何をしても治らない頬や小鼻の赤みに

次から次へと出てくるニキビや

吹き出物にお悩みではありませんか?

 

 

 

その場合、もしかしたら

「顔ダニ」が原因になっている

かもしれません。

 

顔ダニは増えすぎなければ

悪さをせず、むしろ肌の調子を

整えてくれる役割を持っていますが

 

顔ダニが増殖すると

かゆみやニキビのような症状を

起こすことがあります。

 

その為、顔ダニの対策や予防法などを

しっておくことは大切です。

 

そこで今回は

うつるもの?顔ダニの原因とは?

かゆみやニキビ?顔ダニの症状とは?

皮膚科での治療や薬は?

パックや専用石鹸?
自宅での顔ダニの駆除方法とは?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

★関連記事★
意外に知らない顔ダニとは?原因はス
トレスやステロイド?症状や治し方に
対策は?病院は何科?検査方法や効く
薬は?
★記事はこちら>>>★

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



うつるもの?顔ダニの原因とは?

 

顔ダニとは、人間を含めた

哺乳類の皮膚に寄生しているダニで

その数は5,000種類にも

及ぶと言われています。

 

 

人のおおよそ97%は顔ダニを

持っていると言われ

 

生まれたばかりの赤ちゃんには

いないのですが

 

頬ずりや抱っこなどで安易に

うつるため、新生児を除く乳幼児から

高齢者までは殆どの方には住み着き

 

特に皮脂腺の多い顔に住みついて

いることから通称で「顔ダニ」と

呼ばれています。

 

中でも、ニキビなどの肌トラブルに

なるとされているのは

人間の顔や毛根に住みついている

「デモデクス・フォリキュロム」

皮脂腺に住みついている

「デモデクス・ブレビス」

です。

 

しかし、顔ダニを持っているから

必ずしも肌トラブルに悩まされるかと

言うとそうではありません。

 

顔ダニは皮脂を食べてくれるので

ある程度の数がいる方が肌の調子を

整えてくれる働きをしてくれます。

 

ただ、増えすぎてしまうと逆に

顔ダニの死骸や老廃物が増え

毛穴を塞いでニキビやアレルギーを

起こし、肌荒れの原因となります。

 

つまり、美肌のコツは

顔ダニの数のバランスです。

 

余分な皮脂を食べてくれる

顔ダニですが、過剰に増えると

ニキビや吹き出物の原因になって

しまいます。

 

 

顔ダニが増えてしまう原因は

主に次の2つにあります。

 

肌を不潔にしている、もしくは

間違った洗顔をしていることが

原因です。

 

顔ダニが増える原因として

 

顔ダニが増える原因 その1
「洗顔をしていない」

クレンジングシートで

メイクをとってそのまま就寝したり

顔を洗わずに寝てしまったりすると

増殖の原因に繋がります。

 

さらに怖いのは、メイクをしたまま

寝てしまうと肌に負担を掛けるだけで

はなく

 

夜行性の顔ダニにとって豊富な

皮脂がエサとなり

メイクを体に付けたまま

毛穴に戻っていくと、毛穴の詰りや

ニキビの原因になってしまいます。

 

また、毎日きちんと洗顔していると

いう方も、その後のクレンジング剤や

洗顔料をしっかりと洗い流せて

いないと、それをエサにして

顔ダニが増えてしまいます。

 

 

顔ダニが増える原因 その2
「皮脂の過剰分泌」

食生活やホルモンバランスの

乱れにより皮脂が増えると

皮脂をエサにしている顔ダニは

増殖してしまいます。

 

 

顔ダニが増える原因 その3
「ステロイド剤の副作用」

ステロイド剤を長く使用していると

肌の免疫が落ちることがあり

それが顔ダニの増殖を促して

しまうことがあります。

Sponsored Links



かゆみやニキビ?顔ダニの症状とは?

 

基本的に誰でも顔ダニは

存在するのですが

気を付けていただきたいのが

顔ダニの数が多くなることで起こる

肌の症状です。

 

 

顔ダニの症状には

特に朝の顔のかゆみがあります。

 

寝ている間に顔の上を這い

皮脂を食べ脱皮をしたり

死んでしまったりなど

なんらかの活動を起こすため

 

その結果、朝の肌には

ダニの排泄物やら抜け殻などが

たくさん残され

 

これがアレルギーを起こし

かゆみが出る場合があり

ひどくなると赤くなったり

腫れることもあります。

 

また、死骸やフンが毛穴に

詰まりやすくなるため

ニキビや吹き出物が増え

 

特に赤ニキビができやすい方は

顔ダニの異常増殖が原因になって

いるかもしれません。

 

 

さらに、顔ダニは皮脂を食べるため

一気に増えることで皮脂が急激に

無くなる場合もあり

 

そうなると乾燥肌になり

肌はバリア機能を高めるために

過剰に皮脂を出し

 

結果、顔ダニがまた増え

皮脂を食べつくすという悪循環が

起こる可能性があります。

 

そして、顔ダニには鋭い爪と歯があり

これにより肌は傷つけられ

傷ついた細胞が活性酸素を生み出すと

それが原因となって

 

シワができやすくなったり

肌の張りや弾力が失われてしまい

老化の原因になると言われています。

Sponsored Links



皮膚科での治療や薬は?

 

顔ダニの存在はあまり気にする

必要はありませんが

 

アレルギー反応がひどい場合や

何をやってもニキビや肌荒れが

治らないと悩んでいる方は

 

一度、医療機関に相談することを

おすすめしますが

 

その場合、皮膚科で顔から皮脂をとり

顕微鏡で顔ダニが生息しているか

調べることができます。

 

ただ、皮膚科でも顔ダニの存在に

気付かないことも多いので

 

医師から処方される薬が

顔ダニを減らす薬ではなく

 

炎症を鎮めるステロイド剤が

処方されると、皮膚の免疫力が

落ちるので改善することはなく

逆に悪化することもあり

 

顔ダニ検査を行っていることを

事前に確認を取った上で

来院された方がよいでしょう。

 

皮膚科での治療には、顔ダニを

減らす飲み薬とビタミン剤の処方や

レーザーによって顔ダニを

死滅させるなどの方法があり

 

2ヶ月~4ヶ月ほどでかなり

改善されるそうです。

Sponsored Links by rakuten

パックや専用石鹸?自宅での顔ダニの駆除方法とは?

 

また、自宅での顔ダニの駆除対策

としては

 

顔ダニの増殖の主な原因は

「汚れ」や「皮脂」ですので

肌を清潔に保つことが1番です。

 

 

顔ダニは夜行性ですので

朝・夜の洗顔はしっかりと行い

寝る前は化粧をちゃんと落とし

 

肌を清潔に保つように

心がけましょう。

 

ただ、その際にはもともと顔ダニは

「余分な皮脂を食べてくれる」という

働きもあるので

 

洗い過ぎは厳禁ですので

覚えておいてくださいね。

 

 

さらに顔ダニを予防する

方法としては

  • 脂っこい食べ物を控える
  • しっかりと睡眠をとる
  • ストレスを溜めない
  • お化粧は薄めに
  • 顔ダニ専用石鹸の使用

などを心がけましょう。

 

特に、顔ダニ専用石鹸の使用は

効果的で、ネットなどでは

抗菌作用の高い顔ダニ駆除専用石鹸も

販売され

 

顔ダニを駆除するには

顔ダニに特化した石鹸で

くちコミでも人気のAIDソープという

洗顔石鹸がオススメです。

 

★人気のAIDソープ★
★楽天市場で探すなら>>>★

 

赤ちゃんにも使える石鹸で

そのため、肌への負担が少なく

顔ダニが嫌いな成分が入った

石鹸です。

 

さらに、医学的にも顔ダニは

熱に弱いことがわかっていて

顔ダニを駆除するには

体温が上昇するような発熱性のある

ホットクレンジングなどを使うと

良いと言われ

 

権威者もホットクレンジングを

推薦しているため

多くの芸能人が使っている

「マナラホットクレンジング」

おすすめです。

★期間限定価格!!マナラホットクレンジング★
★楽天市場で探すなら>>>★

紗栄子さんや道端カレンさんも

愛用している

マナラホットクレンジングなら

毛穴が目立たなくなるばかりか

 

顔面をパックするだけで

顔ダニの駆除対策になります。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

顔ダニの原因については

伝わりましたでしょうか?

 

 

顔ダニは日常生活を改善して

いかなければ、なかなか良くなって

いきません。

 

ただ、顔ダニを完全に駆除したいと

思う人もいるかもしれませんが

完全に駆除しする必要は

ありませんので

 

一時的なスキンケアに

気を配るのではなく

 

健康的な生活を送っているか

どうかを見直すきっかけとして

顔ダニに意識を向け

キレイな肌を手に入れましょう。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事