長寿のお祝いにはたくさんの

種類がありますが

還暦という言葉を聞いたことは

ありませんか?

 

 

還暦といえば、日本に古くから

伝わる風習のひとつで

 

よくテレビなどで芸能人の方が

還暦を迎え、赤いちゃんちゃんこを

着ている映像を目にする事が

ありますね。

 

しかし、なぜ「赤いもの」を

贈るようになったのでしょうか? 

 

また、そもそも還暦には

どのような意味があるのか?

 

実は、多くの方が

このように聞いたことはあるけど

詳しいことは何もわからないのが

現状のようです。

 

そこで今回は

還暦とは?干支との関係や由来は?

還暦は何歳?祝いに赤いものを
プレゼントする意味とは?

還暦の祝い方や食事は?

還暦の次のお祝いはいつ?
何をするの?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



還暦とは何歳?干支との関係や由来は?

 

還暦の由来についてですが

発祥は古代中国と言われ

日本では、奈良時代に貴族たちの間で

長寿の祝いの習慣を取り入れ

 

 

長寿に達したことを喜び

記念する儀礼として

この祝いのことを「年祝」と呼び

 

その当時は

「四十の賀」「五十の賀」と

40歳、50歳で祝っていましたが

 

室町時代ころより「還暦」や

「古稀」などと呼び祝うようになり

その後、広く一般的に行われる

ようになったようです。

 

「還暦」の意味を知るには

まず日本の暦(こよみ)である

干支(えと)について

知っておく必要があります。

 

還暦とは、60年で干支が一回りして

再び生まれた年の干支にかえる

ことから、「暦に還(かえ)る」

という意味でこのように呼ばれて

います。

 

しかし、干支というと

「ね・うし・とら」を

思い浮かべる方も多いと思いますが

干支は別名を

十干十二支(じっかんじゅうにし)

といい

 

正確には十干(じっかん)と

十二支(じゅうにし)を

組み合わせ形成されたものを

いいます。

 

干支(えと)の「支」は

「十二支」のことで

ご存知の通り

「子・丑・寅・卯・辰
  巳・午・未・申・酉・戌・亥」

ですが

 

干支(えと)の「干」は

「十干(じっかん)」のことで

十干を読む時は、訓読みの方を使い

意味は植物の成長を意味し

 

五行思想になる

「木・火・土・金・水」が

加えられます。

 

 

音読みは

  • 甲:こう
  • 乙:おつ
  • 丙:へい
  • 丁:てい
  • 戊:ぼ
  • 己:き
  • 庚:こう
  • 辛:しん
  • 壬:じん
  • 癸:き

訓読みは

  • 甲:きのえ(木の兄:陽の木)
  • 乙:きのと(木の弟:陰の木)
  • 丙:ひのえ(火の兄:陽の火)
  • 丁:ひのと(火の弟:陰の火)
  • 戊:つちのえ(土の兄:陽の土)
  • 己:つちのと(土の弟:陰の土)
  • 庚:かのえ(金の兄:陽の金)
  • 辛:かのと(金の弟:陰の金)
  • 壬:みずのえ(水の兄:陽の水)
  • 癸:みずのと(水の弟:陰の水)

の10種類があり

 

十干十二支とは

この組み合わせが60種類あり

干支が一回りするのに

60年かかります。

 

その為、還暦とは文字通り

60年がたち

「暦(こよみ)が還(かえ)る」

ことをいいます。

 

また「本卦還り(ほんけがえり)」

とも呼ばれ、一種の生まれ直しで

あると意義づけられています。

 

 

ちなみに十干十二支を

暦に使うときは十干と十二支を

組み合わせて

「乙未(きのとひつじ)」

「丙午(ひのえうま)」

「丁卯(ひのとう、ていぼう)」




などといいます。

 

夏の高校野球といえば

阪神甲子園球場ですが

この甲子園の「甲子」も

出来た年1924年が

甲子(きのえね)の年だったからで

 

こよみの上で登場する

甲子(きのえね)は

60通りある干支(えと)の

一番はじめにあたり、特にめでたく

「吉祥年」と呼ばれる大吉の年とされ

縁起がいいためつけられ

次は2044年に巡ってきます。

自分の生まれた年の
干支の組み合わせはこちら>>>>

Sponsored Links



還暦は何歳?祝いに赤いものをプレゼントする意味とは?

 

還暦祝いとは

満年齢で60歳を迎えたことを喜ぶ

元々は長寿を祝う行事と考えられ

ています。

 

 

ただ、日本では昔

年齢を数えるときに生まれた時点で

1歳としてカウントし

 

正月を迎えるたびに年齢を

足していく「数え年」という

考え方があり

 

このため昭和30年代頃までは

還暦を「数え年の61歳」で

祝っていましたが

 

現在では満60歳の誕生日または

その前後に還暦祝いをすることが

一般的になっていますが

 

還暦を何歳で祝うかは

お祝いされる本人の意向に沿うのが

一番ですね。

 

ちなみに

還暦の2倍の120歳の誕生日を

迎えたときには大還暦と言います。

 

また、還暦に赤いものや

赤いちゃんちゃんこを

プレゼントする意味には

 

 

大きく二つの理由があると言われ

一つは、還暦は60年で生まれた

干支に還るため、赤ちゃんにもどる

という意味があり

 

もう一つは、昔からから赤い物は

縁起が良く魔除けなどの効果も

あるとされ

 

赤ちゃんの産着(うぶぎ)にも

赤色が使われていました。

 

還暦の年はちょうど男の厄年にも

あたる事から赤色のものが

魔除けとして送られていたようで

 

その為、還暦のお祝いには

  • 赤いちゃんちゃんこ
  • 赤いずきん
  • 赤い座布団

などを贈る風習になったと

言われています。

Sponsored Links



還暦の祝い方や食事は?

 

還暦祝いには

冠婚葬祭のようなマナーや

挨拶といったものは存在せず

 

特に決まった形の祝い方は

ありませんが、家族や親しい人たちが

集まり、食事などを楽しんでから

「赤」をモチーフにした

プレゼントを贈る

 

少し豪華な誕生日のような形で

お祝いをするスタイルが一般的です。

 

 

 

還暦のお祝いは

大体2万~3万円が相場となっており

 

還暦のプレゼントとして

人気のあるオリジナルギフトや

赤いちゃんちゃんのプレゼントを

渡したり、一緒に旅行へ行ったり

する方が多いようですね。

 

 

★売れ筋ナンバーワン!?還暦のプレゼント★
★楽天市場で探すなら>>>★

ただ、今日では60歳というと

「長生き」どころか

高齢者の部類にも入らない

定年もまだ先の働き盛りの年齢です。

 

あまり高齢者扱いするような

祝いかたやプレゼントは

かえって本人が気を悪くする

かもしれません。

 

とはいえ60歳という年齢は

若い頃からの生活習慣を見直したり

老後のことを具体的に

考え始めたりといった

「節目」には違いありません。

 

お子さんは

普段は口にしないけれど

ここまで育ててくれた感謝や

 

還暦のお祝いを述べるだけでなく

体に気をつけて欲しいなどという

気持ちをあらためて伝える場と

したいものです。

 

また、離れて暮らしていて一緒に

お祝いが出来ない時には

送ることになると思いますが

 

できればプレゼントを持って

顔を見せてあげるのが

一番かもしれません。

Sponsored Links by rakuten

還暦の次のお祝いはいつ?何をするの?

 

日本にはたくさんの長寿祝いがあり

還暦祝いは満60歳を迎えたことを

お祝いする最初の長寿のお祝いです。

 

 

盛大にお祝いすることも多いですが

ふと気になるのが

「次はいつお祝いするのか?」

「何をするのか?」

ですね。

 

還暦祝いの先の

主な長寿祝いとしては

66歳(満65)「緑寿(ろくじゅ)」

長寿のお祝いをすることを

「賀寿(ガジュ)」と言い

昔から77歳、88歳、99歳の

賀寿はあるのに

 

66歳の賀寿がなかったので

環境をイメージする「緑」の読み方が

「ろく」とも読めることから

 

2002年9月に日本百貨店協会が

提唱してお祝いするように

なりました。

 

緑寿のお祝いは長寿のお祝いと

いうのではなく、人生の一区切り。

 

普段使いの出来る

緑寿の色のプレゼントが

喜ばれます。

 

その他の長寿のお祝いの年齢と

色ですが

 

 

70歳(満69)「古希(こき)」

中国の唐時代の詩人

杜 甫(と ほ)の詩の一節である

「人生七十古来稀なり」に由来し

 

70歳は当時稀な年齢であるという

意味があり

 

本格的な長寿の祝いと考えられ

紫が長寿祝いの色とされています。

 

 

77歳(満76)「喜寿(きじゅ)」

喜寿は「喜の字の祝い」と言い

「喜」という字の草書体「㐂」が

 

七十七と読めることに由来し

紫が長寿祝いの色とされています。

 

 

80歳(満79)「傘寿(さんじゅ)」

「傘」の文字の略字が

「八十」に読めることに由来し

 

紫・黄(金茶)が長寿祝いの色と

されています。

 

 

88歳(満87)「米寿(べいじゅ)」

「米」の文字を分解すると

「八十八」になることから

88歳は「米の祝い」とも言い

 

日本は米文化の国ですので

末広がりの八が2重になっていて

めでたいとされ

 

黄(金茶)が長寿祝いの色と

されています。

 

 

90歳(満89)「卒寿(そつじゅ)」

「卒」をくずして書くと「卆」と書き

九十と読めるためで

白・黄が長寿祝いの色とされて

います。

 

 

99歳(満98)「白寿(はくじゅ)」

百から一を引くと

計算上は九十九になり

漢字は「白」となることに由来し

 

白が長寿祝いの色とされています。

 

 

100歳(満99)
     「百寿(ひゃくじゅ)」

100年は一世紀を表すことから

「紀寿」といい

ほかに「百賀(ももが)の祝い」

寿命を上中下の三段階ににわけたとき

最も上位であることから

「上寿(じょうじゅ)」

とも言います。

 

お祝いの色は特に無いのですが

百を「もも」とも読むので

ピンクを使うこともあります。

 

その他にも

100歳を超えた長寿祝いには

  • 108歳の茶寿
  • 111歳の皇寿
  • 120歳の大還暦

があります。

 

このように長寿の祝は

数年ごとに設けられ

本来は数え年で祝いますが

現在では満年齢で祝うことが多く

 

長寿祝いには、年長者を中心に

みんながいつまでも仲良く

暮らせるようにという願いが込められ

重要なお祝いでもあるので

 

できるだけたくさんの人が祝い

喜べる日を選びましょう。

Sponsored Links by admax



今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

還暦については伝わりました

でしょうか?

 

 

平均寿命が延びた現在では

60歳を迎えてもまだ若く現役で

働く方も多くなっていますので

 

還暦祝いは長寿の祝いというよりも

人生の区切りをお祝いするという

意味合いが濃くなってきています。

 

ただ、今でこそ60歳はまだまだ

若く長寿という感じはしませんが

 

戦前までの平均寿命は

50歳にも満たず

長寿のお祝いが始まった

時代はもっと短命で

 

還暦を迎える60才は長命で

すごくめでたかったことでしょう。

 

また、長寿の人の持つ知識や経験は

とても貴重で大切にされていたと

思います。

 

Sponsored Links by admax



 

還暦のお祝いには大きな決まり事は

なく、地域や家庭に大きく

依存することもありますが

 

お祝いをされるご家族の方々や

職場の方々も長寿のお祝いと

今までの感謝の気持ちを伝える

機会にしてみてはいかがでしょうか。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシュアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

関連記事