普段から肌が赤みを帯びていると

すっごく気になりますね。

 

このような肌の赤みに悩んでいる

人は意外に多く

 

人からも「どうしたの?」と言われ

自分でも何とかして消したいと

思うものです。

 

cl000000008264_1426227966364

 

 

しかし、赤ら顔には頬や鼻など

広範囲に広がる症状もあれば

顔の一部に赤みが目立つ症状の

ものもあり

 

また、腫れやかゆみ

そして痛みを伴うこともあり

なかなか厄介ですね。

 

つまり「赤み」には種類と

その症状が起こる原因が存在します。

 

その為、適切な改善策を取らなければ

悪化する一方なのです。

 

ですが実は、そのことで多くの方が

お悩みのご様子。

 

そこで今回は

顔の赤みやかゆみの原因とは?

赤みを消す正しいスキンケア方法
とは?おすすめの化粧品とは?

症状を改善する方法は?

消えない場合は病院へ!?
皮膚科ので治療は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



顔の赤みやかゆみの原因とは?

 

顔全体、または顔の一部分だけが

やけに赤かったりすると

鏡を見ても気になって隠したく

なりますね。

 

person40-665x470

 

顔の赤みで悩んでいる方は

意外にも多いといわれますが

 

温度差や緊張で赤面しやすい方

などの他にも

ニキビや湿疹、アレルギーなどで

赤み出てしまう人もいます。

 

つまり、本来ならその赤みの原因が

何かを知り、それに対し正しい

処置をし、赤み自体を無すことが

大切です。

では、具体的にその原因について

お伝えします。

 

顔の赤みの原因 その1
「脂漏性皮膚炎」
(しろうせいひふえん)

脂漏性皮膚炎とは

頭皮や鼻の周りなど皮脂の分泌が

多い部分に起こりやすく

 

赤くなったりかゆくなったり

また、フケのように皮膚がかさついて

はがれ落ちてくることもあります。

 

皮脂の分泌が過剰になると

肌の上には余分な皮脂が留まり

そのまま放置ことにより

 

その部分の皮脂は酸化し

さらに匂ってくるようになると

症状も慢性化してしまうことが

あります。

 

ただ、脂漏性皮膚炎の原因は

まだよくわかっていない部分も多く

「マラセチア」というカビの一種が

増殖し炎症を起こしていることが

多いといわれています。

 

この菌は皮脂や汗が多い環境で

増殖しやすく、皮脂の分泌が

多い方に症状が出やすいようで

体質の他にも

  • ストレス
  • 栄養の偏り
  • ホルモンバランスの乱れ

などによって皮脂が過剰に

分泌されると

症状が出やすくなるといいます。

 

 

顔の赤みの原因 その2
「毛細血管拡張症」

皮膚の毛細血管は外気温に合わせて

血管を拡張や伸縮をさせることで

温度を一定に保っています。

 

しかし、毛細血管拡張症になると

血管が拡張し、血流量が増加ことで

血管の色が表皮を通して透けて見え

血管が拡張したままになるので

赤みがずっと消えません。

 

特に頬や鼻などに出やすく

この場合、肌をよく観察すると

毛細血管が浮き出ているのを

見うけられる方もいます。

 

shinpai_woman

 

この症状も原因はわかっておらず

生まれつき毛細血管が

多かったり、体質として拡張して

いる人もいますが

 

気温差が大きい環境にいると

出やすかったり

 

交感神経が働きすぎで

血管が広がったままの状態が

つづいていたり

 

また、過剰なケアによって皮膚が薄く

なって角質層がうまく機能して

いないからなど

さまざまな原因が考えられています。

 

 

顔の赤みの原因 その3
「酒さ(しゅさ)」

「酒さ」とは

主に中年以降に現れる

原因不明の慢性炎症性疾患です。

 

毛細血管拡張症の一つで

  • 眉間

などの顔の中心部分が

赤くなる症状をいい

お酒を飲んで赤くなったときと

似たような感じに見えるため

「赤鼻」とも呼ばれることが

あります。

 

閲覧注意!!画像はこちら>>>

 

この病気の吹き出物は

一見ニキビと間違いやすいですが

酒さの症状には主に3段階あると

いわれ

 

第一段階は、顔がほてって

赤くなり毛細血管が浮き出て

赤い糸くずのように見え

 

第二段階はそれに加えてニキビに

似た膿疱(のうほう)ができ

 

第三段階が膿疱が悪化し

コブのように鼻の頭が盛り上がり

ます。

 

毛細血管拡張症と同様に

根本的な原因はまだわかっていない

のですが、何らかの原因で皮脂腺が

異常に発達し、その周りの毛細血管が

増殖してしまうことで

赤くなるのではないかといわれ

 

症状を悪化させる要因には

  • 精神的緊張
  • 紫外線
  • 温熱
  • 寒気
  • 飲酒
  • 香辛料
  • 運動
  • 化粧品

などがあり

 

女性は閉経前後に悪化しやすく

なります。

Sponsored Links



症状を改善する方法は?

 

お伝えしたように病気が関係する

原因のほかにも赤みやかゆみを

引き起こす要因としては

  • ニキビやニキビ跡
  • 肌が敏感になっている
  • 紫外線の影響
  • 何らかのアレルギーがある
  • 洗顔の仕方
  • ピーリングなどの要因
  • 肌の免疫力が低下

などがあり

 

まずは一つひとつ原因となり得る

皮膚の状態や疾患を

改善していく必要があります。

 

woman04_cry

 

特に肌が荒れているときは

保湿剤や薬を塗るなど

体の外側からの改善を

すぐに考えてしまいがちですが

内側からのケアも大変重要だと

考えられています。

 

まずは体は食べたものでできている

ともいわれていますので

ビタミンやミネラルを含んだ

栄養豊富な食べ物を摂るように

しましょう。

 

特にビタミンB2やB6などの

ビタミンB群は、健康な皮膚を

つくるために重要な栄養素。

 

レバー類や海産物などから積極的に

摂取するとよいでしょう。

 

そして、偏りのないバランスの

とれた食事や、忘れがちですが

肌の乾燥を防ぐため水分をしっかり

取ることも大切です。

 

さらに、便秘も肌に良くない

影響を与えるので

食物繊維を多く摂り

便秘の解消を心がけましょう。

Sponsored Links



赤みを消す正しいスキンケア方法とは?おすすめの化粧品とは?

 

その他の生活習慣の改善や

正しいケアについては

  • 睡眠時間をしっかりとる
  • 紫外線対策をする
  • 合わない化粧品類を避ける

など

 

健康的な生活をするだけでも

お肌には良い影響を与えることが

できるようです。

 

biyou_tsurutsuru

 

そして、炎症こそは

赤みや肌荒れ、かゆみなどの

トラブルの元凶の一つですが

炎症自体は外敵から身体を守る

免疫反応の一つ。

 

その為、なくてはならないもの

ですなので、いかに無駄な炎症を

起こさせないかが鍵となり

それには、皮膚が薄い状態を

改善することが最善の道です。

 

薄い皮膚を健康な状態に戻すためには

角質層が健康になる必要があり

 

それにより表皮の水分保持量は増え

外敵や刺激から体を守るバリア機能が

しっかり働くようになります。

 

角質層を育てるには

刺激の少ない、保湿力のある

石鹸やスキンケア製品を使い

 

炎症がひどい時には化粧を控えめにし

落とす際もクレンジングオイルなどは

使わないでおきましょう。

 

スキンケア基礎化粧品選びの

ポイントとしては

肌の潤いが保つ

・セラミド配合の化粧品

 

血液の流れをスムーズに

させる役割がある

・ビタミンK配合の化粧品

 

皮膚の炎症による

赤ら顔や顔の赤みをおさえる

・ビタミンC誘導体配合の化粧品

など自分の肌質にあったものを

探して続けてみましょう。

 

★顔の赤み改善する化粧水
楽天市場で探すなら>>>★

 

ネットでの口コミ人気は

28日で86%の人が赤みが減った

実験結果がある化粧水

白漢しろ

 

 

発売から2年で世界売上本数

100万本突破の保湿クリーム

ロベクチン

 

 

などがおすすめです。

 

そして、洗顔でゴシゴシ洗ったり

マッサージをしすぎたり

ピーリングなどの刺激の強いケアの

やり過ぎは逆効果です。

 

 

肌の調子が悪くなっている時に

余計な手をかけてしまうと

角質層を傷めるおそれがあり

やさしく丁寧にすることを

心がけましょう。

 

また、暖房が効いた場所などで

暑くなってくると

顔の赤みが酷くなる方は

 

毛細血管そのものを引き締めるための

化粧水で肌をクールダウンさせる

方法は効果的で

 

膨張して目立ってしまっている

状態を改善させることに繋がり

肌赤みが落ち着く場合があります。

 

毛穴ケアも同時に行うことが

出来るため、メイク前の下準備段階と

しても「クールダウン」をしっかりと

行い、冬場の寒い状態の場合は

肌の様子を見ながら

 

自分の肌に最適な温度を

試しましょう。

Sponsored Links by rakuten

消えない場合は病院へ!?皮膚科ので治療は?

 

何をやっても赤みやかゆみが消えない

場合は、専門医に相談するのが

解決への近道です。

 

081807

 

特に食べ物や肌に触れるものの

アレルギー反応によって起こっている

赤みの可能性もあり

 

その場合は早めに皮膚科を

受診するようにしましょう。

 

その場合皮膚科では

抗ヒスタミン剤などのかゆみ止めを

処方してくれたり、生活習慣などの

原因も突き止める手助けをして

くれるでしょう。

 

皮膚科での治療として

毛細血管を収縮させるレーザーや

フォトフェイシャルという

柔らかい光を当てる治療法などが

用いられ

 

真菌(カビ)類の増殖による疾患の場合

には抗真菌剤や他の菌類の感染に

よる場合は抗生物質などを

使用します。

 

また、皮膚の健康を促進させる

ビタミンB群の飲み薬や

乾燥を防ぐ保湿剤を使用する

場合もあり

 

炎症を抑える必要がある場合

ステロイド剤が処方されるようです。

 

顔の赤みの治療には時間がかかる

ことも多いですが

 

放置して悪化してしまうよりは

早めに相談して対処するように

しましょう。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

顔の赤みやかゆみの原因については

伝わりましたでしょうか?

 

_1412769197_25427

 

顔は一番目立つ場所なので

赤みがあるのはやはりツライですね。

 

皮膚の異常に対しては

食べ物や生活習慣など、身体の内側

からくる原因を意識することも

とても大切です。

 

顔の赤みの原因となる皮膚の異常を

避けるため、カラダを健康的で

キレイな状態に保つことを

意識しましょう。

 

そして、肌赤みの改善には

肌のターンオーバーが正常に

行われる必要があるため

時間がかかってしまいます。

 

根気よくケアを行い

異常を感じた際には

皮膚科を受診しておきましょう。

 

Sponsored Links by admax



 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事