉には、毛細血管が十分に

巡らされていませんので

 

急激にその筋肉を動かしても

損傷した筋線維に血液成分が

集まるまで時間がかかり

 

さらに発痛物質も生産されるまで

時間がかかると考えられています。

 

その為、日頃からよく筋肉を

使っている人は筋線維を痛めても

修復がすぐに進むので筋肉痛が

起こりにくと言われています。

Sponsored Links



筋肉痛が治らない時はシップにサウナ?早く治る方法は?

 

しかし、ダイエットやストレス解消を

兼ねたエクササイズや筋トレは

心地よい汗をかけば、気分は爽快

です。

 

 

ただ、そのあとに襲ってくる

筋肉痛はやっぱり痛いもの。

 

筋肉痛になったときには

できるだけ早く治したいものですね。

 

現在、筋肉痛の原因やメカニズムは

まだまだなぞが多いようですが

筋肉痛になったときには

よく知られている

基本的な治し方は幾つかあり

 

筋肉痛が治らない時や痛みが激しい

場合は冷やし、痛みが和らいできたら

あたためるのが基本です。

 

そのために、運動直後や傷みが

激しい場合には

 

アイシングと呼ばれる方法で

患部を冷やすと血流が抑制され

痛みを伝える神経が麻痺し

痛みを緩和してくれます。

 

また、血管を収縮させ

筋肉の炎症を抑える効果もあると

言われています。

 

アイシングは、1回あたり20分程度を

1日に数回に分けて行うのが

目安です。

 

そして、痛みが改善されてきたら

温める温熱療法といわれる

方法が効果的です。

 

運動直後や痛みが激しい場合には

血流がよくなると炎症を促進させて

しまう可能性がありますが

 

痛みが収まってから

血流をよくすることは

傷ついた場所を回復するために

酸素や栄養を運びやすくなり

 

新陳代謝が促進され

回復を早めてくれるとと

考えられていますので

 

サウナやお風呂でリラックスしながら

患部をあたためてみましょう。

 

また、筋肉痛を治すため

さまざまなシップ薬などが

市販されていますが

 

最近注目されているのが

「アルニカエキス」です。

 

 

抗炎症や血行促進などに効果が

あるといわれ

マッサージの世界では

アルニカオイルマッサージが

1つのブームのようです。

 

★アルニカオイル★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

その他に筋肉痛が早く治る方法として

  • 栄養補給をする

  • 温冷浴

  • たっぷりと睡眠をとる

  • ストレッチで筋肉を伸ばす

  • 運動中にこまめな水分補給を

  • 軽い運動でからだをほぐす

  • 治らない時はお医者さんへ

 

★関連記事★

なぜ筋肉痛はおきる?そのメカニズム
や意外な予防法とは?ひどい時の治し
方や効く効果的な食べ物に市販薬でお
すすめは?

★記事はこちら>>>★

 

などがおすすめで

ダメージを受けた筋線維を

早く回復させるためにできる範囲で

取り入れて見てくださいね。

Sponsored Links



予防するストレッチやマッサージの効果は?

 

また、一番いいのは

筋肉痛にならないことですね。

 

そのために心がけたいのは

筋肉痛を予防することです。

 

 

運動をする前と後には

ストレッチやマッサージを

行いましょう。

 

しかし、ストレッチの方法を

間違うと運動に支障が出る可能性が

あります。

 

まず、ストレッチには大きく分けて

動的ストレッチと静的ストレッチの

2種類があり

 

運動前に行われているストレッチの

ほとんどは動的ストレッチです。

 

動的ストレッチの代表例は

ラジオ体操などで

手足を動かし、動きの中で筋肉を

伸ばしていくストレッチ方法です。

 

 

★関連動画はこちら>>>>★

 

逆に専門家によれば

筋肉を伸ばしたまま数十秒静止する

静的ストレッチ(従来のストレッチ)

は練習前後どちらもすべきでは

ないとされ、どうしてもやりたいなら

練習後に行うことをすすめています。

 

ただ、静的ストレッチが悪いという

ことではなく、精神をリラックス

させる効果や、筋断裂を予防する

効果などがあります。

 

ベストのタイミングは運動後

入浴などで体が温まっている時。

 

何事もタイミングが大切と

いうことです。

 

また、マッサージには

効果があるとされる研究が多いことや

そして、リンパ液などの体液も

流れるようになりますので

 

ぬるま湯に浸かったあとは

湯上りに軽くマッサージをするのも

おすすめです。

 

ただ、強いマッサージは筋肉を

硬くしてしまうので

筋肉痛がある間は避けましょう。

Sponsored Links by rakuten

筋肉痛に効くおすすめの市販薬やサプリは?

 

また、辛い筋肉痛に悩まされない

方法には市販薬やサプリを

活用するという方法もあります。

 

おすすめは

米国家庭医学会(AAFP)が

筋肉痛の対処方法として

アドバイスしている

非ステロイド性抗炎症薬の

「NSAIDs(エヌセッズ)」。

 

様々な薬理作用があると考えられ

  • 抗炎症作用
  • 鎮痛作用
  • 解熱作用
  • 抗血小板作用

が期待できます。

 

日本では医学的に

非ステロイド性抗炎症薬の
(NSAIDs)

フェニルプロピオン酸類に分類される

ロキソニンS(ロキソプロフェン)が

 

鎮痛効果に関しては市販薬で

最高クラスと言われています。

 

 

★ロキソニンS★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

更にサプリメントでおすすめは

筋肉痛の早期回復には

アミノ酸(タンパク質)の補給が

必要不可欠と言われ

 

おすすめとしては

アミノバイタル

が挙げられます。

 

一般的なドラッグストアでも販売され

比較的、手に入れやすく価格も

リーズナブルで

さまざまなシリーズが発売されて

いますが

 

一番高い効果が期待できるのは

アミノバイタルプロです。

 

 

★アミノバイタルプロ★
★楽天市場で探すなら>>>★

限界に挑むアスリートの

スポーツ前後のアミノ酸補給を

サポートします。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

筋肉痛については伝わりました

でしょうか?

 

 

筋肉痛を治すことも大切ですが

防ぐことができたら一番です。

 

日常的に運動を心がけている人と

運動しない人とでは

やはり筋肉痛になる割合や

痛みの程度は変わってきますので

 

Sponsored Links by admax



 

筋肉痛を予防するための方法は

最初は辛いかもしれませんが

運動を習慣化すること。

 

筋肉痛になりにくい体づくりを

目指し運動を生活の一部に

取り込みましょう。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事