塩やお札がいる?今さら聞けない神棚とは?飾る意味やお供え物の種類や配置は?設置の仕方や向きに祭り方は?移動や処分は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

日本の家庭では、ご先祖を仏壇に

神さまを神棚に祀る生活が

自然に行なわれてきたので

 

神棚を祀ってあるところを

ご覧になられた事がある方は

多いと思います。

 

 

最近では家に仏壇はあっても

神棚は置いてないという家も

多いですが

 

自宅だけではなく、会社やお店など

にも設置している時が有りますね。

 

しかし、神棚とはどういう意味が

あるのでしょうか?

 

また、神棚の設置場所を決めるには

正しい向きや方角など

意外にわからない事が多いですね。

 

そこで今回は

今さら聞けない神棚とは?
飾る意味は?

神棚の設置の仕方や向きに祭り方は?

塩やお札がいるの?お供え物の種類や
お供えの配置は?

神棚の移動や処分方法は?

 

など、雑学を交えながら

お伝えしたいと思います。

 

今まさに悩まれている方の為に

ではさっそく本題に入りたいと

思います。ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Links



今さら聞けない神棚とは?飾る意味は?

 

神棚とは、神道(しんとう)の

神様を祀るための棚で

神社に出向いてお参りするのと

同じ意味を持つ、家庭や会社内の

小さな神社です。

 

 

神道とは、日本に古くからある

宗教のことで

 

自然や神話に登場する神様の他にも

怨念を残して亡くなった人などを

敬ったり、身の回りにある様々な物に

八百万(やおよろず)の神を

見いだす多神教(たしんきょう)の

宗教です。

 

その歴史も古く

神棚が歴史上登場するのは

江戸時代(1603年~1868年)中期頃

といわれています。

 

神道では、神様は常在のものではなく

人が祀るときに初めて現れるもの

とされ、実は神様が常在する神棚は

古代日本には存在していなかったと

考えられています。

 

その起源は日本最古の書物である

「古事記」の一説にあり

御倉板挙之神という御頸珠を

天照大御神が、棚の上にて

崇めたことが原型とされ

 

また、江戸時代に百姓と神職の

中間に位置づけられる

身分の御師(おし)と呼ばれる人が

 

全国に伊勢神宮のお神札(おふだ)を

配布しながら伊勢神宮への信仰を勧め

 

伊勢神宮のお神札を家庭で祀れる

ようにと、御師は「大神宮棚」という

ものを考え、庶民の間で神道の

慣習として定着したと言われて

います。

 

 

その大神宮棚が現在の神棚に

あたるものといわれ

神棚を設置することは

その土地に根差した神様を祀り

 

家族の安全や繁栄を願い

絆を深めるという意味があり

 

さらに家庭に神棚を飾る意味には

  • 人間は自然の一部であることを自覚し
    謙虚な心を養う。

  • 神様に守護され生かされていることを
    感じ、感謝の気持ちを忘れない。

  • 祖先から受け継がれた精神と
    教訓を忘れず、日々己を戒める。

  • 祈る親の背中を見て子は育つ。

  • 人の目はごまかせても
    神様の目はごまかせないという
    子供の情操教育。

 

などの意味が込められていると

言われています。

 

 

そのため、家庭の中心として

国の総氏神(そううじがみ)様の

天照皇大御神様や
(あまてらすすめおおみかみ)

 

地域の守護神として氏神様を

神棚におまつりし、国の繁栄や

家の安全を祈ってきました。

 

そして、神棚を祀るということは

家に神様をお迎えするということで

人は日々の生活に流され易い

ものなので 

 

神棚はそんな家庭の日常に

敬虔の空間を創ります。

 

その為、朝、夕に神様にご挨拶をして

一日を過ごすことは

とても大切なことと考えられて

います。

Sponsored Links



神棚の設置の仕方や向きに祭り方は?

 

神棚をまつるということは

国や土地に根差した神様をまつる

とともに、家の魂をまつるとされ

家族の和や秩序を守り、絆を深める

側面もあります。

 

 

 

その為、日本では伝統的に

  • 台所
  • 井戸
  • 玄関
  • 大黒柱

など、生活の要ともいえる場所に

神様をおまつりしていました。

 

神棚の設置の仕方や向きとしては

仏壇と同じ部屋に同じ向きに

設置したり、人が出入りする場所や

ドアの上などは避け

 

どうしても仏間に神棚を置く場合

仏壇と神棚が向かい合うような位置や

神棚の上に仏壇が来るような位置は

避けましょう。

 

会社においては、部屋の奥や

社長の席のそばなど

中心となるべき場所に設置し

 

自宅でも、会社でも

できるだけ明るい、清浄なところを

選び、目の高さ以上の高い

最上階の天井の近くに設置します。

 

そし方向は、南は太陽が移動する

方向で、日照時間が長く

「明るさ」が象徴される方角で

 

東は太陽が昇ってくる方角で

一日が始まる方角でもあることから

「勢いが」が象徴されるため

 

南向きか東向きに設置することが

よいとされています。

 

 

また、家族全員が親しみやすく

お供えしたり、拝礼したりするのに

都合の良い場所を選び

 

同時に、お客様を通せるような

部屋を選びます。

 

さらに神棚の上に2階がある場合は

神棚を踏むことになるため

「雲」「天」等と書かれた紙等を

神棚の真上に貼します。

 

そして、家庭における神様の

祭り方としては、食前に神饌お供えし

また、榊の水を替え、神灯を灯して

お参りします。

 

お参りの際には神社と同じように

二拝二拍手一拝で神拝し

お参りが終わったら

火災防止の為、すぐ消灯しましょう。

Sponsored Links



塩やお札いるの?お供え物の種類やお供えの配置は?

 

そして、神棚に必要なものは

いろいろありますが

  • お札
  • 宮形、置き場(棚)
  • 神具
  • 日々のお祭り(祝詞、お供えなど)
  • 神職を呼んでのお祭り

などがあり

 

神具は

  • 榊立(1対)
  • 瓶子(=徳利・1対)
  • 水玉(1個)
  • 皿(2枚)
  • 神鏡(1個)

を最低限揃えます。

 

 

中でも神棚は神さまを家にお祀りする

もので、その中心となるのが

神社のお札です。

 

お神札にはいくつか種類があり

神棚によっておまつりする

場所や順番が違います。

 

また、神棚にお祀りするお札は

記載されている文字が神社によって

異なり

 

伊勢神宮なら

「天照皇大神宮」

出雲大社でしたら

「出雲大社御玉串」

と書かれていています。

 

御札の置き方は

三社造りの場合は

  • 中央に神宮大麻
  • 向って右側に氏神神社のお神札
  • 向って左側に崇敬神社のお神札

を納め

 

一社造りの場合、手前から

  • 神宮大麻のお神札
  • 氏神神社のお神札
  • 崇敬神社のお神札

の順に重ねて納めます。

 

 

 

また、神棚のお供えは毎日

  • お米又は御飯
  • お水

をお供えし

 

米は精米したお米をそのまま

お供えするか、炊いたご飯をお供えし

水は綺麗な水を用意し

 

神棚のお供えの配置は

米を中心にして向かって

右側が塩、左側が水が

基本的な配置となります。

 

さらに、榊は左右にあると

清々しい空気が流れるので

飾る場合は枯れないように

新鮮なものをお供えし

定期的に取り替えてください。

 

また、1日・15日には

お酒や榊木、山海の産物を

お供えするのが一般的で

 

頂き物やお土産なども神前に

一度お供えしてから頂くと

良いでしょう。

Sponsored Links by admax



神棚の移動や処分方法は?

 

しかし、引っ越しなどで神棚を

移動したり、処分したい場合

何か気をつけることはないのか

気になりますね。

 

 

仏壇や神棚にはご先祖の霊や仏さま

神さまが宿っておられると考えれば

いいかげんにはできないと

考えるのが普通です。

 

神棚の引っ越しの際には

新居に一番最初に神棚を移すのが

良いとされ

 

その際は、神棚も仏壇と同じく

「抜魂」と「入魂」というものを

行うことになり

 

こちらは、神社から神主さんに

来てもらって行うものです。

 

「抜魂」の後に神棚を移動させる際

前もってお札を神棚から取り出し

白い紙もしくは布に包んでおきます。

 

また、必ずやらなければならないと

いうものではありませんが

新居では神主さんに

清祓いを行う場合もあります。

 

清祓いをする場合には

尾頭付きの魚

  • 野菜
  • 果物
  • お神酒

などを用意しますが

 

その際、あらかじめ引っ越し業者に

清祓いをする旨を伝えて

おきましょう。

 

 

この清祓いが終えたら

あらためて神棚を安置し

その中にお札を納めます。

 

もし引っ越し先での氏神様にあたる

神社が変わる場合

それまで祀っていたお札を神社に

納めて新しいお札をお祀りします。

 

そして、神棚の処分方法には大きく

  • 祈祷
  • お札返納
  • お焚き上げ

という3つの方法があり

 

神社で祈祷をしてもらう方法としては

神棚には神様の魂が宿っていると

考えから、神棚を自ら神社へ持参し

 

神主さんによる祈祷を行ってもらい

その後、神社で神棚を廃棄処分

してもらうことができます。

 

お札を神社へ返納する場合

神棚の中にあるお札を

近所にある神社のお札返納所へ返納し

神棚本体(お社)をお焚き上げ

します。

 

何もせずそのまま廃棄してもよい

という神社では

 

お焚き上げそのものが

ご供養になるという考えですので

それに従いましょう。

Sponsored Links by rakuten

今回の記事のまとめ

 

いかがでしたか?

神棚については伝わりました

でしょうか?

 

 

 

日本の家庭では、ご先祖を仏壇に

神さまを神棚に祀る生活が自然に

行なわれてきました。

 

その為、昔はどこの家庭にも

どこの商店にもあった神棚はあり

  • 一家の繁栄
  • 家内安全
  • 商売繁盛
  • 諸願成就

といった庶民の心のよりどころとして

祀られてきたのです。

 

最近は、神棚や神具について

知らない方が増えていますが

 

日本では古来より

季節の変化や天災など、人知が

及ばない自然の力を神として崇め

長く信仰してきました。

 

Sponsored Links by admax



 

その為、日本文化に深く根付く

神棚の意味や祀り方など忘れたくは

ないものですね。

 

その際、今回の記事が

お役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき
ありがとう御座います。

 

よろしければTwitterやFacebook
などでシェアしてもらうと
今後の励みになりますので
よろしくお願いいたします。

Sponsored Links by rakuten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク